10月23日はカレー記念日

カレー記念日

冬服を 取り出しサイズで 選り分ける

10月23日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

第39回 【極私的 驚愕のラスト!小説大賞】はこれだ!の巻

 

人生初の猫飼い、そして新しい仕事(週2ですが)の研修、が同時にスタートして右往左往中の中年、月亭つまみです。
猫レポートはいずれさせていただくかもしれませんが、とりあえず今回は画像だけ載せて、と。(てへっ)

DSC01327

あらためて

アッと驚くタメゴロウ・・じゃなかった、アッと驚くドンデン返し!

驚愕のラスト!

は、ある種の推理小説やミステリーにはつきものです。
犯人が捕まり、事件の全容が明らかになり、メデタシメデタシ・・と言いたいところだけど・・ん?おかしい!まだ何ページも残ってる。

これはもしかしたら・・と思ったら
ドッカーン!とまるでオセロが一気にひっくり返るようなエンディングが用意されていた!
・・これぞミステリーの醍醐味とも申せましょう。

Tall Stack of Documents

海外ミステリーのドンデン返しといえば、大御所アガサ・クリスティでしょうか。
私の彼女のベストは『検察側の証人』です。

読んだのはもう何十年も前ですが、やられたー!という気持ちは今でも鮮明です。
この小説は『情婦』というタイトルでマリーネ・デートリッヒをヒロインにして映画化もされていますが、こちらもとても印象的でした。

ちなみに、映画でもう1本、驚愕のラストを挙げるとしたら、なんてったって『ユージュアル・サスペクツ』です。

 

私が唯一、現在も追いかけて読んでいるドンデン返し系(?)の海外ミステリー作家は、四肢麻痺の科学捜査官リンカーン・ライムシリーズでおなじみのジェフリー・ディーヴァーです。

『ボーン・コレクター』から始まったリンカーン・ライムシリーズは現在9冊出ていますが、どれもラストまで気が抜けませんし、このシリーズのスピンオフである、キネシクス(行動から心理を読み取る動作学)の専門家キャサリン・ダンスシリーズ3作もこの系統です。

私は、まだこの2つのシリーズを読んでいない人がうらやましいです。
だって、これから少なくても12作品に翻弄される機会があるわけですから。

DSC01307

 

日本版驚愕のラスト!小説もいろいろあります。
私は単純なので、どんなに「そうカンタンに騙されるものか!」と覚悟してもあっけなく騙されます。

一時期、綾辻行人に凝り、毎回毎回玉砕され続けました。
東野圭吾倉知淳にも一杯も二杯も喰わされました。
そうそう!筒井康隆『ロートレック荘事件』は忘れられません。
あぜんとしました。

でも、でも、これらはまだいいのです!
「まだいい」の意味が不明かもしれませんが、どれも「騙される覚悟」で読んだので、まんまと術中にハマっても、それなりに諦め(?)がつきます。
でも、ミステリー仕立てとはいえ、そんな覚悟が全くなくて茫然自失状態になった小説があります。

樋口有介『月への梯子』です。

orange moon

私はデビュー作『ぼくと、ぼくらの夏』からの樋口有介ファンで、長いこと彼を自分の偏愛作家に認定し、「ユースケ」呼ばわりしていました。
コンスタントに発表されてきた数多くのユースケ作品の中には傑作とは言い難いモノもありますが(笑)、ベテランになっても重厚さを求めず、いつも女性に翻弄されるなりゆき任せの男性と、強気でワガママな女性を二大看板に軽妙で洒脱な小説を書く、稀有な小説家だと思ってきました、ユースケって。

柚木草平シリーズがドラマ化された以外は、長らく「知る人ぞ知る」孤高の作家だった(たぶん)ユースケですが、数年前、発売当時は話題にならなかった『ピース』が突然脚光を浴びました。
文庫化の際の書店員のPOPが功を奏してのブレイク。

私は脚光を浴びる前に『ピース』は読んでいましたが(それはもう偏愛作家ですから)、正直、彼の作品の中でも特に面白い!好き!とは思いませんでした。

でも、作家歴が長く、もう決して若くないユースケの小説が売れたことに対しては「よかったねー」と言ってあげたい気持ちでした(ナニサマ!?)。

でもでもです!
それと、『ピース』とほぼ同時期に書かれた『月への梯子』のぶっ飛びっぷりを許容できるかは別問題です。

DSC01319

この小説をぜひ読んで!と手放しにオススメできない自分がいます。
なぜなら、これを読み終わったとき、私は一瞬、本を壁に投げつけたいような心持ちになったからです(あくまでも比喩ですよもちろんそんなことはしませんよ)。
読後、周囲に「いくらなんでもあれは・・」とか、「掟破りにもほどがある!」と吹聴しまくりました。
なので、これ以上、ここでも触れません。

もし、怒っても呆れても本を投げつけたくなっても「かまわない」という方がいらっしゃったらお読みになって、私と読後感を共有しませう。

そんなわけで、私の「極私的 驚愕のラスト!小説大賞」は、樋口有介の『月への梯子』です。

みなさんの驚愕のラスト本はなんでしょうか。

 

※さて、しばらく毎週木曜日に更新してきたこの【帰って来たゾロメ女の逆襲】ですが、隔週木曜日更新に戻りま~す。

Cometさんの留守番シフトで隔週金曜日に更新中の「いどばた。」と交互に続けさせていただきますので、これからもよろしくお願い致します!

