10月17日はカレー記念日

カレー記念日

この間 買ったアレアレ ありゃ何処だ?

10月17日はカレー記念日

権太

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

崖っぷちほどいい天気

ビッグスケール、イズミンあらわる!

 

先日、高校受験真っ最中の姪っ子イカピーに激励の電話をしたところ、「くみちゃん、幸せになってね…」と逆に励まされました。

 

あらいやだ。受験生に本気で激励される四十路女ってどういうことかしら。ねえ間違ってる? アタシ生き方間違ってるの誰か助けて?? と受話器眺めて人生見つめる、こんにちは、あなたのじじょうくみこです。

 

幸せになる、といえば思い出す人物がおります。

 

それは私が派遣OLとして珍獣パラダイスで働き始めて、しばらくたった頃のこと。(珍獣パラダイスって?という方はこちらこちら)。中途採用で新しいメンバーが加わるという噂を耳にしたのです。珍獣男子のことですから詳しい情報は明かされず、「タナカイズミさんという30代の人らしい」という話だけが伝わってきて、男くさい職場に女子が入ってくるのか大変だろうけど私は嬉しいなあ、などと楽しみにしていたのです。

 

ある日いつものように出社すると、見知らぬ坊主頭の男が私の後ろの席に座っておりました。スキンヘッドに近いハードな刈り込み。スーツの上からでもがっちりした体躯が見て取れる背中。一見するとコワいお兄さんかと思わせるその人物は、なぜか頭にモフモフしたピンク色のイヤーマフをつけて、一心不乱にパソコン画面を見つめていたのです。

 

ガチムチ坊主とモフモフピンクという、なんともミスマッチな出で立ちに意表を突かれた私に気づいたのか、その男はいきなり振り返って立ち上がりました。

たとえて言えばそう、仮面ライダーをやっていた若き日の藤岡弘、が

raider

みなぎる野性。

 

 女子好きしそうなピンクのマフをつけて

earmaff

こんな感じの。

 

つぶらな瞳をキラキラさせながら私の両手をがっとつかみ、

「どうも初めまして~。タナカイズミですう~よろしくお願いしますハッハッハッ」

 

腹式呼吸のよく通る声で、フロア中に響き渡るほど高らかに笑った男。それがタナカイズミ、通称イズミンでありました。

 

後にイヤーマフは付録用に開発されたヘッドホンだったことが判明しましたが、私が働いていたのはそんな付録を作る商品開発部でありました。付録というのはいわゆるおまけ的なものから衣類、食品、家電に至るまで多岐にわたります。そのため部署にはデジタルに強い人、おもちゃ作りに長けている人など、各分野に精通した人がそろっておりました。ところがイズミンはおもちゃに詳しいわけでもマーケティングに精通しているわけでもない、商品開発も印刷物も未経験という。ズブの素人である彼がなぜ採用されたのか、最初は誰もが首を傾げていたのです。

 

けれど私も働いてわかったのですが、付録っていろんな思惑がうずまく商品なんですよね。営業の人は「売れる付録を作れ」という。メイン媒体の人は「だっておまけでしょ」という。他社ブランドとコラボすれば激しい駆け引きが起きるし、海外の製造工場では想定外のことが日々起きる。リリースしたら今度は買った人から「付録欲しさに買ったのに金返せ」とクレーム来るし、逆に「付録なのに質がよすぎる」と言われたりもする。いいものを作っても作らなくても怒られる、付録という存在のなんという不思議。

 

そんな付録の制作現場をハンドリングするには、企画力やクリエイティビティ以上に折衝能力が重要になります。その意味でイズミン以上に適した人材はおりませんでした。ややこしい各部署とのすりあわせが、彼の登場であっさり解決。なにかとゴネてくる海外企業との交渉も、鶴の一声で納期厳守。激怒してクレームしてきたお客さんが、彼が電話に出ると「いいものを作ってくれてありがとう」と喜んで受話器を置く。信じられないことが彼のまわりで次々に起こり、イズミンの名前はまたたく間に社内に広まっていったのです。

