8月5日はカレー記念日

カレー記念日

もたついて 使えずたまる 小銭たち

8月5日はカレー記念日

かおる

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミカスの今日の料理 昨日の料理

食の充実、暮らしの充実:豚こん

伯母が入所している特別養護老人ホームの敬老会に行ってきました。
申し込みをすれば家族もビュッフェ形式のランチがいただけるというので、
妹と2人で申し込みをして参加しました。
ビュッフェ大好きの私たち姉妹、参加しない手はありません。
というのは冗談。(いや、かなり本気)
以前、母のグループホームの食事会に出席した際に、ほとんどのご家族が参加されているのを見て、「私が参加しなかったら母は寂しい思いをしたかもしれないなぁ。来てよかった」と思いました。それを思い出して、伯母に寂しい思いをさせてしまうのもなんだかなぁと考えたのです。

私たちがホームに着いたのはスタート時間の11:30を5分ほど過ぎたあたり。
エントランスを入ってすぐの広いホールにたくさんのテーブルがセットされ、入所者さん、家族、スタッフ、ボランティアの皆さんでにぎわっています。その中のすぐに見える位置のテーブルに、伯母は座っていました。車椅子のためどなたかが手伝ってくださったのでしょう、伯母の前にはすでに美味しそうな料理がいっぱい盛られたトレイが置かれていました。
こんなにたくさんのメニューが?!と驚きながら会場を見渡すと、ホールを囲むようにずらりと長机が並び、その前に入所者や家族の行列が。
20人ほどの調理スタッフの方がぞれぞれの料理を皆さんのお皿へ取り分けています。
「本格的じゃん」と驚きながら、「さあ、お好きなものをどうぞ」というスタッフに促されて、私たちも列に並びました。

奥さん、見て、見て、見て!
豪勢でしょ?!
あまりの楽しさに「いやぁん、全部食べたくなっちゃう~!!」とはしゃぐ私に、心優しいスタッフさんが「全部食べちゃってください!!」なんて神発言をしたものだから、ほぼ全部いただいちゃいました。
ほぼ、ね。
ミニケーキは他にも種類があったし(全部欲しかったけど遠慮しました)、和菓子や、そうそう小豆粥もありました。

全て手が込んでいて、もちろん美味しいビュッフェランチ。浮かれに浮かれてぱくついていると、伯母の二の腕のあたりに名札がつけられていることに気づきました。ユニットが違う入所者さんやスタッフでもコミュニケーションがとれるようにということでしょうけれど、更に名前の下には「きざみ食」と伯母の食形態が表記されていたのです。果たして、伯母のトレイに乗った料理、固めのものはちゃんと小さめに切られていました。 

たださえ手間のかかりそうな料理をこれだけ多くの種類、これだけの人数分調理した上に、当たり前ではあるものの、それぞれの入所者さんのコンディションに合わせて配慮する。(ちなみに、食事会は2部に分かれていて、参加者は優に100人を超えていました)どれだけ時間と手間をかけてくれたのかしらと、家族としてはとてもありがたく思いました。

私は根っからの食いしん坊なので尚更なのですが、食の質というのは日々の生活の質を決めると言っていいくらい大切なものだと思っています。
伯母のホームでは、普段の食事でも、ハヤシライスにとろりと生クリームが回しかけてあったり、『世界の料理Day』があったりと、気配りや工夫がされています。決して高級なホームではありません。地域の中では極々一般的な施設だと思います。それでも、できる範囲の中で頑張って下さっていることがひしひしと伝わってくるのです。
伯母がこの施設に入所をしてからからまだ3ヵ月弱しか経っていませんが、ここを終の棲家として穏やかに暮らしてくれるのではないかと、私は期待しています。

さて、こんなふうに家を長時間空ける時、私は父に一日分の食費を渡して、自分の好きなものを買って夕食にしてもらうようにしています。
でも、夏の暑さも収まって涼しくなっていくこれからは、何か作り置きをして出かけようかと考えています。
前日に煮ておくと美味しさが増す煮物などはそんな時にぴったりの一品ではないかと思います。
というわけで、今回の一品は『豚こん』です。豚ばら肉とこんにゃくを煮込むという簡単なものですが、しっかりめに味を付けるといいおかずになりますよ。

