1月26日はカレー記念日

カレー記念日

痩せずとも 姿勢正せば 即痩身

1月26日はカレー記念日

きゃらめる

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 NO.63 極私的富士ファミリー

 

◆1月某日  本屋大賞
「2017本屋大賞」のノミネート作品が発表された。この中で読んだのは2冊。ここ数年せいぜい1冊だったので倍増だ!?

『みかづき』(森絵都/著)は力作だ。「力作」という言葉、自分的には往々にして「労作だとは思うがあまり心に響かなかった長編」の感想に使いがちだが、今回も実はちょっとそう。すみません…って誰に言ってるのか。

志しと文章力の高い、かといって小難しくない優れた小説だとは思う。思うのけれど、今の自分が小説に求めるのはそういう方面じゃないようだ。この小説の読後感、なにかに似ていると思ったら『舟を編む』だ。

あらかじめ設定されている着地点が揺るぎなくて、揺るぎなさ過ぎて、登場人物や出来事や、社会情勢すらが、そのためにはめ込まれた作者本位のピース(紆余曲折、試行錯誤の展開が続いたにしても)に思えてしまう感じ。苦労も挫折もカタルシスも感動もある完成度の高い小説なので悪口が言いづらい感じ。描かれなかった空白の期間があるが、それこそ描いて欲しい感じ…などなど。

でも、矛盾しているようだが、最後はグッときた。教育に関して問題意識の強い人は、よりグッとくると思う。

 

『コンビニ人間』(村田沙耶香/著)は読者を選ぶ小説、かもしれない。ふつうじゃない人の話。

ふつうじゃないってどんな人?コンビニを介してじゃないと、身近な誰かの模倣じゃないと、世の中との関わり方がわからない人?じゃあ、ふつうの人ってどういう人だろう。苦労せずに世の中とすんなりやっていける人?全方位に対してそんな人、いるのかな。

発達障害者を描いている、いや、もはやサイコパスじゃ?といろいろな感想があるようだが、ヒロイン古倉さんは確かに「個性的」で、通常の範囲内のキャラ設定では処理しきれないほど独創的な人物だ。私は、彼女の「自分の欠落を知ることで生み出された効率的な自分の動かし方」は興味深く、その舞台がコンビニという通俗的で現実的な場所であることもとても面白かったのだけれど、彼女と関わることになる白羽さんという男性がどうにもこうにもダメだった。明らかに、一点の曇りなくどうにもダメなヤツとして登場するので、わたしの拒否反応は作者の筆力が確かなことの証明だが…ああ、ムカつくヤツ!と何度も張り倒したくなった。

 

◆1月某日  夜景と朝景を眺める
義父が救急車で運ばれたまま入院してから、もうすぐ二ヶ月になる。容体は良くない。一週間前、血圧や血中酸素濃度や心拍数などの数値が急降下して家族が呼ばれてからは、夜も誰かしらが付き添っている。

ほぼ夫が泊まっているが、昨夜は私が泊まった。七階の病室は東京湾に面していて、海だけではなく、電車も高速道路も観覧車も、晴れた日には富士山もよく見える。夜景もなかなか美しい。この夜景は、観覧車の灯りが最小限に落とされた夜九時過ぎのもの。写真、下手。

真夜中、また数値が急降下した。血中酸素濃度は今までになく低い数字だったので、家にいる夫、そしてちょっと迷ったが、隣県に住む義姉にも連絡した。みんなが集合するのを待っていたかのように、数値は…持ち直した。これで持ち直すのは三回目。大正生まれの底力発揮中。でも、急降下の頻度は明らかに増えている。

とりあえず、私以外は家に戻った。ちょうどその頃、夜が明けてきた。キンと冷えて晴れた冬の夜明けは美しい。病院内は暖房がよく効いているが、窓の近くに立つと、ガラスを通して外の冷気が伝わってきて寒い。視線を、朝焼けに染まる東側の窓から西側に転じると、いつも以上にくっきりした富士山がそそり立って見え、なんだか虚を突かれる。

富士山が見える病室で、「おとうさん」の容体に一喜一憂、右往左往する我が一家は、ある意味、富士ファミリーだ。おとうさん、がんばれ!

by月亭つまみ

★毎月第一木曜日は、まゆぽさんの「あの頃アーカイブ」です。お楽しみに!


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 爽子

    爽子

    おとうさん、大正生まれの底力を見せてくれますね。
    つまみさん疲れてるでしょうに。
    付き添いはとにかく疲れます。
    気づかないうちに、疲れってたまってるんです。
    自分の体のことも、気を付けてくださいね。

    つまみさんの本の紹介は、わたし大好きなんです。
    今回の二作は、スルーするかもって、オイ。笑

  • はらぷ

    はらぷ

    つまみさんだけが知る風景を、かいま見せてもらったような気持ちです。
    私が寝ているあいだに、つまみさんはこんなふうに夜を明かしていて、同じように世界のどこかではいろんなことが起きていて、あたりまえだけど、人の数だけ世界があんだな、と思いました。

    付き添いって、心はつねに緊張しているし、もう非常時なんだけれど、体はいがいと暇なんですよね。妙にするどくなった感覚のまま、いろんなことを考えたり、いつもは気付かないことが見えたり聞こえたりする。

    ところで、富士山って、いちいち人生の大事な時間に登場する気がするんですけど、ほんとあなどれない。
    東京湾岸富士ファミリー、がんばれー!

