12月16日はカレー記念日

カレー記念日

映画館 尿意襲来 中座なり

12月16日はカレー記念日

カミュエラ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

いどばた。

不倫、許したくないですか。

ここのところ、テレビ画面によく登場する「不倫」の文字、わたし、なんだか違和感あるんです。

「不倫、許したくないですか。」

先週のお題「勉強したくないですか。」に語尾を合わせちゃった。

 

いきなり、どうしたん?て感じですが。

なんだか、「不倫」「不倫」うるさああああい!て思いません?

なら、テレビ見るなよ。いや、テレビは見たい。笑

「あ、こりゃ、あかんわ。許せん!」と思うものから

「えええ・・・すごいな。」お盛んという感じより、実年齢を超越した瑞々しさ

さえ感じられたS籐Y貴さんをご覧あそばせ。

(「よろめく準備はできている」byオバフォーメンバーCさん)

渦中の家族はひどい気分だろうけれど、あかの他人が声高に言及したり、

叩きのめしたりする必要があるんかいな。

ジブンはしたいけど、我慢してるのに、ズルイ!ていう思いが暴走してる気がするんだけど。

・・・風紀委員は1クラスに1人でいい!(byオバフォーメンバーTさん)

したい人は、勝手にやっといて.(自己責任で)(byS子)

「お騒がせ」と「ご迷惑」おかけしない程度にさせてあげてはどうでしょうか。

あちこち痛いところを撫でさするように生きている身には、エネルギーの奔流は

まぶしくすらあるな~~。ダメ???

 

コメント欄がし~~んとしたら、記者会見ひらいて

「ご迷惑かけて申し訳ありません。」と離オバします。

★藍原ユキさんが描いた愛らしいイラストを使用させていただいています。
★藍原さんの立体イラストやキャラクタデザインはこちらから→ユキスタジオ

 

スポンサーリンク


いどばた。 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 中島

    中島

    真面目、世間体、臆病などの理由から不倫とは無縁な人生なんだけど、実は心底つまらんな〜って思ってたりします。
    次があるなら、そんなことをひらりと出来ちゃうってのがいいな〜 そして相手はイケメンがいいな〜

  • きゃらめる

    いい加減うんざりですよね。
    もっとほかに放送することあるやろっ!って思います。

    で、渦中のひとたち。

    好きにさせてあげてよ、ほんと。
    双方のご家族には色々大変でしょうけど、
    テレビ局も雑誌社も、我々一般ピーポーも、
    なーんの迷惑も被らないんだから、
    さらし者にする必要ないっしょ!

    個人的には、S藤Y貴さんのトシで男性をめろめろにできる色気は、女優さんに必要不可欠な魅力だと思うんですけどね~

    なので爽子さん、オバフォー引退しないで(笑)ね?(T_T)

  • はしーば

    こんにちは〜。
    どうなんでしょう?
    古来からこの手の問題は存在する訳で、全人類から全く無くなったらそれはそれで、気味が悪い気もするし。
    かと言って自分が当事者になったらなったで話は別、とか勝手に理屈が変わる気もするしf^_^;
    少なくともされた側の当事者の気持ちが穏やかじゃないことだけは確かですがね。

    所詮は人間も動物の一種だというしょうもない事実にまた、初めの一行目に戻って、ぐるぐる
    ・・かなぁ。

  • マキ

    他人がとやかく言うこっちゃない、と毎日思ってます。まぁ子どもはフクザツな気分だろうけど、それでも夫婦で考えればいいこと。
    私が不倫するなら〜?顔と体つきが好みで、病気持ってない、口の固い人が希望!

  • 爽子

    爽子 Post author

    中島さ~~ん、いらっしゃいませ。
    こればかりは、縁がないことには、はじまりませんよね。
    真面目で臆病な人でも、ひらりとできてしまう勢いがつくことがあるのかしら。
    相手はイケメンがいい。もちろんであります。
    美しいオトコ、万歳。

  • 爽子

    爽子 Post author

    きゃらめるさん、こんにちは。
    わたくしの離オバを止めてくださってありがとうございます。
    深く感謝いたします。ペコペコ。(内心どきどきでした。)
    ほんとにうんざりするシツコイ報道ですね。
    そして、過去の会見で、傾向と対策ができそうで、後へ行くほど、上手な逃げ道がねれそうな
    気がするので、もう、いい加減にしとかないと、みんな見なくなると思います。

