10月23日はカレー記念日

カレー記念日

冬服を 取り出しサイズで 選り分ける

10月23日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

山の仕事。その3

 

image

 

ポインターにポイントされるの巻。

 

原生林とおぼしき山を登り、自分よりも背の高い草木が生えている原野を走り回る。そして、宝探しゲームのように、ひっそりと佇むお化けのポストのような機械を探し当てて、データを書き込む。そんな山の仕事をしていると、不思議な天候に遭遇することがよくあった。

 

さっきまで晴れていたのに、急に雨が降ってきたり。降ってきたと思ったら、また陽が差してきたり。まあ、町中でもそんな天気に遭遇しているのだと思うだけれど、土砂降りになって陽が差さなくなってしまったら、帰れなくなるかもしれない、という恐怖が僕に注意深く天気を観察さていたのかもしれない。

 

その日も、天候が激しく変わる日だった。とりあえず、雨が降ったら山の仕事は延期する。基本、一人でやる仕事だし、その週の内に、すべてのお化けのポストを回ればいいので、1日、2日、延期してもなんとかなる。

 

でも、その日は見事なくらいに晴れていて、天気予報を見ても雨の「あ」の字もなかったのだ。だから、途中でにわか雨が降ってきたときは慌てた。慌てたけれど、山の中に入っていたので、どうすることもできない。土砂降りにならなきゃいいけどなあ、と思いながら小雨の降る中、山を移動していた。

 

すると……。突風のような風が吹いて、一瞬にして雨が上がったのだった。おどろいた。というかなんだか気持ちが悪くて、ものすごく晴れているので、僕は「なにか物の怪のようなものがいるぞ」とびくびくしながら仕事を続けたのだった。

 

とても、大きな広場が山の中腹にあった。山と山をつなぐ渡り廊下のようなといったらいいのだろうか。なんとも妙な感じの広い草原が山の上り下りの中腹にあるのだった。そして、その草原のど真ん中にもお化けのポストがあった。

 

僕は急に晴れ渡った天気の中を、草原の真ん中にあるポストに向かった。そのポストは全部で50くらいあるポストの中で唯一、ポストの足が短く、しゃがまないと機械が操作できないのだった。僕は仕方なくしゃがんだ姿勢で、機械にテスターをつなぎ、数値を記録し始めた。

 

その時だ。さっきの物の怪のような気配が近づいてきた。僕は背後を気にしながら、記録をとり続ける。カサカサという草がすれる音がして、何かが近づいてくる。ふっと振り返ると、そこには大きな犬がいるのだった。スマートな、白地に黒い模様がある大型犬が、知らぬ間に僕の背後に迫っていたのだ。

 

その犬は、僕から数メートル離れたところで、じっと僕の方を見て、微動だにしない。僕は犬が大嫌いで、というよりも、犬が怖いので、恐怖のあまり声が出ない。そして、よく見ると、その犬は姿勢を低くして、右足をあげて僕の方向を指し示している。

 

よく分からない僕と犬との膠着状態が数分続いた。もしかたら、恐怖のあまりそう思っているだけで、数十秒だったのかもしれない。再び、草を掻き分ける音がして、なんと猟銃をもった男が銃を構えながらやってきた。

 

「えっ!な、な、なに?どういうこと?」

 

僕は素っ頓狂な声をあげた。僕はいまま52年ほど生きてきたけれども、素っ頓狂な声をあげたのは、後にも先にもあの時だけだ。すると、今度は猟銃を持ったおじさんが声を上げた。

 

「えっ!に、に、人間?」

 

猟銃おじさんの声に、僕はちょっと余裕を取り戻した。

 

「に、人間ですよ!」
「に、人間なのか」

 

というやり取りがあって、おじさんは猟銃を降ろし、犬に首輪をつけ、自分の側に引き寄せた。

 

そのあと、おじさんと話をしたところ、この辺りは近所では有名な狩猟場で、猟友会の人などがキジなどを狩っているらしい。しかし、よくよく見ると工事が始まってから立てられたようだが、『狩猟禁止』の立て看板もある。立て看板があるということは、猟をしていたしていたということに他ならない。そして、このおじさんはそのことを知ってか知らずか、いまだにこの辺りで猟をしていた、ということなのだろう。

