10月21日はカレー記念日

カレー記念日

肩と腰 咳と鼻炎が 気になります

10月21日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

『MINAMATA-ミナマタ』のジョニー・デップ。

ジョニー・デップが制作し主演した『MINAMATA』が公開されたので映画館に足を運んだ。水俣病を主題にした映画だけれど、その被害を世界に知らしめた写真家ユージン・スミスの映画でもある。ニューヨークで世間からすっかり忘れ去られ、酒に溺れているユージン・スミスの元に、日本のCM撮影のクルーがやってくるところから始まる。そのクルーの通訳をしている若い女性が後にユージン・スミスの妻になるアイリーンである。

アイリーンはこの時まだ20歳。ユージンはもう50を越えていて、親子ほど歳が離れていた。それでも、著名な写真家として生きてきたユージンの写真へのこだわりは、アイリーンを魅了し、虜にしていく。もともと、ユージン・スミスという人は母親とのいびつか関係からか、なかなかのマザコンだったらしく、近づいてくる女性たちを次々と自分の人生に巻き込む癖があったらしい。

世界的な写真家にして50年以上の人生を歩んできたユージン・スミスにとって20歳のアイリーンを手玉にとることはある意味簡単なことだったのかもしれない。しかし、それは単に女好きということではなく、生きていくために、作品を作っていくために、必要な力を手に入れるということだったような気がする。そのあたりの描き方がなかなかうまい。

映画そのものは、見ている途中からジョニー・デップがすっかりユージン・スミスにしか見えなくなるほどによく出来ている。そして、彼が水俣に移り住み、水俣病の元凶であるチッソの社員に暴行を加えられ、失明し、脊髄を損傷させられる重症を負う場面を見ていると本当に怖くなる。でも、ユージン・スミスが水俣の人たちの惨状を世界に伝えようとしてくれたからこそ、水俣病はしっかりと認知されたのだ。

僕自身は、この映画が1971年を中心に描かれていることに動揺していた。まだ小学生だったけれど、しっかりと大阪の万博を覚えていて、1971年と言えば僕自身も世間もなんだか浮かれていたあの頃に、こんな前時代的な、暴力的な事件が起こっていたのかということを突き付けられてしまったからだ。

ユージン・スミスがチッソの社員に暴行を受け、失明し、その傷が元で亡くなってしまったことは知っていた。水俣病がユージン・スミスの写真とLIFE誌によって世界に知られたことも知っていた。でも、それが1971年に始まった出来事だということをしっかりと認識したのはこの映画を見ている最中だった。

そこを意識してからはなんだか小学生の僕がその場にいて、大人たちの動きを立ち尽くしながら見ている気持ちになってしまった。そして、そんな気持ちにさせるだけの力をもった映画を作ったジョニー・デップに手を合わせたい気持ちになったのだ。傑作かどうかはまだ気持ちが揺れすぎて判断がつかないけれど、力のある映画には違いない。そして、見るべき映画であることにも間違いはない。


植松さんのウェブサイトはこちらです。
植松眞人事務所

こちらは映像作品です。


植松さんへのご依頼はこちらからどうぞ→植松眞人事務所

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。現在はコピーライターと大阪ビジュアルアーツ専門学校の講師をしています。東京と大阪を行ったり来たりする生活を楽しんでいます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 塩大福

    ちょうどその頃に生まれた者です。
    私も学校の授業と試験でしか知らなかった水俣訴訟をこの映画で知りました。この時から、日本の司法も世論も、海外からの批判や力でしか、変わらなかったのかと思うと、恥ずかしい限りです。皆様にもぜひ見てもらいたいです。

  • kokomo

    元奥様のアイリーンさんは、この映画撮影時のジョニー・デップを見て「『あら、ジーン、しばらくぶりね!』と思ったほど、彼は「ユージン・スミス」そのものだった。CGも特殊メイクもないのにね。俳優ってすごいわ。」ということをインタビューでおっしゃっていました。

    この映画は、マーベルとディズニーとアイドル映画以外の映画としては珍しく市内の映画館で朝から晩まで上映されているようなので期間中に是非行ってきたいと思います。

    話は逸れますが、動画配信サービスでやっと「ミッドサマー」を見ました。久しぶりに夜うなされました。でも、「ヘレディタリー」もノンストップで見てしまいました。植松さんがFilmarksで書かれていたようにこの監督のホラーじゃないくくりの映画を見てみたいです。

  • uematsu

    uematsu Post author

    塩大福さん

    映画を見た後、ドキュメンタリー『魂を撮ろう』を読んだのですが、さらに迫力のある内容でした。

    映画の中ではただ悪役のチッソの社長ですが、実際は会社と被害者と国との間で苦悩していた様子が描かれていました。

    社長自身が責め立てられている報道を見て、子供さんが自主交渉派の川本輝夫さんのことを「あの川本ってやつは」と非難した時に「川本さんと呼びなさい」と諭した話が書いてありました。

    それぞれに苦悩があり、それぞれに立場があったんだなあ、と涙が出てきました。

  • uematsu

    uematsu Post author

    kokomoさん

    見応えのある映画でしたね。
    映画からドキュメンタリーに行き、写真集を見て、今日、石牟礼道子にまで辿り着きました。
    これまで断片のように読んでいた石牟礼さんの「苦海浄土」を読んでみようと思います。

    『ミッドサマー』は面白かったですね。グロいシーンも多いけど。個人的には、踊り続ければ女王になれる、ということが踊り始めてからわかるところとか、すごいうまいなあ、と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

三つ子のたましい

50代、男のメガネは

ていねいなオンライン、雑な対面。

OIRAKUのアニメ

第56回 イブの時間

ミカスの今日の料理 昨日の料理

プロと話そう#3レポート:海老と豆腐の炒め物

今週の「どうする?Over40」

「プロと話そう!」の情報をさっそく長崎の姉に伝えてみた件。

カレー記念日 今週のおかわり!

執着が 自然となくなる 秋だから(人生の)

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.50  わたしとちいさないきもののこと(懺悔の値打ちもない)

いどばた。

驚愕!食べているときの顔!

ワクワクしたら着てみよう

困った時のロングカーデ❤️

絵手紙オーライ!

Hello Baby  アイシングクッキー

日々是LOVE古着

最近の古着事情?

昭和乙女研究所

〈雑貨・文具編〉サンリオ「ストロベリーファンタジア」シリーズ

出前チチカカ湖

第172回 この力が足りないわたし。

これ、買った!

ねじり鎌って、ご存知でした?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はるか彼方の空の下、じじょうくみこは生きてます。

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑥それも相続

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

母作猫服

猫No.88  by じゅにお

猫大表示&投稿詳細はこちら!

母作猫服

猫No.88  by じゅにお

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up