7月9日はカレー記念日

カレー記念日

ミレニアム? プレミアムじゃ?と 若い人

7月9日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

寝ているネコと起きてる飼い主と、 寝てるんだか起きてるんだかわからない首相のこと。

マスクが小さいとか、イヌ抱いた動画をInstagramにあげてるんじゃないよ、とか。なんとなくみんなが同じように思ってるだろうことを書きつつ、なんかいやな世の中だねえ的なことを書いたりしていたけれど、なんだろう、この国というか、この国のえらい人というか、アベちゃんはやっぱりダメなのかあ。

空気が読めないとか、そういうことはもうどうだっていいんです。どうだって。または、ど〜だって!!! 空気が読めない首相なんてこれまで何人もいた。でも、もうちょっとどっしり構えていた気がする。いくらなんでも、「配布するマスクにいろいろクレームが入っていますが」と記者会見で聞かれて「御社もマスクを売っているのを存じていますがね」なんて逆ギレして答えたりしているのを見ると、ホントに嫌になる。もう、政策があってるとか間違ってるとか、そういうことじゃなくて、器が小さすぎる。マスクが小さくても別にいい、この際。でも、器が小さいのはやっぱりいかん。

コロナ騒ぎで、みんなが不安のどん底にいるときには、やっぱり「みんな任せとけ。とりあえず金の心配はすんな。あとで皆で頑張って補ってちょうだい。ひとまず、俺に任せとけ」なんて言って欲しかった。そうだな。やっぱりそう言ってほしかったんだな、おれは。

コロナで緊急事態宣言が出てから、仕事がほとんど先送りになったり、なくなってしまったりしているわけだけれど、ネコのマロンはなんだかよく寝ている。もう12歳で歳をとったというのもあるだろうけれど、たぶん、家族みんながほとんど家にいるからだと思う。実はこの3月の終わりから4月のあたまにかけて引っ越しをしたのだけれど、家に付く、と言われているネコのマロンが最初っからすっかり落ち着いて新しい借家に馴染んでいる。新しい家よりも、馴染みの家族がみんな家にいるということが彼を安心させている気がする。

最近、家にいるから、毎日ニュースを見てしまう。そして、毎日アベちゃんを見る。アベちゃんを見て、「安心させてくれよ」と思う。いや、最終的には自分たちでしっかりやらなきゃいけないのはわかってるんだけれど、せめてさ、と甘えたい気持ちになる。いくら「私たちが頑張るわ。密はさけてね」とドヤ顔で言われても、小池都知事には甘えられないのだ。なぜだか、甘える気持ちにはなれない。やっぱり、年老いたセントバーナードみたいに肉がプルプルしたアベちゃんや、田舎のマフィアのドンみたいなタロウちゃん見たいな人に甘えたいんだよ。

というかさ、甘えてもいいような面をしているくせに、実は甘えるほどの度量がない、器が小さい男たちなんだということに、僕らは苛立っているんじゃないんだろうか。

うちのネコのマロンが、不安そうなら、「マロン、大丈夫だよ」と僕は言うよ。うちのヨメがいま「大分に旅行に行くわ」なんて言ったら「みんなに家にいろって言ってるんだ。お前もじっとしてろ!」っていうよ。あとで、辻褄が合わせられないことだってあるかもしれないけどさ。それはみんなで乗り切ればいいじゃない。なんか、あんたらのやり口を見てると、「あんたら、おれらを信じてないんだなあ」って心底思うよ。

さて、このコラム。来週と再来週、2週続けてお休みなのだ。ということは、次に書くときには緊急事態宣言が一応あけているはずなのだ。そして、僕は5月7日に始まる大阪の映画の学校で教えていたり、ばりばりコピーライターの仕事をしていたりしているはずなのだ。けれど、予断は許さない。これからの2週間でなにがどうなっているんだろう。ということについては、連休明けの再開されるはずのコラムで。

それでは、しばし、アディオス!神と共に行け!