    ご家族と子供さんが傷つきやすい年ごろだと、かわいそうですよね。

    S籐Y貴さん、感性も若いんですね。個体差に驚きました。

  • 爽子

    爽子 Post author

    マキさん、こんにちは。
    わたしも、毎日思っています。
    家族と子供以外は、それほど、迷惑かかってないとおもうんだけど。
    外聞を気にする世代は、そうはいかないかもしれませんね。
    家族の親兄弟の親兄弟のいとこの・・・友達の友達(他人やん)として、
    「本当に恥かいた!」とか。笑
    本当にお互いを想いあってる仲のよい夫婦やカップルに憧れます。
    マキさんのお好み、しかと承りました。
    感染する病気は絶対NGですよね。
    口の軽い奴は、ほんま、サイテー。

  • 爽子

    爽子 Post author

    はしーばさん、いらっしゃいませ~。
    コメントありがとうございます。
    当事者は、全員、キョーレツにしんどいと思います。
    天国と地獄、悔恨と懺悔。
    考えだしたら、他人事ながら、なんか気の毒です。
    褒められたことではもちろんないにしても、、、なんだか、、、です。
    多分通り一遍の理屈を超越したところに、婚外の恋愛はあるのではないかしら。

  • いまねえ

    こんにちは。皆さん同じ思いですね。
    家族があるけど人を好きになることを止められなかった人は
    「だって人間だもの」と思える部分があるし
    (もちろん他人事だからです)
    責め立てる側の攻撃性は共感できないです。
    正義感はエスカレートして収拾がつかなくなり
    ますます心が飢えてくるように思います。
    気に入らないのは女性側を大きく取り上げる姿勢と、
    渦中の人を「干し」てケジメとするような所属組織の態度。
    規律に反するとこうなるという「見せしめ」に馴らせるために
    これでもかと意図的に繰り返して騒いでいるのかなあ?なんて思ったり。
    「それはそれ、これはこれ」と一喝してくれる人、いないかなぁぁ。。

  • 爽子

    爽子 Post author

    いまねえさん、こんばんは^_^
    まさに!まさに!
    わたしが言いたかったことを全て言ってもらえて、スッキリしました。
    ありがとうございますううう。

    その見せしめの風潮が嫌だなあと思います。そして、女性にだけ当たりがキツイところも、酷い!と思います。
    干すことをケジメとするのを目の当たりにして思うのは、頭を下げて職を辞するのが、果たして正解なの?てこと。
    Tさんの仰るように、一億総風紀委員化してどうするんだろう。
    風紀委員の中にも、紛れてるだけで、風紀を乱すものがきっといる。

    コメント、誠にありがとうございます。
    わたしもこれで、辞めなくてすんだよー。

  • カミュエラ

    ほんとに、連日「不倫」「不倫」って聞き飽きましたよね。
    胸張って不倫した人たちを責められる人ってほんとはそんなにいないと思うのに、あれだけ声高に責め立てて・・・・逆にその責め立てる側の心のやましさ、見えてくるような気がするのですが。

    不倫はしないで済むならしないほうがいいですよ、やっぱり。ばれたら地獄しか待ってないですもんね。(笑)それに周りにばれなくても、うそをつき続けることって苦しいことですもん。
    友達の何人かは結婚前に不倫を経験して一様に傷ついて、泣いて・・・・ほかの何人かの友達は旦那さん以外の人と恋に落ち、結局は離婚したり・・・・かなりの数の友達がすでに不倫を経験してますが、ハッピーエンドの人は一人もいません。
    私は不倫はしたことありませんが、若いころ妻子のある人に片思いしたこともあるし、結婚してから一時期年下の男性を好きだったこともあります。友達と違うのは「一線を越える」条件がそろわなかっただけの話です。なので条件さえそろっていれば確実に不倫してたと思います。
    今は「いやあ、一線超えずに済んでよかった。神様ありがとう!」っていう気持ちですが(笑)

    もしどうしても不倫しろと言われたら、やはり自分は家庭もちで、若くて超絶美しい男に激しく求愛されてダメと言っても聞かなくて、気が付いたら一線超えてたみたいなのが、妄想族の私が望む「地獄に落ちても構わない不倫」です。これって最高ですよね?(笑)

  • 爽子

    爽子 Post author

    カミュエラさん!おはようございます。
    まだ、5時前です。年寄りの朝は早い。
    お友達、みんな傷ついて泣いておられたのですね。
    苦しい思いをいっぱいしても、なかなか抜け出せないのかもしれませんね。
    愛の前では、女性の方が真面目な気がしてならないわ。悔しいけど。
    恋の始まりの高揚感、幸福は長くは続かないものなんですね。
    とは言え人を好きになるのは、誰にも止められない。
    そこの超絶美しい男!待ってろよ。

