10月20日はカレー記念日

カレー記念日

前だけイン 流行りに乗り切れずにいます

10月20日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

第51回 (真性・仮性・憎みきれない)ろくでなし小説はこれだ!?の巻

 

最近見たのですが、1955年の成瀬巳喜男監督の映画『浮雲』は、日本映画屈指の名作とされているらしいですね。 

確かに、高峰秀子と森雅之の腹を括った熱演には圧倒されましたが、このふたり、極めつけのだめんずとダメ男ですよね。

floating_clouds_01

実際には言いませんよ、言いませんけど、何度も画面に向かっ「あんたたち!もういいかげんにしろっ!」と説教しそうになりました。

特に、森雅之扮する富岡のどうしようもなさはかなりハイレベル。 

パッと見は女にだらしないタイプには見えず、仕事的には有能で、辛辣で毒舌家。
でも、初対面の相手(女性に限るのかも)を鋭い舌鋒で不快にさせたかと思うと、その後に視線と甘言でなびかせるアメとムチ方式(?)の手口は、手口というより性(さが)っぽい。 

その場限りの言葉で相手に期待させ、寄りかかられたり面倒を背負い込まされそうになると「こんな自分と一緒にいると君まで不幸になる」とするりと(というか露骨に)身も心も躱し、相手が意を決して離れると、寂しくなって「僕は孤独だ」と訪ねて行ったりする。
ベタ過ぎるぞ、このダメ男!

 

林芙美子の原作は読んでませんが、映画の蟻地獄感は相当なものでした。
迷走の挙句にこっちまで放り出されるようなエンディングにはしばし呆然。
一周まわって、おもしろしんどかったというか、しんどおもしろかったです。

 

でも、この映画が、この小説が、多くの人に支持され残ってきたという事実に、このダメ男をただのろくでなしではなく、憎みきれないろくでなしとする支持母体があるような気がします。
母体、と書きましたが、ここはひとつジェンダーフリーで。 

ちなみに私は、この支持母体には加盟しないと思います。

浮雲

考えてみると、森鴎外の『舞姫』の太田にしろ、田山花袋の『蒲団』の時雄にしろ・・もっとざっくり言うと、太宰治や川端康成の小説の登場人物の多く・・要するに著名な「文豪」の書いた文芸作品はダメ男の宝庫です。 

その密度、含有率の高さったらないと思います。
文芸作品、文学にとって、ダメ男は必須アイテムなのかも。

 

白黒つけられない人の気持ちを慮ったり、身勝手にも見える孤独感やせつなさや、二律背反だったりする行動と心理を斟酌して、ろくでなしから「憎みきれなさ」を抽出することは可能・・というか、その抽出作業にこそ、哲学や文学の肝があるのかもしれません。

 

そもそも、ろくでなしと、憎みきれないろくでなしに明確な定義の違いなど存在しないわけで、世間ではなく個々が、こいつは憎みきれない、いや憎んであまりある、と各々の身の丈に合わせたオートクチュール基準で査定する。
もちろん、基準は状況や時間で変わります。
服のサイズや好みが変わるように。
でも、未来永劫不変な基準などないから、人間は興味深いし、文学は、映画は、面白いのだろうなあと思ったりします。

 

そんなわけで今回は、まさに私のオートクチュール基準で、ろくでなし業界を3つに分類して、それぞれにしっくりする小説を当てはめてみることにしました。
理由も深い洞察もありません。
なんか面白そうだからやってみました。

3

【ろくでなし分類】
①「周囲を不幸にする」が真性ろくでなし
②「周囲を不快にする」が仮性ろくでなし
③「周囲を呆れさせる」と、「沢田研二の21枚目のシングル」が憎みきれないろくでなし

で、どうでしょう。

 

この分類でいくと、『浮雲』の富岡はなんですが、高峰秀子扮するゆき子が自分を不幸だと思っていなければこの基準は崩壊します。
ま、そんなことを言い出すとキリがありませんから、得手勝手基準でどんどん進めると