左4c

イズミン、おそるべし

 

しかし。こうしたイズミンの並はずれた人心掌握術は、はたから見ているぶんには「すごいなあ」で済むのですが、いざ矛先が自分に向かうとドエラいことになります。なにしろこの男、全てにおいて型破り。「企画書を1枚も書かないまま部長プレゼンで決裁を取った」とか「1枚もラフを書かないまま付録を作った」など数々の伝説を持つ彼は、私が担当する印刷物の打ち合わせにも当然のようにカラダひとつでやってきました。そしてこういう商品になります、こんな機能があります、納期は1ヶ月後です、で「あとよろ〜」

 

つまり

いわゆるひとつの 丸投げ ってやつ?

 

百歩譲ってヨシとしましょう、やれと言われればやりますよね大人ですからね。で、イズミンから入念にヒアリングしながら原稿を作り、逐次チェックしてもらい練り上げ、微調整に微調整を重ねてこれでOK!というところまで来て外部に発注して、ゲラ(校正紙)が上がってくる。そのタイミングでイズミンは今ある構成をブルドーザーよろしくズザザザザと根こそぎ捨て去り、全く異なる構成案を持ち出してひっくり返すのです。

 

それって

いわゆるひとつの 反則 じゃないですかあ?

 

さすがの私もそこまで事情はくめません。それでも困ったことに、イズミンが持ってくる案は前よりはるかによいものになっているのです。だから誰も何も言えなくなる。この人となら面白いことができそうな気がする、という予感も抱かせる。でも、なんか悔しいし虚しい。イズミンの現場では、常にそんなやる気と怒りが熱く充満しておりました。

 

同じようなことが何度も続くと、さすがにこちらも消耗してきます。ある日とうとう私は「どうして最初からこの案を出してこないんですか。こちらが時間をかけて作っても、結局全部壊されてしまう。それなら私は必要ないんじゃないですか」と怒りをぶつけたのです。私が声を荒げるなんて、めったにないことです。するとイズミンは立ち上がり、

 

「違うんです。じじょうさんがこうして原稿を書いて形を作ってくれて初めて、僕にもアイデアが湧くんです。つらい思いをさせてしまったのなら謝ります。でもじじょうさんがいないと僕、何も作れません! 頼むから助けてください!!」

 

 kirakira

やだっ

心が洗われるっ

 

いやマジでね、「人たらしってこういう人のことを言うんだわ」と思いましたね。しんどいけど楽しい。厄介だけど憎めない。イズミンと仕事をした人は、男も女もみんな彼を好きになってしまうのでした。

 

そんな日々をしばらく過ごした頃のこと。部署の会議で最近入ったばかりの新人女子が、おもむろにこう言いました。

「突然ですが、私、うちで2人目のタナカになりました」

 

最初は何を言っているのかわからず一同きょとん。タナカ。 タナカって誰だっけ。

「………」

「…………」

「……まさか…」

「はい、イズミさんと結婚しました。そしてお腹に赤ちゃんが♪」

 

 

ええええええええええ〜〜〜!!!!

 

 

やるやるとは思っていたけど、まさかひとまわりも年下の女子を落とすとは。イズミンつきあって3ヶ月でおめでた電撃婚の知らせは、社内のどこかで女子の悲鳴が聞こえるたびに「あ、伝わったんだな」とわかるほどセンセーショナルに広まり、「俺でも若い子とつきあえるチャンスがあるかも♪」という男子の興奮と「イズミン、お前もか」という女子の落胆がしばらくの間社内を駆けめぐったのでありました。

 

その後、イズミンは豪腕を買われて海外支店の支店長に任命され、新妻を連れて遠い異国へ旅立つことになりました。そしてその時初めて、私は彼が40手前のアラフォー男子だったことを知ったのです。彼は去り際に私のところやってきて、いつものキラッキラした目を輝かせながらこう言いました。

