9月23日はカレー記念日

カレー記念日

読み切れない 車内ニュースが すぐ次へ

9月23日はカレー記念日

れみまる

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

50代、男のメガネは近視と乱視とお手元用 ~ 山形で好奇心を思う

 

image

 

山形で好奇心を思う

 

山形国際ドキュメンタリー映画祭がお目当てで、二泊三日の山形旅行へ出かける。山形国際ドキュメンタリー映画祭は、2年に1回の開催で、僕自身は今年が2回目の参加。ただ、前回も二泊三日で、かなりの本数の映画を見たのでかなり疲れてしまった。そこで、今回はあんまり根を詰めて見ずに、休憩を挟みつつ、時には観光などもしながら、のんびりと映画をみようと出かけたのであった。

 

ところが、いざ見始めると二泊三日で9本の映画を立て続けに見ることに。やっぱり、「せっかく来たんだから」という気持ちになってしまって、Twitterで「おもしろい」とつぶやかれている映画のスケジュールを調べては見る、という繰り返しで、腰が痛い、目が疲れた、と言いながらも到着直後から出発直前まで今回も映画を見続けてしまったのであった。

 

さて、今回の話題は山形でも、ドキュメンタリー映画でもない。先ほどの話に出てきた「せっかくだから」というワード。今回、僕は「せっかくだから」と映画を見まくったのだけれど、普段、この「せっかくだから」という言葉をよく口にするのは女性ではないかと、僕は密かににらんでいる。

 

特に旅先で、女性の口から「せっかくだから」という言葉をよく聞く気がするのだけれど、どうだろう。少なくとも、うちの嫁さんは、確実に言う。別にうちの嫁さんが女性の代表だとは思わないし、統計をとったわけではないけれど、そんな気がするのだ。でも、女性はと言い切ってしまうと、なにかとあれなので、うちの嫁さんの話にしてしまおう。

 

若い頃、パリに行ったときに嫁が言いました。
「せっかく、パリまできたのだからニースまで足を延ばしましょうよ」
まだ、大阪に住んでいた頃、東京に遊びに来たときには、嫁はこう言いました。
「東京見物にきたのだから、横浜にも行きたいわ。あ、それならついでに鎌倉にもいきましょうよ」

 

僕はたとえば、パリに行ったら、パリの街に腰を据えて、カフェ巡りでもしながら、その街を知りたい、と思うタイプだ。パリにきたからニースに行かないといけない、というなら、ニースにいったついでにモナコに行かなければならなくなり、知らない内に世界一周をしてしまうということになるよ!と思ってしまう。

 

同じように、東京に来たから横浜にも鎌倉にも行きたい、というのは、大阪に住んでいて、朝から神戸と京都と奈良を回るようなもんだよ、と。

 

そういうと、嫁さんは決まって、「あんたはいっつもそう。好奇心というものがない」と毒づくのだ。そう言われると僕は傷つく。だって、好奇心がないわけではない。逆に好奇心は旺盛だ。しかし、その好奇心は広く浅く、という方向にではなく、どこまで深められるか、という深度へと向かうのである。

 

山形の映画館のシートに身を沈め、せっかくだからと映画を見まくりながら、そんなことを思い出していたのだった。

 

 

 

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、オフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京神楽坂で暮らしてます。

 

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • はしーば

    うえまつさん、こんにちは。
    いつも、50代男性の目線を興味深く読ませて
    いただいております。
    (夫も今年51歳なもので、尚更です。)

    「ついでだから」って、良く使いますね。

    女性は、幕の内弁当的な広く、沢山の情報を
    欲しがり、男性は丼飯的な深く一点集中的な
    突き詰め方をする人が多い気がします。

    現に私もアラフィフですが、昼食には丼よりも
    幕の内、若しくは松花堂弁当を選びます。

    脳の違い、なんでしょうか。

  • Comet

    Comet

    義両親は義母が「せっかくだから」派で、義父は「動かない」派でした。実家の両親は父が「せっかくだから」派で母が「動かない」派です。文句言いながらくっついてしまうS極とN極の関係なのかも。

  • サヴァラン

    サヴァラン

    植松さま こんばんは。
    うちのシュジンは、一緒に車で出かけると、往きのルートと帰りのルートを変えようとします。
    わたしが助手席で「なんでー。わたしは往きの道の、あの不思議な建物をもう一度見ようと思ってたのにー」と毒づきます。
    シュジンは「別の道を通りたい」と言います。
    わたしは「同じ道を通りたい」と主張します。
    両者の言い分は「せっかくだから」です。あれ。

  • カリーナ

    植松さん、こんにちは!