  • カミュエラ

    何度もすみません。
    お題、「不倫、許したくないですか?」でしたよね・・・・
    妄想族の悪い癖で、若いイケメンに言い寄られて悩む人妻(私)の世界に浸っていたらしばらく帰って来られなくなってしまっていました。はっと我に返り、夫に不倫された自分というのを想像してなかったなと・・・・妄想するのはいつも自分に都合のいいことばかりですからね。(笑)
    夫の不倫、絶対に許さないです。そして夫も絶対に私の不倫は許してくれません。もう断言します。
    許そうと頑張ってはみるかもしれませんが、無理がありますよね、もう元には戻れません。
    と、自分たちの不倫は許さないですが、他人のは許すも許さないもないですよね・・・・・
    とにかく不倫は代償が大きい・・・・やるなら命がけ?命かけてもいいと思えるいい男が現れたら・・・・もう一緒に地獄に落ちちゃうかな・・・・

  • 爽子

    爽子 Post author

    カミュエラさん、
    台風が近づいて、雨も降り出しましたね。
    嫌ですね〜。
    当事者の家族は、そら一大事です。
    許すわけではないけれど、長〜いリードをつけて夫を放し飼いしてる人や、完全放牧!といってる人を知っています。
    自分の夫が不倫してたら、というのに、わたしも、うっかりと考えがいたってませんでした。
    カミュエラさんのコメントがなかったら、気づかないままだったです。
    ありがとうございます。
    そんな経験があれば、きっと一番先に思い浮かべてたと思うのに。
    え?うちのパパ、大丈夫?
    やめときましょ、信じる者は救われる。

  • 花緒

    こんにちは~。
    いつも思っていた事がテーマでうれしいです!
    不倫に興味ないんですよ。
    でも週刊誌は売れるしテレビはみんな見るんですよねぇ、不思議です。
    ただ今までの不倫のうち、矢○真里さんの時の中〇昌也さんは気の毒でした。
    あと、騒ぎの最中にゲスの〇み乙女の川谷〇音さんがMステに出演した時はしっかり見ました!
    ミーハーです(^^ゞ
    今は、〇藤〇貴さんはワイドショーや週刊誌に貢献しているな~と感心しているところです。
    〇藤さんの恩恵を受けている人たくさんいますよね。

  • 爽子

    爽子 Post author

    花緒さん、こんにちは。
    雨がキツく降ってます。
    そちらはいかがですか?
    コメントありがとうございます。
    出てるから見に行くでもないのに、行き当たるほど、頻繁に電波なり、マスコミに登場してるわけですよね〜。
    なるほど、週刊誌のどデカイ見出しに躍り出る格好のネタ提供になってるわけですね。
    記事は読んでないけれど、好きだったんなら、そして片思いじゃないんだったら、少しの間、そっとしておいてあげたかったなあ。
    ラインのやりとりまで、出てしまうのは、恐ろしい。
    それに慣れっこになってしまって、他人のラインのやりとりを眺めるのに、気がひけることもなく、、、。
    でもたしか川谷さんの奥さんのことは、気の毒すぎて、酷すぎる!と憤慨した覚えがあるなぁ。
    皆さん、新幹線の中の手繋ぎには注意しましょう!←テレビ見過ぎ

  • ジャスミン

    人様の不倫に興味はないです。周りにそんな話、掃いて捨てるほどあるので。
    バツイチの頃からそんなお誘いも多いです。
    私は「1番大切な人」に「1番大切」に思われないと嫌だから、不倫なんて絶対無理。
    あっ!旦那様以外とご飯食べに行ったり、手つないじゃったり、ハグぐらいは
    全然、普通ですよ~♪

    しかし、S藤Y貴さんの不倫相手の下着をかぶった姿の写真には
    心底、ご家族の皆様が御気の毒だと思いました(T_T)
    不倫は仕方ないとしても、あの姿は…

  • 爽子

    爽子 Post author

    おはようございます。
    ジャスミンさーん、お返事遅くなりました。
    いつもコメントありがとうございます。
    一番大切な人の一番大切な人でいたい。
    本当にそう思います。
    昨日はオバフォーの集まりが東京であって、帰りは台風を少しでも避けたいので、新幹線のチケットを交換して早めに帰って来ました。
    その新幹線の中で、まさにそのパンツのことが話題に上りました。
    わたしは、その写真見てなかったので、えええ!とドン引きでした。
    本当にご家族は恥ずかしくお辛いことだと思います。
    撮影現場はY貴さんのお宅だとか。
    ふざけて撮った写真であったにせよ、誰がどのような経路で流したの?
    おばちゃんの会話は、急流にのまれる小舟のように、予想外のところに流れていくのでした。

