12月3日はカレー記念日

カレー記念日

かぶってる 幼稚園ぶり ベレー帽

12月3日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

コールセンターから、ひょっこり、いい人。

 

事務所で新しいパソコンのモニターを買う必要があって、あるメーカーのホームページからダイレクトに購入手続きを取ったのであった。

 

ふと見ると、金利手数料無料で分割払いができると書いてある。まあ、予期せぬ買い物だったので、お金の出入りに波風を立てなくてすむのなら、それに越したことはない。というわけで、僕は迷わずにショッピングローンを購入手続きとともに申し込んだのである。

 

ところ、ローン会社に送った申し込み内容と、パソコンメーカーに送った申し込み内容に差異があり、手続きが止まっている、というメールが入った。

 

おそらく、電話番号がどちらも自宅のものになっているとか、事務所の部屋番号の表記が「●●号室」になっているか「●●号」になっているか、という小さなミスだと思う。思うのだが、そのあたり融通が利かないので、僕はとりあえず、パソコンメーカーに電話をしてみた。すると、答えはこうだ。

 

「確かに差異があったということが原因だと思われます。大変お手数ですがもう一度お手続きをお願いしたいのですが」

 

そう言われて、僕は「また間違えるかも」という弱音を吐いた。電話口のコールセンターのお姉さんにだ。すると、お姉さんは「では、ワタクシのほうで、植松さんに見積書をお出しします。そこに書いてある住所、電話番号をローン会社さんの申し込み画面に入力していただければ、間違いは起こらないと思いますので」とのこと。なんとできたお姉さんじゃないか。

 

もともと僕は細かな作業が苦手なので、助かった、と思いながら、お姉さんの書いてくれた見積書を見ながら入力していったのである。しかし、僕はミスった。送信ボタンを押してから、「あ」と小さく叫んだ。そうだった。一カ所、お姉さんの見積書を無視して、書きこんだ電話番号が間違っていた。本来、お姉さんが書いてくれた見積書と全く同じように書けば良かったのに、もう一つある、別の番号を書き込んでしまった。元の木阿弥だ。これで、パソコンメーカーの書類とローン会社の書類に差異が生まれてしまった。自ら、差異を呼び込んでしまったのだった。

 

仕方がない。僕はコールセンターのお姉さんにメールをして、素直に自ら差異を作ってしまったことを詫び、ローン会社に連絡を入れて、もう一度入力できるようにしてほしいとお願いした。お姉さんはすぐに手続きをしてくれたのだった。そして、メールをくれるだけではなく電話をしてくれたのだった。

 

いやいや、そこまでしてくれなくていいのに、と僕は思ったのだが、意外にも電話の向こうで、お姉さんは深刻な声で謝るのだった。

 

「お客様。実は、お客様が電話番号の入力を間違えられる前から、この案件、私どものミスが発覚しておりまして」と、いうのだ。流れとしては以下のとおり。

 

実はローン会社と提携して、金利0%のキャンペーンをやっているのだけれど、渡された受注番号で申し込むと、金利がかかってしまうという設定になっていたのだという。ローン会社のシステム上のミスだということだが、僕が間違う前から、別の受注番号に変えなければいけなかったのだそうだ。

 

しかし、よくよく考えれば、そんな状況の中、僕がミスをして新しい受注ナンバーに変えるのであれば、「ラッキー」てなもんである。「こちらにミスがありまして」と言わなくても、「謝ろうと思っていたのに、向こうがタイミング良くミスってくれたよ。ラッキー」でも、いいのである。こっちには何にもわからない。

 

なのに、コールセンターのお姉さんは、わざわざ電話をかけてきて、自らのミス、といってもお姉さんのミスではなくシステム上のミスなんだけれども、そのミスをきちんと告げて謝ってくれたのである。

 

その時、お姉さんは「黙っている訳にはいきませんので、お忙しいところ、お電話入れさせていただきました」と言ってくれたのだが、これが自分なら、おそらく黙っていたような気がして、なんだかお姉さんに「すみません」と謝りたくなるように気持ちになってしまったのだった。

 

不思議なもので、僕は好きでも嫌いでもなかった、そのパソコンメーカーが好きになった。言わなくてもわからないミスを、わざわざ電話してきたのがそのメーカーの姿勢なのか、そのお姉さんの姿勢なのかはわからない。わからないけれども、一人でもそういう人がいるところなら、応援したみたい気持ちになる。

 

でもね、この人はパソコンメーカーの人じゃないんだよ。この人はおそらく派遣会社から派遣されているコールセンターの人であって、パソコンメーカーの人じゃないんだよ。悔しいなあ。

 

本当なら、こういう人が誠実に仕事をして、そのイメージが働いている会社のイメージと重なって、ああ、働くって、本来こういうことなんだなあ、と思いたい。思いたいんだけども、なんだろう、この社会の仕組みの変化による、すっきりしない気持ちは…。

 

これからますます、こんなすっきりしない気持ちを味わうことが多いんだろうな、と思う。そして、自分で作って、自分で売って、自分でアフターフォローをして、自分で次のことを考えるという方向に、自分の未来を夢見る人も増えるんだろうな、という気もする。僕も実はそんな一人なんだけれども、いかんせん、自分一人で何かができる気が全くしない気弱な奴なのでございます。奴なのでございますが、やっぱりこのままじゃダメだとこんな僕でも思う。

 

嘘を吐かない。誠実に仕事をする。ということを日々心に刻みながら、どうすりゃみんなが幸せになれるんだろうなあ、という手に負えないほど大きなことも考え続けないといけないんだろうなあと、コールセンターのお姉さんの対応に胸を打たれて考えた夏の夕暮れでございました。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 

50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • perako

    植松さん、いい話ですね。 受注ナンバーの件、先方からきちんとお知らせいただけるなんて。
    派遣社員の方かもしれないけれど、派遣社員の方にはそんな裁量はないから、きっとその会社のポリシーなんだと思います。
    それプラス、お姉さんの資質だと思います。いいお仕事していますね。そういう方を応援したい。

    私も以前F通さんのヘルプセンターに電話した時、男性のオペレーターの方の応対に感動したことがありました。いい印象は今でも残っています。
    私もそうい対応がいつでもできるようになりたいな、って自分を振り返っちゃいました。
    明日の仕事、がんばろう!

  • uematsu

    uematsu Post author

    perakoさん
    ほんと、仕事頑張ろうって思いますよね。
    どこにでも、そういう人はいるんでしょうけど、派遣社員が増えて、センションごとのコミュニケーションが取れていなかったりすると、結局、そういう良さが表に出てこない、ということもあるのかもしれません。
    でも、こういうことがあると、「捨てたもんじゃないなあ」とおもいますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

zoom会議 慣れたふりして 疲れるよ

絵手紙オーライ!

爽子、山頭火に出会う

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

50代、男のメガネは

背中がピリピリするのです。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

元気だとは限らない:小さな器

OIRAKUのアニメ

第58回 ミラベルと魔法だらけの家

今週の「どうする?Over40」

冬には冬の楽しみ。くっついて温もる。

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第39回 極私的死生観?

これ、買った!

お雑煮用の椀、買った!

日々是LOVE古着

プラスチックもオールドなら

出前チチカカ湖

第174回 知らない方がシアワセだった!?

なんかすごい。

きおくのわが町

いどばた。

カラオケで歌うなら何を歌いますか?

昭和乙女研究所

高橋真琴の文房具

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はるか彼方の空の下、じじょうくみこは生きてます。

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑥それも相続

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

虎視眈々

猫No.10  by Comet

猫大表示&投稿詳細はこちら!

虎視眈々

猫No.10  by Comet

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up