9月24日はカレー記念日

カレー記念日

頼もしい 女性上司は 二十代

9月24日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊 切実本屋】VOL.3 森の声を聴け

あっついですね。暑いと読書が進みません。
災害でたいへんな思いをしている方々のことを考えると、暑いくらいでなんだ、とも思います。自分よりたいへんな人がいると思っても、自分の感じる負荷が消えるわけではありませんが、状況の耐性が少しだけ上がる気はします。年々無理はきかなくなっても、物理的な枠外の自分も、まだちょっとだけいるような気もするのです。

そんなわけで、今月も【月刊 切実本屋】いかせていただきます。

最近読んで印象深かったのは『暗い時代の人々』(森まゆみ/著)です。

満州事変(1931年)から太平洋戦争終結(1945年)にいたるまでの、著者曰く「暗い谷間の時期を時代に流されず、小さな灯火を点した人々」 9人の評伝です。

書き手本人も意識していると書いてあるとおり、文章が平易で読みやすいので、ハードな内容でもハードルは高くありません。こういう内容をぐいぐい読ませる力こそ筆力だなあと感じ入りました。

取り上げられている9人が9人、気骨ある唯一無二の存在ですが、特に、リベラルな保守主義者の衆議院議員で帝国議会で粛軍演説をした「ねずみの殿様」こと斎藤隆夫、大部屋俳優で文化新聞「土曜日」を創刊した斎藤雷太郎が印象的でした。どこか、著者の思い入れも強く感じ、この2章は二度読みました。
W斎藤LOVEです!?

精神が抑圧された暗い時代に、精神の自由を掲げて闘うのは、とてつもない覚悟の人か、とんでもなくわがままか、のどちらかだと思います。いずれにしても、その生きざまは、暗さに不自由を感じる者にとっては一縷の望みの光です。人々は、その光を通して、進むべき方向、進んではいけない道を判断してきたのでしょうし、これからもそうなのでしょう。この本を読むこと自体も、光を探す行為なのかもしれません。そんなつもりで読み始めたんじゃないにしても。

 

同時にこの本は、単に抑圧の時代を深刻に記しただけでなく、たとえば竹久夢二が渡独して、ベルリンでナチスの台頭を肌で感じたことや、著者の叔母である作家の近藤富枝さんが「いい男ってのは山宣だねえ」と何度も言っていたという性科学者で社会運動家の山本宣治の、当時としては斬新な性知識の定義など、興味深い近代史のエピソードもたくさん出てきます。

京都に行ったら、ぜひとも、斎藤雷太郎の章に出てきたフランソワに足を運ばねばと思いました。舞台になった喫茶店が今も営業中だなんて、なんて麗しいんでしょう。

 

 

映画『FAKE』を見ました。

ゴーストライター騒動で時の人だった佐村河内守氏のその後をフォーカスした作品は、公開時、世間でも私の周辺でもかなり話題になり、当サイトでもuematsuさんが記事にし、(こちらをどうぞ⇒
コメント欄もにぎわいました。私は見ることができず残念に思っていましたが、このたび日本映画専門チャンネルでディレクターズ・カット版が、しかも森達也監督のインタビュー付きで放映されると知り、前のめりで録画しました。

満を持して見た『FAKE』は、期待どおりの怪しさ、うさんくささでした。佐村河内守氏も、彼のそばにずっとついているもうひとりの「主役」佐村河内夫人かおりさんも、絶妙で姑息な距離感とコメントで絡む監督も、器量良しのネコすら、こぞって何を考えているのか本当のところはわからない、わかったつもりになるとしっぺ返しを食らいそうな、場面場面によって、誠実だったり嘘くさかったりするクセモノぞろいに見えます。この主要メンバーに比べれば、テレビ局の人間たちはみんな平たいうさんくささなので、なんだか力不足に映ります。

そして、まんまと監督の術中にハメられたかのようなオープンエンド的なエンディングには、唖然というより、忸怩たる思いがしました。もしかしたら、実際に「っち!」と声に出したかもしれません。

ああ、おもしろかった。

忘れかけていましたが、ほぼ1年前にゾロメ日記で森達也氏のことを書いていました。(⇒
第三次森達也ブーム到来中だって(失笑)。なに言ってんだか。

 

最後に
「完璧な人間などと言ったものは存在しない。完璧な森が存在しないようにね。」

…あ、戯言です。村上春樹の『風の歌を聴け』の出だしをちょっとアレンジしてみました。

by月亭つまみ

第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】
第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊 切実本屋】

第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4、5木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 ゾロメ日記】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第25回 明日はわからない

50代、男のメガネは

なら国際映画祭2020を振り返って。

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

ミカスの今日の料理 昨日の料理

それはすべて酷暑のせい(おかげ):きくらげと卵の炒め物

今週の「どうする?Over40」

今週の土曜は、「在宅デトックス」ZOOM映えを狙う。

カレー記念日 今週のおかわり!

放っておいたら 直らないかな パソコンが

出前チチカカ湖

第161回 最近の一喜一憂

なんかすごい。

髪を切った話

OIRAKUのアニメ

第40回 the present/トンコハウス映画祭

わたしをライブに連れてって♪

私の下より、介護のハナシ

これ、入るかしら?

vol.72 胸のボリューム問題3

いどばた。

コレステタ!処分したものを教えて。

絵手紙オーライ!

やさしい風がとどくかな?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人のためのアイメイクwithマスク

昭和乙女研究所

縁日の定番

黒ヤギ通信

ゆっくりと

じじょうくみこの崖のところで待ってます

バルーン棟梁、ふくらみ中。

日々是LOVE古着

補修しながら着続けます(2)

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

先手必勝

猫No.34  by れこ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

先手必勝

猫No.34  by れこ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up