  • ヨシコ

    まったく同感です。
    昔は一般人が品行方正だったからスターがそっち方面で暴れているも含めて「キラキラした人生なんだろうな~」なんて思っていたけど、
    今や一般人が不倫をしまくっているから、スターには品行方正を求めているのかな、なんて思います。
    不倫している芸能人ですが、その人と友達になろうと思っているわけではないので、その芸が素晴らしければどうでもいいと思います。

  • 爽子

    爽子 Post author

    ヨシコさん、こんばんは〜〜。コメントありがとうございます。
    この記事を書くときは、怖々だったんですが、皆さん、同感と言っていただきホッとしています。
    見るものを魅了する芸能人なんだから、まあ、そんなもんでしょう、、、と言った反応を以前はしてたとおもうんですよねー。

    やはり、ゲス不倫報道以降は、何が何でも袋叩きみたいなかんじですよね。

    とはいえ、ファン心理は複雑なのよ。
    わたし、実はW謙さんの大ファンだったんですが、報道された不倫のあらましを見て、幻滅しました。
    できることなら、知りたくなかった。
    あんなに好きだったのに、色あせてしまった。ぐすん。
    でも、まだ、好きかも。泣

  • アメちゃん

    爽子さん。おはようございます!

    私、テレビ持ってないので、テレビの中でどんな風に騒がれてるか知らないから
    今回はコメントしないでおこうと思ってたんですけど
    爽子さんが、この記事を書くとき怖々だったと知って
    「私も同感です」ってお伝えしますね。

    っていうか、マジどーでもいい…と思っています^^。

    だいたい、メディアがゴシップで騒いでる時は
    なにか政治の世界で隠したいことがあるからなので
    きっと例の「モリカケ問題」から国民の目をそらせたいんだろうなぁと思います。
    (これ、政治生命にかかわる大問題だとおもうのですよ)

    仕事もせんと、国民からの税金で遊んでるアイドル政治家は言語道断ですけど
    ちゃんと国民のために仕事してる政治家なら、べつにかまわないです。

  • 爽子

    爽子 Post author

    アメちゃんさん、おはようございます😃コメントありがとうございます。

    テレビを持たない生活、いっそのことスッキリしますね。
    なければないで生活回るし、スマホもそうなんですよー。
    と言いながら、わたくし、お返事はほぼスマホからなので、なくてもちょっと困りますが。

    メディアでゴシップ騒いでるときは、政治の世界で隠したいことがある!
    は!本当だ!ソコだったのか、そこにも、気づかず、うるさいなぁ〜〜ちっ!と思ってただけの自分、いたずらに歳だけ重ねてる気がしてきた。

    騙されてはいけない!
    みんな、気持ちを引き締めて!
    、、、みんなじゃないか。

  • sasa

    すみません。当事者です。いわゆる「サレ妻」で、それが引き金になって最近離婚いたしました。
    不倫についてはあくまでも当事者同士とその家族(主に子供)の問題なので、外部がガタガタ言うことではないとは思います。TVで取り沙汰されているように、その人が置かれている立場やその行動から非難されてしかるべきという場合もあるかもしれませんけれど。

    長い結婚生活、他の人に心が動く気持ちもわからないではないです。
    人間なんだから不倫した方ばかりを責めるのもどうかと思う、というご意見もごもっともなのですが、された方から言わせていただくと、徹底的に責めるのか、あるいはあまり責めずに再構築したり離婚して再出発するかは、それまでの夫婦のあり方と発覚時の不倫した方の言動にも左右されると思います。TVで報道される不倫した方、特に、元H本市議の主張を聞いていると、渦中にいたときの自分を思い出して心がギュッと握りつぶされるような気持ちになります。TVから離れてしまえばいいのでしょうけれど、辛さをもう一度なぞって自分を納得させるというか。ついつい見てしまうんですよね。

    あ、「許すか、許さないか」でしたよね。他人については「ご勝手に」、自分の配偶者については「許せません」でした。

  • 爽子

    爽子 Post author

    sasaさん、こんにちは。
    この記事が嫌な気分を引き出すきっかけになってなかったでしょうか。
    わたしの怖々の中に、そういう逡巡なきにしもあらずでした。

    当事者の方もここに、来ていただけて、コメントしてくださったこと、
    本当に嬉しく思います。
    ありがとうございました。
    簡単にお声がけするのも、どうかと思いますが、大変だったことでしょう。
    お辛かったですね。

    >元H本市議の主張を聞いていると、渦中にいたときの自分を思い出して心がギュッと握りつぶされるような気持ちになります。
    TVから離れてしまえばいいのでしょうけれど、辛さをもう一度なぞって自分を納得させるというか。ついつい見てしまう
    と、おっしゃる気持ちがどしんときます。

    自分の都合のいいことばかり「会見」で並べ立てている姿が、見るものをムカつかせる。
    わたしは、「げ!」と思いつつ、なんか見流し、聞き流しが多いのですが、
    友人は「あの手のつなぎ方は、手に入れた途端に支配する『上からオトコ』に違いない」と
    憤慨していました。

    sasaさん、きっといいことありますよ。
    わたし、祈ってますっ!!

