1月26日はカレー記念日

カレー記念日

痩せずとも 姿勢正せば 即痩身

1月26日はカレー記念日

きゃらめる

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

2冊のZineと1冊の本

 カリーナさんが昨年新聞で連載していた「献身と保身のはざまで」が書籍化されることになった、という嬉しいニュースを聞いて、先立ってこのサイトから生まれた2冊のZine、『カイゴデトックスへようこそ』を読みなおしている。

 

 ご存知の通りこのZineは、ミカスさん、Cometさん、つまみさんがウェブサイトを飛び出して企画したイベント「カイゴ・デトックス」をきっかけにして生まれた。

 2018年7月に行われたそのイベントが、あまりにもよくて、その場にいた人だけではもったいない!というわけで、「じゃあZine作ろうぜ」となったのは、職場でも、誰にも頼まれていないのに軽々しく図書館通信だの配布物だのを作りがちであったつまみさん(つまみさんと私は元同僚の間柄です)に寄るところが大きいとわたしはふんでいる。
そして、元はといえばこのイベントの企画そのものが、「ミカス・クッキング」を連載しながら、「美化しない」「黒い気持ちに黒く寄り添う」介護当事者の生身の場を作りたいと考えたミカスさんがいて、そこに言語聴覚士という介護の専門家であり、編集者としての目も持つCometさんがいて、数年前から介護当事者となったつまみさんがいて、ov40というプラットフォームがあって、はじめて実現したことなのだった。

 「カイゴ・デトックスへようこそVol.1」には、イベント書き起こし第一弾として、おもに3人の対談が収録されているのだが、それを企画している段階から3人は、「イベントの参加者のお話がものすごくよかったから、それもなんとかまとめたいよね」という話をしていた。
念願かなってできたのが、この間出た第2弾というわけである。

 読んでいると、様々な立場で介護に関わっている(あるいはまだ関わっていない、または予兆を感じている)参加者の、生の言葉のエネルギー、出口を見つけた奔流のような勢いを感じる。それは、ほんとうに切実な、ヘビーな話の数々なのだけれど、同時に突き抜けていて、とんでもなく面白くもある。

 その「とんでもなく面白い」あれこれを、ふだん参加者の方が「面白い」と認識しているかどうかはわからない。ほんとうはつぶれそうな思いで抱えてきたことなんじゃないだろうか。

 でも、それをエクストリームな面白さとして語れる空気が、当日の会場には漂っていたのだと思う。ここでなら、普段ふたをしてきた黒い気持ちや、呪詛や、ときおりよぎる残酷な思いを、笑いと喝采で受け止めてもらえるという安心感が。

 Vol.1の3人の対談を読み返していて、あらためて「ああ、この対談があってこそ、皆のあの話が飛び出してこられたんだな」と思った。
 対談の中で、当事者であるミカスさんとつまみさんは、迷える渦中のひとだった。そして、介護を「家族愛」や「美談」に落とし込もうとする周囲を破竹して、黒い気持ちを肯定し笑いに変えるだけでなく、自分たちの中にある「いい子」や「美談にしたい気持ち」も、ときにはあっていいじゃん、と言っている。そして、絶妙な黒さと冷静さで2人の話を引き出していくCometさん…。
それこそが、皆が安心して「黒い気持ち」を吐き出せた理由かもしれない、というのが、今回新しく思ったことだった。

 もうひとつは、3人が、言葉を使ってものを伝えられる人ということだ。自分が使う言葉の効果や伝わり方をちゃんと知っていて、気持ちを言語化することができる。相手の言いたいことを誠実に誤解なく受け止めることができる。話しているときに、本人たちは意識していないかもしれないけれど…。
それがわかるから、自分が何を言っても、ちゃんと理解してもらえると、参加者の皆も思えたのではないだろうか。

 もとはといえば、カリーナさんの作ったこのov40ウェブサイトに、3人が書いているのを、みんな読んでいる。そこに信頼の土台はすでにあったのだろう。

 そして今回、カリーナさんの連載が書籍化されることになったきっかけが、昨年11月に行われたイベント第2弾「カイゴ・デトックスin京都」だったということを、カリーナさんのコラムで読んだ。
すべてがつながって、パズルのようにこういうことになった。世の中は、ふしぎ。

 

 2018年に最初のイベントが行われたとき、カリーナさんのオットはまだ倒れていなかった。2年経って出たVol.2には、そのことについて書かれたカリーナさんの文章も収録されている。

 そして、ミカスさん、Cometさん、つまみさん、参加者の皆さんの状況もまた、大きく変化することになった。誰のもとにも平等に訪れる2年間の、なんて違って、なんて孤独なことか。

