10月28日はカレー記念日

カレー記念日

年取って 早寝早起き 未だ無理

10月28日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.37 いろいろ絶妙。そして4人は?

 

思えば子どもの頃から雑誌のインタビューや対談記事が好きだった。

中学時代、学校では洋画雑誌を読んでいたが、家では「月刊明星」や「月刊平凡」を読むという姑息なティーンエイジャーだった。ご贔屓は山口百恵。男性アイドルにはほとんど見向きもせず、百恵ちゃんのグラビアや対談などの記事をものすごく真剣に眺め、熟読していたものだった。

今見ると、二人共、中学生には思えぬしっかりしたお顔立ち!

あの頃は、対談記事というのはリアル対談の忠実な文字起こしだと思っていたので、たとえば中三トリオと新御三家(説明省略)の新春特別対談だったりすると(もちろん全員晴れ着)、その発言数を比較して、桜田淳子は出しゃばりだな、もうちょっと百恵ちゃんにしゃべらせろよ、とか、ヒデキのこの発言は誰に言ってるんだろうか、などと本気でムッとしたり悩んだりしていたものだった。幼い。

月日は流れ、1980年代の雑誌の興味はサブカル系に。

まだA5判時代の「宝島」のロングインタビューなどを貪るように読んだ。RCサクセション、YMO、ビートたけし…など、時代の寵児の言葉は、どれも自分に向けて発信されているようにストンと腑に落ちた。もう、インタビュー記事の文面=忠実な文字起こし、と思うほど初心(うぶ)ではなかったが、当時の宝島の編集者が想定する読者層に、自分はどんぴしゃハマっていたのだと思う。だからこそ、その記事がまさに(五臓六)腑に落ちて沁みたのだ。

キヨシローも教授も若い!!

そんな、トリミングされていない(ような編集の)インタビューに惹かれつつ、一方で、「MORE」や「With」、「コスモポリタン」、などの女性ファッション誌のインタビュー記事も実はひそかに好物だった。

女性誌の巻頭インタビューを飾るのはたいてい、俳優であれば出演映画の封切り間近だったり、音楽関係であれば新しいアルバムをリリースしてツアー開始直前だったりという、オファーする側される側の利害が一致した人で、明らかに、大人の事情が色濃い人選だった。

この人も、女性誌インタビューの常連だったような。

そして、そこで語られるのは「過去にいろいろあったが言い訳はしない。それも含めて自分だから」や「こう見えて私、意外と庶民派です」や「好きなことしかしないで生きてきて、今ここにいます」のどれか、もしくはどれも、の範疇で、こう言っちゃなんだけれど、収まりがいいだけの浅くて薄い内容が多かった。それに対して「結局、接待インタビューじゃん」と毒つきながらも、お約束で予定調和の様式美も嫌いじゃなくて、案外楽しんでいたりしたのだった。これぞダブルスタンダード?

そして幾星霜。今、定期的に読む雑誌はないが、対談の本はわりと手に取りがちだ。

最近読んだのは、「婦人公論」での清水ミチコの連載鼎談を書籍化した『三人寄れば無礼講』

これは、数年前に同じ出版元から出た小林聡美の『鼎談』を引き継いだ連載だと思うが、清水ミチコも小林聡美同様、同性に人気が高く、一般人の感覚を失っていない(実際にはどうかは知らない)バランス感覚に秀でたイメージで、ホストとしては磐石。ゲストの絶妙さもこれまた磐石だ。

特にどっかズレた印象の人との鼎談が真骨頂。どっかズレた人のことを魅力的な人というのではないか、そもそも、この世にはどっかズレた人しかいないのではないか、と思わせるメンツ。蛭子さん、森山良子、矢作兼、山口もえ、浅田美代子…ちょっとうっとうしそうだけど近くにいたら面白いかも、のラインナップで気楽に楽しめる本だった。

そしてもう一冊はジェーン・スーの『私がオバさんになったよ』

スーさん、あれよあれよという間に、オバフォー世代のオピニオンリーダーの感があるが、あらためて、頭の回転の良い人だと思った。回転が「早い」ではなく「良い」だと思うのは、そこに微塵も拙速さが感じられないから。ラジオ、特に「お悩み相談」で感じるコメントの的確さ、絶妙さが活字でも健在だ。

