5月24日はカレー記念日

カレー記念日

このまんま 5月の陽気が 続いてよ

5月24日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第56回 心に対する見解はエンドレス?

犯罪や芸能人のスキャンダルの報道でよく見聞きする言葉に「心に闇を抱え‥云々」がある。そのたびに「心に闇のない人なんている?」とツッコミたくなる。性懲りもなく毎回。まるで「心の闇」のパブロフ犬。同時に、心の闇は良からぬもの、と決めつけているであろう小さくない集団を想像してちょっとした恐怖を覚える。

「心の闇」という言い方は物心ついたときにはすでにそこにあった。その言葉で喚起されるものが自分の中で形になり、そりゃまあ、みんなあるだろうねという認識を持つに至った。「心に響く」や「「心が動く」「心が弾む」もそう。要するに、そういう言い回しや慣用句、故事成語などによって、自分なりに「心」というものを定義し、日々加筆修正、なんなら一度全削除して再構築したりしながら生きてきた。

そして思う。現在よく使われている「心に刺さる」「心が折れる」という表現が昔から一般的だったら、自分の「心」の定義は変わっていたのだろうか、と。わからない。でも少なくても、自分にとっての心の場所、体内での位置は違っていたのかもしれない。

心に対して、刺さったり折れたり、といった表現を自分は使用しない。以前、話の接ぎ穂に「なんだろう」を入れることへの違和感を書いたが、今後、自分がうっかり会話に「なんだろう」を入れてしまう可能性はけっこうあるような気がするものの、刺さる折れるはたぶん使うことはできない。たぶん、だけど。

その理由は、自分にとっての「心」は、時として俯瞰もしているけれど、基本的には身体の内部、血管や内臓よりも深部にあって、肉体(脳も含む)に内包されている、もっと言えば、自分という存在の本丸、核のイメージだからだ。なので、肉体経由で、そこが響いたり弾んだり、痛むことや震えることはあっても、刺さる折れるという直接の被害用語(?)はハード過ぎる。肉体を突き破る修復不能な致命傷の印象なのだ。こんな風に感じるのはわたしだけなのだろうか。

「強い衝撃があった」ということを言いたいから、というのはわかる。確かに、「心に響いた」より「心に刺さった」の方が、「ショックだった」より「心が折れた」の方が、インパクトは大きいし、フラグが立つ感じもあって状況を伝えやすいというのもあるだろう。なによりイマドキだ。でも、その表現を見聞きするたびに少しぞっとする。最後通牒を容易に使うなよ、と思う。わたしの中の寅さんが言うのだ、それを言っちゃあ、おしまいよ~と。

そんなにめんどくさいことを誰も考えていないよ、と言われそうだ。たぶんそうなんだろう。でも逆に、多くの人が深く考えているのに考えていないこともわたしにはたくさんある。融通が利かない部分も多々あれば、先回りして融通を利かせ過ぎたりもする。

人ってそれぞれだよね、そうだよね、などと言いたいわけじゃない。心が折れる、心に刺さる、という表現を極力遠ざけたい自分がいるという事実だけだ。好悪の問題かもしれない。考えてみると、「心に刺さる」には引っかかるが、「心を射抜く」は引っかからないのだから整合性がとれていないこと甚だしい。単に「新しいモノ好き」の反対、「新しいモノ嫌い」なのかも。ただただ、自分が構築してきた「心」のイメージをいまさら揺さぶられたくないだけなのかもしれない。

かもしれないかもしれないって、われながら煮え切らないな。であるならば、これは「心の闇」ってことにしよう。そして、在ってもいいものとしてそっとしておくことにしよう。なぜななら、たとえばテレビなどで‥(ここで文頭に戻る‥ってか)。

by月亭つまみ


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アバター画像

    Jane

    「なんだろう」に引き続き、「心に刺さる」「心が折れる」もつまみさんと同じ理由で私もひっかかります。あと、食べ物以外のもので好きなものを「好き」と言う代わりに「好物」というのも、私が日本にいた頃には聞いたことがありませんでしたが(単に私が聞いたことなかっただけかもですが)、オバフォーメンバーの方々が使われているので、流行なのかなと思いました。
    心の闇、大人はほぼ誰でも抱えているのではないかと思います。

