7月16日はカレー記念日

カレー記念日

消えるかと 思えば始まる 耳鳴りよ

7月16日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ばあちゃんの心:好物三色盛り

母を物忘れ外来へ連れて行きました。
2か月に一度の通院には通常妹が車を出してくれるのですが、今回は他の用事と重なってしまい、姪が来てくれました。

最近の母は、喋っている時以外は何故か常に小さな声で歌を歌っています。それは、元気だった頃に音楽を聴くのが好きだった母のその名残なのかもしれません。
グループホームから病院へ向かう車の中でも母はずっと歌い続けていました。ちなみに、今回の歌は「かえるの合唱」。
「ちょうどかえるが鳴き出す季節だもんねぇ、ばあちゃん」と、姪。

病院に到着しても母の歌は続きます。
診察室に入る時にはしっかりと挨拶をし、先生からの質問には答えますが、それ以外は「かえるの合唱」。

「何か困ったことはありませんか?」という先生からの質問に、母ははっきりと「ありません」と答えましたが、私にはグループホームのスタッフさんから「先生に聞いて欲しい」と頼まれていたことがありました。
母は以前から不穏を抑える薬を飲んでいました。これは、ホームに往診をしてくれている内科医から処方されたものです。ところが風邪をひいて数日自室にこもった後、急にぼんやりとするようになり、足元がおぼつかなくなったというのです。件の内科医が「不穏の薬のせいかもしれない」と判断して薬を減らしたところ、ぼんやりはなくなったものの今度は不穏がひどくなり、「帰りたい」だの「お母さんに会いたい」だのと声を上げるようになってしまいました。
「ぼんやりするのも不穏になるのも、傍で見てるととても可哀想なんです。だから、物忘れの専門の先生のお考えを聞いていただけませんか?」とスタッフさん。薬の変更なども視野に、どうしたら母が気分よく過ごせるのかを相談してほしいとのことでした。

「かえるの合唱」を隣に聞きながら、「ぼんやりするそうです」「不穏になって声を上げるそうです」「一体どうすれば…」などと話していると、ふと母の歌が止まりました。そして、「帰りたい」という弱々しい声と共に母が泣きだしたのです。
ああ、ここまで不安定になってしまったのかと少し落胆しながら、私は「もう少し我慢してね」と母の肩に手を当てました。すると先生が母の手に自分の手を重ねて「ミカス母さん、大丈夫ですよ。僕がちゃんと考えますからね。ミカス母さんが安心できるように考えますからね」と。
母は「はい」と頷き、泣くのを止めました。

はっとしました。
母はわかっていたのです。
あまり思わしくない自分の状態。それについて助けを求める娘。いや、そこまで認識しているどうかはわかりませんが、少なくとも自分が問題の中心になっていることを察して不安になったのです。
もう少し母の感覚がはっきりしていた頃は、本人に聞かれたくないことや配慮が必要だと思われることは母のいない場で先生に伝えていました。それなのに、なぜ私は今の母に配慮は必要ないと思ってしまったのだろうか。先生は母の気持ちに気付いたというのに。
姪にその顛末を話すと、「ミカスちゃん、ばあちゃんはまだ心をなくしてはいないんだね。気を付けなきゃね。でも、なんだか良かった」
情けなさに身が縮みました。

母は私のことを妹の名前で呼び、時折歌を止めては「私、何も分からないの」と呟きました。その度に私は「分からなくても大丈夫」と言い、姪は「私が分かってることは教えるよ」と笑う。そのやり取りと「かえるの歌」でその日半分が終わりました。
診察後、姪が「おばあちゃーん」と呼ぶと、母は「はあい!」と満面の笑みで応えました。

変更した薬の効果を確認するために、今月末また母と病院へ行きます。次はしっかりと母の心の輪郭をとらえよう。歌の合間に母とたくさん話をしようと思います。




母の通院の日は少し疲れます。だから、出来合いのものを買ったり、とてもとても簡単なもので食事を済ませてしまうことが多いです。今日ご紹介する『好物三色盛り』はその究極。火、使わないしね。包丁さえあれば出来ちゃいます。あと一品欲しいな、と言う時にどうぞ。

