1月21日はカレー記念日

カレー記念日

実は今 若いときより 筋肉質

1月21日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

オッサンの心の中。

以前、このコラムを読んでくださっている女性から、「50代の男性がどんなことを考えているのか、よくわからないので参考になります」と言われたことがあった。その時、「参考にはならんでしょう」と答えたのだけれど、それは謙遜でも何でもなく、僕が書いていることのほとんどが僕の個人的な妄想日記の様相を呈してると思っていたからだ。

 

しかし、そんな読み方もあるのだと思ったことも確かで、今日、改めて、「それなら、今目の前にある景色の中で、オッサンの心の中を素直に書き上げてみたらどうなるか」という壮大な実験を始めようと思うのであった。

 

いま、僕は自宅からすぐの場所にあるエスプレッソ系の個人経営のカフェにいる。客は僕一人だ。若い店主がいれてくれたカプチーノはとてもおいしい。目の前の団子坂を行き来する車は坂を一気に駆け上がるためにいつもエンジンを吹かし気味で若干うるさい。

 

そこに僕と同年代とおぼしき太ったおばさまがやってきて、カフェラテのラージを頼む。ラージなんて頼むからそんな体型になってしまうんだよ、と思ったりもするが、そちらに視線を送っていることも悟られないようにする。

 

そんなことを考えていると、細身の若奥様ふうの二十代後半の女性がやってきて、同じくカフェラテを頼むのだが、もちろんSサイズだ。そして、彼女がカフェラテを待っている間中、先に来てカフェラテラージサイズを飲み始めたおばさまは、鞄を開けるたびに、カップを持ち上げるたびに、いちいち「よっこいしょ」と小さく声に出す。おまけに、なにをしているのかわからないけれども、ずっとビニールの袋をカシャカシャカシャカシャ言わせていて鬱陶しい。

 

そして、そんなことを書きながら、「こんなことを書くと、『どうせ、男は若い女が良いんでしょ』というかつて浴びせられた罵詈雑言がよみがえってくるが、そんなことは放っておいてくれ」と心底思う。僕がいま書いているのはたまたま目の前に居る、二人の女性についての話で、その片方が男であれば、その男についての感想を述べていたはずだ。

 

正直に言えば、若い人にも年輩者にも魅力ある人はいる。ただ、年配になればなるほど「その年になって、なぜそんなことができないのだ」と見る目が厳しくなるのは致し方がない。若い女性の着こなしがだらしなくても、「ああ、そういうファッションなのか。まったく似合ってないけれど」と笑って見逃せていたのに、年配の女性だと「もうちょっときちんとしたほうがいいのに。その年になっても自分に似合うファッションがわからないのか」と思ってしまうのは確かだ。

 

さらに同じアホなら無邪気で若いアホの方が救いがある。ある程度経験を積んだアホは男でも女でも手に負えない。そして、経験を積むほど、いいことだけではなく、嫌な部分だって蓄積しているのかもしれない、と思える人が本当に多い。僕がいま本業の広告仕事で絶望的な気持ちになってしまっているのは、若いアホではなく、年配のアホが年々増え続けているからだ。

 

歳をとると気が短くなるというがそれはある意味本当だ。ただ、気が短くなるというだけではなく、経験をある程度積んだことで、答えが導き出される時間が短いということもあるのかもしれない。そんなことをすると、こうなるだろう、という予測が経験値から瞬時に導き出され、ほうら、こうなった!と言うことが多くなる。すると、考えが逡巡するよりも先に、「それはダメだよ。こんな風になるから」と勝手に答えを出してしまうことがある。これは個人的にとてもよくないことだと思う。経験値から予測を導き出すのはいいけれど、それがいつも正しいとは限らない。そんなことばかりをしていると、知らぬ間に「思い込みの激しい頑固じじい」ということになってしまう。僕なら頑固じじいだが、女性なら頑固ばばあである。

 

