7月16日はカレー記念日

カレー記念日

気をつけよう 便座に夫の 滴(しずく)あり

7月16日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

あの頃、アーカイブ

【エピソード23】みんな手紙を待っていた時代。

さてさて、聞いた話を形に残すことを仕事にしている
「有限会社シリトリア」(→)。
普通の人の、普通だけど、みんなに知ってほしい
エピソードをご紹介していきます。

【エピソード23】

手紙を書く機会、めっきり減ったなと感じている人は多いことでしょう。
でも、SNSはもちろん電話やファックスだって、
普及してから実はまだ半世紀も経っていない。
通信手段といえば郵便がすべてだった時代。
あの頃は、みんなから「待ってもらってる」仕事だったねと、
マサユキさんは、郵便局員時代を懐かしく振り返ります。

●朝6時に駅まで郵袋を取りにいく

高校卒業後、マサユキさんが神奈川県のとある市の郵便局に就職したのは昭和33年でした。
郵便局勤務だったお父さんの関係で、高校時代から配達のアルバイトはしていましたが、
正式に郵便局の外務職として採用されたとき、初任給は8,600円。
当時の社会人一年生としてはなかなかの高収入。
その分、外務職、つまり配達部員の仕事はハードでした。

「当時、郵便物はすべて列車輸送でした。
地方から東京に集められる郵便物を、途中の主要駅で下していく。
だから僕も局の最寄駅に朝6時に出勤です。郵袋(ゆうたい)と呼ばれる、
各地域別に車内で仕分けされた袋の中から、自分の局のものを選んで列車から降ろす。
30から50袋ぐらいはあったかなぁ。それをリヤカーに乗せてゴロゴロと局まで持ち帰るわけです」

局に戻ったら自分の担当のエリアの分をもらって、「道順組み立て」をします。
エリア別に大きなテーブルに広げられた地図を見ながら、最も効率的な道順を考えて7時に出発。
3時間ほどで配り終わったら、また局に戻り、再度配達エリアへ。
その間を縫って、速達郵便や小包配達もこなします。交通手段は、入局当初は、すべて自転車でした。

1950年の郵便自転車(郵政博物館サイトより)

「郵便局特製の赤一色の自転車でね。タイヤもガッシリしていてすごく重い。
配達で消耗も激しいから、少し古くなるとすぐ新しくしてくれるんですよ。
でもまだじゅうぶん使えるから、500円で買うことができた。
それを家に持って帰って、ペンキで白く塗り直して乗ったものです」

●天敵は犬、味方は通りがかりの人たち 

服装も、当時は外勤であっても、黒っぽいジャケットにエンジのネクタイ、そして黒の革靴。
きちんとした格好で配達に回りました。
通常郵便は、自分のエリアならだいたい場所は頭に入っていますが、速達となるとそうもいかない。
同じような苗字のおうちが集まっている場所だと、さてこの宛名はどこの家か…。
通りがかりの人に手紙を見せると
「ああこの人、〇〇さんちの息子さんだよ。あそこのうち」
などとみんな親切に教えてくれる。
個人情報なんてことをうるさく言わなかったのんびりした時代でした。

昭和の番犬 posted by ©白石准

「やっぱり怖いのは犬。いつ吠えられるかわからないからね。
あと、初めての家で玄関がわからなくて、とりあえず一番近い扉を開けたらお風呂場だったとか(笑)。
速達とか小包は一件ずつ訪問だから、いろんなことがありました。
小包はね、特に盆暮れは大変。
お歳暮って当時は新巻鮭を送る人が多くて、それを自転車の後ろの乗っけて配達するんですよ。
塩が染み出てきちゃって、ほかの郵便物を汚さないかとハラハラしたりね」

●待ってくれるという想いに背中を押されて

公衆電話さえまだ街なかにポツンポツン…の時代です。
配達中、どんなトラブルがあっても自分で解決しなくてはいけない。
自転車がパンクしたら、自分で自転車屋さんを探してパンク修理をする。
もっとすごいアクシデントがあったときでも…。

「そう、自転車で、カーブのところで出合い頭にトラックとぶつかってね。
ところがちょうど病院の真ん前だった(笑)。局には病院の方が電話をしてくれて。
軽傷だったので両親が迎えにきて、その日のうちに退院しました。いろんな意味でラッキーでした」

釜揚げしらす (ふるさと納税ガイドサイトより)

大変な思いをして手紙を運んでくれる、そんな郵便配達の人たちを、
子どもから大人までみんなリスペクトしていました。
基本、どこのおうちでも親切でしたよとマサユキさん。
暑い盛りには冷たいものを出してくれたり、
海が近い場所だったので漁師さんの家に配達に行くと
「さっき獲れたとこだよ。食べて行きなよ」と新鮮な釜揚げシラスを出してくれたり。
いつもみんなが待ってくれている、喜ばれているという思いが、
雨の日も雪の日も、マサユキさんの自転車を元気に前に進めてくれました。(次月に続く)

 


あの頃、アーカイブ 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第19回 ゲゲゲの鬼太郎/BEM

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終わらない:麻婆ズッキーニ

黒ヤギ通信

それも梅雨のしわざ

日々是LOVE古着

妙な使命感

今週の「どうする?Over40」

おやつとおじさんは、スー(犬)の友だち。私には、ちと面倒でも。

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

カレー記念日 今週のおかわり!

寝具の違いを 体感できる お年頃

いどばた。

pay使ってますか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.26 お笑いと信用

50代、男のメガネは

下を向いて歩く。

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

小さくなるのは目だけじゃない!!

絵手紙オーライ!

金魚すくい

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

なんかすごい。

猫のさよなら

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

趣味読書

猫No.52  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

趣味読書

猫No.52  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up