10月17日はカレー記念日

カレー記念日

この間 買ったアレアレ ありゃ何処だ?

10月17日はカレー記念日

権太

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

山陰に向かう夜行列車の中で。

以前にも書いたかもしれないけれど、この時期になると思い出すことがある。

 

まだ二十歳になったばかりの頃。友人と8ミリカメラを片手に、リュックを担いで撮影旅行に出かけたことがある。まったくの思いつきで、「でも、なんか撮影してないと、なんだか足元から腐っていくような気がする」とかなんとかそれらしいことを言いながら急な出発を決めた。「旅に出ようぜ」といつもの関西弁から妙な関東弁で語り合いながら、その日の夜行に飛び乗ったのだった。

 

3月の半ば頃で、朝晩ひどく冷え込んだ年だった。僕と友人は、大阪駅で周遊券を買うと、そのまま山陰本線の夜行『だいせん』に乗り込んだ。当時、円高不況とか言われている頃で、もしかしたらまだJRが発足する国鉄時代のことだったかもしれない。

 

「さあ、映画を撮るぞ!」と意気込み、深夜の列車に乗り込むことだけで興奮気味だった僕たちも、福知山に着く頃には話すこともなくなり黙り込んでいた。「間もなく、福知山、福知山。福知山では、10分ほど停車いたします」というアナウンスを聞いて、僕たちは「缶コーヒーでも買いに行くか」と声をかけあった。その時、改めて車内を見渡したのだが、列車のなかは満席ではなかったけれど、車両毎に数名は立っている人がいる程度には混んでいた。

 

僕たちが座っていた2名が対面で座るボックス席のような座席の真後ろが乗降ドア部分になっていて、そのすき間に黒いワンピースを着たお母さんとセーラー服を着た女子中学生が立っていたのだった。なんとなく、沈鬱とした表情の二人を見て、きっと誰かのお通夜かなにかがあったのだろう、と僕は思った。そして、そんな日に席もなく立ち尽くしている母娘が不憫になってきた。

 

缶コーヒーを買いに行くとき僕たちは母娘に声をかけた。

 

「停車中、外の空気を吸ってきますので、その間だけでも座っててください」

 

僕たちがそういうと、最初は遠慮していたお母さんだったが、僕たちが重ねて申し出ると「ありがとうございます。座らせてもらいます。そのかわり、列車が出るときにはちゃんとあなたたちが座ってくださいね」と言って、座ってくれたのだった。

 

初めての夜行列車の旅、これから撮れるかもしれない素晴らしい映画、そして、なによりも「ここではないどこかへ」と出発したという高揚感。そんなあれやこれやに、なんとなく「いいことをした」という感覚が相まって、僕たちは妙に意気揚々と福知山の駅のホームへと降り立った。

 

あたたかい缶コーヒーを買い、10分ほど小雪の舞い散るホームの片隅で足踏みをしながら時間をつぶしていた。列車を見ると、さきほどの母娘が僕たちの席で穏やかに話をしていた。

 

しかし、その日の深夜の福知山駅は思いの外寒かった。缶コーヒーを買うだけだと言っても、コートを着てくるべきだった。僕たちはほんの数分のことだと思い、コートを母娘の座っている座席の上の網棚に置いたままホームに降りたのだった。

 

寒い、寒すぎる。いくらあと3分ほどだと言っても、これでは風邪を引いてしまう。でも、このタイミングで席に戻ると、きっとあの毅然とした「施しは受けないぜ」的な姿勢を鮮明に打ち出しているお母さんは席を立ってしまうはずだ。僕と友人は「あと数分くらいなら我慢できる。発車ベルが鳴るギリギリまで我慢しようぜ」とこれまたなぜかやせ我慢の象徴のように、いつもは使わない標準語で話すのだった。

 

その時だった。これから向かう駅の近くの踏切でポイント不良か何かがあり、その復旧のために30分ほど発車が遅れる、というアナウンスがあったのだった。僕と友人は顔を見合わせたが、ここで列車に戻ることはできなかった。僕たちはもう一本ずつ缶コーヒーを買い、それを飲みながら、互いの体を押しつけ合って、二人で押しくら饅頭を始めたのだった。

 

あの時は、旅の始めになんだか面白い出来事に出会ったなあ、というくらいの気持ちだったのだけれど、黒いワンピースの母親の毅然とした「席を譲ってもらうわけにはいかない」という態度と、そこにじっと寄り添っているセーラー服の娘の姿はいまだに鮮明で忘れられない。

 

反対に、一生忘れないだろうなあと思っていた海外で見た素晴らしい景色がとても曖昧な記憶になっていたりもして、人の想いなんて不確かだなあと思ったりする。

 

あの母娘の記憶も鮮明なのはここまでだ。この後、僕たちは発車ベルと同時に列車に乗り込んで再び母娘が立って元の席に座った気もする。もしかしたら、別の車両に乗って、発車してからさらに30分ほど母娘に席を譲ったままだったような気もする。いやいや、そこまでカッコ良くもなかったはずだしなあ。

 

ホームで寒さをしのいでいた時の記憶ばかりが鮮明で、その後がどうもうまく思い出せないのだ。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

妹のこと・外伝 : 揚げれんこん

今週の「どうする?Over40」

じじょうくみこさんの「崖のところで待ってます」再開!次の日曜から始まります。

このマンガがなんかすごい。

第9回:後半スタート!みんなの心の名言集

黒ヤギ通信

忘れられない手紙~私の小さな応援団

これ、入るかしら?

vol.42 over40のロングヘア

いどばた。

暮らしの便利グッズ教えて

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.6 麗しき通俗小説界のニューカマーはなっちゃんだ!

50代、男のメガネは

本当に怖い話はしていない。

これ、買った!

ターナー、買った!

着まわせ!れこコレ

ジャズフェスの秋

ただいま閉活中

(56)閉活総括~メンタル編

四十路犬バカ日和

療法食デビュー‼︎

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミキティ&桜子の『これいいよ』~必見!眉間のシワ撃退法~

あの頃、アーカイブ

【エピソード16】 50年前のペット事情

KEIKOのでこぼこな日常

あらら、こんなところにも…

ラジオブースから愛をこめて

サウンドストリート

昭和乙女研究所

ファンクラブ入っていましたか?

ワクワクしたら着てみよう

インラインで目力アップ~♪

なんかすごい。

つくるひと、紹介するひと

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.20】ちょっとした体調不良で世をはかなみます。

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up