7月18日はカレー記念日

カレー記念日

二重希望 まぶたの話よ あごじゃない

7月18日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

50代、男のメガネは近視と乱視とお手元用 ~ 41歳の春のこと

 

image

 

 

41歳の春のこと。

 

 

僕はいま50歳で、今年51歳になります。年を重ねると、いろんな感慨があるものですが、
40歳を迎えた頃のことがいちばん忘れがたく記憶に残っています。

 

三十にして立ちもしなければ、四十になっても惑ってばかり。これじゃあ五十で天命を知るどころか、知ってる店名を忘れて飲み会にもたどり着けないのではないか!
そんなことを思い始めるのがちょうど40歳を過ぎてしばらくした頃です。僕の周囲を見ていても、僕自身を振り返ってみても、だいたい40代の前半が男の人生の岐路というか、山場というか、節目というか。

 

なにしろ、上田正樹と有山淳二が歌っていたように「あこがれの北新地」で飲むのが大人、という時代でもなくなっている。仕事をひとつ成し遂げて、後輩の育成にあたる、という社会構造でもなくなっている。そんな中で、惑わない40歳なんているのか?と40歳の男たちはたいがい思っているわけですよ。

 

それなのに、周囲からは「40代って男盛りですねえ」とか、「40代ですか、仕事が楽しいでしょう」とか言われる。「四十にして惑わずですよね」なんてこともストレートに言われてしまう。
正直、「いやあ、そうでもないんだけどなあ」って感じですよね。こちとら、必死で仕事したりしてるのに、40になったからって、なんの確信も持てずにいるんだけどなあ、と言い返したい気持ちでいっぱいなのであります。

 

しかし、それでも男は健気なんです。いや、少なくとも僕はかなり健気でありました。「そうかオレも、もう40になったんだから何か成し遂げねばならんなあ」とか、「そのためには、何か新しいことを始めないとなあ」とか、「本当の意味で、大人にならなきゃいかんのに、まだまだ子どもだよなあ」とか思っていたんです。

 

そうやって、気持ちだけは焦りでいっぱいの40歳を過ぎ、41歳を迎える。その時です。「ああ、オレも41歳か」と思った瞬間に、あの歌が頭をよぎったのです。はっきりと極彩色のビジュアル入りで。

 

41歳の春だから〜

元祖天才バカボンのパパだから〜

冷たい目でみな〜いで〜

 

そう、『元祖・天才バカボン』のエンディングで流れたあの歌です。オレは、オレは、バカボンのパパと同い年になってしまった。あんなに「憧れのおじさん」と認識していたバカボンのパパと同い年だ!

 

あの瞬間の、頭が真っ白になったような、泣き出したいような、笑い出してしまいそうな、あの感じはいったい何だったんでしょうね。

 

なにか、ものすごく後に引けない事実を突きつけられたような、そんな気持ちになりました。そうなのか、オレはバカボンのパパにはなれないのか。オレはバカボンのパパのように「これでいいのだ」とすべてを肯定できるようには悟れないのか。そんな事実を突きつけられて、これからの生き方を問い詰められているような、そんな気持ちになったのでありました。

 

それからの数年は、「あ、バカボンのパパより1つ年上になった」「バカボンのパパよりも3つ年上なんだなあ、おれ」なんて思うことが時々ありました。そして、そんな気持ちもだんだんと薄れてきた今日この頃ですが、いまバカボンのパパよりも10歳も年上になって、やっと気付いたんです。

 

バカボンのパパなら、きっといまの僕にも「これでいいのだ」と言ってくれるって。それに気付いただけでも、なんだか、ちょっと心穏やかに生きていけそうな、そんな気持ちがしているのであります。

 

植松眞人(うえまつまさと)
1962年生まれ。A型さそり座。
兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。
現在、オフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京神楽坂で暮らしてます。

 

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • カオリ

    有山じゅんじさんの「thinkin’ of you」というアルバムの中に、「50歳」という短い曲がございます。
    植松さんにぜひ聴いていただきたいなぁ。
    ちなみにワタクシ磯野フネさんよりも年上でございます。

  • わに

    はじめましてなのですが 挨拶 とっぱらって 書いてもいいですか?
    あっ 書きます

    ワタシの初恋の人は天才バカボンのパパです
    結婚するのなら『この人』 と 決めました。

    性格ではなく 顔に惚れました。
    アニメの人物とは 現実的に結婚が無理なら 
    顔が似ている コントレオナルドの熊さんと 結婚したいと思いました。

    バカボンのパパが好きで好きでたまらず。。。男選びは顔選び。。。
    やっとみつけた 85パーセント 天才バカボンのパパに似ているダーさまに 
    もうアタックかけて 結婚しました。

