3月2日はカレー記念日

カレー記念日

二重顎 ズームで観察日記かな

3月2日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 №52 夏の人生劇場

 ◆7月某日 思わず笑う

お向かいのタガワさんのおじさんが亡くなった。
93才。わが家とタガワさんは、夫婦それぞれの年齢が93才&87才と全く同じで、結婚60年のダイヤモンド婚も過ぎた、町会内最高齢カップル両巨頭(!)だった。

a0960_001665

葬儀関係が執り行われたのは家から徒歩10分ほどのセレモニーホール。義父母には果てしない距離だったので、お通夜には私が行った。蒸し暑い夕暮れ、耳鳴りしそうなほど蝉が鳴いていた。短い道中で汗がふき出し、化繊の喪服には汗がこもり、お焼香を待っている間、身体がむず痒くてたまらなかった。

順番が来て、初めておじさんの遺影を見た。おじさんは若く、60代ぐらいの頃に見えた。そして、思わずこっちに笑みがこぼれるような剽軽な表情をしていた。

a0790_000280

 

◆7月某日 思わず泣く

タガワさんの告別式。
お通夜と告別式の概念は日本全国、その土地土地によってかなり違うらしい。福島(会津)では、お通夜は内々でやるもので、近所の人や仕事関係者は告別式のみに出席するのがふつうだ。東京はどちらかといえば逆。東京方式に則って告別式は欠席した。

義父は午後からリハビリだったが、迎えの車がいつもより遅かった。義父と私は、玄関のドアを開けて通りをぼんやり眺めながら、車の到着を待っていた。

そこに、告別式を終え、火葬場に向かうタガワ家関係者の車が、不意に現れた。セレモニーホールから火葬場に向かうには逆方向だが、回り道をして、故人が長年暮らした家の前を通ったのだ。

「お義父さん!タガワさんの車が通ります!」
私は、耳の遠い義父に叫ぶように言った。もっと説明が必要かと思ったが、義父はすぐに「そうか。今日は告別式か」と言うと、目をこらすように通りを見た。しかしすぐにその視線を空に向けた。そうすることで、半世紀以上お隣さんとして暮らした同い年との日々を思い出そうとしているのか、目をこらしても見えないことに諦めて視線を外したのか、あるいは、ただ夏の大気を吸い込みたくなっただけなのか、はわからなかった。いずれにしても、義父と私は、リハビリの送迎車が今日に限って遅かったおかげで、図らずもタガワさんを見送ることができたのである。

a0960_006792

車は徐行しながら通過し、家の前でプオ~とクラクションを鳴らした。生前の若い時分のおじさんのキャラクターを彷彿させる遺影を昨日見たせいか、それは悲しいというより、ユーモラスな、どこかさっぱりした別れの挨拶にも聴こえ、だからこそ涙腺が刺激された。

 

30年以上前、私が今の家に同居を始めたばかりのとき、おじさんが、こちらに筒抜けであることも気づかず「しかし、向かいのヨメさんはガキみてえだな。ありゃ、いくつなんだ?」とデリカシーのかけらもないダミ声で奥さんに聞いていたことや、まだ幼かった頃の孫との庭先での珍妙なやりとりの数々、町内会の盆踊り会場の前を通過しようとしたとき、「なんだよ!寄ってかねーのかよ!」と笑いながら文句を言われたこと、などが次々と思い出された。

a0006_002387

おじさんは昔からかなり耳が遠かった。なので、家のテレビの音量がものすごくて、おまけに、テレビのある部屋は通りに面していて、窓は常にほぼ開けっ放しだったので、通りすがりの人の間でもその大きさは有名だった。失笑すら買っていた。でも、近隣からは一切苦情はなかったようだ。きっとみんな長い付き合いだったので、「タガワさんだからしょうがない」と思っていたのだ。

 

晩年はほとんど外に出ることはなかったおじさんだが、たまに見かけて挨拶をすると、べらんべえ調の雰囲気は影をひそめ、好々爺にしか見えない微笑みで挨拶を返してくれた。なんだか別人みたいで物足りなかった。

タガワさん一行と入れ違うように、義父のリハビリの車が来た。車から降りてきた、上品なホストのような美形の若いトレーナーは、私の明らかな泣き顔を見て一瞬怪訝そうな表情を浮かべたが、何も言わなかった。髪を切った私にはよけいなコメントをしたのに、こっちが理由を言うのもやぶさかではないときは(なんとなれば、「今日は遅く到着してくれてありがとう」と言いたい気がした)何も聞かない。…ま、いいけどね。

トレーナー氏は書く文字も美形。一ヶ月ちょっと前、「余談で」「不覚にも」彼を感動させたらしい私は罪な女だ!?