『豚こん』

  1. フライパンでこんにゃくをから炒りします。
    こうやって水分を飛ばすと味がしみ込みやすくなると、大原千鶴さんの本(下記参照)で読みました。しみます。
    ちなみに、この写真はねじり糸こんにゃくを使ったものです。
    糸こんにゃくをねじり合わせて直径2センチほどの筒状にしたもの。こんにゃくとはちょっと食感が違います。私はこんにゃくよりも好きです。
  2. 豚バラ肉をひと口大よりやや大きめに切ります。
  3. 深めのフライパンに油を引き、2の豚肉を炒めます。
  4. 豚肉に火が通ったら、1のこんにゃくをフライパンに加えて炒めます。
  5. 砂糖を加えて炒め合わせた後に、針生姜、醤油、酒、みりん、水を加え、蓋をして中火で加熱します。
    最終的には煮汁を煮詰めるので、水は多すぎないように。食材の表面まで煮汁が回らないようであれば、落し蓋をした上に普通の蓋をして煮ましょう。
  6. こんにゃくと豚肉にある程度味がしみたら、蓋を取って煮詰めます。
  7. 煮汁が少し残る程度まで煮詰めたら出来上がり。
    前日に作って味をしみ込まる場合は、6の煮詰める前の段階で火を止めて一晩置きます。翌日食べる直前に再度加熱して煮汁を煮詰めましょう。



先週もお知らせしましたが、11月16日(土)にカイゴ・デトックスin京都を開催することになりました。
現在、クラウドファンディングで参加申し込みとご支援を受け付けています。
5,000円以上のご支援で、in京都イベントへご参加いただけます。
尚、このクラウドファンディングで集まった支援金は、今回以降のカイゴ・デトックスの運営費用の一部として使わせていただきます。

オバフォーサイトでも後日改めて参加者募集をしますが、クラウドファンディングでご支援くださった方にはそのリターンとして優先的にお席をご用意します。
in京都は定員40名のイベントです。 参加を希望される方は、ぜひクラウドファンディングからのご支援をお願いいたします。
(今回5,000円以上のご支援を下さった方でin京都には参加しないという方は、
次回以降のカイゴ・デトックスへ優先的にご案内いたします)

今回は、canvaskyotoさんの素敵なケータリングビュッフェでランチを楽しんだ後にトークミーティングとなりますので、美味しいランチとぶっちゃけトークによる楽しいデトックスタイムになること請け合いです。
ぜひ、ご参加ください。

既に沢山の方からご支援、in京都への参加表明をいただいています。どうぞ、プロジェクトサイトをのぞいてみて下さい。11月に皆さんにお会いできることを、デトックスフォー一同楽しみに待っています。

ミカスでした。


ミカスの今日の料理 昨日の料理 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アメちゃん

    ああ、これはどこかホテルのビュッフェですか?ってぐらい
    カラフルで美味しそう!
    お料理もですけど、お品書きもイラストや可愛らしい文字を使ってて
    優しさにあふれてますね。
    なんかスタッフのみなさんの
    「入所者の方に楽しんでもらいたい」という想いが伝わってきます。

    私の母も、最近デイサービスに週1で通いだしたんですけど
    お昼ごはんが美味しくて、品数もたくさんでお腹いっぱいになるので
    夕ご飯は食べないって言っています^_^。

  • ミカス

    ミカス Post author

    アメちゃんさん
    本当に美味しくて、楽しいランチでした。
    たとえどんな状態であっても、やっぱり食って大切ですよね。
    アメちゃんさんのお母さまもご飯が美味しいデイサービスに通えてよかった。
    週に一度のデイサービスが楽しみになりますよね。
    夕飯が食べられなくなっちゃうのはちょっと困るけど(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

「どうする?Over40」は、8月8日(月)~8月15日(月)までお休みします。

カレー記念日 今週のおかわり!

まだあった 時間を使える ポテンシャル

絵手紙オーライ!

太陽よ、ウエルカム。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.60 そのバスに乗ります!的な突発記事

50代、男のメガネは

翼の根元

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

顔の歪み問題

OIRAKUのアニメ

第69.5回 暑中お見舞い申し上げます

黒ヤギ通信

執行猶予3年

かわいいちゃん

うさぎごや

日々是LOVE古着

古着ならではのお手入れ

昭和乙女研究所

〈雑貨・文具編〉ぺんてる「コロピタ」

なんかすごい。

自分の声がひどい

これ、買った!

クリソを、貼った!

山あり谷あり再婚ライフ

継母じゃないけれど・・・

出前チチカカ湖

第182回 自分の記憶が怪しい。

いどばた。

勇気を出して変えてみたいことを話に来て

ミカスの今日の料理 昨日の料理

突撃!となりの昼ごはん:納豆巾着

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

平身低頭

猫No.91  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

平身低頭

猫No.91  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up