で浮かぶのはなんといっても梁石日の『血と骨』の金俊平。
この小説を読んだのはもうかなり前ですが、金俊平の凶暴さ、身勝手さ、女性に対する傲慢さ、などなど、もう全てがとんでもないです。
近親者に持ったこと、関わったこと、がもう不幸以外のなにものでもない、負のスパイラルのはじまり、みたいな。
とにかく濃いのです。

映画化された際、ビートたけしが金俊平をやったんですよねえ。
見てないですけど。

imge3ad83aazik0zj 

『蒲団』の時雄や『舞姫』の太田はかなあ。
細部は忘れましたが、読んでいて舌打ちしたくなったことは覚えています。

それと、私は夏目漱石の小説はとても好きなのですが、登場人物はけっこうが多いなあと思っています。
高等遊民だか放蕩ムーミンだか知らんけど、理屈ばっかりぐだぐだ言っとらんで身体動かして働かんかい!みたいな。
・・あ、スミマセン。
根っからの労働者階級なもので。

 

はけっこういろいろ浮かびます。
町田康とか平安寿子の小説はの宝庫な気がしますし、つかこうへいの『蒲田行進曲』の銀ちゃんもヤスも、私には
でも、の日本代表は中島京子の『均ちゃんの失踪』の均ちゃんで、海外代表(?)はR.D.ウイングフィールドの「フロストシリーズ」のジャック・フロスト警部ですね。

・・とここまで書いてきたら、だめんず部門についても言及したくなってしまったけれど、それはまた別の機会に。
でも1個だけ。

 

 

だめんずは③の受け皿がデカいってことかも!?

 

 

by月亭つまみ

 

※言い訳にならない言い訳

今回の文章、アップしてからnaoさんにご指摘いただいて気づいたのですが、私、ダメ男についついハマってしまう女=だめんず だと、なんの疑いもなく思っていました。
これを読んで「なんかおかしいこと言ってるなあ」と思われた方が多くいらっしゃったかと思います。
モヤモヤさせてしまって、申し訳ありません。
修正しようかと思いましたが、一度アップしてしまいましたし、この文章を加えるにとどめ、恥は残しておくことにしました(^_^;)

これに懲りず、今後共よろしくお願いします。
私は懲りろ!

 

 

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」< 

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    だめんずとダメ男って違うのですか??

    ダメな男には、ハマるものなんだと思います。
    毒があって刺激的で、カラダに悪いと思ってもやめられない、みたいなw
    現実にハマりやすかった私にとって
    本の中の世界くらいは、安定のヒーローの方がいいなぁ。

  • つまみ

    つまみ Post author

    naoさん、こんばんはー。
    コメントありがとうございます。

    ひゃあー(>_<) 私、ずっと「ついついダメな男に惚れてしまう女」をだめんずというのかと思っていました。 そこになんの疑いもありませんでした。 でも、今調べたら、違うみたいですねー。 どうしましょ(^_^;) いやはやもう、申し訳ございません! それはさておき そうですか、naoさんは、そうですか。 実は私の場合、父親が典型的なダメ男でした。 母親は被害者意識の強い人で、幼少時代の環境がどーのこーの、というのも微妙なのですが、やっぱり影響はあるかもしれないなあと思ったりします。 しかしなあ、そうかあ、だめんずってそうだったのかあ。 あららら。

  • nao

    うふふ、
    うぉーかーまでつくと、だめんずを渡り歩く女の人ってことなんでしょうけどね。
    流行りましたよね♪

  • つまみ

    つまみ Post author

    naoさん、おはようございます。

    いやはや、メンボクござらん。

    うぉーかーというのも、昨夜知りました(^_^;)

  • たこ焼き

    初めまして♪
    いつも楽しんでいます。

    「だめんずメーカー」という言葉もあるようですよ。
    女性ががんばりすぎて、男性をだめんずにしてしまう。
    という意味らしいです。

    私は母性が薄い?ので「だめんずメーカー」ではありません(^^♪

  • みーる

    わたしもーーー!だめんず=ダメ男に引っかかる女性 
    だと思っとりました。
    ていうか、率先して「I am だめんず」って言ってましたよね。
    つまみさんの誤解は私のその発言にも原因があるのかもしれません。
    もうしわけーー!

