6月24日はカレー記念日

カレー記念日

すっきりと 目覚められたは いつの日か

6月24日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

あの頃、アーカイブ

エピソード11★小僧のフサさん。

さてさて、聞いた話を形に残すことを仕事にしている「有限会社シリトリア」(→)。
普通の人の、普通だけど、みんなに知ってほしいエピソードをご紹介していきます。
ほんとうは先週配信予定の「あの頃アーカイブ」ですが、休みたくない貧乏性の私たち。
お願いして1週遅れでお届けさせていただきます。

【エピソード 11】

北関東の「かなり田舎」の村で育ったスミコさん。7人兄妹の上から3番目、長女です。幼いながら妹や弟の世話をよくする少女でした。彼女の家に、さらに山奥からやってきた小僧さん。「小僧さん」は父とも兄とも違う、頼もしいながら、もっと親しい存在だったのでしょうか。今回はスミコさんの文章を元にまとめたその小僧さんとのエピソードです。

 ◆フサさんがやってきた
 わたしが五歳くらいの時だったと思うのだが(今は二人の兄も両親も亡くなってしまい、聞ける人がいない)、皆が「フサさん」と呼んでいたフサ吉さんがうちに来た。
 山を越えた向こうのさらに山奥の村から、フサさんは小僧としてうちにやって来たのだ。フサさんの家は貧しくて学校に行っていなかった。うちに来てから、すぐ裏にあるわたしたち兄妹も通った小学校の夜学に、四年生として通うようになった。

 日中はわたしたち姉妹と弟のお守り、掃除、お風呂の水汲みとたきぎ拾い。フサさんは学校が嫌いだったが働き者だった。
 お風呂の水汲みは重労働だ。うちには井戸があったがあまり水量がないので、食事用に使ってしまうと風呂の水は道の向こうを流れる川からバケツで汲んで来なくてはならない。わたしたち姉妹も学校に行く前に、三年生になら三杯、五年生なら五杯と、みんなでお風呂の水を汲んでくる決まりになっていた。
 川は道から5メートルくらい低いところを流れていたので、家ごとに道から川へ降りるはしごを作っていた。バケツを持ってハシゴを降りたり上ったりするのは大変だった。魚が泳いでいるのが見えるほどきれいな水の川で、野菜もいつも川で洗っていた。

◆フサさん山を歩く
 フサさんのお給金は故郷の親が取りに来ることになっていて、自分では一銭も自由にならない。盆と正月には家に帰るので、少しのお金をあげていたが、電車に乗らずに前の山を越えて歩いて帰るようだった。電車は二両編成で二時間に一本しかなく、駅を降りてからもたくさん歩かなくてはならないので、山歩きの得意なフサさんには歩く方が楽だったのかもしれない。

 山で何か採るのが得意で、秋には栗、きのこ、ふきなど、朝四時に起きてたくさん採ってきてくれた。わたしたちは兄妹のように仲良しだった。

◆フサさん戦争に行く
 やがて、フサさんは二十歳になり、小柄だったが兵隊に行くことになった。実家に帰ってご両親に会ってから行くようにと言ったのに、わたしの家から出征して行った。あまり字も書けなかったので手紙も届かず、戦死の知らせだけが届いた。

 本当にかわいそうな一生だったと思う。戦争がなければ、生きていれば、違う人生で、もっと楽しいこともあっただろうに。自分も二人の子どもの親として、フサさんのご両親のことを考えると、こんなひどい、悲しいことはないと思う。

 兄二人が亡くなり、わたしも八十歳を超えた今、フサさんのことを覚えている人はもうほとんど残っていないだろう。勉強嫌いで喋るのも苦手だったフサさん。わたしと妹たちと弟を可愛がってくれたフサさん。働いて、働いて、戦争に行って、二十歳そこそこで死んでしまったフサさん。あなたが生きていたことを、わたしはあなたを忘れてないことを、ここに書いて残しておこうと思います。


あの頃、アーカイブ 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • マキ

    フサさんの生涯、なんか悲しくなってしまいます。でも覚えていてくれる人が一人でもいれば生きていた甲斐があるかしら?戦争さえなければ、結婚して、子供がいて、そんな生活できたのかな?
    私が親として二人の子どもに望むことはそんな平凡な生活だから、フサさんのご両親の悲しみが染みてきます。

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    マキさん
    コメントうれしいです。
    フサさんの人生はたしかに短くて、働きづめで、
    悲しくなってしまいますよね。

    でも、マキさんに、頃アーを読んでくださった方に
    フサさんという人がいたんだなあと
    時々でも思い出していただけたら、
    フサさんの記憶はこれからも生き続けられるような気がします。

    マキさんと、読んでくださった皆さまに感謝、感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

今週の「どうする?Over40」

「奮発した」という事実だけを残し、ルンバは空回り。

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

カレー記念日 今週のおかわり!

明日から 日が短くなる もう淋しい 

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

なんかすごい。

猫のさよなら

50代、男のメガネは

父の七回忌、写真の配置

OIRAKUのアニメ

第17回 海獣の子供

日々是LOVE古着

自分でサイズ直し

黒ヤギ通信

ムーミン谷の仲間

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

mikityさん、チークの位置が古いです。

いどばた。

笑いをかみ殺したハナシをしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.25 ほむほむの後継者は、いま話題のあのヒトだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

切る覚悟:ねぎ酢だれ唐揚げとおまけの一品

わたしをライブに連れてって♪

おだやかな時間

これ、入るかしら?

vol.60 またまた髪について

絵手紙オーライ!

雨の日も また楽し。

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

四十路犬バカ日和

一年経って令和になって

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

上意下達

猫No.58  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

上意下達

猫No.58  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up