  • つまみ

    つまみ Post author

    爽子さん!いつもあたたかいコメント、ありがとうございます!

    実母、兄、実父と、オバフォー以降は付き添いと5年以上は無縁ではいられない人生です。
    確かに疲れますよね。
    ただ、実母のときは、母は一人暮らしだったので、「身体を休めに病院から家に帰ってもそこには誰もいない」という孤独感がハンパなかったです。
    いろいろシェアできる今回は、精神的にはずっとラクです。
    その分、あのときは友達のありがたみを痛感しました。

    いつまで続くかわかりませんが、息抜きしつつ、やります。

    本の紹介のこと、そんな風に言っていただけて、すごくうれしい!
    私も、今回の本の再読はないなあ(^^;)
    その代わり(?)、昨夜、付き添い中に一気読みした『床屋さんへちょっと』は再再再再読ぐらいでしたが、よかったです。
    【このさきなにが起こるかはわからない。その不安に打ち勝つためにはいまをがんばるしかない】
    沁みた~♥

  • 爽子

    爽子

    床屋さんへちょっと。も、つまみさんに教えてもらって読みました。
    お気に入りです。

  • つまみ

    つまみ Post author

    はらぷ殿、おはようございます!

    人の数だけ、世界があんだよねー。
    私も、常日頃はそんなことを考えていないけれど、病院の付き添いをしていると、働いているナースや、夜中に通用口で眠い目をこじ開けている警備員さんも含め、相部屋のときは同室の人たちの家庭環境が、聞く気がなくても漏れ聞こえてくるし、夜中の待合室には先客がいたりもして、自分以外にも濃い世界が拡がっているのだなあと思います。あたりまえだけど。

    そうなの!付き添いって暇なのだ。
    中にはもちろん、その時間を有効に使っている人もゴマンといるだろうけど、私は本を読むか、イヤホンを片耳だけに入れて音楽を聴くか、ぐらい。
    考え事も、何かを深く追求するというより、次々に右から左に流している感じです、私は。

    富士山、実は若い頃はあまり身近に感じたことがなかった山。
    間近に見た経験は2回ぐらいしかないけど、それより、中年になって東京からある種の感慨を持って眺めて、気持ちを持ってかれることの方が多いです。
    新規図書館の立ち上げでテンパって、屋上で夕焼けに染まる富士山を見て泣いたり(^O^)

  • つまみ

    つまみ Post author

    おおっ!ありがとうございます。

    時間をおいて読むと、それまでとは違ったところでハッとすることを今回も知りました。

    今回は、やたら勲さんのマネをする奥さんにグッときました。

    ハッとしてグッ(byトシちゃん)

  • うさみーる

    富士山はやっぱり変わってます。
    でかいからこちらの気持ちが反射するのかな。
    その土地その土地に味のある山があって
    そこに住んでる人の記憶に残るのかもしれないとか思いました。

    何度も読んじゃう本って1冊あると心細い時安心するのだよなぁ。

  • つまみ

    つまみ Post author

    うさみーるさん、こんばんは。

    富士山って、やっぱり日本のソウルマウンテンなのかもしれないですね…英語にする意味、不明ですけど。
    眺める分には、もはや巨大な仏像みたいな。とはいっても、自分の中では大仏とか観音像ではないんだけど。
    気持ちを反射するってわかります!

    中学時代、福島の吾妻山に向かって通学してました。
    もちろん、遠景ですけど、ずっと正面に見えてて、そこからの風が強くて、冬はほぼ泣きながら自転車を漕いでました。
    吾妻小富士、雪うさぎ、と叙情的に語られることが多い山ですが、私にとっては世間の荒波の原体験みたいな山です。
    実際に登ったときも(車でだけど)風が凄くて、記念写真も、吹き飛ばされそうなかっこうで、今見ても笑えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

いま、隣で泣いている。

これ、買った!

iphone SE買った

ミカスの今日の料理 昨日の料理

まともな話:ゆり根のかき揚げ

今週の「どうする?Over40」

手芸は、平穏な状態へと導く「静かなる剛腕」か。

昭和乙女研究所

ストロベリーじゃなくてチューリップだった!

カレー記念日 今週のおかわり!

何を着る? ワクチン接種 3回目

なんかすごい。

霹靂その後

OIRAKUのアニメ

第60回 王様ランキング

黒ヤギ通信

3度目の寅年

絵手紙オーライ!

大津絵はたのし。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.53 今年初のヒット本はこれだ

日々是LOVE古着

おばの遺品の色づかい

出前チチカカ湖

第175回 本当はそんなに好きじゃなかった。

いどばた。

小さな工夫を見せ合いましょう。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

貫禄十分

猫No.12  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

貫禄十分

猫No.12  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up