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」<

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • レオ

    猫が安心して抱かれてる画像に「ほっ」です、笑。
    「ロートレック荘事件」は本当にしてやられましたね~、
    「衝撃のラスト」ってポップが書いてあると、買っちゃうよ!

  • つまみ

    つまみ Post author

    わー!レオさん、コメントありがとうございます!!

    猫、夫の溺愛っぷりがハンパねーです(^_^;)

    『ロートレック荘事件』はやられましたねー。
    一瞬、筒井康隆に殺意を覚えましたよ(おおげさ)。
    「衝撃」にもいろいろありますが、できれば気持ちよく騙されたいです?!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ

    ユースケ、読んだことありませんでした。
    なので、今日速攻で買いに走りました(笑)
    「ピース」と、そしてそして・・・「月への梯子」!!

    しばらく積ん読になるかもしれませんが、
    読み終わったら壁に本を投げつける準備はできています。
    楽しみー(そこ?w)

  • つまみ

    つまみ Post author

    おー(^O^)じじょくみさん、コメントありがとうございます!
    そしてチャレンジャー!!
    しかも、2冊とも!!!

    積んどいて積んどいてo(^▽^)o
    そして時期が来たら一緒に、壁に本を投げつけるマネをしましょうー

  • 青緑

    こんにちは。
    驚愕のラストが気になり発注しました、月への梯子。私も入れて~!壁に本じゃなく、家の隅から隅まで飛ばす予定です。滅多にない機会ですね。息子の全然やってない問題集を飛ばして以来になりそう~。私もそこが楽しみ。

  • つまみ

    つまみ Post author

    青緑さん、コメントありがとうございます。

    おっ!「『月への梯子』飛ばし会」へようこそ(^_^)

    驚愕のハードルを挙げてしまった気がしますが(^_^;)、感想をお聞きするのを楽しみにしています。

  • 爽子

    読んだ後、むきー!となるのですね?
    わたしも、読みます。
    最近五十肩気味なので、そんなに遠くまで、飛ばないかもしれないけど。

    もう…パン食い競争みたいに、運動会の種目になってきてますね。

  • つまみ

    つまみ Post author

    爽子さん、コメントありがとうございます。

    まもなく~飛ばし競争が始まります。
    参加ご希望の方は、『月への梯子』を手に、スタートラインまでお集まり下さい・・ってか!?(^O^)

  • 花緒

    こちらの回も読ませていただいてて、「月への梯子」本日読み終えました。
    最初から、「投げつけたくなるのか?」という動機で読み始めたので、最後、「これがその事か!」と思った次第で(^^ゞ
    恥ずかしながら樋口有介氏を存じませんでした。
    つまみさんとしては、この作者の作品ではもっとお勧めの本があるんでしょうね。
    「ぼくと、ぼくらの夏」と「ピース」がお勧めだったのかしら。
    「情婦」のDVDも去年あたりに観ました。
    驚愕のラストでしたね。
    うちにも三毛ちゃん居るんですよ(=^・^=)
    もう9歳くらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ヘッドマッサージャーで柔らかあたま

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第26回 トラウマを蹴とばせ

50代、男のメガネは

男のほうが嫉妬深い、という話。

OIRAKUのアニメ

第41回 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編/劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ミカスの今日の料理 昨日の料理

機械はわからない:揚げ里芋肉味噌がけ

今週の「どうする?Over40」

きっと私だけじゃない。「取り返しのつかないことになっていないか」と不安に思う新型コロナの1年。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ島よ。ムッちゃん事件の顛末。

カレー記念日 今週のおかわり!

女子が皆 薄紫色 デイサービス

出前チチカカ湖

第162回 最近のトライ&エラー

なんかすごい。

2冊のZineと1冊の本

わたしをライブに連れてって♪

先生、倒れたってよ。

これ、入るかしら?

vol.73 髪をなるべくきちんと

いどばた。

エコバッグどれがいい?

絵手紙オーライ!

三つ葉のあの子・・・

日々是LOVE古着

古都の素敵古着屋さん

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

箱入息子

猫No.neko100  by megu

猫大表示&投稿詳細はこちら!

箱入息子

猫No.neko100  by megu

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up