3月5日はカレー記念日

カレー記念日

アンニュイも あっという間に 忘れてる

3月5日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

雪の日つれづれ

 

 1月18日、夜中の3時7分。雪が降っている。
夜の浅いうちは、雪になるほどの寒さではないと思っていた。
いつのまにか雨の音がしなくなっていたのに今気がついて、窓の結露をなすって外を覗いてみたら、もうずいぶん白くなっている。
 雪の日の静けさというのは奇妙な感じだ。真夜中の3時には、たいていあたりはしーんとしているものだが、雪の日のそれは完全無欠で、空気中にただよう塵のような微かな音も、湿らせた真綿でとんとんとたたくみたいに、すべて吸着してしまう。
 
「音がしない」ことにハッと気がつくという感覚も不思議だ。先日買った『ニューヨークで考え中』(近藤聡乃/著)という本に書いてあったのだが、ノルウェーのベルゲンでは八十日間途切れなく雨が降り続いたことがあり(←そんな町は嫌だ。)、作者の知人のノルウェー人は、その八十日目の夜中、眠っているときに、雨が「降り止んだ瞬間の音」で目が覚めたのだそうだ。正確には、「音」でなくて、永遠とも思えるくらい長い時間無意識のうちに聞き続けていたものの、「不在の音」に目が覚めたのだった。
 普段周囲には、耳が確かには認識できないくらいの微細な音が溢れていて、それらがふいに消えたとき、耳が感覚の固まりみたいになってふわっと膨張して、あわてて音をとらえようとする、ねこが耳をそばだてるときにはほんとうに耳が音のほうに向くけれど、私も自分の耳がそうしたがっていることを時々感じる時がある。

 朝になったらどのくらい積もっているだろうか。明日仕事が休みなものだから、無責任にわくわくしてもう寝ることにする。
雪が好きなのは子どもと犬くらいだといわれるが、犬がほんとうに雪が好きかどうかは知らない。私は大人だけど、雪が好きである。

 写真12016010

 

 翌朝、7時15分。昨夜は夜更かしをしすぎた。
こんな日に限って健康診断の予定が入っていて早めにでかけた不運な家のものから電話があり、電車に乗れないどころか混雑の度が過ぎて駅内にさえ入れないという。
諦めて帰ってくるように言って、やかんを火にかけてお風呂もわかす。
雪はだいぶ積もった。雨が降っている。
この雨がそのまま雪だったら、相当なことになるところだった。と分別らしく言っているが、本当はどこかで少し残念がっていることは内緒である。

 帰ってきたオットが、「もう家の前の道、雪かきされていた…。」と呆然としている。
家の前の雪かき問題。それは通勤問題と合わせ大人を雪嫌いに追いやる巨大要素といえるだろう。
うちの前は袋小路の私道で、6軒の家がその道を共有しているのだが、そのうち奥の家のCさんの、雪かき出動時間がことのほか早い。
うっかりすると、まだ雪が降っているのに出動していることさえある。そしてスキーに行ったときに買ったという雪国仕様の雪かきシャベルを所有している。Cさんこそ、誰よりも雪の日を待ちわびている大人のひとりなのではあるまいか。
 しかしここで、ただありがたがってばかりはいられない事情がうちにはあって、それは、この私道のほとんどが(登記上は)うちに属しているという事実である。
うちはいわゆる旗地なので、家の敷地も私道に接している面積も6軒中最小であるにもかかわらず、以前の持ち主のNさん家がかつてこのあたり一帯の地主だったことから、家を購入したときに私道もいっしょに付いてきた。
ふだんはそんなことすっかり忘れて暮らしているが、雪かきという事象が発生するときばかりは、にわかにその事実が頭をもたげて、Cさんの雪かきの音が聞こえるやいなや、うちも慌てて飛び出すことになるのである。
明日の朝は雪かきだなあ、などとぼんやり考えているさなかに表で雪かき音が聞こえてきたときの戦慄たるや…早すぎませんかね!?(もうそういうときは出ない…)

 そんなわけで、お国柄か知らないが傘をささずにびしょぬれで帰ってきたオットはお風呂に送り込んで、慌てて着替えて出たときには、もうすっかり雪かきは終了していてCさんの姿は既になかった。そして大粒の雨が降っていた。
そこで、我ながら姑息で小心者すぎる…と思いながら、とりあえず雪かきをするつもりはあったという「やる気の証拠」のために、Cさんの作ってくれた雪かきの道を少し広げてみた。
こういうときになると、自分たちがこの界隈で新参者であることや、片方が外国人で子どももいない、見た目も風変わりな夫婦であることなどが急に気になりだして、「ちょっと変わってるかもしれないけど「ちゃんと」してますよ。」「地域社会のルールを大事にしてますよ」と表明したい気持ちにかられてしまう。「いいひと」と思われて、多少の変わってるとこは見逃してもらいたいと思っている。
Cさんからそんな圧力を感じたことは一度もない、ただ、自分の安心のためにそうしたいだけである。自分のほうが、よっぽど「普通」とかいうことに実はこだわっているのだ。

