10月28日はカレー記念日

カレー記念日

年取って 早寝早起き 未だ無理

10月28日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第23回 スミマセン、ワタナベトオルさん、ほか。

仕事に必要で本を読むことはあるが、教養のために、と本を読んだことはない。

ずいぶん前、タレントの渡辺徹が「芥川賞と直木賞の受賞作は教養のために読むことにしている」とコメントしていて驚いた。驚いてから、芸能人は趣味や教養そのものを仕事に直結させている人も多いのだろうから驚くには当たらないな、と納得した。納得したが、「っけ!」という気持ちがちょっと残った。

★★★★

あらためて考えてみたが、自分の場合、教養のために本を読んだことがない、のではなく、興味がない分野の本を読むことができない、読みたくない、だけのような気がする。教養云々とは別問題。

経済学とゲームと21世紀のJポップの本しかないから、それを読んでなさい、しかも横になって読んでヨシ!となったら(きわめて特異な状況)、間違いなく5分後には熟睡している。

読む本をほぼ自分の好みでしか選んでこなかった自分は、読書という行為そのものを自分の好みの方向のポジションに置いておきたいだけなのだろう。渡辺徹(何度も名前を出して申し訳ない)に「っけ!」となったのも、教養のために本を読むと公言しているからではなく、そのときの彼の物言いに、芥川賞と直木賞の受賞作こそ数多の小説の中でもっとも教養に値する良質の文学である、という大前提を感じて、それにツユほどの疑いや迷いがないように見えたことに反発したってことだったのかもしれない。

★★★★

ことほどさように、日本の小説における芥川賞、直木賞、最近では本屋大賞、のブランド力は揺るぎない。受賞作には「これを読んでいれば間違いない」という太鼓判を押されるわけで、発表されるやいなや(時にはそれ以前から)その本は書店には平積みされ、煽りのPOPが立ち、図書館では予約が殺到する。

お墨付きや太鼓判が押された小説は、そりゃあ安心だ。なんとならば私も読むし、その中には心から面白いと思った本もある。でも、おもいきって言ってしまうと、お墨付きの小説ばかり読んでいる人はいろいろと余白が少なそう。…今、一瞬、渡辺徹ゴメンと思ったが、氏は「芥川賞と直木賞受賞作は読む」と言っているだけであって、「それしか読まない」とは言ってないのだから、謝るのは「それしか読んでないんだろう」と思ったってことで、失礼でした。

★★★★

青臭いことを承知で書くと、小説や映画や音楽…に限らず、ファッションでも景色でも、自分で好きなものを決めていいというのが大人のなによりの醍醐味だと思う。もちろんその中には、他者の評価や流行り、特定の誰かの影響があっていいし、無意識にそういうものに引っ張られての「自分の意見」だったりするのは暗黙の了解だ。でも、それでも「自分でこれを選んだ」という自覚というか思い込みというか勘違いこそが、たとえば読書、もっと大きく言えば人生を進めていく燃料のひとつになるように思う。

★★★★

若くて、周囲の多くの人が、才能や人柄を褒め称え、将来を嘱望されていた俳優さんが自らの命を絶ってしまった。彼の行為の本当の理由は誰にもわからないし、もしかしたら本人すら説明できないことかもしれない。

高校時代にテニス部にちょっとだけ在籍していたときに、ダブルスを組んでいたぴーやんが20代後半のときに自ら死を選んだ。結婚して子どもが生まれたばかりで、知らせを受けたとき、「な、なんで!?」としか思わなかった。お茶目で繊細でマジメな人だった。本人はうっかり応募しただけで、しかも応募者が少なかったのだと謙遜していたけれど、地元のプチミスコンみたいな催しでファイナリストになったこともあった。

死を軽く考えるつもりは微塵もないが、人って案外、「うっかり」死んでしまうこともあるのじゃないか、その「うっかりの穴」は思いのほか、そこここにあって、今、自分が生きているのは奇跡に近いのではないか、と思ったりする。

★★★★

うっかりの穴に落ちないコツは自分で選んだ人生を送ることですよ、などと短絡的なことを言うつもりはない。そんなに単純なことなら誰も苦労はしない。ただ、ままならない人生や日々…要するに真っ暗闇な気分でいるときに、どこかの誰かの頭上にある抜けるような青空を思うとキツいが、隙間からでも垣間見えるわずかな灯りを発見することを想像するのは、それよりずっとマシなのではないかと思ったりする。

