4月25日はカレー記念日

カレー記念日

同い年 自慢の真打ち 新天皇

4月25日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこの崖のところで待ってます

由美子&くみこ、オバフォー民泊体験するの巻

 

みなさま、こんにちは。秋もいよいよ本番となりまして、もしかして旅先でこの記事を読んでいらっしゃるのかしら、それともおしゃれカフェでの素敵な午後のティータイムのお供になっていたりして…などと妄想しつつ、秋のかけらもない遠い島で今日も汗水たらして働くじじょうくみこでございます。

 

先日の「オバフォー祭り」にお集まりいただいた方々、その節はありがとうございました。初めましての方がほとんどでしたので、ゆっくりお話するどころか挨拶すらできずじまいの方もいらして残念無念。あと出席したトークショーでは小関さんの切れ味のよいコメント! 桜子さんのクールビューティなお姿とは裏腹な熱い言葉! にわたくしすっかりメロメロ。もっとお話聞きたかったなあ〜(わたしはもう結構です、はい…)

 

ところで当日は会う人会う人に

 

「で、民泊どうだったんですか!? マシューはどうだったんですかっ!???」

 

と食いつき気味に聞かれましてね、「いえ、これから泊まりに行くんですよー」と100回くらい答えたわけなんですが(いやそんな人数はいない)、みなさまずいぶん気にされているようですので今回は「祭りの後の体験談」をお送りしたいと思います。

 

jkyaiteruサンマが安くなりましたね〜

 

 

さて。

前回の記事を読んで「オーナーに英語で自己紹介しないと民泊できない」と思われた方がいらっしゃったようですが、英語での自己紹介ビデオは民泊斡旋サイト自体に登録するためのもので、オーナーが見るものではありません。ましてや宿に着いたら

 

menはあ〜い

 

と陽気なマシューがウェルカムしてくれるわけでもありませんので、ご安心ください。ちなみにオバフォー祭りで「この男性の写真よく使われているのですっかり顔なじみになってしまったんですが、お友だちですか?」と聞かれました。友だちならよかったのですが、残念ながらフリー素材です。ドイツ人のハーフの方らしいです。

 

また、自己紹介は運転免許証で登録する場合のみの手続きで、パスポートならさくさく登録できるようです。ちなみに他の民泊サイトでは登録が簡単なところもあるらしいと後で聞きました。もっとちゃんと探せばよかった。マシューに翻弄された自分がにくい。

 

まあそれはともかく、オバフォー祭りのあとに由美子さんと2人、目的の民泊先に向かいました。オーナーからは事前にくわしい道順を教えてもらっていたのですが、迷う隙もないほどわかりやすい場所でした。

 

ちなみにルームメイトの由美子さんは前乗りで東京入りし、前夜ひとりで泊まっておられたのですが「こっちから行くと少し遠くなりますがエレベーターありますよ」「ローソンならこっち、ファミマならあっちですよ」「飲むならあのあたりが雰囲気がいいですよ」と既に地元人レベルの道案内。由美子、おそるべし。

 

さて、民泊にはオーナーとまったく会わないタイプ、オーナーの家に居候するタイプ、他の旅行者とシェアするタイプなどさまざまなタイプがあるのですが、わたしたちが選んだ宿泊先は、いわゆる居候タイプ。2階建ての一軒家の1階に女性オーナーが住んでおり、2階のリビングとベッドルーム、1階の共有スペース(キッチン、ダイニング、シャワー、トイレ)を宿泊者に開放しています。

 

dining

ダイニング風景

 

年季の入った木造建築でしたが、そこここに洋風なモチーフがちりばめられていて、いわゆる和モダンなおうち。古いながらも手入れが行き届き、なんとも心落ち着く空間です。仏像の写真や仏教アイテムがちょこちょこ飾られ、エキゾチック感もたっぷり。外国人は喜ぶだろうなあ。

 

stairway

2階へ続く螺旋階段

 

「こんばんは。いらっしゃいませ。お会いできてうれしいです。わからないことがあれば、いつでも声かけてくださいね」

 

ダイニングキッチンに上がると、奥からオーナーが優しい笑顔で現れました。イメージ通りの聡明そうな女性でしたが、写真で感じたよりも若々しい印象。歳の頃は少し下のアラフォー世代というところでしょうか。普段は仕事が忙しくて夜遅くならないと帰宅されないそうで、日曜にオーナーと会えたのはラッキーでした。

 

ひとしきり女3人おしゃべりに花が咲いた後、ダイニングから螺旋状の階段を上がって2階へ。2階は廊下もドアもなく、階段からつながるようにリビングが広がる、メゾネットのような感覚。

 

2nd

 

想像以上に「ひとんち感」がある部屋でした。

前からここにいたような、不思議な既視感と安心感。人が住んでいる、独特の気配とぬくもり。つまりは、ものすごく落ち着く空間。

 

