7月16日はカレー記念日

カレー記念日

気をつけよう 便座に夫の 滴(しずく)あり

7月16日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

あしたうちにねこがくるの

 先日、以前一緒に働いていたEさんからメールをもらった。
「カラスにやられそうになっていた子猫を保護して、貰い手を探しています」
と書いてあった。

 ここのところ、どういうわけか周囲で猫を飼う機運が高まっていて、この2ヶ月くらいの間にも、2度ほど里親の話が舞い込んだ。
同僚のSさんとTさん、それから妹のとこと、手ぐすねをひいて待っている人たちがいて、保護猫の情報が入るたびに、色めき立っては、タイミング合わず貰い手が決まってしまう、ということが続いていた。
 今回は、保護した4匹のうち、3匹は貰い手が決まって、あと1匹の行き先を探している、とのことだった。
Eさんが送ってくれた写真は、生後2ヶ月くらいのキジトラ。
もうせん、飼うならタロさん(実家の初代猫)と同じキジがいいなー、と言っていた妹に連絡してみると、
「えー!わー!ついにッうちに猫がッ来ちゃう!」
と、はげしく動揺しつつ「見に行く」と即答のメールが返ってきた。

 

 というわけで、灼熱のひるひなか、猫バスケットを持って電車に乗っている。
バスケットのなかは、空である。
吉祥寺で井の頭線の電車に乗り込むと、乗客たちがバスケットをちらっと見る。なーんだ、空か。
今はまだ、バスケットは軽いけれど、帰りにはもしかしたら、ここに猫が入っているかもしれない。私が持っているのは、そういう、バスケットである。

 そして、数年前にスマを引き取りに新小岩に行ったときのことを思い出す。
あのときは、バス停で待っていたら、まわりじゅうみんなバスケットを覗き込んで、話しかけてきたっけなあ。
みんな、声に出して「猫?」「なんだ、いないの?」と口々に言った。
井の頭の人々は、奥ゆかしい。

 

 妹と待ち合わせして、バスに乗り、言われたバス停でおりると、E さんが待っていてくれた。
ちなみにEさんと私は、今まで一度もしごと以外で連絡をとりあったことがない。連絡先も、職場でもらった緊急連絡網のプリントで知るのみだ。
Eさんが「だれか猫好きな人!」と思って思いついたのが私だったと思うと、私もなかなか名誉な猫好きということである。

 

 件の子猫は、Eさん自身が保護したのではなく、同じマンションで保護猫の活動をしている人が見つけた兄弟猫の1匹で、E さんはときどきその手伝いをしているのだ、と言っていた。
そのマンションには他にもなんにんか、そうした「猫のおばさん」がいて、よってたかって手伝っているそうである。
Eさんが仕事を辞めたあとそんなことをしているなんて、だいたいEさんが猫好きだったことも、わたし知らなかった。
「別にそういうわけじゃないんだけど」と言いながら、アレルギー持ちではげだらけだったという黒猫を、半年も預かっている。りっぱな猫おばさんである。
マンションの外階段には、「猫のえさやり禁止!」と札が下がっていて、なんだか笑ってしまう。

 

 

 子猫のかわいさというのは、破壊的だと思う。
キジトラのオス、暫定シャーちゃん(保護したときシャーシャーいっていたから)は、やや警戒気味だったものの、Eさんが抱き上げて妹のひざにのせると、スカートのくぼみにすっぽりと体を入れておとなしく抱かれている。

警戒してマヌル猫のようになったシャーちゃん

 ふだん、猫はおとなのほうがだんぜん面白いんだ、と公言している私だけれど、そんなものは本物の子猫の前で、雨にぬれた角砂糖のごとくである。
耳が大きい、首のまわりの毛が少し長いね、前足がしっかりしていて、えらいねえ。

「私がだっこしてもすぐに逃げていたのに、相性ってあるのねえ」
今までこんな態度見たことない、くやしいくやしい、と猫を保護した本人のHさんとEさんが褒めちぎる。

 そして、みんなで気持ちがもりあがって、Eさんが「おかあさんだよ、よかったねえ」と言ったので、あっと思ってブレーキを踏んだ。
妹は、たぶん迷って、ちょっと困ってる。

 

 猫を飼うのは、大きな決断である。
ほしい、ほしい、と思っていても、いざそのときが来たら尻込みして当然だ。
実家ではずっと猫を飼っているけれど、そのことと、「自分が猫を飼うこと」はやっぱり全然違うのだ。

ほんとうにやっていけるだろうか、相性は?子どもがいるけど大丈夫?ほんとうにこの子でいいの?