    これを機にちょくちょくいどばた。に寄って、おしゃべりして行ってくださいね。

  • sasa

    爽子さん、お気遣いいただきありがとうございます。
    実は私の方も、当事者の私がコメントすると客観的な意見にはならず、この記事の趣旨から外れてしまうのではないか、そして爽子さんもきっとリアクションに困るだろうし、とコメントを躊躇しました。でも、拝見したところコメントを残している方々は不倫の経験がない方のようなので、一人くらい当事者がいてもいいか、ということで、ちょっと重いかもしれないけれど書き込みさせていただきました。

    皆さんもコメントに書かれているように、「不倫はいけない」という正義感をかざしてどんどん不倫の詳細が明らかになっていますが、不倫した方の配偶者やお子さんのことを思うと本当に気の毒です。各ご家庭ではおそらく修羅場でしょう。そのゴタゴタの上に、家族や親しい友人だけではなく、本来ならば当事者同士でとどめておくようなことまで他人も知っている中で毎日暮らしていかないといけないなんて辛すぎます。配偶者やお子さんのことを本気で気遣うのであれば、報道もほどほどに・・・なんて思ったりします。

    今回私がこういう経験をして離婚にまで至ったことがきっかけになり、離婚しているかしていないかにかかわらず、(元)配偶者の不倫に悩んだ経験談をたくさんの人から聞くことになりました。改めて「不倫」の多さを実感した次第です。

    >sasaさん、きっといいことありますよ。
    わたし、祈ってますっ!!

    爽子さん、ありがとうございます!

    ムスメには「高橋一生なら再婚OK」と言われていますが、それなら再婚は一生ないわー。
    そうしたら配偶者の不倫に悩むこともないから、まぁいいか。

  • 爽子

    爽子 Post author

    sasaさ~~ん、本っ当にありがとう!!
    調子に乗って、ハグしそう。。。

    お嬢様に「高橋一生なら再婚OK」とお許しが出てるんですね。
    最近になって、「直虎」をみだしたんです。
    高橋一生が苦手(食わず嫌い)だったんですが、
    今回、超見直してしまったの。
    処刑の前々回から見始めて、すごく惜しいことをした気分です。
    直虎の手にかかるシーンは、あほみたいに泣きました。
    ひとことで言ってベルばらやん!!しまった===。(←見識浅すぎ)

    わたしが一人になっても、再婚は一生ないわーーー。
    もう、こりた!(ヲイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人に似合う赤口紅を探して~②

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.23】ほれっぽいのか、 自意識過剰になりやすくて困ってます。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.8 今年の読書で思う「病を得るということ」

50代、男のメガネは

ねこのマロン、まとわりつく。

これ、買った!

ヒートテックの“腹巻き”買った!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

ミカスの今日の料理 昨日の料理

大人の特権 : 圧力鍋でぶり大根

ただいま閉活中

(58)夜の閉活

今週の「どうする?Over40」

「ただいま、閉活中」は、今夜7時公開!メルマガは、ブラックフォーマル。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

初めての友だちは、秘密のにおいがした。

これ、入るかしら?

vol.43 over40のヘアカラー

いどばた。

冷えを解消する知恵を出し合いませんか?

あの頃、アーカイブ

【エピソード 18】寿退社と指輪〜昭和のOL事情〜

わたしをライブに連れてって♪

行きたい けど行けない乙女心

黒ヤギ通信

にゃん子先輩の手作り猫カード

四十路犬バカ日和

バンコク犬連れ家探し奮闘記 〜前編〜

絵手紙オーライ!

出かけなければ出会わない。

KEIKOのでこぼこな日常

あなたの鼻は大丈夫ですか?

ラジオブースから愛をこめて

radikoと深夜放送

ワクワクしたら着てみよう

靴とコートと最近気になってるものにワクワク〜♪

なんかすごい。

隣家の子ども

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

昭和乙女研究所

イメージチェンジとか○○デビューとか

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up