 

「じじょうさん、お先に幸せになりまーす 😆 」

 

 

 

ぶ、ぶ、ぶ、

 

ぶっころす 逝かせてさしあげるわ

 

最後の最後まで憎たらしいイズミンでありましたが、しかし5つ下だったのか。なんだなんだ。だからどうなんだって話ですけど、なんだろうこの損した気分。

とりあえず幸せ手に入れるならビッグスケールで攻めていけ、という四十路独女の戒めってことでひとつよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 By じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

 

*「崖っぷちほどいい天気」は毎週土曜日更新です。

 

スポンサーリンク


崖っぷちほどいい天気 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 花緒

    面白かったです(*^o^*)
    イズミンさん、すごい人ですね!
    ところで5つ下だったのかっていうのは…。
    もっと若いと思っていたのが意外に近いという事だったんですか?
    それとももっと年上に見えていたんでしょうか?
    聞いたところで私には関係ないんですが、(^^ゞ

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>花緒さん
    こんにちわ♪コメントありがとうございます〜(*^_^*)
    いやー他の男子と同じくらい(30前後)と聞いていたので、
    てっきりもっと年下かと思っておりましたの。

    だから後で年を聞いて「なんだよ守備範囲だったのかよー」と。
    いや別にだからといってどうこうってことはないんですけどね(笑)
    いろいろ油断してちゃダメだなーと思った次第(そこ?)

  • 中島

    中島

    イズミン、モウレツー
    藤岡弘、も画像だけなのに存在感ありすぎる。
    最近TVでは塩顔とか草食系、身近には油の抜けきったおじさんに囲まれているせいか、胃もたれおこしそうですわ 笑
    でも引っ張ってってくれる男といれば、人生何も考えなくても良さそうで気楽に過ごせるかも?!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>中島。さま
    こんにちわ〜。うほっ慶子さまにコメントいただけて嬉しい♪
    そして私もね、お腹いっぱいですわ(笑)

    若い頃はああいう強引な男に惹かれた時代もありましたが
    あるときイズミンから
    「出かける時は行き先や入る店、食べるもの、滞在時間まで
    全てスケジューリングしないと気がすまない」
    と聞いた時にドン引きしました。

    行き先どころか宿も決めずに旅に出る私とは真逆!!

  • okosama

    ツイッターからの珍パラ ∋ イズミン。久しぶりですね〜 (´∀`)
    私も幸せになりました!って、じじょくみさんはイズミンにお知らせされたのでしょうか?
    それより、過去記事コメントに気づいてくださるでしょうか(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

妹のこと・外伝 : 揚げれんこん

今週の「どうする?Over40」

じじょうくみこさんの「崖のところで待ってます」再開!次の日曜から始まります。

このマンガがなんかすごい。

第9回:後半スタート!みんなの心の名言集

黒ヤギ通信

忘れられない手紙~私の小さな応援団

これ、入るかしら?

vol.42 over40のロングヘア

いどばた。

暮らしの便利グッズ教えて

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.6 麗しき通俗小説界のニューカマーはなっちゃんだ!

50代、男のメガネは

本当に怖い話はしていない。

これ、買った!

ターナー、買った!

着まわせ!れこコレ

ジャズフェスの秋

ただいま閉活中

(56)閉活総括~メンタル編

四十路犬バカ日和

療法食デビュー‼︎

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミキティ&桜子の『これいいよ』~必見!眉間のシワ撃退法~

あの頃、アーカイブ

【エピソード16】 50年前のペット事情

KEIKOのでこぼこな日常

あらら、こんなところにも…

ラジオブースから愛をこめて

サウンドストリート

昭和乙女研究所

ファンクラブ入っていましたか?

ワクワクしたら着てみよう

インラインで目力アップ~♪

なんかすごい。

つくるひと、紹介するひと

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.20】ちょっとした体調不良で世をはかなみます。

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up