12月13日はカレー記念日

カレー記念日

大掃除 早くもあきらめモードかな

12月13日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミカスの今日の料理 昨日の料理

飛んで火に入る:豆苗の卵炒め

Out of the frying pan into the fire.

やっとの思いでフライパンから飛び出したと思ったら、なんのことはない
そのまま火の中へ落ちていく。
「一難去ってまた一難」を表す英語のフレーズです。
(一応、私、英会話を教えるのが仕事でして)

助走をつけてジャンプして、なんとかフライパンから飛び出したと
少しほっとしていたら、私、どうやら火の中へ落ちて行っているようです。

父の主治医(内科医)から、父を物忘れ外来へ連れて行くようにとの連絡がありました。さらに、整形外科の先生からは、足の衰えが思いの外進んでいるので、福祉用具のレンタルや住宅改装ができるように介護認定を受けてはどうか、とのアドバイスも。
ああ…。

一旦終わったと思った闘いが、また始まるようです。
祖母、母とお世話になったスーパーケアマネIさんにすぐさま連絡を取り、
必要な手続きのために動き始めました。
でも…。

やる気が起きません。


いや、介護にやる気なんて起こらないのは当たり前なんだけどね、
なんだかね、嫌なんです。
これから起こりうるであろう、やらなければならないであろう全てのことが嫌なんです。
介護に関するすべてのことが嫌なんて、それも当たり前だけど。

真から嫌なことって、何度経験しても”慣れる”ということはないのだなあ、と
つくづく思います。
経験しているからこそ、これからどんな面倒が押し寄せてくるかが予測できて、とてもじゃないけど平気になんてなれない。
願わくば、今度はキーパーソンではなくて、少し離れたところから、半分当事者のような、半分他人事のような気持で眺める人になりたいものだと考えています。

難しいことだとは重々承知の上で時々思います。
まるでおみこしを担ぐ時のように、介護の負担を、 関わる人全員が等分に背負うことはできないのかしら、と。

さて、今日の一品は、やる気が起きない時に便利なお手頃レシピです。
『豆苗の卵炒め』。
時にぎしぎしと筋っぽく仕上がってしまう豆苗炒めですが、炒める時にほんの少し水分を加えると筋っぽい仕上がりを回避できる、かも。

豆苗の卵炒め

  1. 豆苗は根の部分を切り落とし、7センチほどに切り分けておきます。
  2. 生卵を溶き、塩とこしょうで味を付けておきます。
  3. 深めのフライパンに油を多めに入れ、強火で熱々に温めます。
  4. フライパンに1の溶き卵を加え、強火のまま大きく混ぜます。
    卵に6割くらい火が入ったら、フライパンから取り出します。
  5. 耐熱容器に、顆粒の鶏がらスープの素大匙1と水大匙2を入れて電子レンジで10秒ほど温め、混ぜ溶きます。
    ※スープと水の量はあくまでも目安です。豆苗の量によって増減させてください。また、水が多すぎると煮物に近い炒め物になってしまいます。
    水分はあくまでも豆苗がギシギシに仕上がらないように加える湿度。
    顆粒スープを水に溶いて加えるのは、ここで加えてしまえば味付けをしなくて済むじゃん、という怠け心からです。
  6. 卵を取り出した後のフライパンに油少々を足して加熱したら、1の豆苗を
    加えます。
  7. さっと炒めて油が回ったら、5のスープ液を加えてふたをします。
  8. 豆苗がちょうどいい固さに炒めあがったら、4の卵をフライパンに戻し、
    さっと混ぜ合わせて出来上がりです。

終わったばかりで何ですが、来月あたり、もう一回カイゴ・デトックスやってくれませんかねえ。
美味しいもの食べながら、誰かとこっぴどく愚痴り合いたいんですけど。

ミカスでした。


ミカスの今日の料理 昨日の料理 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • まるこ

    あーー、なんかすごく分かります!
    うちも父が歩行困難になり、今度はあんたかよっ⁉️って、思ってしまい、これからのこと考えるとキーパーソンじゃないけど、どよーんとしてしまいます。

    来月のカイゴ・デトックスに一票❗
    毎月開催してほしいわ、ほんとに。

  • ちゃま

    あぁ…、本当にそうですね。
    当の本人が自分で手続してくれたらいいのですが、そんなことは出来ないと分かってます。
    どこでお世話になるとか、何を借りるとか、決めた後のあの書類、何度も同じことを書いて、印鑑を捺して。
    それが終わったら、そこからまた書類の内容の事が始まる。
    介護されてる本人は、神輿の上で過ごしている。
    解放されなくて、逃げ出したくなる。
    自分がやるしかないけど、逃げたいです。