    だめんずに引っかかる女性は③の皿が巨大だってことには同感です。

  • つまみ

    つまみ Post author

    たこ焼きさん、初めまして。
    コメントありがとうございます。
    ああ、たこ焼き食べたい(^O^)

    だめんずメーカ、もちろん初耳ですが、妙になるほどーと思いました。
    ある種の親子関係みたいですねえ。
    それはなんだか、双方にしんどいですね。

    私も違うと思うのですが、どうなのかなあ(^_^;)

  • つまみ

    つまみ Post author

    みーるさん!!

    やっぱり!?
    あははははっo(^▽^)o
    私だけの勘違いじゃなかったんだー。
    あの職場では、ふつうにそういう風に使用されていたよねえ。

    いやもう、ホント、笑うしかない。
    っていうか、可笑しい!

    だめんずと親和性の高い女子は「まあいいか」と「しょうがない」を口にする率が高いような気もします。

    私の口癖じゃん!

  • サヴァラン

    サヴァラン

    文学と「憎みきれないろくでなし」の親和性。

    ものすごく、ものすごく 納得です!

    cometさんが「日野正平」話題のときにメーリングで書いてくださった

    「憎み切れないろくでなしは声がいい」説も膝をバンバン叩いて納得。

    文芸や娯楽の究極の意味合いは、

    この世のままならなさへの「救い」とか「鎮魂」なのかも!

    と思うことがあります。

  • つまみ

    つまみ Post author

    サヴァランさん、こんにちは!

    火曜日の記事にリンクしていたりもする「サヴァランtweet」を楽しませていただいているおかげで、最近、サヴァランさんが以前より近く感じられます(^O^)

    「憎みきれないろくでなしは声がいい」
    私も激しく同感です。
    いわゆる「美声」ではなく、どこか「自分にだけ話してくれている」系のピンポイントで響く声だと思うのですが、いかがでしょうか。
    火野正平などはまさにそのド真ん中!のような気がします。

    それが高じて私は、そういう声の主だと、人となりを知る以前に「かなりのろくでなしに決まってる」と一方的に査定してしまうところがあります。

    ここだけの話ですが、私、宮沢和史や福山雅治は相当なろくでなしだと思っています。
    女性に「なんで?」とか、「別にどっちでもいいよ」とか、「けっこう好きだよ、そういうの」とか言うのがやたら似合う声だと思う、というのがその理由です。

    あれ?私の妄想開示になってる?

    憎みきれないろくでなしは勧善懲悪じゃない現実の緩衝材みたいだなと思ったことはありましたが、鎮魂、までは思いがいたりませんでした。
    なるほど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第41回 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編/劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ミカスの今日の料理 昨日の料理

機械はわからない:揚げ里芋肉味噌がけ

今週の「どうする?Over40」

きっと私だけじゃない。「取り返しのつかないことになっていないか」と不安に思う新型コロナの1年。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ島よ。ムッちゃん事件の顛末。

カレー記念日 今週のおかわり!

女子が皆 薄紫色 デイサービス

出前チチカカ湖

第162回 最近のトライ&エラー

なんかすごい。

2冊のZineと1冊の本

50代、男のメガネは

母の自転車

わたしをライブに連れてって♪

先生、倒れたってよ。

これ、入るかしら?

vol.73 髪をなるべくきちんと

いどばた。

エコバッグどれがいい?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.39 消えるもの、またはきえもの

絵手紙オーライ!

三つ葉のあの子・・・

日々是LOVE古着

古都の素敵古着屋さん

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人のためのアイメイクwithマスク

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

懺悔部屋

猫No.45  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

懺悔部屋

猫No.45  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up