植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在は、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師も務める。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。サイト:オフィス★イサナ

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Jane

    人間期限があると頑張れるところがあるけれど、逆にその期限に望みをかけすぎると、期待が裏切られたときに心が折れてしまいますよね。
    学校が秋学期まで登校なし、と州知事より通達がありました(アメリカ)。そうなるんじゃないかなーと思ってはいたし、各学校レベルではそれを想定してオンライン授業を始めていましたが、やはり公式に通達されると、子供が大喜びするのと反対に大人はがっかりするものです。まあ今の状態で密密な学校に子供をやることもためらわれますけれどね。教育も、意外に、不要不急だったんですね。
    オンライン学習の鍵は学習者の自制心。年齢の低い学習者の場合、やらせようとする親とやりたくない子供のバトルになったりしますけど(うちです)。大学生なら分野によりかなりいけます。日本の大学でもオンラインで始めるところもあるようだし、植松さんの学校でもそういう流れになったりして?
    ちょびちょび期待を持たせながら期限を延ばされるより、私はもういっそバシッと長期で決めてもらったほうが心構えもできます。

  • uematsu

    uematsu Post author

    Janeさん
    先は読めませんが、信頼できるトップがいるかどうかでだいぶ気分は変わるでしょうね。
    ドイツの首相の評価がこんなに高まっているのは、一重に国民が信頼できる言動と行動をとることができたからだという気がします。
    なんか、今回の一件で本当にがっかりしてる自分がいるんですよねえ。

  • Jane

    色々なタイプのリーダーがいますが、このような危機の時には断固たる姿勢とか明確さが必要とされますよね。
    で、多くの国民が自国のリーダーに失望して、それが社会の変化につながるのか。よい変化につながれば、必要な痛みだったのだとか、後で意味付けできますが…。

  • uematsu

    uematsu Post author

    今すぐ評価を欲しがってる気がしますね。
    評価は後世に任せればいいのに

  • Jane

    私は動画であまりニュースを見ないので、 なんだか小池都知事には甘えられないけどアベちゃんやタロウちゃんには甘えたいという、植松さんの仰りたいことが直感的によく分からないのですが。名前の呼び方がヒントですか?

  • uematsu

    uematsu Post author

    Janeさん
    なんだか、「こいつら大人のふりしてるだけ」ってきがするんですよね。
    小池ちゃんはあざとい大人って気がします。あざとくでも大人なだけましかと(笑)

  • 匿名

    そうかな?そんなに不安?

    まあ地震とコロナは違うけど、
    阪神淡路の時の村山さんとか
    東日本大震災の時の菅さんに比べたら、
    今回のコロナの時の首相が安倍さんで良かったなあって私は思ってますよ。

    ちなみに阪神淡路も東日本も被災したんだけどね笑

    甘えたいっていうのがよくわからないけど、
    アメリカやヨーロッパのリーダー達のような
    熱く語ってオレに任せろ!な人は
    私はゴメンだな。

    GWゆっくりお休みくださいね。

  • uematsu

    uematsu Post author

    匿名さん

    ありがとうございまーす。
    ゴールデンウィーク、
    ゆっくり過ごしまーす

  • Jane

    ああ、マスクの回も読み直してみて、「甘えてもいいような面をしているくせに」ってってところがポイントだったんだ、と思いました。ビジュアルアーツの専門家ならではの美意識とこだわりからくる視点なのでしょうか。普通の人だったらマスクの大きさにうん?と思ってもそのまま流しちゃうかもしれないけれど、もし映画のディレクターだったら、そこは「差し替えて」って言わずにはいられないですよね。
    映画のキャスティングの時には、ビジュアルが役柄に合っているかはまず大事ですよね。別に俳優でなくても政治家でも、お店の売り子でも、その人のビジュアルって(若さや性別や肌の色を含め)、人が自分で認める以上に、心理的に支持や売り上げを左右すると言われますね。
    でどういうタイプを好むかは人それぞれですが、政治家といえば「清濁併せのむ老練な家長あるいは親分」タイプは一つの典型でしょうし、特に国より小さなユニットで周りの面倒をみてきた、喰わせてきた、という責任のある立場にある人は、自分の経験からくる価値観を反映してそういうタイプを好む傾向があるかもしれません。
    それで、安倍さんや麻生さんはビジュアルはこの国家的危機という映画のリーダーとしてはマッチしているけれど、演技が…という植松さんのぬぐえないミスマッチ感になったのかな、と勝手に腑に落ちたような気にさせていただきました。
    以上長々とどうでもいいことを書いて失礼しました。暇なんですね私。暇疲れ?