    聞いてください。わたしの女友達に「せっかくだから」の権化みたいな人がいるんです。六甲山に上ったときは、彼女の言う通り歩いて下山していたら遭難していました(途中から漆黒の闇&雨)。彼女が80代のお母さんと京都のどこだったかの奥の院をめざして登り切ったら、帰りのバスがなくなっていて、これまた死ぬ思いで下山し、タクシーを拾って帰ってきたそうです。わたしも、彼女の「せっかくだから」に何度かつきあいましたが、川辺で塩釜を焚火で作り、いつまでもご飯が食べられませんでした(泣)

    「せっかくだから」は、ですから恐ろしい言葉です。せっかくだから、には、膨大な脇道と落とし穴が用意されていて、とんでもない世界へ足を踏み込む場合もあります。

    わたしは、「せっかくだから」と人生のうちでほとんど言ったことのない女ですが(面倒くさがり屋なので)、一緒にいる人の「せっかくだから」の危険度を計る能力は磨いています。概ね、対応できますが、自分の危険センサーがはたらいたらバッサリ却下します(笑)ふりまわされるのが、嫌いなんでしょうね。

    植松さん、一緒に旅行しませんか。せっかくだから、っていいませんよ♪

  • サヴァラン

    サヴァラン

    植松さま こんにちは。
    二度目のコメントですみません。
    一度目、自分で上のようにコメントしながら、
    何かちがうなーとひっかっておりましたら…はっ。
    シュジンは「せっかくだから」ではなく
    「どうせなら」と言うのでした。
    「どうせなら」って
    その投げやりな感じが気に食わん―。
    えーっと。
    お口直しに 山形のカフェ情報を。
    馬見ヶ崎川という川のほとりに
    「espresso」というお店があります。
    http://www.geocities.jp/trolaurora/
    次回の映画祭の折にでも、ぜひどうぞ。せっかくだから♪

  • uematsu

    uematsu Post author

    はしーばさん、
    僕も幕の内弁当は好きです(笑)。
    でもまあ、男の「深く探求したいのだよ」という言葉の裏には、
    「じゃまくさいなあ」という気持ちも大きく働いている気がします(笑)。

  • uematsu

    uematsu Post author

    Cometさん
    そう言えば、うちの親はどうだったのかなあ。
    父がいろんところに旅行に行きたがって、
    母がとても嫌がるというのをなんども見たような気がします。
    たぶん、父が旅行に行きたがるくせに、
    行ったら行ったで邪魔臭がる、というめんどくさい性格だったから、
    という気がします。はい。

  • uematsu

    uematsu Post author

    サヴァランさん
    僕は同じ道を通りたい派ですが、
    ご主人の言う「別の道を通りたい」という気持ちも分かります。
    僕の場合は、嫁が隣に乗っていない時にだけ、
    別の道を通ります。
    時間がかかってしまったり、道に迷ってしまって、
    文句を言われるのを避けるためです(笑)。

  • uematsu

    uematsu Post author

    カリーナさん
    はいはい、聞きますよ。
    なるほど、せっかくだからに付き合ってると、遭難するって恐ろしい話です。
    こういう恐ろしい予感がするから、男は本能的に逃げるのかもしれません(笑)。

    ま、正直男にも「せっかくだから」と地方出張のときに、
    すぐに夜の街に消えていく人もいるんですけどね。

    旅行のお誘いありがとうございます。
    いやもう、ほんと旅行に行きたい。
    というか、温泉に浸かりたい。
    もう、銭湯でもいい。
    というか、大阪、東京の往復ばかりしている生活を何とかしたい。
    う〜ん、いろいろ考えないといけないことが多い、今日この頃です。

  • uematsu

    uematsu Post author

    サヴァランさん
    「せっかくだから」と「どうせなら」は微妙にちがいますね(笑)。
    その投げやり感のともなった感じは、
    なかなか好感が持てます。
    きっと、いい人だと思います。
    山形のカフェ情報ありがとうございます。
    本当に映画を見るだけに終始してしまいました。
    次回、行ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

クラウド・ファンディング、おすすめ返礼品のご紹介。

カレー記念日 今週のおかわり!

上出来だ 今日もひとつは やり遂げた

なんかすごい。

今日のわたしは新しいわたし

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

50代、男のメガネは

タピオカドリンクが流行っている。

これ、買った!

マキタ充電式クリーナーを買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカ料から大切なお知らせとお願い:カイゴ・デトックスin京都開催決定

OIRAKUのアニメ

第22回 彼方のアストラ

黒ヤギ通信

紙のタオルハンカチ

日々是LOVE古着

最近の戦利品

これ、入るかしら?

vol.62 この夏のサンダルとシャンプーと

いどばた。

みんなのバスタオル事情をおしゃべりしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.28 ヨシタケシンスケかもしれない

わたしをライブに連れてって♪

男の色気 女の色気

絵手紙オーライ!

ありえないほど綺麗な花々

あの頃、アーカイブ

【エピソード34】スポーツ観戦で語るカナコさんの60年

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

昭和乙女研究所

お菓子編 昭和のガム(後編)

ワクワクしたら着てみよう

秋の気配だけどまだまだワンピースなお年頃!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.40】 せっかちを直したい。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

無我夢中

猫No.8  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

無我夢中

猫No.8  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up