 

sofa

 

 

壁などは多少傷みを感じましたが、特に気になるほどでもありません。それよりソファですよソファ。このソファはアレですよ、人をダメにするやつですよ。一度横になってしまうと、もはやソファと一体となって廃人まっしぐら。

 

極めつきは、これですよこれ。

 

book

壁一面に広がる本の海〜〜〜♪

 

漫画にエッセイ、小説、サイエンス本、ビジネス書と雑食なところがなんともおいしそうで、読書欲をそそります。前日にひとり泊まった由美子さんは、このソファで漫画を読みまくったそうですが、ああそうだ、そうだとも、わたしもきっとそうするとも。何も予定がなければ1日中ここでまったり本を読みたい〜〜!

 

 

book2陳列のしかたにも味があって、なんともよろしい

 

が、ビール大好き由美子さんとわたしが泊まるわけですから、当然のようにテーブルを囲んで飲み会が始まり、夜中遅くまでしゃべり倒し、いつまで何をしゃべったかすら忘れるほど呑んだくれて、気づいたら朝でした。(ちなみに2階の奥にベッドルームが別にあります)

 

パジャマもタオルも歯ブラシも完備、ほとんど手ぶらでOKというほど行き届いたお宿でした。おまけに翌日は朝からどしゃぶり、途方に暮れつつダイニングに降りると「よかったら使ってください」とオーナーから折り畳み傘の差し入れまであって泣けた。。。

 

友だちの家に遊びにいくような安心感と、ゲストハウスのようなほどよい距離感とサービスに、民泊の楽しさを実感した東京ナイト。泊まる前はさんざんな目に遭いましたが、実際の民泊はいたって快適でございました。ちなみにお値段、1人1泊3000円ほど。民泊、これからいろいろ試してみたいなあ。

 

それではみなさま、次回は11月19日(土)にお会いしましょう。それまで、いつもの崖のところでお待ちしていま〜す( ´ ▽ ` )

 

text  by  じじょうくみこ

illustrated  by  カピバラ舎

 

*「崖のところで待ってます。」は毎月第3・5土曜日更新です。


じじょうくみこの崖のところで待ってます 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • いまねえ

    じじょくみさま
    すっかり秋が進みこたつも作ろうかという季節になりました、
    シマシマはいかがですか。
    おお、、民泊という糖衣で存分に他人様の生活の一端を見物、味わうことが
    できるのですね。こちらのお宅、まずキッチンに見える換気扇か?と思ったら
    スピーカーですか?高いところに据え付けてある物体。。
    そして正面窓の白はカーテンか?なにやら貼り付けてあるのか?
    ガス台の下のオーブンも本格的!
    オーナーさんアラフォー世代的とのことですが
    どんな歴史でそこに住まわれているのかしらと興味津々。
    これで一泊3,000円ならお買い得な東京ナイトと感心しました。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>いまねえさま

    ああ本当に遅くなりましてごめんなさい、いまねえさま!

    民泊にもいろんなタイプがあるかとは思いますが
    今回泊まった物件は「親戚や友人の家に泊まらせてもらう」的な
    適度な親密感と適度なよそよそしさが同居した楽しさがありました。

    レトロモダンなおうちは本当に居心地がよくて
    ほどよく隙もあって、とても素敵でございましたよ。
    いまねえさまもぜひ次回の東京ナイトにはぜひ!
    そして鉄について熱く語り合いましょうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第11回 今は 心にあの人が

50代、男のメガネは

D坂の降車事件

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カナダへ行ってきた。しかも、妹と。#6

今週の「どうする?Over40」

いまのわたしを前に押し出す、たくましいおしゃれを。

カレー記念日 今週のおかわり!

古い家具 ガタピシいうのよ 親近感

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.37】やめること、変えることが苦手で困ります。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

これ、買った!

ミカスさんも御用達の油揚げ 買いまくってる!

OIRAKUのアニメ

第14回 宇宙(そら)よりも遠い場所

黒ヤギ通信

チラシもアート

これ、入るかしら?

vol.58 ヘアカラー専門店に行ってみた

いどばた。

この花が好き。を語りましょう。

わたしをライブに連れてって♪

空白の7年間とサカナクション

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

例のあのスポンジはすごかった!

絵手紙オーライ!

花に酔い

あの頃、アーカイブ

【エピソード31】浅間山荘事件を覚えていますか?

KEIKOのでこぼこな日常

はたして楽しめるのか?!

昭和乙女研究所

東京見物

ワクワクしたら着てみよう

ヒグチユウコ展 Circusへ行きました♡

なんかすごい。

3月に思うこと

日々是LOVE古着

モリハナエって?

四十路犬バカ日和

2度目の初めて 〜公園デビュー〜

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

蛸足配線

猫No.71  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

蛸足配線

猫No.71  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up