  • uematsu

    uematsu Post author

    Janeさん

    Janeさんのおっしゃることはよくわかります。

    僕は古い人間なのかもしれないんですが、
    「ちゃんとして」というところがどうしてもあるんですよね。
    熱く語って「俺に任せろ」なんていうバカは僕もいやですよ。
    だけど、ちゃんと言葉にできない、ちゃんと伝えられないヤツに、
    国の政に手を出す資格があるとは思えないんです。
    別に清濁あわせ呑まなくてもいいんです。
    どんなに政治家ぶっていても、リーダーぶっていても、
    嘘をついたり、姑息な真似をする奴らはどうしても厭なんです。

    アベちゃんやタロウちゃんは、
    どうしたって、売り言葉に買い言葉みたいな、子どもじみた喧嘩をするし、
    いろんなところで都合よくいろいろ解釈を変えてみたりする。

    そうじゃなくて、肝心なところは、この人たちは嘘をつかないはずだ、と思わせて欲しい。
    ただ、それだけなんですよね。
    そういう意味では、そう思えさえすれば、
    アベちゃんのマスクが多少小さくても「あべちゃん可愛いよ」と思えた気がするんです。

    だけど、そう思えないんですよねえ。
    こんな人たちがトップを務めていて不安にならない人がいるんだ、
    という驚きと絶望のようなものが……。

    って、僕も暇なんですね。暇すぎて、色んなコト考えすぎて、疲れました(笑)。

  • Jane

    コロナはそれまでそこまで目につかなかったものをより顕著にしますね。個人から国政レベルまでいろいろと。

    話は変わりますが、植松さん、引越ししておいて良かったじゃないですか。従業員の生活の心配しないですむ仕事の形態にしておいたことも。

    早く植松さんがサンマルクやお気に入りの喫茶店に行ける日が来ますように。

  • uematsu

    uematsu Post author

    Janeさん
    たしかに新型コロナは、
    いろんなことを浮き彫りにさせた気がしますね。

    で、僕の仕事や暮らしに関する選択が
    正しかったかどうかは……
    そのうちわかるんでしょうね(笑)

  • kokomo

    私も「もうちょっとビシッと言ってくれないかなぁ」派です。日本は空気を読んで動くことが多いですし、どんな決断でも文句や批判は出てくると思いますが、国民と一緒におろおろするトップの役割って何?と思ってしまいます。

    去年、娘が初めての選挙をしました。当時「誰に入れたらいいのかわからない」と迷いながら選挙に行ったのですが、今回のことで和牛券やお魚券が配られていたかもしれないから政治家を選ぶのは大事、と学んだらしいです。それがよかったことでしょうか。

  • uematsu

    uematsu Post author

    kokomoさん
    オロオロした後、「一緒に考えよう」でも「こうすればいいと思うんだが」でもいいと思うんですよね。
    ただ、首相の周辺への配慮とか、そういうものが彼らをおどおどさせたり、逆ギレさせたりしているのがもろ分かりなのが情けないですよね。
    マスク業者4社のうち1社だけ言えないってどういうこと?!とか思っていると情けなくて。

  • Jane

    トランプの消毒液注射もぶっ飛びでした。

  • uematsu

    uematsu Post author

    Janeさん
    あの人、頭の中どうなってるんですかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.37 いろいろ絶妙。そして4人は?

50代、男のメガネは

夏の出来事。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

No music No手術?:カラスガレイの煮付け

今週の「どうする?Over40」

「わからんなー」のなかの敬意と、ほどよい距離感。

黒ヤギ通信

水茎お見苦しくって

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ハイパー棟梁は、行方不明。

カレー記念日 今週のおかわり!

とりあえず 湿度と気圧と梅雨のせい 

絵手紙オーライ!

そそられアンティーク

これ、買った!

夏のマスク(候補)買った!

OIRAKUのアニメ

第37回 BATMAN NINJA

昭和乙女研究所

お菓子編 キャラメル

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ファッション対談のお知らせと今後の展望

日々是LOVE古着

補修しながら着続けます

出前チチカカ湖

第158回 このフレーズが好き!2020

なんかすごい。

果物のなまえ

これ、入るかしら?

vol.70 胸元のボリューム問題

いどばた。

しあわせの種を撒こう

わたしをライブに連れてって♪

〇か▽か、それが問題だ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

四角四面

猫No.57  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

四角四面

猫No.57  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up