12月13日はカレー記念日

カレー記念日

大掃除 早くもあきらめモードかな

12月13日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

崖っぷちほどいい天気

結婚前夜は浮かれポンチでロマンチック。そう、病院で。

みなさま3週間のご無沙汰でした、あなたの!(1カメ)、あなたの!!(2カメ)、あなたのおお!!!(3カメ)、隅から隅までずずずいーっと、ずじょうくみこでございます。

フランス語ぽく発音すると「ずじょう」も「じじょう」も同じだと気付きました(東北弁でも可)

 

kumikoareji

くみこアレジずじょくみこ〜

 

 

さて。

わたくし6月上旬に結婚式を挙げ、ほぼ半世紀にわたる独女生活に終止符を打ったわけでありますが、その節にはみなさまより盛大なるお祝いのお言葉を頂戴し、身にあまる光栄でございました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。そして「どうするOver40」メンバーには本人以上に祝宴を楽しんでいただけたようで、ありがたい限りです。

 

オバフォー誌上では「じじょくみ騒動」とか呼ばれてたりしましたが、「神々しいほど美しかった」「キャサリンを超えた」「全米が泣いた」などと言われ、盛りに盛って書いていただいたので「ヒャダ!あたいったらホントは美人だったの 😳 」とか思っちゃうわけですが、写真が続々と届いて現実とのギャップに頭コンランショップ。 あまりに混乱するので最近では外出するとき必ず脳内中島慶子スイッチを入れて「わたしは今こう見えているのだわ」と考えるようになりました。

 

 

wow1中島慶子スイッチオフ

 

 

5
中島慶子スイッチオン ©中島。画伯

 

 

ああ何もこわくないわ…

 

 

それはさておき、挙式当日の花嫁ってここまで褒め倒されるもんなのかとビックリしましたよ。あと当日はヘアメイクさんが付いてくださったのですが「プロの仕事ってすげえ」とつくづく感じ入っておりました。なぜならわたくしキレイどころか当日は

 

史上まれにみる絶不調

 

だったからであります。

 

そんなわけで、みなさま食傷気味だとは思いますが、じじょくみ騒動のラストということで、結婚前夜のできごとについて今しばらくおつきあいくださいませm(_ _)m

 

kumiko_b

今日も元気だ崖っぷちだ

 

 

そもそもの話、スケジューリングが間違っていたのであります。

 

シマ島に暮らすザビエル氏と結婚するにあたり、わたしには3つのミッションが課せられました。

1つめは、結婚関連。結婚式の打ち合わせについてはザビ男に必要に応じて上京してもらいましたが、細かな実務のはわたしが担うことになりました。また住所と姓が同時に変わりますので転出・転入届や婚姻届、免許証の書き換え、各方面の名義変更など、どの順番で何をすれば効率がいいのか、諸手続きをぬかりなく行う必要がありました。

 

2つめは、引越関連。結婚と同時に離島移住となりますので、長年住み慣れた東京のアパートを引き払い、島に持っていく荷物と処分するものを分別し、荷物の搬送や家具・ゴミの処分などをこなす必要がありました。

 

3つめは、病院通い。シマ島には病院がないため「来る前に病院には行けるだけ行っておいたほうがいい。特に歯医者」とザビ男に言われていたので、歯科と婦人科へ通院することにしました。人間ドックは出発までに予約が取れなかったので、ひとまず健診だけ受診。

 

先に引っ越してから挙式するなど、1つずつミッションをこなす手もありましたが、島と東京を往復する手間暇がかかったり、式の仕込みや通院が予想外に大変だということから、結局わたしは挙式直前まで東京に残り、結婚式のタイミングで引越&諸手続きをまとめてやることになったのです。大変だろうなとは薄々感じていましたが、会社を辞めてから挙式まで2ヶ月ありましたし、どうにかできるだろうと正直思っていたのです。

 

あまかった。あまあまだった。おそらく一世一代の大イベントを前にして浮かれポンチになっていたんでしょう、

 

自分はアラフィフである

 

という一番大事なことを計算に入れてなかった(爆)

 

 

まず、荷物の処分で計算が狂いました。離島への引越だけに荷物の多くは処分するつもりでしたが、シマ島への引越は想像以上にハードルが高いことが発覚。機会があればくわしく書きたいと思いますが、とにかく安く引越したいなら、わずかなダンボール以外の家財は全処分するぐらいの勢いが必要だとわかったのです。

 

