9月21日はカレー記念日

カレー記念日

お持ちのデバイス といわれるところから わからない

9月21日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【ゾロメ日記】 NO.70 全てのぼくのようなロクデナシのために

 

◆5月某日 この星はグルグルと回る

映画『ラ・ラ・ランド』を見た。家から徒歩5分の場所に映画館があるっていいな。中年になってますますそう思う。ちょっと遅れてかかるのがたまにキズだが、自分にはむしろそのぐらいがいいかも。

 

映画は、ストーリー展開と音楽にワクワクしつつ、終盤は胸がつまった。人はどこにでも行ける、なんでもできる、かもしれないが、踏み出す瞬間の選択肢は常に一個だ。可能性は無限なのに実行はひとつ。せつない。パラレルワールド好きはそこがたまらんのだ。そしてこの映画はプラネタリウム好きにもたまらない。効果的に使われていると思う。

一時期、都内のいろいろなプラネタリウムに行った。その中では、地味だが葛飾区郷土と天文の博物館 がけっこう好きだった。『ラ・ラ・ランド』でも登場したフーコーの振り子もある。フーコーの振り子は、悠久的で刹那的、有限で無限、見えて見えない、そんな相反する時間の概念がすべて可視化されているみたいで、見ていると果てしない気分になる。そして時空に吸い込まれそうな心持ちになる。なので、つい、手すりをぐっと掴み、足を踏ん張ってしまう。

 

◆5月某日 はみだし者でかまわない

「アメトーーク」高校ダブり芸人 の回を見て、高校のときに同じクラスだったオオタ君を思い出した。彼はひとつ年上だった。1年生を2回やっているわけではなく、学校を受け直したらしかった。痩せていて、髪が長く眼光鋭く無口だった彼は、近づきがたいオーラを放っていた。

私は家庭の事情で、受験して合格した高校には行かず、同じ県内だが離れた、母親の実家の近くの高校に、入学式を待たずに転入した。当然、知っている人は誰もいなくて、しかも転入先の高校は女子が少なかったので、最初はやたらと心細かった。だが、じきに頭文字ゾロメ女子KKと親しくなった。

KKの席はオオタ君の隣だった。私は休み時間のたびにオオタ君の席でKKと話をした。いつもオオタ君の席が空いていたからだ。彼は学校には来ていたけれど、休み時間に教室にいることはほとんどなかった。

ある休み時間、いつものようにオオタ君の席でKKと話していると、彼が背後から近づいてきて、ぼそっと「席、替わろうか」と言った。私は驚いて振り返って彼を見上げた。話に夢中で、授業開始のチャイムが鳴っていたことに気づかなかったのだ。無表情なオオタ君に内心ビビリながらも、私は「(替わらなくて)いいです」と言って自分の席に戻った。

1年生のときに彼と話したのはそれだけだった。2年生になるときにクラス替えがあって、またオオタ君と同じクラスになった。2年生でも話す機会はなかった。

文化祭恒例の仮装行列で、われわれのクラスは百姓一揆をやることになった。隣のクラスはベルバラだというのに、そのまた隣はピンクレディとその仲間たちなのに。人間の不平等さを思い知った高2の秋だった。

私は村の百姓のこどもに扮した。よどんだ色の短めの着物を着て、髪をヤワラちゃんのように結び(私の方が先だけど)、頬を赤く塗って、枝付きの柿を持って市内をねり歩いた。本番当日、百姓役で鍬を担いだオオタ君は私を見て笑った。自分でもハマり役だとは思ったが、笑われるのは不本意だった。自分だって、落ち武者感もある複雑怪奇なたたずまいで相当似合ってるくせに!と彼に毒ついた、心の中で。

 

3年生では違うクラスになった。たまに見かけるオオタ君は相変わらずだったが、目つきはそんなに鋭くなくなっていた。ある日、私は売店で彼の後ろに並んだ。彼はジャムパンを買った。私も続いてジャムパンを買おうとしたが、売り切れだった。私が「えーっ」と不満を表明すると、立ち去ろうとしていたオオタ君が私を見た。一瞬、なぜかパンを譲ってくれるような気がした。甘かった(ジャムパンだけに)。失笑されただけだった。

教室に戻って、3年生になって再び同じクラスになったKKに憤懣やるかたない感じで今の出来事を報告すると、KKは「オオタ君、1年生のときにあーたのことを『こえーな』って言ってたっけね」と言った。初耳だった。初耳だったが、きっとそれは「席、替わろうか事件」のときだろうなと思った。