  • ミカス

    ミカス Post author

    まるこさん
    本当にどよーんとしますよね。
    いつまで続くんだよ⁈って。
    カイゴ・デトックス、さすがにあのレベルを毎月は難しいですが、ある程度の人数参加者が集まってくださるなら、隔月くらいでデトックスお茶会を開催できないものかしら、と考えたりして。

  • ミカス

    ミカス Post author

    ちゃまさん
    あの、諸々の手続きのたびに何度も繰り返さなくてはならない、署名→捺印→署名→捺印の無限ループ!
    まるで自分が、署名捺印マシンになったかのような気分です。
    常に頭の片隅に介護のことが引っかかっていて、それを思い出すと一瞬で心がどすんと重くなる。
    逃げたいですね。

  • きゃらめる

    ミニミニ版カイゴデトックスいいなぁ〜
    ご馳走はなくていい、ファミレスのドリンクバーでも、ファストフード店でも、なんなら駅コンコースのベンチで缶ジュースでも(笑)
    あんなにスッキリした筈なのに、毒が溜まるスピードの恐るべき速さ!

  • ミカス

    ミカス Post author

    きゃらめるさん
    デトックスお茶会、やれたらいいですねぇ。
    お茶とおやつで毒吐きトーク。
    月1くらいの頻度でやらないと、毒の蓄積にデトックスが追いつかないです(泣)

  • つまみ

    つまみ

    はいはいはい!
    きゃらめるさんのプラン、賛成の賛成なのだ!!!

    私も、京都からこっち、また一気に毒が溜まっております。不快です、吐き出したいです(>_<)

  • ミカス

    ミカス Post author

    つまみさん
    月いちで、茶飲みデトックス、やっちゃおうか?
    毎月、私が探し出した銘菓を『今月のミカスいち押しおやつ』としてお出しして、
    それを食べながら、お茶を飲みながら、毒吐きするの。
    10人ほどでこじんまりと。どうでしょう?

  • つまみ

    つまみ

    >私が探し出した銘菓を『今月のミカスいち押しおやつ』としてお出しして

    いいわあ♥(そこかいっ!しかも、われわれはLow carb sister なのに(^^;))

  • ミカス

    ミカス Post author

    つまみさん
    月に一度の毒吐き&糖分注入くらいは良しとしましょう。

  • kokomo

    ミカス様、私も遅まきながら介護に片足をつっこんだような状態になりました。
    私は晩産なので、絶賛子育て中。子育てと介護、乗り切れるのか??

    デトックスお茶会、いいですね~。
    ミカス様セレクトおやつには、デトックスにぴったりのドクダミ茶で。

  • ミカス

    ミカス Post author

    kokomoさん
    こればかりは「こちら側へようこそ!」とは言えませんね。
    しかも、子育てと介護が重なってしまうとは。
    大丈夫!とは言えませんが、少なくともオバフォーのメンバーにも読者さんにも介護経験者がたくさんいます。
    しんどさや、それによって湧いてくる毒を理解できる人がたくさんいますから、
    辛くなったらいつでもコメント欄に書き込んでくださいね。どーんと受け止めますよ。
    ああ、やっぱりデトックスお茶会の開催を真剣に考えなきゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

これ、入るかしら?

vol.63 骨格ストレートに合いそうなもの

カレー記念日 今週のおかわり!

「年内に」 約束しなきゃよかったよ

いどばた。

こだわりの家事について語りましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.30 マハ より ひ香派

50代、男のメガネは

ぜんぶ自分のなかにある。

これ、買った!

レンジでチン!の湯たんぽ買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

50を過ぎた自分を磨く:豆苗の胡麻和え

わたしをライブに連れてって♪

So Kakkoii いま

今週の「どうする?Over40」

「うだつって何?」シンプルな問いに自分の囚われを知る。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

最愛コートを探して~そして見つけた最愛のコート

絵手紙オーライ!

上を向いて

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

OIRAKUのアニメ

第25回 アナと雪の女王2/きかんしゃトーマスとなかまたち

黒ヤギ通信

猫がいっぱい

昭和乙女研究所

懐かし化粧品の記憶

ワクワクしたら着てみよう

未だかつてないほど断捨離しました

なんかすごい。

木を植えるひと

日々是LOVE古着

危険な扉

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

薔薇男爵

猫No.3  by 爽子

猫大表示&投稿詳細はこちら!

薔薇男爵

猫No.3  by 爽子

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up