東京は年々ゴミ処理が厳しくなっていますので、大型家具から家電、不燃ゴミに至るまで、期日までに全てを処分するには綿密な計画が不可欠です。片っ端から買い手や貰い手を探しては家財を手放し、少しでも安くあがるよう回収業者を探しつつ、コツコツ荷物を整理してはゴミ出しに明け暮れる日々。わたしの独身生活ラスト2ヶ月はゴミとの闘いだった、といっても過言ではありません。

 

そうこうするうちに肉体労働がたたって、持病の腰痛は出るわテニス肘は悪化するわの大騒ぎ。足腰を痛めては作業を中断し、落ち着いたらまた作業して、をくり返すので当然ながら作業は遅れ、遅れているのに体は満身創痍というこの不条理。普通の花嫁さんならエステとか通っちゃってウキウキしているだろう時期に、ざんばら髪をふり乱し、傷だらけの指を蠢かしてゴミ袋をかき分けるわたしは、さながら鬼婆の様相でありました。

 

その合間に式の仕込みをしたり、病院に通ったり、人に会ったり、席次表作ったり、仕事したり、手続きに行ったり、実家に帰ったり、なんてやっているんだからせわしないったらありゃしない。ましてやゴミ屋敷。ましてや嫁入り前。気を張っていて気づきませんでしたが、どうやらずいぶんとストレスを抱え込んでしまったようでして…。

 

yoru

 

異変は、式の5日前に現れました。

 

突然、不正出血が起きたのです。ちょうど婦人科で処方されたホルモン剤を飲んでいた時期で、先生に「飲んでいる間に多少の出血があるかも」と言われていたので、ああこれかと最初は思いました。それに「結婚前はストレスで急に生理がくることがある」と知人から聞いていたので、まあそうだよね、ずいぶん無理してたしね、でもまだまだやることあるし早くおさまらないかなあ、とのんびり構えていたのです。

 

ところが日を追うごとに出血はひどくなり、生理の多い日レベルになってきたときには目に見えて顔色が悪くなり、さすがに焦りが隠せなくなりました。ザブトンしいて挙式するのか、この顔で人前に出るのは嫌だなあ、なんでこんなことになっちゃったんだろう、きついし疲れるし結婚式なんてやるんじゃなかった、全部投げ出して今すぐ消えてなくなっちゃいたい…。

 

そんな鬱々した思いで頭がいっぱいになりましたが、それでも目の前のダンボールは消えないわけで、荷物の搬出は2日後に迫っています。パッキング完了までは、はるか彼方。もはや休養する余裕は残されておらず、粛々と作業を続けるしかなかったのでありました。

 

そして挙式2日前、ようやくザビ男が到着。そのままふたりで黙々と作業して、翌日夕方にはどうにか全ての荷物を搬出。ホッとひと安心…ってところで自分のガサガサの手に気づいてギャッとなって近所のネイルサロンに駆け込み、ネイルをお願いして「明日結婚式なんです」つったらネイリストさんもギャッとなってパックで指のかさかさをとってもらってご飯食べて夜9時。

 

あとは家でゆっくり疲れを取って、挙式に備えてフェイスパックして心静かに休むだけ…と安堵したところで

 

 

 

どっ

 

 

と音がしたんじゃないかと思いました。それくらいの危機感が、下半身に駆け巡ったのです。

 

急いでトイレに駆け込むと、案の定、激しく出血し始めていました。大きな血管が切れたみたいに血がドバドバとあふれ続け、ペーパーでふいてもふいても追いつきません。こ、これはあの名高い「インク壺ドバー状態」ってやつなのか!? 出血多量で死んじゃうんじゃないか??とパニックになりつつ30分ほどトイレに籠城。ようやく小康状態になってトイレを出たときには、激しいめまいと吐き気と下腹部痛でフラフラになっておりました。

 

その後もどっと出てはおさまるという波が続き、こんな状態で着物を着るなんてとても無理!と悲観的な気分に。もしかして本当に結婚式、中止になってしまうのでは。そんなことになったら、これまでの苦労が水の泡になってしまう。みんなにも迷惑かけてしまうし、どうしようどうしよう…。

 

bigwave

 

そんな気持ちを知ってか知らずか、ザビエル氏はいつもと変わらぬテンションで「とにかく病院へ行こう。大丈夫なら大丈夫で、確認すれば安心だから」とひとこと。とはいえ、そのときすでに土曜日の夜、かかりつけの婦人科はもちろん近所の産婦人科はどこもやっていません。そこでザビ男は区の医療情報センターに電話をかけ、夜間診療を受けてくれそうな病院に片っ端から電話することになったのです。

 

「あ、⚫︎⚫︎病院ですか。わたくし、じじょうと申しますが、わたしの妻がですね、シモのほうが出血して止まらないと申しておりまして…ええ、ええ、わたしの妻の、ええ、じじょうくみこです」

 

 

 

 

 

 

 

 

妻キタ━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!