ということで、今年55歳を迎えるオッサンは、こんなことを考えているのだけれど、これじゃいかんということで、日々を丁寧に生きようと思ってみたりもするのだった。どうでもいい駄菓子を食うよりは、ちゃんとした和菓子屋のあんこを食べよう、とか。缶コーヒーを飲むくらいなら、自分で豆を挽いてコーヒーを淹れようとか。ちゃんと朝の挨拶をしようとか、人に優しくしようとか。

 

まるで小学校の学級会で先生に「人に優しくしなさい」と叱られて、とぼとぼと通学路を家に向かっていたあの頃と同じようなことを50代の半ばになっても考えているのだ。そして、いま目の前でカフェラテラージサイズの入った大きめのカップをガチャン、ガチャンと大きな音を立てて置くしかできない無様なおばさまを横目で見ながら、「うるせえなあ、ばばあ」と思ったりして、その直後に「どこが人に優しくだ」と思ったりしている。

 

2017年6月のある日、今年55歳になるおっさんは、こんなふうにどうしたら年相応のおっさんらしく、どっしりと構えて、丁寧に人生を送れるのかを心揺らしながら考えているのだ。もちろん、「そんなことを考えなくても、できる奴にはもうできているんだよ」という心の声を感じつつ。嗚呼。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • さきこ

    私もここ数年、いろんな意味で頑固ばばあになってる自覚があります。自覚がない部分でのどす黒さもあるはず。印象だけでもなんとかしたいと口角だけは上げるよう意識してるのですが、うまくいってるのかは定かでないです。

    ところで、昨年植松さんのコラムを読み、触発されて申し込んだ大阪マラソンに当選しました。
    こちらを見てなかったら申し込んでなかったろうなあと思うし、元々くじ運もないので、これもご縁ですね。
    そして大阪を走れるとわかったら、普段は無理くり上げてる口角もいまは自然に上がってます。
    ありがとうございました。

  • uematsu

    uematsu Post author

    さきこさん
    僕も口角上げて生きていきます(笑)。
    僕は今年の大阪マラソンは落選でした。
    応援してますね。

  • きゃらめる

    我が家の今年56歳になるおっさんは、本日二日酔いで欠勤です。
    何十年も学習しないことを指摘すると「学習してるよ、学習したから予め今日午前中休みとった」とのたまうのですが、詰めが甘いので午前中では回復せず結局午後も欠勤。
    尊敬してるし愛すべき主人ではあるのですが、
    こと酒付き合いに関してだけは、救いようのない馬鹿だとあきれております。

  • uematsu

    uematsu Post author

    きゃらめるさん
    なんだかご主人の気持ちがよくわかります。
    学習しているのです。
    でも、だからと言って全てを受け入れるわけにはいかないのです。
    それよりも、お酒の旨さ、楽しさを優先させてしまうのです。
    人間て、ほんと面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

ページの上の一日

50代、男のメガネは

なぜ、作らないのだろう。または、どうして卒業生が弱くなっていくのか、という考察。

わたしをライブに連れてって♪

ヘナとシルバーヘアとわたし

ミカスの今日の料理 昨日の料理

本当のことは経験してみないと分からない:はんたま

OIRAKUのアニメ

第44回 モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)

今週の「どうする?Over40」

「出前チチカカ湖」に作品を提供くださっている布絵作家・佐藤知津子さんの作品販売スタート!

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿①

カレー記念日 今週のおかわり!

考えた 次の仕事は 渋かった

いどばた。

缶にしまってるもの何ですか?

ワクワクしたら着てみよう

お久しぶりです~! 明るい髪色にしたくて自染め卒業しました♡

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.42 <極私的 ちょっとその展開、強引じゃね?大賞>

これ、入るかしら?

vol.75 秋に買ったもの

絵手紙オーライ!

幸福満ちる

これ、買った!

ブーツ型湯たんぽ!?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

2020年買ってよかったものあれこれ

出前チチカカ湖

第164回 2020年の初めまして

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

昭和乙女研究所

お菓子編 復刻してほしいもの

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

非之商品

猫No.18  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

非之商品

猫No.18  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up