好物三色盛り

  • たくあんを幅5ミリ・長さ2センチほどに切ります。
    好みの問題ではありますが、私は絶対的に黄色いたくあんをお勧めします。
    なぜ?と聞かれると今一つ答えが見つからないのですが…
  • オクラは塩を振って板摺りした後にさっと洗い、ペーパータオルなどで水気をふき取ります。
    その後、5ミリくらいの幅に切ります。
    オクラ、さっと茹でてからカットするというやり方もありますが、私はシャキシャキとした食感が好きなので生のまま使います。
  • 納豆は付属のたれか醤油を加えてよく混ぜます。
  • 小鉢にたくあん、オクラ、納豆を盛り付け、真ん中に卵黄を乗せたら出来上がりです。
    よく混ぜ合わせてそのまま食べるもよし。ご飯に乗せても、海苔で巻いてたべてもまたよし。
    しっかりと焼いでバターを塗ったトーストに乗せても美味しいよ!





さて、母、次は何の歌を歌うんだろうな。

ミカスでした。


ミカスの今日の料理 昨日の料理 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アバター画像

    Naomi

    ― なぜ私は今の母に配慮は必要ないと思ってしまったのだろうか。

    身につまされます。「不穏」は高齢者の介護で対応が辛いものの一つだと思いますが、渦中にいると「被介護者」というラベルでしか見れない時があったりしませんか?
    私は母の不穏時に、ダンナ氏に「夜中のトイレ対応をたまにはやってほしい」みたいな愚痴をこぼして、「それはお母さんのプライドが許さないと思うよ」と返されハッとしました。真剣に対応すればするほど、必死に考えれば考えるほど、「被介護者」ラベルが分厚くなってしまう。介護にはそういう魔の時があるように思います。

    「ぼんやりするのも不穏になるのも、傍で見てるととても可哀想」とおっしゃってくれる施設スタッフさん、素敵ですね〜。
    病院だと「拘束もやむを得ませんので」ってすぐ電話かかってきますもん(苦笑)
    そんな素晴らしい環境でも不穏になるのだから、やっぱり介護って難しいし、老いって奥が深いと思いました。

  • アバター画像

    ミカス Post author

    Naomiさん
    「被介護者」というラベルでしか見れない…
    そうなの。そうなんです!
    ある程度の期間介護を続けてきてわかっていたつもりだったのに、個としての母を見ている時と無意識ながらも「被介護者」としてとらえてしまっている時があります。
    「被介護者」ラベルを貼って処理をしようとしている、もしくは、処理してしまった自分に気付いた時の衝撃と自己嫌悪と言ったら…。

    母をファーストネームで呼び、母の若い頃の出来事などを理解してケアをしてくださる皆さんには本当に感謝です。
    それでも母は「帰りたい」と言うけれど、母が帰りたい場所はどこなのか、とことん追求してみたいような怖いような。
    本人にも分からないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第105回 T・P ぼん(タイムパトロールぼん)

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終の棲家クエスト1:冬瓜とツナの煮物

今週の「どうする?Over40」

実録・振り込め詐欺に引っかかる寸前まで行った話。

黒ヤギ通信

777

山あり谷あり再婚ライフ

一族崩壊?

カレー記念日 今週のおかわり!

疲れても 疲れ果てないのが大事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.83 最後が‥弱い

60代、男はゆっくりご乱心

将来の夢は映画館

かわいいちゃん

ブーム

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ 2023年3月15日

絵手紙オーライ!

風邪のトンネル

四十路犬バカ日和

人も犬も足が命!

出前チチカカ湖

第198回 最近 張った見栄の話。

母を葬る

(12)女性の仕事

昭和乙女研究所

昭和の喫茶店

なんかすごい。

わからない

いろんな言葉

That’s Dance!文字起こし 第6回(episode16) やっかみかもしれませんが‥番外編も兼ねて

いどばた。

凹むこと最近ありましたか?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はなやぐお盆、わたしは墓へとタックルした。

ただいま閉活中

お守りが無くなったら

50代、男のメガネは

『レジェンド&バタフライ』で絶望の淵に立つ。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

7月16日はカレー記念日

カレー記念日

消えるかと 思えば始まる 耳鳴りよ

7月16日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

よもじ猫

一日千秋

猫No.28  by 権太

猫大表示&投稿詳細はこちら!

一日千秋

猫No.28  by 権太

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up