飼う、飼わない、この子を引き取る、今日は見送る、いろんな選択肢が目の前に次々とあらわれて、どうしていいのかわからなくなる。あともどりはできない、と思う。

 

 「どうする?今日は帰って、どんな感じだったかKちゃん(妹の夫)に話してみる?」
と水をむけると、妹はうまくキャッチして、
「そうなんです、夫は動物を飼うのがはじめてで、じつは猫だったらメスがいいな、とかっていろいろ想像しているみたいで…」
と逡巡を口にした。
それでみんな我に返って、そうだよね、そうだよね、と言い合った。

 

 でも、いまや腕にあごをあずけてゴロゴロといいはじめたこの猫と別れるのもしのびなく、「押されないと決められないかも…」と言いはじめた妹に、
「じゃあ、いっちまえ」とけしかけて、結局、「いちおうお試し一週間」ということにして、連れて帰ることになったのだった。

 じっさい、一度連れて帰ったら、やっぱりやめましたと安易に返すような妹ではない。だからこそ、「何かあったらあともどりできる」という余地を残してもらったことは、とてもありがたいことだった。命のことであるだけに。

 

 

 帰りのバスの中、妹の膝にはすっかり重みを増した猫バスケットが乗っている。
猫の重みのすばらしさ!
妹は、駅まで10分ほどのあいだに、「うちに猫がきちゃったよ…」と7回くらい言っていた。
いやー、きちゃったねえ、きちゃったよー。あのふたり、すごいすごいと言っていたけど、あれセールストークかな、どうだかだねえ。

 うまくいけば、これから十数年、この猫は妹の家族と生きていくのだ。今8歳の息子といっしょに、大きくなって、やがて追い越していくだろう。

 

 妹の家で子猫はぶじ、ダンボハウスを作ってもらって落ち着いた。
それが昨日のことで、いらい妹は、
ノミがいるかもしれない!と動物病院に走り、寝るとき用のケージを買い、
「まだ警戒している!慣れる日は来るのか」(昨日の今日だよ)
「引き出しにかくれていて、ごはんのときだけ出てくる!」
「いまうんちをした!砂をかけまくっているが砂が足りないのか!」
とひんぴんとラインをおくってくるので面白い。
実家で猫を飼っていたのに(笑)

 

 ティーちゃんがうちにきたとき、もう一生慣れないんじゃないかと、しょっちゅう泣いていたことが懐かしい。

どんな猫でも、いつかは慣れる。その猫なりのやりかたで。

だいぶ慣れた顔

 

 

【ご案内】

茅野のアノニムギャラリーでの祖父の展示、開催中です。
おかげさまでいろいろなかたが見に来てくださって、初日には、この「どうする?Over 40」の読者のかたとの嬉しい出会いも!
ギャラリーは、八ヶ岳や蓼科も車ならすぐ、近くには縄文遺跡がたくさんあって、夏休みにぴったりのところです。
ギャラリー自体の美しさも、必見です。
お近くにおこしの際は、ぜひお寄りください。

 

「僕の人形 原田栄夫作品展」 〜7/31まで

アノニムギャラリー
長野県茅野市湖東4278
11:00−18:00 水・木曜休み

四姉妹も待ってます!

 

By はらぷ

 

※「なんかすごい。」は、毎月第3木曜の更新です。はらぷさんのブログはこちら

※はらぷさんが、お祖父さんの作ったものをアップするTwitterのアカウントはこちら。

 

 

 


なんかすごい。 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第19回 ゲゲゲの鬼太郎/BEM

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終わらない:麻婆ズッキーニ

黒ヤギ通信

それも梅雨のしわざ

日々是LOVE古着

妙な使命感

今週の「どうする?Over40」

おやつとおじさんは、スー(犬)の友だち。私には、ちと面倒でも。

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

カレー記念日 今週のおかわり!

寝具の違いを 体感できる お年頃

いどばた。

pay使ってますか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.26 お笑いと信用

50代、男のメガネは

下を向いて歩く。

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

小さくなるのは目だけじゃない!!

絵手紙オーライ!

金魚すくい

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

なんかすごい。

猫のさよなら

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

不可抗力

猫No.41  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

不可抗力

猫No.41  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up