 

 

妻って言われた妻って言われた妻妻ツマツマつまつまつまつまつまつまつまつまつまつまつまつまつま

妻あああああ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━━!!!!

 

 

受け入れを拒否されたり診察をしぶられたりしながらも、ザビ男は辛抱強く電話をかけ続け、わたしといえば「妻のくみこが」と言われるたびに(つま♩)と頭の中に花が咲き。ようやく病院が見つかってタクシーにライドオンしたときには「大丈夫ですか?」と気遣う運転手さんをよそに(つま♩つま♩つま♩つま♩つま♩つま♩)と頭の中で妻の舞いを踊っていたのでありました。

 

その後、病院ではいかにも「小遣い稼ぎです」という風情のチャラい新米医師(でもイケメン)がやってきて、どうやらその病院では初当直だったようで「神田さん、これどうやって動かすの、あ、ここね」と看護師さんに教わりながらたどたどしく診察。

 

「とりあえず出血はおさまっているね、ポリープが破裂したのかもしれないけど、経過がわからないから何とも言えないなあ。とにかく主治医の指示をあおいで」

「あのう、明日結婚式なんですけど、1日だけでも出血止められませんか」

「あ、そう。原因がわからないわけだから、薬などでできることはないよ。タンポンは入れたことある? タンポン入れて、がんばって」

「は、はあ」

「神田さん、これどうやって入力するの? ああそこね、わかりづらいなあ、あ、診察は以上ですよ」

 

 

診察以前に人間磨けやクソ医者が

 

なーんて思ったりするはずもございません。なにしろ真夜中の病院の診察台で大股おっぴろげながら、待合室で待つザビ男に思いを馳せて、人生最高にロマンチックな瞬間を味わっていたのですから。

 

 

 

 

jijokumi

バカかもしれない

 

 

 

そんなことがありましたので、当日の朝に出血が小康状態だったときは心底ホッといたしました。いつ大量出血するかわからないという爆弾を抱えたままではありましたが、ヘアメイクさんに事情を話すと、お腹に負担をかけないように着付けしてくれ、血色よくメイクを仕上げてくれました。また挙式中はヘアメイクさんが、パーティではプランナーさんがつきっきりでフォローしてくれて、心強かったなあ。

 

そしてなによりも、隣でザビ男がいつもの調子で笑っていてくれることが心の底からありがたかった。この人と一緒なら何があってもきっと大丈夫、と思えたことで全ての迷いが消えました。大切な友が、仲間が、家族が、そしてザビ男が、みんなが笑っていて、ああそれだけで何もいらないなと思えた結婚式でした。

 

 

ちなみに当のザビ男はわたしが診察を受けている間、夜な夜な病気でもないのに病院に来ているというおばあちゃんの相手をしながら

 

「挙式は代役を立てるわけにもいかないから、中止するしかないかもしれないな。でもパーティはせっかくおいしい料理があるんだし、自分だけでもやれるんじゃないか。隣に誰か熟女が座っておけば誰も気づかないだろう

 

と考えていたらしく、「気づくわ! てか気づかないと困るわ!」と女性陣からツッコまれたことをここに告白します。

 

 

Text by じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

*「崖っぷちほどいい天気」は毎週土曜日更新です。


崖っぷちほどいい天気 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    あららー、大変だったのですね。
    お体は大丈夫ですか?
    すぐに島に引越されて受診出来たのでしょうか、心配です。

    引越しはうちも去年しましたが、ホントごみとの戦いですね。
    たった2ヶ月で、結婚式と引越しなんてよくやりました!

    ザビ男さんが穏やかな方でよかったです。
    おめでとうどころではないかったかもしれませんが
    結婚式が滞りなく終えられてよかったですね。
    お幸せに!

  • okosama

    ずじょくみさん こんばんは。

    直前にそんな大変な事が…。
    でも、やっぱり、周りの人たちに心配させない振る舞いが、大人ですわぁ。
    (記事の最後にオチをつけてロマンチックで終わらせないところも、さすが大人ですわ 笑)

    一読者ではありますが、関連記事を読んで、幸せのおすそわけにあずかっております(^-^)
    お身体、お気をつけて。

  • ももひめ

    くみこさん、大変でしたが…幸せな結婚式をあげることができて何よりです。
    おめでとうございます(*^^*)

    隣で、笑っていてくれること、安心感は大切ですよね くみこさあーん。
    ジーンとして涙が出てきました。

    わたくし、結婚式直前で失敗(爆)してまして…(笑)
    大切なこと、再確認させて頂きました☆

    幸せになっていただきたいと 心から思います。
    お身体は大切にされて下さいませ。

    次は、わたしもがんばる(笑)

