2月9日はカレー記念日

カレー記念日

ひっそりと ガードルというのを 処分する

2月9日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.65 今年読んだ本は一冊、なのに二冊

2023年になりました。今年もよろしくお願いいたします。

ところで、ご存じですか?カリーナさんが<別冊、はじめました!ボチボチやります。>という、オバフォー(当時は「別冊」と言ってました)最初の記事を書いたのが2013年1月7日だったということを。

満10年の記念すべき日は、本人おろか、誰にも触れられることなく過ぎ去りました。関係者こぞって、うっかりし過ぎです。でも、それでこそオバフォーかも。

わたしは、その産声から遅れること約二週間、2013年1月23日に【いろんな言葉】でオバフォーデビューしました。記念すべきメモリアルdayはまだ来ていません。間に合った!当日は、コーヒーかルイボスティで祝杯をあげたいと思います。

ということで、いつのまにか10年です。以前、←ここでも書きましたが、わたしにとってこのサイトは灯台です。自分の場所を確認したい灯り。煌々と照らさなくてもいい、強い光だと目が眩んで、引っ張られ過ぎたり、逆に足元を見失うので、目に優しい光で照らしてくれればうれしい…などと、この佳きメモリアルmonthに思っております。

ってことで、ではまた!

…じゃないだろ、記事だよ記事!

 

 

年明けすぐに、この【月刊★切実本屋】を待ちきれずに、Twitterで予告編のようなものをつぶやいた。

そう、今年の一回目でもあり、記念すべき私家版10年またぎの本は、自分の記事ではおなじみの津村記久子さん。作品名は『つまらない住宅地のすべての家』である。パチパチパチ。

前回、津村さんの本を取り上げた際、「津村記久子の書くものにハズレなし」と断言しているが、今回も大当たりだった。でも、読んだ直後だと、前のめりな気持ちのせいで筆が滑りしがちだから、読了から少し時間を置いて記事が書けるのはよかった…とTwitterでつぶやいたときには思ったものである。甘かった。とんだトラップがあったのである。

この小説は、都会から電車で1時間以上離れた小さな町の、近くにコンビニもない路地にある10軒の家が舞台だ。いわゆる群像劇で、それぞれの家に不規則にスポットが当たって、主にネガティブなエピソードが語られるのだが、中盤までは、そのスポットライトが暗めの上に、ランダムさに目が散って、物語の不明瞭さに落ち着かない気分だった。

最初のページには、10軒の家の配置図と表札(姓のみ)と家族構成が記載されているが、あまり親切ではない。本文では、姓を省略して名前だけで語られることも少なくないし、この路地の住人以外の人物もいるので、「どこの誰?」的な人々が順不同で次々に出てこられた日にゃ、並みの人間(わたし)はとまどう。

「望?性別が特定できない名前、つけないでよ」「恵一ってどこんちの子だっけ?あ、親戚に育てられてる子か」「夫婦別姓?カンベンしてよ」と、そこだけ切り取ったら顰蹙を買うようなことも口をついて出そうになる。が、この不親切さ(?)は明らかに作者の意図するところだ。なぜなら、この得体の知れなさというか、読者が感情移入しづらい感じが、のちのち効いてくるから。「この話、なんかわかりづらいかも」と思ったらもう、津村さんの術中にハマっているってことなのかもしれない。

どの家もなんらかの問題を抱えている。明らかに犯罪者予備軍だったり、これからの不幸を予感させたり、長年の閉塞感が澱の層になって溜まっていたり。どこの家にもうっすら腐臭があるような、床下にマズいものが埋まっていても不思議ではないような不穏さが立ち込めている。

ところが、そこに本物の犯罪者の気配が近づいてくると、風向きが変わる。いや、向きが変わるというより、「女性受刑者が刑務所を脱走して、こっちに来るかもしれない」という案件が、この無風地帯に風を起こし、臭いと澱を動かすのだ。風穴を開ける、と言ってもいい。それは住人の心身にも風を通し、中盤以降は、ドミノ倒しのような変化が起こる。

変化といっても、表向きは日常と地続きで、路地を一歩出れば些事にすらならないレベルだったりもする。でも、わたしの胸には強く響いた。リアルだから響いたわけじゃない。どうやら人は、言動や気持ちで自分を牽引しているのではなく、物理的にも精神的にも明確に顕在化しない、気配とか温度みたいなものが、案外、希望や生きるための源になっているのかも、と思えたことが大きい。よくわからないその存在を意識できたことは、なんだか悪くない感じがしたのだ。

前半で「時間を置いて感想を書けることがよかったというのが、甘かった。トラップだった」と書いたが、わたしはこの小説を続けて二度読んだ。最初に多少混乱した「これって誰?どの家の人?」現象がなければ、もっと楽しめるかもと思ったからだ。

そしたらば、これがあなた、二回目は一回目より面白かったのですよ。その人の変化が予測できて、コレがアレの伏線的な行動や発言なのね、と確認しながら読むと、さらにグッときた。なので、二回目読了直後の現在、あらたな高揚で筆が滑り気味で、感想を書くには適していない状態なのである。これぞトラップだろう。

とはいえ、最初から、登場人物の情報(姓だけじゃなく名前とか、〇〇の友人とか)があったり、もっと規則的な登場のしかたで読みたかったか、と聞かれれば、NOだ。初回はやはり作者の術中にハマった方がいい。それを経て二回目に行くことが正道で、格別な景色を見ることができるのである(偏った断定が非常にうさんくさい)。

今年も本を読もう。同じ本を読める自分でもいたい。そうして初めて見える景色もあることをこの本が実証してくれたし。

現時点で、2023年に読んだ本は、この『つまらない住宅地のすべての家』一冊のみである。「読み終わったー!」と本を閉じたのは二回目だ。とても幸先のいいスタートだと思う。

by月亭つまみ

 


Amazon

 

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.66 すぐそこにあった「エモい」

50代、男のメガネは

漫画を読み飛ばせ!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

思い出:カネロニ

OIRAKUのアニメ

第81回 金の国 水の国

今週の「どうする?Over40」

あなたの「10年前の自分に言いたいこと」を教えてください。

黒ヤギ通信

歓喜の歌 第0楽章 きっかけ

カレー記念日 今週のおかわり!

いつの間に 仕込んでたのか カレーのモト

出前チチカカ湖

第187回 十といえば?

絵手紙オーライ!

ひさごのちいさな贈り物

昭和乙女研究所

昭和のレコード

かわいいちゃん

バリアフリー

山あり谷あり再婚ライフ

同感したり、されたりで心が軽くなる時

なんかすごい。

時間は待ってくれない

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

いどばた。

今年のクリスマス、なんかします?

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

一日千秋

猫No.28  by 権太

猫大表示&投稿詳細はこちら!

一日千秋

猫No.28  by 権太

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up