 

オオタ君との思い出はそれだけだ。少女マンガのように、実はふたりは密かに…とか、その後、街で偶然…的なことは何もなかった。ただ、アメトーーク!を見ていたら彼の記憶が蘇った。オオタ君が1年生のときに、休み時間に教室にいなかった理由も少しわかった気がした。

番組のエンディングで、出演者「髭男爵」のひぐち君の、番組に対する感謝の言葉と、今ダブっている高校生たちへのエールが読み上げられた。グッときた。番組中何度もブルーハーツの「ロクデナシ」が流れているのも良かった。

オオタ君は、私が高校のときに別マに連載されていて、今でも私のベストワンのマンガ『おしゃべり階段』のマーシに少し似ていた。ほんの少しだけ、だが。そういえば、マーシも同級生たちより年上だったっけ。

by月亭つまみ

第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】
第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊 切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4、5木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 ゾロメ日記】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アメちゃん

    マーシ!
    真柴くん!!
    私もコミック持ってますけど、「おしゃべり階段」は名作ですよねぇ。大好きです。
    でも、ひそかに可南に想いを寄せるマーシが線とニアミスしたりして
    ちょっとせつないんですよね。

    パラレルワールド、ふしぎですね。
    ある不思議な能力をもってる方のブログで
    明晰夢を見てる最中に、別のパラレルワールドに存在する自分を見るんですけど
    それが、今の自分と生活はもちろんのこと、姿形も違うんですって。
    (でも「自分だ」と分かる)
    その話を読んだときに、もしかして他のパラレルワールドに存在してる自分も
    ちゃあんと同時に存在してるのかなぁ、、とか思ったりして
    そうすると、向こうの私は向こうの私でちゃんと意識もあって、、とか
    考えれば考えるほど不思議なんですけど、面白くて好きです。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、おはようございます。

    「おしゃべり階段」のことは、いくらでも語れるワタクシでございます。
    マーシより断然、線派でしたが、マーシがいることで、加南も線もくっきり浮き上がって輝いてましたよねえ。
    連載時は、ミュージシャンに憧れる年頃でもありました。

    パラレルワールド、その昔、筒井康隆の『時をかける少女』を読んだとき、一緒に『果てしなき多元宇宙』という小説も載っていたのですが、そこに確か「宇宙は一枚の布。縦糸が時間で、横糸全てに世界がある」と書いてあって、ああ、隣の横糸にはこことちょっとだけ違う自分がいるんだなあと思った記憶があります。
    横糸が離れれば離れるほど、自分の姿や生活も変わっていく、という理論(?)で、それを読んで以来、何か失敗したとき「ああ、違う横糸の自分はこんなミスはしないで、よろしくやってんだろーな!ちくしょー」と思うようになりました。
    けっこう、マジで(^^;

  • 爽子

    爽子

    パラレルワールド、横糸にやらかしてない自分がいるなら、ずいぶんすくわれますよね。

    横糸の自分に望みを託したい。

    最近なにがしか、やらかし続けるわたし。あうあう

  • つまみ

    つまみ Post author

    爽子さん、お疲れ様です。

    あ、私は反対に、横糸にもっとひどいことをやらかしている自分がいることを想定すると、「そっちよりまだマシか」と救われる性質です(^^;

    でも、爽子さんの理論(?)も一理ありますね。
    イケてる自分を妄想してそこに望みを託す…今度、やってみることにします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

放っておいたら 直らないかな パソコンが

出前チチカカ湖

第161回 最近の一喜一憂

なんかすごい。

髪を切った話

50代、男のメガネは

居場所がない。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

詮無いこと:水餃子

OIRAKUのアニメ

第40回 the present/トンコハウス映画祭

わたしをライブに連れてって♪

私の下より、介護のハナシ

今週の「どうする?Over40」

季節が動く。そしてZINEの感想、再び。

これ、入るかしら?

vol.72 胸のボリューム問題3

いどばた。

コレステタ!処分したものを教えて。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.38 コンプレックスってなに?

絵手紙オーライ!

やさしい風がとどくかな?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人のためのアイメイクwithマスク

昭和乙女研究所

縁日の定番

これ、買った!

三代目スモールエブリガールトート買った!

黒ヤギ通信

ゆっくりと

じじょうくみこの崖のところで待ってます

バルーン棟梁、ふくらみ中。

日々是LOVE古着

補修しながら着続けます(2)

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

陥没現場

猫No.67  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

陥没現場

猫No.67  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up