5月23日はカレー記念日

カレー記念日

「館」のつく 場所で行くのは 図書館だけ

5月23日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

帰って来たゾロメ女の逆襲⑪~同級生が校長先生と知ってしばし呆然記念【同窓会小説】3連発の巻~

 

父親の転勤で幼稚園を中退し、小学校は3回変わり、その後の両親の離婚のせいで受験して合格した高校を入学式を待たずに転校するという、輝かしい転校履歴(?)を持つ私は、小学校や中学校時代の同級生の一部からはしばらく行方不明扱いになっていたようです。

机

長い時間を経て、現在は首都圏在住組数名とたま~に連絡を取り合っていますが、なぜか男子の方が表面的には(あくまでも表面的には)まっとうな社会人ぞろい。

最近知りましたが、優等生だったHクンなどはその後も道を外すことなく、現在は横浜の中学校の校長先生だそうです。

同級生が校長先生!?

ついにここまで来たか・・・くらっ(めまいの音)。

あの

「ずっと年上だと思っていた高校球児が同級生!?」

「なんと同級生が人の親に!」

「ついに同級生に管理職誕生!」

などでおなじみ(か?)の

【同級生(同い年)で感じる「もう自分はそんなトシだったのか」としばし呆然編】 も

校長先生という、存在感的にはリーサルウェポンの登場で新ゾーンに突入した感じがします。

 

それにしても同級生ってフシギ。

同じ教室で学んでいた当時、特に親しくもなく、卒業後何十年もの間、会うことはもちろん、思い出すことすら皆無だった人でも、一度近況を報告し合うと一気に旧知の仲の感覚になります。

「古い時代を知っている」という意味では確かに旧知の仲ですが、空白の期間もまるで水面下では連綿と何かが続いていたような、心の片隅では互いに案じ続けてきたような、そんな錯覚に陥りがちです。

幻想なんですけどね。

過去を自分に都合のいい方向にスライドさせるのは、大人が身につける処世術ってことなんでしょう。

 

そんな風に、想像力を喚起し、時に妄想力も膨張させる(かもしれない)同級生。

でも、だからこそ、同級生・・というか同窓会をモチーフにした小説がけっこうあるのかもしれません。

そんなわけで、今回は【同窓会小説】を取り上げます。

Rear view of class raising hands

 

まず、『おじさんとおばさん』 (平安寿子/著)。

読みやすくて読みづらい同窓会小説です。

還暦間近の、世間的には恋愛のナショナルリーグを降りたかのように映る男女達が織り成す、あけすけで打算的で情けないすったもんだがあまりに赤裸々に描かれているので、正直、読んでいてツラいところもあります。

まあ、そこは平さんですから、最後はすとんとフシギな爽快感が残りますが、これって同窓会小説であると同時に反面教師小説というジャンルでもあるかも。

 

それに比べると『黒と茶の幻想』(恩田陸/著)は高尚。

いや、なにも『おじさんとおばさん』が下世話だと言ってるわけではなく(ちょっとは言ってる)、著者の芸風・・じゃなかった、作風の違いが大きいと思います。

 

かつての同級生4人が屋久島とおぼしき場所に旅します。

4人が4人、訳ありというか、謎めいていて、その真相を探る旅でもあるのですが、恩田さんの小説はいつもどこか清廉で、この小説も例外ではありません。

ドロドロしそうでしない。

いやらしくなりそうでならない。

それがある意味、いちばんいやらしい、という意見もあるかもしれませんが、思わせぶりなタッチがたまりません。

それと、個人的に私、この小説のように、章ごとに視点が変わり、ひとつの事象が語り手によっていろんな側面を見せるという手法、大好きなんですよねー。

Sea and Sky

 

そして、私にとっての同窓会小説のきわめつけといえばなんといっても『田村はまだか』(朝倉かすみ/著)です。

同窓会の3次会が舞台の連作短編集です。

集ったのは5人。

そして、物語の案内役は3次会の店「チャオ!」のマスター。

印象的なこの本の表紙の人物は田村ではなく、このマスター花輪氏なのです。

 