  • いまねえ

    あら----!
    そんな大大事な状況で結婚式を向かえておられたのですかっ。。

    大出血の恐怖というのは私も経験がありますが(子宮筋腫のため)、貧血起こして倒れる恐怖のほか
    こりゃ、おむつでないと対応しきれないぞ、と思いましたね。。

    「ツマ」・・・緊急時に二人の関係性を他人に説明するのに、これ以上正確で瞬時に誰をも黙らせる、
    説得力のある最短の言葉はありますまい。。
    夫婦なのですから当然と言えば当然でてくる言葉ではありますが、ザビ男さんナイス!
    ちゃっかり、「じしょくみ騒動」に便乗してうきうき、披露宴での参列の皆さまの装いを楽しませて
    いただいておりましたが、「よくぞ乗り切った!」と改めて万雷の拍手をじじょくみさんに贈りたい。

    まだお披露目式は続くのでしょう?じじょくみさんご実家方面と、マハラジャ参加の島方面と?
    どうぞ体調お気を付けて、でもザビ男さんのミョーな(?)冷静沈着さが助けてくれますよ。。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>naoさま

    いつもコメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
    実はシモのほうは後日談がありまして・・・追ってご報告しますね。

    いやはや本当に引越がここまで大変になるとは思いませんでした。。。
    引越慣れしていたつもりでしたが、想定以上にゴミ処理の制限がきつくなってました(ー ー;)
    ザビ男が文句も言わずに手伝ってくれて助かりました。

    月亭つまみさんから「ザビ男さんは情緒が安定している」とおっしゃっていて
    なるほどーと納得しました。確かに、動揺とかアップダウンとは無縁みたい。
    そのぶんこっちが何をどうやっても微動だにしないので
    急いでいるときはハラハラします(笑)

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>okosamaさま

    いつもコメントありがとうございます!
    そして祝福のお言葉、本当にありがとうございます\(//∇//)\

    前夜がこんな感じだったので、ぶじ決行できただけで嬉しくて嬉しくて
    あんなに不安だった人前も全然緊張しなくてすみました♩
    料理もちょこちょこ食べられました(完食できなかったのが心残り!)
    友人からは「こんな自然体な花嫁は初めて見た」と言われましたよw

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>ももひめさま

    こんにちは!コメントありがとうございます♩
    なにやら意味深な発言がありましたが。。。いったい何が!?(野次馬すいません)
    結婚前っていろいろ起こりますし、いろんな思いが交錯しますよね。
    わたしも正直な話、ちょっと迷った時期もあります。。。。w

    結婚すると安心感が違う、とよく聞いていましたが
    ああこういうことか、と最近思うようになりました。
    2人暮らし、なかなか味わい深いもんですね。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>いまねえさま

    いまねえさま、ああいまねえさま!コメントありがとうございます♩

    そうなんですよーいやはや大変でした(ー ー;)
    噂には聞いておりましたが、これかー!!!と。
    それでも想像以上の出血ぶりだったので戦慄いたしました。
    みなさま、こんな恐ろしい体験を乗り越えてこられたのか。。。
    と思うと泣けてきます。

    祝宴ツアーですが、実家のほうは「夏は暑くて体がきついし嫌」というので
    秋に開催することになりました。
    マハラジャ方面wは今のところ話が出てこないので
    このまま立ち消えにならないかな、と密かに祈っております( ̄▽ ̄)

  • takeume

    さすが、じじょくみさま、いえ、ずじょくみさま。
    最後の最後までネタを仕込んで(?)くれたのですね。
    読者にまで、そんなお気遣いいただかなくてもよかったのに。。。
    と、いう気分です。

    それにしても、大事に至らなくてよかったです。
    でも、何らかの不調がある(あった)のは事実ですので
    しっかり治してください。

    もう、生涯忘れる事のない思い出となったと思います。

    どうぞ、ここからは、平穏にお幸せに~!

  • はしーば

    くみこさん、何度でも言わせて下さい。
    おめでとうございます

    中島慶子さんのイラストを何度も見返しては、くみこさんの花嫁姿を想像してニマニマしておりましたのに、そんな大変な思い、されていたとは。

    私は、新婚旅行先の海外のホテルで似たような経験をしたものですから、トイレ籠城30分のくだりは、くみこさんの心細さを想像したら、涙
    、涙、です。

    ただ、不謹慎かもしれませんが、その後のザビ男さんの頼もしい活躍ぶりは、それをくみこさんに見せるための神様のイタズラ、とも思えてきます。
    生涯、忘れることのできない、大変だったけど、大切な想い出としてザビ家の語り草となることでしょう。

  • きゃらめる

    改めましてご結婚おめでとうございます。

    大変だったんですね(T_T)。
    でもこれで夫婦の絆は初っ端からばっちりガッチリ揺るぎなし♡

    体調に気をつけつつ、
    どうぞラブラブな新婚生活を!

