5月23日はカレー記念日

カレー記念日

「館」のつく 場所で行くのは 図書館だけ

5月23日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第9回 受容とやっかみ

いまだに時折、「自分のこどもがいたら人生はもっと面白かっただろうなあ」と思う。そんな思いがよぎるのは、仕事で他人様のこどもと接して、そのキテレツな行動やトンチンカンな発言やスットンキョウな発想に触れたときなどの、比較的ライト(?)な感じがほとんどで(一例⇒)40代前半ぐらいまでの、情緒的でウェットな気持ちとはずいぶん違っている。

違う理由をつらつら考えるに、あれから(どれから?)もう長い年月が経ったから、というのは大きいものの、人生経験を積んで人生観が変わったからとか、夢中になれるものを見つけたから、だとは思えない。到底。

じゃあ、なんでこんなに違ったんだろうと考えてみて、自分でもちょっとたじろぐ仮説に行き当たった。それは「そもそも自分は、そんなに切実にこどもが欲しかったわけでもないのかもしれない」だ。

30代の頃、友人から子育ての苦労を延々と聞かされ、励ますつもりで言葉を発したら「こどもがいない人にはわからない」と言われ、しばし凍りついた。こどもに関するこっちの事情や事件(?)を全部知っている人だったので、ことさら冷酷な言葉に聞こえたのかもしれない。

「こどもがいない人にはわからない」と言われると何も返せない。そのとおりだから。そしてその手の言葉は、多少の段差はあっても境界線なんてないはずの、本来は地続きの場所を切り裂く。持たざる者は、おいそれと持つ者に近づけなくなる。不用意に傷つけられるのが怖いから。今より無神経な発言が跋扈していた20世紀は、おおげさだと言われそうだが、武装しないと世間に出ていけないイメージだったのだ。

今振り返ると、自分で自分の居場所を狭めていただけだった。でも、武装して遮眼帯まで装着していると、そのことがわからない。間違った場所になんていないのに、そもそも正解の場所もないのに、まわりが見えなくなって、判断力が停止し、自分だけが不本意で不幸な場所に取り残されたような気になる。羨望と妬みと嫉みとやっかみの境界線もあいまいになる。

それが、2000年ぐらいまでの私だった。

そして今、世紀をまたいで、人生三つ目の年号の時代に入ろうとしている。当時はあんなにヒリヒリして、ナーバスでデリケートで大問題だったこどものことが、今では「いればたぶんかけがえのない存在で、人生の喜怒哀楽の濃さが違ったかもしれず、いないことなんて想像できない人生だっただろうけれど、いないんだからその仕様で生きていくしかないわけだし、もうそれに違和感はない。人にはいろいろな種類の不安や淋しさや心配があるようだし、こどもがいてもいなくても、その絶対量は変わらないような気もする。そもそも、なんであんなに苦しかったんだろう。本当にそんなに切実だったのかな」になっている。…独白が長いな。

強がりだと思われるのかもしれない。実際そういう部分もあるかもしれない。でも、加齢も悪くないと思えるいくつかのうちのひとつがこういう心情なのだ。

もう、受容し過ぎて、つまんない人間に成り下がったな私。人間がデキてしまうのも考えものだ。今後の課題は、受容とやっかみのバランスかもしれない。どっちも、あり過ぎてもなさ過ぎてもきなくさくて、うさんくさい。

ま、なにかと、くさいのが人生っすけどね。

by月亭つまみ

【木曜日のこの枠のラインナップ】
第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】

第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊★切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 やっかみかもしれませんが】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アメちゃん

    その昔、私の言ったことに腹を立てた姉に
    「こどもを育てたことのない人は、人として幅がないんや!」
    って言われたことがあります。
    私も凍りつきましたねぇ。

    元々私は、こどもはキライじゃないけど
    自分のこどもが欲しいとおもったことがないので、
    まぁそんな偏見を言われても、別に傷つかないんですけど
    こどもが欲しくても、病気やいろんな理由で出来ない人に対して
    人としての幅がー、とか言えるのか?
    20代で普通に結婚して、妊娠出産と問題なく、すぅっとこなせてきた姉こそ
    そういう人達のことに想いが至らないのじゃないの?と
    言い返せなかったことが悔しくて悔しくて(笑)。一晩中号泣しました。

    私はホント強がりでもなく、こどもが欲しいって思ったことないんです。
    結婚にも憧れたことがなくて…。
    だから、女の幸せ=結婚とか、こどもを胸に抱くこと、とか言われると
    私は違うんだけどな…って思います。
    もしかしたら過去生で、さんざ子沢山とか子育てを経験してきて
    今生では「もう一人になりたい…」と思ったのかもしれません。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、こんばんは。

    人として幅がない…そうですかあ。それはまた。

    傷つかなくても、ずっと忘れない言葉ってありますよね。
    したり顔で「それが、傷ついてるってことじゃないの?」と言う人がいそうですが、私の「こどものいない人にはわからない」も、傷ついたというのとは違うのですよね。

    人って、余裕があったり情緒が安定してるときは他者に優しくしたり、人の多様性を認めるようなことを言うけれど、テンパっちゃうと、最短距離で自分を守るために人をバッサリ斬ることが易易とできちゃんだな、こりゃあ、うかうかしてらんないぞ、と身が引き締まったあの一瞬の冷水を浴びたような感覚は、今度は自分が身を守るために必要だった冷感なんでしょうか。