田村は、遅れてこの店にやってくるはずの人物。

小説では、彼を待つ5人+マスター、それぞれの過去や現在、わだかまりや執着・・そして田村についての思い、が語られていきます。

田村はなかなか来ない。

田村はまだか。

 

巧いです。

読みやすいです。

でも、実はするするっと読めるタイプの内容ではないと思います。

するするっと体内に入れてから、手強いことに気づく感じ、とでもいうか。

朝倉かすみさんの書く小説ですから、のどごしに騙されると消化不良になるかも。

でも、面白かった~。

 

この3つ以外にも同窓会をモチーフにした小説はたくさんありそう。

これぞ!というものがありましたら、ぜひ教えて下さい。

これからもっと大人になるにあたっての処世術のために!?

 

 

by月亭つまみ

 

こんなブログをしています。正体不明な女二人のブログ。 お昼休みなぞにのぞいてみてください♪→チチカカ湖でひと泳ぎ」

 

 

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • あきら

    こんにちは。いつもたのしく拝読しておりますー。

    下世話なのが年齢的にもフィットしている気がするのでそれにします(笑)!
    いや、それが、ちょうど昨日。あけすけというか、同級生の男子とそういう
    (ってどういう?)なはなしをしたところでした。

    60前くらい?50代くらいから同窓会というものは勢いよく盛り上がっていく
    ものらしいですが、やはりそこには不思議な関係のマジックが大きく作用し
    ていそうですよねー。悪い意味ではなく、有効利用も有りかな。

  • つまみ

    つまみ Post author

    あきらさま
    コメント、ありがとうございます。
    おっと!下世話1票!
     
    同窓会で何かが生まれることを期待するような気持ち
    実はほとんどないのですが
    かつてのクラスメートが卒業後は全く違う道を歩み
    とりたてて波乱万丈な人生ってわけでもない
    でも、笑ったり怒ったり泣いたりうんざりしたりほっとしたり不安になったり、をしていて
    それぞれの暮らしに右往左往してるんだなあと思うと
    なんだか妙に元気づけられます。
       
    『おじさんとおばさん』はホント
    あけすけですよー。
    「悦び」という字が似合うかどうかはわかりませんが(笑)。

  • 爽子

    わたしも、一冊目はおじさんとおばさんにしよう。
    悦びも歓びも、わたしには、似合いませんが。
    あけすけて、どんなん?
    あ、読めばわかりますね。^ – ^

  • つまみ

    つまみ Post author

    爽子さま
     
    あけすけっていうか、昔よくお祖母ちゃんが言ってた
    「恥も外聞もない」というか。
     
    ところで、『おじさんとおばさん』の上の商品ランキング
    確か昨日は60万位ぐらいだったのが
    9万位になってる!
     
    そもそも60万位って!?という感慨はさておき
    爽子さんの感想、楽しみですので、ぜひぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第12回 やっかむ相手が…

50代、男のメガネは

お尻を触るのはいいけれど。

これ、買った!

マキタって書こうと思ってたのによぉ!イージーエクサツインを買った。

OIRAKUのアニメ

第15回 舟を編む

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カナダへ行ってきた。しかも、妹と。(終)

今週の「どうする?Over40」

過去への信頼が崩れる、ちょいハードな経験も新聞連載に。

日々是LOVE古着

古着以外で最近買った古いもの

黒ヤギ通信

黄金週間ちまちま

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

メイクアップレッスンに行ってきた!

カレー記念日 今週のおかわり!

行けるのか わからんけれど 申し込む

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

いどばた。

悲報、ポストが消えた・・・

なんかすごい。

偶然と天ぷら油

わたしをライブに連れてって♪

オシャレと若いは同居しない?

これ、入るかしら?

vol.59 新人になってみる

絵手紙オーライ!

令和元年

昭和乙女研究所

東京見物(中学生編 昭和50年代前半)

ワクワクしたら着てみよう

収納サービスを使っています!

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

あの頃、アーカイブ

【エピソード31】浅間山荘事件を覚えていますか?

KEIKOのでこぼこな日常

はたして楽しめるのか?!

四十路犬バカ日和

2度目の初めて 〜公園デビュー〜

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

吃驚仰天

猫No.26  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

吃驚仰天

猫No.26  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up