★★★★

ここで私が書いていることなんてどれも机上の空論かもしれない。自分に限っていえば「人生すべてなりゆき大明神様のお導きのままに」と思っているフシもある。でも、絶対的正解などどこにもないと思うばかりの昨今は、「自分でこれを選んだ」という自覚や思い込みや勘違いも大事だと思うのだ。矛盾しているけれど、なりゆきとこれは両立する…と思う。

★★★★

仕事、子育て、健康、介護、自身の老後、新型コロナ…世の中は不穏や不安のタネまみれだ。どうしていいかわからない局面に立たされることもしばしばだが、なりゆき大明神様と自分の意思のダブルスタンダード(←この言葉をよく使うよな、私)でなんとかやっていきたい。

一気書きしましたが、読み返すほどに青臭くて浅い文章です。でもこのままアップします。スミマセン。

by月亭つまみ


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • kokomo

    つまみさん、こんにちは。

    ワタナベさんの発言を読んで、私の両親の「認知症にならないように友達を作る!」という発言に「っけ!」となった時の気持ちになりました。あ、ちょっと違いますか...

    お亡くなりになった若き俳優さんの死ですが、ダウンタウンの松本さんも「ふと魔がさすときがあるんかな」と言っていました。自ら死を選んだ親族の葬式で「なぜ前日でも、翌日でもなく、その日だったのだろう。」と答えの出ない問いを頭の中で繰り返したことを思い出します。大ファンという訳ではなかったのに、若くて魅力的で才能もある件の俳優さんの死が日が経つにつれて重く重くのしかかってきて混乱していました。つまみさんの「ダブルスタンダード」で気持ちに折り合いが付けられそうな気がします。雑然としたままの文章、すみません。

  • つまみ

    つまみ Post author

    kokomoさん、こんばんは。
    コメント、ありがとうございます。

    ご両親の「友達を作る」発言、失礼ながらクスッとしてしまいました。
    ワタナベトオル氏もご両親も、そこになんの疑いもないコメントなんですよねえ。

    かの俳優さんの死は、私も、ファンという感じでは全くなかったのに、重くつらい気持ちになりました。
    どうしてそういう気持ちになるのだろう、と思って書いたことでしたが、生と死が地続きであることを思い知らされる災害や事件や流行り病のせいもあるのかもしれないです。
    自ら選ぶかどうかはわからずとも、死がどんどん身近に感じられるのは、単に加齢のせいばかりではないように思ってしまったり。

    だからというって、常に鬱々と暮らしているわけではなく、亡くなった俳優さんもきっと、笑ったり、スッキリしたり、高揚したりする瞬間もあっただろうに、と。
    どんな気持ちになっても、戻ってこれる、戻れなくても少し方向転換できるようなモノを見つけられるのなら、ダブルスタンダードでもトリプルスタンダードでも見つけたい、でも「戻りたい」と少しでも思えるうちはまだ余力があるってことなのかも、などと堂々巡りな今日この頃です。

    私の方が、ずっとずっと雑然とした文章です(^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

Mくんのこと

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カイゴデトックス特設ページを開設しました:長芋の春巻

今週の「どうする?Over40」

今週金曜日、カリーナの本発売。そして、カイゴデトックスのサイトがオープンしました!

日々是LOVE古着

プリーズプリーツ…

カレー記念日 今週のおかわり!

手を出せば 出るの出ないの どっちなの

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ヘッドマッサージャーで柔らかあたま

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第26回 トラウマを蹴とばせ

OIRAKUのアニメ

第41回 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編/劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ島よ。ムッちゃん事件の顛末。

出前チチカカ湖

第162回 最近のトライ&エラー

なんかすごい。

2冊のZineと1冊の本

わたしをライブに連れてって♪

先生、倒れたってよ。

これ、入るかしら?

vol.73 髪をなるべくきちんと

いどばた。

エコバッグどれがいい?

絵手紙オーライ!

三つ葉のあの子・・・

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

真知子巻

猫No.44  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

真知子巻

猫No.44  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up