12月15日はカレー記念日

カレー記念日

年相応 いったいなにそれ なんのこと?

12月15日はカレー記念日

権太

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

あの頃、アーカイブ

エピソード7★昭和初めの進学事情

さてさて、聞いた話を形に残すことを仕事にしている「有限会社シリトリア」(→)。
普通の人の、普通だけど、みんなに知ってほしいエピソードをご紹介していきます。
今年もよろしくお願いします!

【エピソード 7】

昭和2年、新潟県S町で生まれ育ったサキさん。
地元の尋常小学校を経て4年間の女学校に進学後、先生の紹介で先生の母校である東京の専門学校に進学しました。昭和18年、16歳で東京での下宿生活が始まります。
当時の進学事情と東京でサキさんが見たものについて、2回に分けてサキさんのエピソードをお届けします。

最初に、昭和初めの教育事情について少し説明します。

戦前の日本では、小学校卒業後必ずしも全員が中学校(男子)や女学校(女子)に進学するわけではありませんでした。希望進路に合わせて中学校以外の各種上級学校に進んだり、進学せずに家業を手伝ったり、職に就いたりしました。ほとんどの人は尋常小学校か高等小学校が最終学歴でした。中学や女学校など中等教育機関を卒業した人は10人に1人か2人。そのわずかな卒業生のうち、さらに高等学校を卒業した人となるとほんの一握りです。

昭和初期の学校制度 (文部科学省HPより)

サキさんの通った尋常小学校でも農家の子どもが多く、ほとんどの同級生は義務教育の尋常小学校を終えると家業を手伝う道に進んだそうです。

そんな時代ですから高等教育の学校は地方にはなく、サキさんも兄も姉も全員東京に出て下宿をして学びました。兄と姉と歳の差があったサキさんが10代の頃、兄も姉も東京に行っていて、一緒に過ごした記憶はほとんどなく一人っ子のようだったそうです。

当時、女子はごく一部の学校を除き、高等学校にも大学にも進学することが認められていませんでした。サキさんのお姉さんは大変優秀だったそうですが、尋常小学校から新潟市内の女学校を経て東京の高等師範学校へ進み、女学校の教職に就きました。お兄さんは、東京の中学校から早稲田大学(当時は専門学校令に基づく専門学校。後に大学令に基づく大学に昇格します)に進学、やはり教職に就きました。


早稲田大学正門より図書館を望む(昭和7年) (早稲田大学HPより)

姉や兄同様、一人東京に出てきたサキさんは、16歳から九段下にある「和洋女子専門学校」(現「和洋九段女子高等学校」)で学びました。学校は宮城(皇居)のすぐ近くにあり、靖国神社もすぐ近くです。ちなみに九段の校舎は昭和20年の東京大空襲で焼失してしまい、学校は千葉県市川市に移転しました。

サキさんが暮らした下宿は普通の一軒家でしたが、同じ学校の生徒3人と一緒でした。その3人は青森や秋田出身で、戦争中にもかかわらず遠くから進学している分、自分とは学ぶ覚悟が違うような気がしたそうです。サキさんは半年で「もう、とても東京にはいられない」と学校を辞めて新潟に帰ってしまいましたが、3人は学校生活を続けました。3人が無事に故郷に帰ることができたのか、サキさんは今でも気になると言います。


和洋女子専門学校 明治44年建築の校舎 (和洋九段女子中学校高等学校HPより)

本来なら、サキさんも、兄や姉が学生時代を過ごした憧れの東京で楽しい学生生活を送るはずでした。しかし、時代は戦争真っただ中。どんな東京生活だったかは次回に続きます。

スポンサーリンク


あの頃、アーカイブ 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.23】ほれっぽいのか、 自意識過剰になりやすくて困ってます。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.8 今年の読書で思う「病を得るということ」

50代、男のメガネは

ねこのマロン、まとわりつく。

これ、買った!

ヒートテックの“腹巻き”買った!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

ミカスの今日の料理 昨日の料理

大人の特権 : 圧力鍋でぶり大根

ただいま閉活中

(58)夜の閉活

今週の「どうする?Over40」

「ただいま、閉活中」は、今夜7時公開!メルマガは、ブラックフォーマル。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

初めての友だちは、秘密のにおいがした。

これ、入るかしら?

vol.43 over40のヘアカラー

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人に似合う赤口紅を探して~①

いどばた。

冷えを解消する知恵を出し合いませんか?

あの頃、アーカイブ

【エピソード 18】寿退社と指輪〜昭和のOL事情〜

わたしをライブに連れてって♪

行きたい けど行けない乙女心

黒ヤギ通信

にゃん子先輩の手作り猫カード

四十路犬バカ日和

バンコク犬連れ家探し奮闘記 〜前編〜

絵手紙オーライ!

出かけなければ出会わない。

KEIKOのでこぼこな日常

あなたの鼻は大丈夫ですか?

ラジオブースから愛をこめて

radikoと深夜放送

ワクワクしたら着てみよう

靴とコートと最近気になってるものにワクワク〜♪

なんかすごい。

隣家の子ども

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

昭和乙女研究所

イメージチェンジとか○○デビューとか

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up