「ああ、それそれ!私もそう思った」と感じることと、自分が同じ状況で瞬時にそれを言える(書ける)は別だなあという、あたりまえのことをしみじみ感じる。

ちなみに、今回取り上げた本は2冊とも2019年発売だが、共通の対談(鼎談)相手が3人もいる。

光浦靖子、中野信子、能町みね子。

なんか、これまた絶妙な3人。絶妙過ぎてちょっと…と思うが、なにが「ちょっと」なのかは自分でもわからない。

          ♪♪♪♪

 

そんなわけで、もうすぐ完成(予定)のZine【カイゴ★デトックスへようこそ!VOL.02】にも、カリーナさん、Cometさん、ミカスさん、つまみの4人による、みっちりした座談会が載っています。それが「リアル座談会の忠実な文字起こし」か否かはご想像にお任せします。お楽しみに!

…ところで、2人は対談、3人は鼎談、じゃあ4人はなんて言うのでしょう。…会談?

by月亭つまみ


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    つまみさん、こんにちは!

    婦人公論の清水ミチコの鼎談、たまに読んでます。
    山あり谷ありの時間を経て今がある皆さんですから、おっしゃることが深いのですが、彼女とゲストとの距離感によって、中身が無いようであるような、有るようでないようなインタビューになっていて、面白いですよね!それも構成によるのかしらん。

    公共放送の某番組で、彼女がお悩み相談コーナーのMCをしているのをご存知ですか?釈徹宗さんらがレギュラーで、毎回ゲストコメンテーターが2人いらっしゃる。

    たまたま見た日は公開放送で、アグネス・チャンと山田五郎がゲストでした。
    就職や進学で家を出た子どもたちが相手にしてくれないという質問者さん。
    子離れの時と、突き放す山田五郎の回答。
    対して、質問者さんの気持ちを汲み、子どもを巻き込む楽しいイベントをすれば?と、自分ちの例をあげて、理想的なアドバイスをするアグネス。
    それを聞いて、俺が子どもだったらそんなのにつきあうのヤダと、正直な山田五郎。
    最後、山田五郎に「もう、台無しだよ」と突っ込む、MC清水ミチコ。
    清水ミチコと山田五郎の近い距離感があってのやりとりが、場の空気を微妙にする。同時代を経てきた私たちには堪らない面白さ!その場に居たかったわあ。
    もしかして四人のお名前でネットで検索したら、何やら出てくるかもしれません。

    最後に。頭の回転が早いの「早い」には「拙速さ」が含まれている…目からウロコが落ちました。

  • okosama

    あと、素人考えでは、四人だと座談会になるんじゃないでしょうか?

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん、公共放送(!)のお悩み相談、知ってます知ってます。
    一度も落ち着いて見たことはないのですが、ミッチャンとお坊さんを何度か見かけてます(^O^)

    アグネス・チャンと山田五郎であれば、おのずと役割が決まって、正論と本音、理論と感情、みたいな感じになるのかもしれませんね。
    私も、まゆぽさんとのお悩み相談は、先に発言した方のニュアンスで、もうひとりの立ち位置や役割が決まるなあとはいつも思ってました。
    アグネスと五郎と比べるのもおこがましいですが(^^;;

    4人は座談会。
    確かに。

  • okosama

    つまみさん

    Zineの座談会、皆さんの立ち位置が楽しみです(^^)

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん、ありがとうございます!

    それぞれの立ち位置が、それぞれっぽくて笑っちゃうかも。
    お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

Mくんのこと

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カイゴデトックス特設ページを開設しました:長芋の春巻

今週の「どうする?Over40」

今週金曜日、カリーナの本発売。そして、カイゴデトックスのサイトがオープンしました!

日々是LOVE古着

プリーズプリーツ…

カレー記念日 今週のおかわり!

手を出せば 出るの出ないの どっちなの

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ヘッドマッサージャーで柔らかあたま

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第26回 トラウマを蹴とばせ

OIRAKUのアニメ

第41回 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編/劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ島よ。ムッちゃん事件の顛末。

出前チチカカ湖

第162回 最近のトライ&エラー

なんかすごい。

2冊のZineと1冊の本

わたしをライブに連れてって♪

先生、倒れたってよ。

これ、入るかしら?

vol.73 髪をなるべくきちんと

いどばた。

エコバッグどれがいい?

絵手紙オーライ!

三つ葉のあの子・・・

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

丹下左膳

猫No.80  by はしーば

猫大表示&投稿詳細はこちら!

丹下左膳

猫No.80  by はしーば

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up