    私は、こどもがいればいいなあと思ったクチですが、友達のような親子はなぜか昔から苦手です。
    もしかしたら過去生(←この言葉、初めて知りました)で、友達的ポジションになりたがる親かこどもに辟易してきて、今生では「っけ!しゃらくせー!」になっちゃったのかもしれません(^-^)

  • Kirin

    いつもとっても楽しみに拝見してます。
    つまみさんと境遇がちょっと似てます。正職員の3倍の仕事量の非常勤職員歴12年目。老親介護。それからうつ病の旦那さん。あ、高齢で設けた娘がいますが、今思春期で面倒くさいことこの上なし。そんなこんなで、日々、ほかの人、もの、コトをやっかんで生きているので、大忙しです(笑)自分の頭の中のもやもやしたもの、混乱した感情を、つまみさんが明晰な文章でまとめて整理してくださっているようです。
    私は、多分つまみさんと同い年くらいなんですが、おそらくつまみさんのような知性がないからでしょう。受容力がとんと育たず、もう・・・疲れます・・・いや、ほんと。バランス大事・・・

  • つまみ

    つまみ Post author

    Kirinさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    望外なお言葉、うれしいです!!

    「やっかんで生きているので、大忙しです(笑)」というフレーズ、笑ってしまいました。いいですねえ。
    ふつう、この流れで「大忙しです」とは書きませんよ(^O^)
    「ツライです」とか「疲れます」とシリアスに続けて、わかりやすい共感を得ようとするが通常なのに、「大忙し」と言われると、忙しいんかいっ!?とちょっと膝カックンして、笑って、むしろ共感の度合いは大きくなりました。
    Kirinさんこそ、知性の人だと思いました。

    受容力は諦め力と昵懇だと思っています。
    不屈の精神で、どんな厳しい状況でも願いを叶えようという精神力がないんでしょうねえ。
    唯一、精神力を発揮する場面があるとしたら、ラクをするためかもしれません(^^;)

    同い年くらいとあらば、無理は禁物です。デキる自分などを目指さず、でもなるたけ腐らず、テキトーにやりましょう!?

  • のどか

    件のご友人は、子供のいる人がつまみさんと同じ励ましを伝えた際にはどんな返答をなさったんでしょうね
    私の推測では「あなたにはわからない」か「うちの子を育てたことない人にはわからない」ではないでしょうか

    つまみさんにもそのように返答したなら、つまみさんの友人さんへの評価も違っていたのではないかなぁ

    そんな事思いつつ、私もムカつく薄毛上司には、心の中で「このハゲ!」「来たるべき輝かしい未来が今すぐ訪れろ!」と思っています(笑)

  • つまみ

    つまみ Post author

    のどかさん、こんにちは。
    コメント、ありがとうございます!

    どんな返答をしたんでしょうね。
    平常心をなくしていたから、誰もが自分よりお気楽だと思って、自分をちゃんと理解してくれる人は世界のどこにもいない、ぐらいに殺伐として気持ちにだったように見えました。
    ま、どんなときでも「ちゃんと理解」なんて無理で、そんな人、いないんですけどね(^^;)
    わかりあえないことが前提で、ただ、悩みや愚痴を吐露したいだけ、だったりするのでしょうが(自分を鑑みても)、聞く方も、じゃあ、その前提のまま、ただ「そうかそうか」と聞いているだけでいいかもしれないのに、つい、それじゃ芸がないかなと余計なサービス精神を発動して、寄り添うようなことを言ったりすると、なんか踏んじゃったりして。

    人と人の間に、正しい回答なんてないなあとあらためて思います。

    私も、ムカつく人間を(親戚とか)脳内で何度葬ったことか(^O^)。
    「来たるべき輝かしい未来が今すぐ訪れろ!」って可笑しい!
    つぶやきシローの「周りがイエスマンばかりになってダメな人間になれ!」に匹敵しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第12回 やっかむ相手が…

50代、男のメガネは

お尻を触るのはいいけれど。

これ、買った!

マキタって書こうと思ってたのによぉ!イージーエクサツインを買った。

OIRAKUのアニメ

第15回 舟を編む

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カナダへ行ってきた。しかも、妹と。(終)

今週の「どうする?Over40」

過去への信頼が崩れる、ちょいハードな経験も新聞連載に。

日々是LOVE古着

古着以外で最近買った古いもの

黒ヤギ通信

黄金週間ちまちま

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

メイクアップレッスンに行ってきた!

カレー記念日 今週のおかわり!

行けるのか わからんけれど 申し込む

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

いどばた。

悲報、ポストが消えた・・・

なんかすごい。

偶然と天ぷら油

わたしをライブに連れてって♪

オシャレと若いは同居しない?

これ、入るかしら?

vol.59 新人になってみる

絵手紙オーライ!

令和元年

昭和乙女研究所

東京見物(中学生編 昭和50年代前半)

ワクワクしたら着てみよう

収納サービスを使っています!

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

あの頃、アーカイブ

【エピソード31】浅間山荘事件を覚えていますか?

KEIKOのでこぼこな日常

はたして楽しめるのか?!

四十路犬バカ日和

2度目の初めて 〜公園デビュー〜

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

蜜月時代

猫No.78  by 伽羅

猫大表示&投稿詳細はこちら!

蜜月時代

猫No.78  by 伽羅

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up