  • 花緒

    おめでとうございます!
    体調良くなくて大変だったんですね(>_<)
    でも、「妻」いいですね!
    私の中ではすっかり中島さんのイラストのイメージです(^^*)
    末永くお幸せに!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>takeumeさま

    こんにちは!コメントいつもありがとうございますー♩

    いやはや本当に「なんでまたこのタイミング?」という感じで
    天を恨みたい気分でしたが、結果オーライでしたね。

    ヘアメイクさんに「ここで新郎さまがオロオロされたら
    もっと不安になったでしょうから、頼れる方でよかったですねえ」
    と言われて、その通りだなあと思いました(^ ^)

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>はしーばさま

    こんにちは!いつもコメント感謝です♩

    本当にね、わたしの迷いや不安を見透かしたかのような
    一連の事件でございましたよ。
    この件でザビ男に対する見方がガラッと変わりました。
    でも・・・・神様イジワルすぎっw

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>きゃらめるさま

    こんにちは!コメントいつもありがとうございます〜( ´ ▽ ` )ノ

    いまちょうど結婚式の写真を配布しているところなんですが
    どう見ても体調不良とは思えない顔をしていて我ながらウケたw
    火事場の馬鹿力ってあなどれないなーと思いました(そういうこと?)

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>花緒さま

    こんにちは!コメント毎度ありがたいことですー♩

    オバフォー読者の方々は「中島慶子スイッチオン」がデフォルトでしょうから
    ちょっと人前に出づらくなってきました(爆)

    しかし、この日ほど白無垢&白ドレスを選んだ自分を恨んだことはなかったですよ。
    せめて、せめて赤いドレスだったら・・・(いや無理だけど)

  • くるりん

    ジーク・ジオン!!!サビ家に栄光あれ!!!
    …”脳内中島慶子スイッチ”常時接続のくるりんです、こんにちは(^m^)

    …赤いドレスをお召しだったら、”3倍速い…だと!?”とくみこ・レム・ダイクンさま名義に(<以下略)。

    ♡ずじょうくみこさま♡ご結婚誠におめでとうございます♡
    お祝いを書き込むのが時間差攻撃になってしまいましたが、ずぅーっとハラハラどきどきわくわくしながら読ませていただいてましたよ♪
    皆さまの一連の騒動カキコも楽しませていただいてました☆

    体調のこと、手続きのこと、作業のこと…大変なことを乗り越えて、新しい生活を始められて。
    少しずつそれが日常になって、お二人の暮らしになっていくのを…こっそり(<なぜw)見守っておりますね☆

    未来永劫お幸せに<3<3<3

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>くるりんさま

    こんにちは、赤い彗星キャスバルくみこです(笑)
    コメントありがとうございました! 遅くなってごめんなさいー( ;´Д`)

    改めまして、お祝いのお言葉をありがとうございました!
    新生活が始まって半月ですが、まだまだメオト1年生、いろいろあるかと思いますが
    どうぞひそかに見守っていただければ幸いです。
    シマ島、ヤブ蚊がでかいので身をひそめる場合はご注意ください( ̄▽ ̄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

これ、入るかしら?

vol.63 骨格ストレートに合いそうなもの

カレー記念日 今週のおかわり!

「年内に」 約束しなきゃよかったよ

いどばた。

こだわりの家事について語りましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.30 マハ より ひ香派

50代、男のメガネは

ぜんぶ自分のなかにある。

これ、買った!

レンジでチン!の湯たんぽ買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

50を過ぎた自分を磨く:豆苗の胡麻和え

わたしをライブに連れてって♪

So Kakkoii いま

今週の「どうする?Over40」

「うだつって何?」シンプルな問いに自分の囚われを知る。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

最愛コートを探して~そして見つけた最愛のコート

絵手紙オーライ!

上を向いて

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

OIRAKUのアニメ

第25回 アナと雪の女王2/きかんしゃトーマスとなかまたち

黒ヤギ通信

猫がいっぱい

昭和乙女研究所

懐かし化粧品の記憶

ワクワクしたら着てみよう

未だかつてないほど断捨離しました

なんかすごい。

木を植えるひと

日々是LOVE古着

危険な扉

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

半醒半睡

猫No.33  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

半醒半睡

猫No.33  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up