5月21日はカレー記念日

カレー記念日

幾つでも 今が青春 基本です

5月21日はカレー記念日

masakobe

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

あの頃、アーカイブ

エピソード4*ピアノのあるおうち。

聞いた話を形に残すことを仕事にしている「有限会社シリトリア」(→)。
普通の人の、普通だけど、みんなに知ってほしいエピソードをご紹介していきます。

【エピソード 4】

前回に続いて、合唱の先生をしている咲子さんのお話。
NHK専属合唱団で青春時代を過ごした彼女の89年の人生は、
どんなふうに音楽に彩られてきたのでしょうか…。

それは、咲子さんの家にやってきた一台のピアノから始まりました。
昭和ヒトケタの頃のお話、一般家庭でピアノを買うのは珍しいことでした。
少し後の時代になりますが、
1948(昭和23)年から5年あまり製造された
ヤマハのアップライトピアノ#100の希望小売価格は195,000円!
大卒の国家公務員の初任給が3,000円の時代です。

yamaha200
1942(昭和17)年頃製造されたヤマハピアノ

「父は旧制中学の社会科教師で、私が生まれてすぐの頃、静岡に赴任しました。だからピアノは浜松の楽器店まで買いに行きましたよ。今でもよく覚えてる。ピアノがズラーっと並んでました」

そもそもお父さん自身が、ずっとピアノをやりたかった人なんだとか。
でも時代が時代。「男がピアノなんてやるものじゃない」と反対され、
教師の道に。だから娘ができたら絶対ピアノを習わせたい……
お父さんの夢は、6人の娘たちすべてに降り注ぎます。
そう、咲子さんは6人姉妹の3番目。
なんと6人の娘さんのうち4人が、音楽の道に進んだのでした。

「小さいうちは父がピアノを教えてくれました。
旧制女学校を卒業後、東京に出て歌の先生のお宅に下宿したのは、
そこにピアノもあったから。当時としては珍しいわよね」

すでに咲子さんの姉2人は東京音楽学校(現東京芸術大学)に入っていました。
咲子さんは、敗戦の気配が濃くなった昭和19年、
藤枝や島田に疎開して、やがて自宅で終戦を迎えますが、
戦後、再び受験勉強のため東京に戻ります。
今度の下宿先もまた、今思えばスケールの違う、
でもやっぱり咲子さんには願ったり叶ったりのお宅でした。

「友達に岩手県の大きなお寺のお嬢さんがいて、
目黒の柿の木坂に家を一軒借りてたのね。
ピアノはもちろん、ばあやさんも一緒に。すごいでしょう?」

芸大を目指す受験生2人とばあやさんの生活。
住まわせてもらう身としては、
万が一にも自分だけ合格するようなことがあったら大変。

「でも2人仲良く合格しました。本当にうれしかったわ」

geidaiongaku
日本最古の洋式音楽ホールを備えた旧東京音楽学校奏楽堂
(明治23年建造)

入学後は、上野の寄宿舎に移りました。
終戦直後の上野には「浮浪者」も大勢いました。
だから外出からの帰りには、
寄宿舎の女中さんがわざわざ駅まで迎えに来てくれたのだとか。
今の国立大学からは考えられません。
何より寄宿舎に「女中さん」がいたなんて…。

終戦直後、まだ人々が食べることだけで精一杯だったあの頃ですが、
若い芸術の芽を育むことで新しい日本をつくろうとする熱のようなものが、
早くも上野の森にはあふれていたようです。

「父には感謝しています」と咲子さんは言います。
当時は近所でピアノのある家なんか一軒もなかった。
そんな中で幼いときからピアノに触れさせてくれて、
それでも練習は厳しく、決まった時間はピアノの前に座らなくちゃいけない。

ピアノなんて火事で焼けちゃえばいい、
そんな罰当たりなことを思ったこともありました。でもね…と咲子さん。

「大学出てNHKの合唱団に入って、
結婚してからもたくさんの子どもたちにピアノを教えて、
そして今は同世代の人たちとコーラス。
こんな人生を歩めたのも、すべては父が買ってくれたピアノのおかげ」

娘たちに音楽の夢を託したお父さんは、
ある年の大晦日、静かにその人生を閉じました。
病院でお父さんの枕元のラジオから流れていたのは、ベートーベンの第九。

「気づいたら息してなかったの。
えーっお父さん、第九を聴きながら逝っちゃったのね、と」

今も生き生きと音楽を楽しむ咲子さんを、
天国から見守ってくれていることでしょう。

shouzen3

スポンサーリンク


あの頃、アーカイブ 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

30年ぶりの電話に思う、「寂しさ」のシェア&「よもじ猫」リニューアル

黒ヤギ通信

ペンは強し

四十路犬バカ日和

バンコクより愛を込めて

カレー記念日 今週のおかわり!

寝かせたカレーは美味しいよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

美肌のあの人に聞け!②美肌に一番大切なこと

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File 28】母親への感情が不穏です。

なんかすごい。

祖父は生きている。

50代、男のメガネは

背中にドラゴン、ひとっ風呂。

これ、買った!

子ども用のリュック、買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

さよなら : 海老の道明寺揚げ

これ、入るかしら?

vol.48 ちょっとへんかしら?

いどばた。

動物を愛でてみましょうよ。

絵手紙オーライ!

お茶でもいかが?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.13 どっちも派!

ワクワクしたら着てみよう

プチプラなのに履きやすいサンダルみっけ〜♡

KEIKOのでこぼこな日常

魔法の杖ではありません

あの頃、アーカイブ

【エピソード21】文化釜の時代

昭和乙女研究所

マリンテイストの服

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

わたしをライブに連れてって♪

・・・♪フェスのすすめ♪・・・

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

舌先一寸

猫No.36  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

舌先一寸

猫No.36  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up