写真220160120

 表でたいしてやることがなかったので、家の敷地内、門から玄関までの細い通路に道を通すことにした。
2m幅の通路は、片方の家の屋根と、もう片方の家の木の枝からの雪が落ちるので、尋常でない積雪になる。
水気を含んだ雪は、スコップを入れると四角いかたちのままにさくさくと切り出されてくる。お皿に取り分けられた料理みたいだ。
なんだかたむらしげるの絵本みたいだなと思う。具体的にどの絵本なのかといわれるとわからない。じっさいにそんな絵があるのかどうかも謎である。
どこか遠くの知らない星で、雪かきをしているところを想像してみた。2m幅の惑星で。
お皿を持った人々が並んで待っていて、スコップで切り分けてどんどん配る。

写真320160120

開通しました。

 

 午後3時。雨ですっかり重たくなった雪がときどき屋根から落ちてきて家を揺らす。
ねこらはそのたび飛び起きて、耳をおっ立てて不安そうにしている。彼らはこの音が、どこからくるのか知らないだろう。

写真420160120

耳が忙しい猫

 

 1月19日、18時45分。往来の雪は、人の歩くところはだいぶん溶けた。しかし我が家の雪はいまだ減る気配をみせておりません。もうちょっとやる気をみせてもらいたい。
今朝はでがけに自転車の車輪が雪に埋まって掘り出せず、約束の時間に遅刻しました。私よ、なぜここの雪かきをしなかったのか…。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

byはらぷ

 

 

※「なんかすごい。」は、毎月第3木曜の更新です。はらぷさんのブログはこちら

※はらぷさんが、お祖父さんの作ったものをアップするTwitterのアカウントはこちら。


なんかすごい。 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Aяko

    そんな重労働?してたとは露知らず、お疲れ様でした。
    我が家の路地の人達も雪かき始めるの早いんだよ、、、。小さい頃、朝6時ぐらいにスコップの音が聞こえてきて恐怖だったのを、これを読んで思い出しました。でも止んでからと思ってると凍るので、早いに越したことはないんだな。
    「ちょっと変わってるけどちゃんとしてますよ。」ってことなのか、夫は間違えて集積場に出されたゴミを疑われて、うちのじゃないのに持って帰ってきたことがあり、勿論私と大喧嘩になりました。

  • はらぷ

    はらぷ Post author

    Aяkoさんこんばんは。
    そうなのです。してたのよ。でも、じっさい私道のところはほとんどやることなかったです…。
    路地や私道の雪かきが異様に早いのって、昭和中期の住宅街に多い傾向のような気がするのは私だけでしょうか。自分が子どものときは、ど田舎過ぎたせいか雪かきの記憶はありません。

    大通りのほうも人ひとり通れるくらいだけやってみたのですが、そしたら年配のひとたちは通り過ぎるときにみんな「ごくろうさまです」とか言ってくれるのです。おお、なんだか小津映画みたいだ!と思って嬉しかった。でもそのくらい新鮮に感じてしまうということは残念なことかもしれません。こんど私も言ってみよう。
    しかし「ごくろうさまです」って若輩者にはなかなかハードルの高い言葉ですね。何歳くらいになったら言ってみてもよいだろうか。

    だんなさま、そのまま受け取ってきたところが人の良さを感じさせて素敵です。
    しかし勇気を出して「うちじゃありません」って言ってほしかったところですね…。ぬれぎぬをきせられたあげく妻に怒られただんなさまはほんとうにお気の毒ですが(笑)Aяkoさんの気持ちものすごくわかります…。

    何かあるとにわかに「やっぱり…」と思われてしまいがちなところと、いったん受け入れられるとものすごく大事にしてもらったりするというのは、どこの国でも共通の外国人あるあるだと思いますが、根っこは同じという気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

年季の入った リュック背負うよ 6年生

絵手紙オーライ!

犬の絵を描いてみたいのです。

ワクワクしたら着てみよう

近所へちょっこしお買い物コーデ

これ、買った!

ベレー帽、買った!

50代、男のメガネは

ヨーダって、怖いことを言う。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

天地無用

猫No.neko93  by mikity

猫大表示&投稿詳細はこちら!

天地無用

猫No.neko93  by mikity

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up