 

途中から、事情を察したおじさんが平謝りだったので、僕も「もういいや、助かったんだし」と許してあげたのだけれど、それにしても、犬が僕を前脚で指し示していたポーズが気になっていたので、そのことを聞いてみた。

 

すると、おじさん曰く。この犬はポインターという猟犬で、獲物を見つけると、吠えもせず、足音もさせないように近づいていって、ある一定の距離のところでピタリと停まり、前脚で獲物の位置をポイントするのだそうだ。

 

獲物をポイントするからポインター! そうだったのか!ポイントするからポインターなのか!とその日、無事に撃ち殺されることもなく山を下りると、翌日から自分の友人みんなに「ポンターっていう犬がおるやろ?あれ、なんでポインターいうか知ってる?」と吹聴して回ったのだった。いやもう、山の仕事は恐ろしくて面白い。

 

(次回は、あわや車ごと山から転落寸前の巻)

 

 


 

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、オフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京神楽坂で暮らしてます。

 

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • いまねえ

    おおお。。。ポインターってそういう由来だったんですか。。
    犬って、今は愛玩犬のようなものも、そもそもは猟にたけた特徴に作られていた、
    そんな背景が思いも寄らない犬も多いですが、
    「スマートで白地に黒い模様」という表現だけで
    その姿がすっくっと獲物を狙う凛とした絵で思い浮かぶポインター。
    その名前の由来はなるほどっ!・・と膝を打ってしまいますね。
    私も犬は駄目なので、相手がどんな小さな犬であっても
    身体が縮こまる気持ちになってしまいます、
    山中で獲物として標的を定められてしまうなんて、
    読むだけでもうもう心臓どきどき。。
    それにしても面白いです、山の仕事の次回、
    どんなどきどきがあるかしら!!

  • uematsu

    uematsu Post author

    いまねえさん

    山の中の仕事をしていたのは、たぶん3ヵ月ほど。
    いや、暑い夏の時期から雪の降り始めだったので、
    もしかしたら半年ほどやっていたのかもしれません。

    短い時間だったのですが、かなりいろんな体験をしましたよ。
    次回は、さらに死にそうな目にあった話です。
    お楽しみに。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ

    植松さん、もうこのまま一生山の中にいてください(笑)
    山の仕事シリーズ、毎週水曜の更新が楽しみすぎます。

    ときどきニュースで間違えて人が撃たれた、みたいな話が流れますが
    そうか、そういうことだったのか!
    とりあえず植松さんが狩られなくてホントよかったです。

  • uematsu

    uematsu Post author

    じじょうくみこさん
    なんかその時に、
    「あ、人ってこんな具合に、
    簡単に死ぬのかも」
    なんて思いました。

    でも、そう簡単にも死なないんですよねえ。
    山の中でいろいろ学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

手を出せば 出るの出ないの どっちなの

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ヘッドマッサージャーで柔らかあたま

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第26回 トラウマを蹴とばせ

50代、男のメガネは

男のほうが嫉妬深い、という話。

OIRAKUのアニメ

第41回 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編/劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ミカスの今日の料理 昨日の料理

機械はわからない:揚げ里芋肉味噌がけ

今週の「どうする?Over40」

きっと私だけじゃない。「取り返しのつかないことになっていないか」と不安に思う新型コロナの1年。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ島よ。ムッちゃん事件の顛末。

出前チチカカ湖

第162回 最近のトライ&エラー

なんかすごい。

2冊のZineと1冊の本

わたしをライブに連れてって♪

先生、倒れたってよ。

これ、入るかしら?

vol.73 髪をなるべくきちんと

いどばた。

エコバッグどれがいい?

絵手紙オーライ!

三つ葉のあの子・・・

日々是LOVE古着

古都の素敵古着屋さん

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

逢魔之時

猫No.54  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

逢魔之時

猫No.54  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up