 

■最近、読んだ本
『骨風』 篠原勝之/著

小説というより、自叙伝、手記であり、同時に、自叙伝や手記でもこれほど物語性に富んだ世界はないと思う。タイトルと、タレント「クマさん」として割れている面(容貌容姿)のイメージのせいで、ついその文章表現まで無骨、骨太などと形容したくなるが、それ以上に、繊細で率直で豊かで、でも閉塞感いっぱいのハードな世界だ。

ぜんたい、出自を、人は抗うべきなのか受容すべきなのか。抗うとしたら、その鎖を引きちぎるモチベーションは、自分を変えることから派生すべきなのか、守ることからなのか。そして、受容するなら、心のよりどころをどこに、なにに設定するのか…などなどを、ごつごつ、ざらざら、ひりひりする気分で考えてしまった。持って生まれたモノの価値に人はなかなか気づかない。背負わされて生きてきたモノの呪縛はなかなか人を開放してくれない。

生きるってたいへんだ。この本を読んだ今、この瞬間は、わかったような顔で「人生なんて、ムリせず気楽に生きればいい」などと言う人がいたら張り倒したい。すぐに薄まる感情なのだろうけれど。

あ、いまさらですが、小説として読んでもすごくおもしろいです。

by月亭つまみ

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

★毎月第一木曜日は、まゆぽさんの「あの頃アーカイブ」です。お楽しみに!


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アメちゃん

    なんか、、
    タガワさんとお義父さんが最後のさようならができるように
    お天道様が、お迎えの車を遅らせたんですねぇ。きっと。
    (信号全部、赤にするとかしたんかな^-^)

    それにしても、その美形のトレーナーさん。
    美しい文字もさることながら
    つまみさんの泣き顔について触れないところも
    なかなかの美形ですね。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、そういうことって、我々が気づくよりもずっと「ある」ような気もします。
    気づいたら、ああ、そういうことなのねーとふつうに受け入れればいいのかな、なあんて。

    美形トレーナー、気が利くんだか、利かないのかわからないです。
    いまどきの若者ってそうなのでしょうか。
    義父のトレーニング風景の動画を見せてくれたことがあって、「気が利くじゃん」と思ったものの、撮り方が異常に下手でした。
    「余談」と「不覚」の併用もどうなの?みたいな。

    でもまあ、一生懸命やってくれている感じは伝わってきあすので、よしとしよう(なにさま?)。

  • 爽子

    爽子

    図らずも、タガワさんとの最後のお別れができてよかったですね。
    最近、お葬式がとても身近です。
    ありがとう。。。そう言ってお見送りしたいです。

    美形トレーナーさん、本当に字がきれい。
    若い人なのに。

    「くまさん」笑っていいとも!に出てた彫刻家の方ですね。
    図書館リクエストのリストに入れました。

  • つまみ

    つまみ Post author

    爽子さん、お暑うございます。

    私も、葬儀関係に行くこと、多いです。
    自分の年齢もありますけど、続くことってありますよね。
    そして、つい、心がさほど波立つことなく通過させてしまってます。

    私は悪筆なので、義父のリハビリの連絡帳に、このトレーナーと自分の字が交互に並ぶのがイヤです。
    っち!イヤミかよ、と思います(被害者意識丸出し)。

    くまさん、そうですそうです。笑っていいとも!に出てましたよね。
    変わり者のゲージツ家という認識しかありませんでした。
    ちょっとガツンと来る本なので、元気なときにお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

カレー記念日 今週のおかわり!

通勤で 咳をこらえる ツボ押すよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

50代、男のメガネは

バスのなかであれやこれや。

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

絵手紙オーライ!

きつねのお面(初午)

ワクワクしたら着てみよう

ワントーンコーデにレイヤードで抜け感をプラス!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

これ、買った!

ブーツ型湯たんぽ!?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

泥棒髭猫

猫No.64  by ken

猫大表示&投稿詳細はこちら!

泥棒髭猫

猫No.64  by ken

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up