  • アバター画像

    okosama

    つまみさん こんにちは

    やはり言葉の捉え方はひとそれぞれだなあと、感心するのです。私は新しい言葉の使い方にあまり違和感を持たないほうなので。

    私にとって心はいくつもの意味を持っています。喜怒哀楽の感情はもちろん、意思、希望、平常心、指向性なども「心」と言ってしまうのです。

    だから、抱いていた希望(的観測)が打ち砕かれたり、やる気が大きく削がれたりの意味で「心が折れる」ことはたまにあります。

    あまりにも大雑把でしょうか。

  • アバター画像

    つまみ Post author

    Janeさん、こんにちは。
    好物、食べ物だけではなく、状況や人にも無自覚に使っていますね、わたし。
    このことで、自分の琴線やフィルターに一貫性など皆無で、志向や思考ではなく、単なる嗜好なんだとあらためて思いました。

    心の中まで、日の当たる光しか持っていないとしたら、その事実が闇にすら思えます。

  • アバター画像

    つまみ Post author

    okosamaさん、こんにちは。

    いやいや、大雑把なんかじゃないと思いますし、決定的に削がれる=折れる はわかります。
    「心が折れる」を」使える人は強い説、を提唱したくなりました。
    わたしは、使ってしまったら、修復不能と自己暗示をかけてしまいそうで、「折れる」は泣きっ面における蜂なんだと思います。

    心は確かに汎用性というか、なにより広義性のある単語ですよね。
    脳ベルSHOWで、大きなものを言った方が勝ち、というクイズがあって、「心」が「宇宙」に勝った記憶があります。

  • アバター画像

    爽子

    わたしも「なんだろう」は大嫌いなの。
    それに加えて「ほぼほぼ」

    連発されると、ガムテープで、口をふさぎたくなります。
    (犯罪?)

    なんか言ってる本人がなんとなく得意げなのがイライラ増幅するんです。

  • アバター画像

    つまみ Post author

    爽子さん、こんにちは~。

    おおっ!「なんだろう」、大嫌いですか。
    確かに、言いよどんでいるわりに謙虚さに欠けますよね(^_-)-☆
    「ええと」とか、「なんといったらいいか」のような「わたし、的確な言葉がとっさに出てきておりませんが、しばしお待ちいただけますか」という一歩退いた感じがなくて、なんとならば、会話はコール&レスポンス、そっちもぼおっとしてないで一緒に答えを見つけてよ、みたいな不遜さを感じたりして。
    知らねーよ、と。

    「ほぼほぼ」にいまだに残っている業界臭の残り香みたいなものにつんときます。
    最初はイケていたんでしょうね。
    「最初はイケてた」というそれ自体が虚業用語っぽいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

昭和乙女研究所

ハイカラな食品パッケージ

カレー記念日 今週のおかわり!

駅トイレ 和式はあいてる 譲り合い

出前チチカカ湖

第197回 プチ贅沢を味わってやる。

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第65回 丘の上には ララ 緑がもえる~♪

60代、男はゆっくりご乱心

どうなる、盆栽の会

OIRAKUのアニメ

第102回 寫眞館

ミカスの今日の料理 昨日の料理

救い、そして希望:大学じゃがいも

今週の「どうする?Over40」

Podcastで知った。「足首、大事!」の真実と佐良直美さんのYouTube。

黒ヤギ通信

片付け、始めました。

山あり谷あり再婚ライフ

古い我が家で認知症予防?

なんかすごい。

山を満喫した話

四十路犬バカ日和

遠すぎない目標を意識しすぎずに目指す

かわいいちゃん

ルームツアー

絵手紙オーライ!

清流を泳ぐめだか

いろんな言葉

That’s Dance!文字起こし 第6回(episode16) やっかみかもしれませんが‥番外編も兼ねて

母を葬る

(10)親子という仕組み

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ 2023年2月4日

いどばた。

凹むこと最近ありましたか?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はなやぐお盆、わたしは墓へとタックルした。

ただいま閉活中

お守りが無くなったら

50代、男のメガネは

『レジェンド&バタフライ』で絶望の淵に立つ。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

5月24日はカレー記念日

カレー記念日

このまんま 5月の陽気が 続いてよ

5月24日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

よもじ猫

天下泰平

猫No.47  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

天下泰平

猫No.47  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up