    3人の子供に恵まれ 楽しく暮らしていた ある日
    真剣な顔で ダーさまが 「話がある」 と

    えーーーっ
    最悪な事を考えて怯えていたら

    「入院しているオヤジが家に戻りたいと言っている ただ 今退院すると 
    今後寝たきりのオヤジ お袋一人では世話が難しい。 俺には仕事がある。 
    できたら 子どもと一緒に 田舎に帰って オヤジとお袋の面倒をみてもらえないか」

    なーんだ そんな事か

    ほっ

    てなわけで ダーさまと離れて(逆単身赴任?)
    舅の自宅介護と 姑(足が不自由)の介助が 始まったのが 41歳なのです。

    ダーさま バカボンのパパみたいに 「これでいいのだ」 なーんて 明るくおおらかじゃないけど。。。
    顔に惚れた弱みで。。。
    はははは  の 決意の41歳の春でした。。チャンチャン

    バカボンのパパ っていう文字に嬉しくなって 15年前の思い出書いちゃいました。

    感想のコメントじゃなくてごめんなさい。

  • うえまつ

    カオリさん
    「50歳」は聴いたことがないので、聴いてみますね。
    有山じゅんじさんでは、「梅田からナンバまで」が、大好きです。

  • うえまつ

    わにさん

    なんてドラマティックな人生。
    しかし、バカボンで人生が大きく変化しましたねえ。
    なんだか、羨ましい気がします。

  • わに

    ご尊父様のご逝去を悼み、ご冥福をお祈りいたします

    植松さまの最近のホームページをチェックせずに
    お気楽なコメント残して申し訳ありませんでした

  • uematsu

    uematsu Post author

    わにさん

    あ、全然、お気になさらないでください。
    こういうコラムとプライペートはリンクしているようでそのまま直結ではありませんから。

    というわけで、次回もちゃんと書きますよ(笑)

  • アメちゃん

    はじめまして!こんにちわ。
    わにさんのお話を読んで感動してしまい、思わずコメントです。

    「『こどもと一緒に田舎に帰って、オヤジとお袋の面倒をみてもらえないか』
      なーんだ そんな事か。」
    って
    「なーんだ そんな事か」と言えるわにさん、すごいです。
    なんだか、わにさんのおおらかさが素敵だな〜とおもいました。

    ちなみに、私も「男選びは顔選び」で
    ほんこんが好きです。
    「ほんこんみたいな人が、なかなかいない」と、元ボス(社長さん)に言うと
    「ぶさいくでアホはいっぱいおるけど、ぶさいくでかしこはおらんからな〜」
    と言われました。
    や。「不細工だから好き」というわけではないんです。
    ほんこんと同じぐらい、佐藤浩市も好きなので、、、。
    で。
    私の41歳はどうだったかな〜??と思い返してみました。
    不景気で仕事が激減で、とにかく仕事仕事のここ数年でしたから
    どーんな40代前半だったか、さっぱり思い出せません(~~;)。
    いまだ30歳ぐらいのままで止まっています。

  • uematsu

    uematsu Post author

    アメちゃんさん
    コメントありがとうございます。

    ほんこん、いい顔してますねえ。

  • わに

    植松さん ありがとうございます
    二つ前の記事で マラソンのゼッケン 50代から シニア。。。って  
    どひょーん  ああ スポーツの世界だとワタシは立派なシニアだわ。。。。

    地元の観光施設? の 年間パスポートは  大人2000円  小人・シニア 800円です。
    シニア割引 は 65歳からなので  
    スポーツやってないワタシ 
    シニアには まだ 10年あると思ってます(笑) 

    シニアって ほんとは 何歳からなんでしょうね。。。

     

    アメちゃんさん はじめまして   おおらかさ だなんて。。。ははは
    ありがとうございます。

  • uematsu

    uematsu Post author

    ま、シニアとかなんとかって、相手からの通達なので、うむむ、と思いながらも、僕は意外に素直に受け入れます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

猫さがしだいさくせん

50代、男のメガネは

社長はやっぱりえらいのだ。

これ、買った!

生ごみ乾燥機を買った!

OIRAKUのアニメ

第19回 ゲゲゲの鬼太郎/BEM

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終わらない:麻婆ズッキーニ

黒ヤギ通信

それも梅雨のしわざ

日々是LOVE古着

妙な使命感

今週の「どうする?Over40」

おやつとおじさんは、スー(犬)の友だち。私には、ちと面倒でも。

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

カレー記念日 今週のおかわり!

寝具の違いを 体感できる お年頃

いどばた。

pay使ってますか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.26 お笑いと信用

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

小さくなるのは目だけじゃない!!

絵手紙オーライ!

金魚すくい

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

妖怪変化

猫No.48  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

妖怪変化

猫No.48  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up