 排泄や、食べるという生命維持活動と同じくらいの切実さで、生きるため、死なないために、書かれなければならない言葉がある。
語られない言葉は、「無い」のではない。「カイゴ・デトックス」は、確かに岩盤に、小さな穴を空けたのだと思います。

 カリーナさんの新しい本も、そういう一冊になるのだろうと確信している。
図書館に行って、新聞連載記事を最初から最後まで、ごくごくと水を飲むように読み通したときのことを思い出す。予約した。楽しみ。

 

『カイゴ★デトックスへようこそ』の紹介ページ→

カリーナさんの本『夫が倒れた!献身プレイが始まった!』→

 

by はらぷ

※「なんかすごい。」は、毎月第3木曜の更新です。

※はらぷさんが、お祖父さんの作ったものをアップするTwitterのアカウントはこちら。

 


なんかすごい。 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • ずん

    カイゴデトックスを知って本当に良かったと心の底柄思っています。
    ずっと新聞とっていなかったのにとるようになって初日にカリーナさんの連載を発見!頭に雷が落ちたような衝撃??
    失語症になった旦那のために色々調べていたら50歳手前でSTになったとい運動会Cometさんを発見…
    そこからカイゴデトックスも知りお二人が繋がっていたことも知りました。
    今、また親族のドロドロの中に入り、ついついいい人になってしまいそうな自分に腹がたち、複雑な気持ちになったので
    ZINEを読み返しております。
    早くコロナが落ち着きリアルで集まれる日を心待ちにしています。
    とりあえずはカリーナさんの本を早く読みたいです。

  • はらぷ

    はらぷ Post author

    ずんさん

    こんばんは。お返事たいへん遅くなりました。

    なんと、何かに導かれたかのような発見ですね!初日とは!
    そしてCometさんのことは、別ルート(?)でお知りになったと…。
    ずんさんの運命の強さを感じずにはいられません。
    偉大な手繰り寄せ力!

    わたしも、介護とはまた違うのですが、家族のことではなぜか間に入ってあれこれ…という役回りになることが多く、そういうの大っ嫌いなのに、なぜか自らそうなってしまう…
    ずんさんの複雑な気持ち、とてもよくわかります。
    ほんとうに、一日も早く集える日常が戻ってきますようにと願わずにいられません。

    いよいよ明日、カリーナさんの本の発売日ですね。
    早く読みたいけれど、揺さぶられるのがわかっているので少しこわい。
    ドキドキして待っています。

  • 月見団子

    横からすみません。

    「揺さぶられるのがわかっているので少しこわい。」

    何かにつけつきまとうこの感覚。

    漠然と感じてはいても、その正体が掴めなかったんです。

    言葉にして下さって、ありがとうございます。

    お陰様で、なんとなく以前より楽に呼吸できるようになったかも(笑)

  • はらぷ

    はらぷ Post author

    月見団子さん

    こんばんは!遅ればせながら(本当に…!)、すみませんなんてとんでもない。大歓迎です!

    「揺さぶられるがわかっているので少しこわい」
    私はこわがりなので、しょっちゅう逃げ惑っているかもしれません。

    絶対に見た(読んだ)ほうがいいとわかっている映画や本、人や場所との出会い…おそらく同じ理由で先延ばしにしているものがたくさん…
    直視しなければ、もうしばらくなかったことにしておける(でもほんとうはわかってるから)って、心の中の、ふとんかぶったちいさい私が言うのです。

    でも、時々行く本屋さんが言っていたのですが、読まない本も、読みたいと思っただけでその本からすでにもう受け取っている、のですって。
    それを勇気にしていこうかと思います。(笑)

    そして、昨日遅くに、カリーナさんの本を読み終えました。
    しばらくなんだかんだ理由を付けて読み始めるのを躊躇していたのですが、夜中に麩とページを開いて、一気に読みました。
    やっぱり、圧倒されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

いま、隣で泣いている。

これ、買った!

iphone SE買った

ミカスの今日の料理 昨日の料理

まともな話:ゆり根のかき揚げ

今週の「どうする?Over40」

手芸は、平穏な状態へと導く「静かなる剛腕」か。

昭和乙女研究所

ストロベリーじゃなくてチューリップだった!

カレー記念日 今週のおかわり!

何を着る? ワクチン接種 3回目

なんかすごい。

霹靂その後

OIRAKUのアニメ

第60回 王様ランキング

黒ヤギ通信

3度目の寅年

絵手紙オーライ!

大津絵はたのし。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.53 今年初のヒット本はこれだ

日々是LOVE古着

おばの遺品の色づかい

出前チチカカ湖

第175回 本当はそんなに好きじゃなかった。

いどばた。

小さな工夫を見せ合いましょう。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

空中捕獲

猫No.81  by mikity

猫大表示&投稿詳細はこちら!

空中捕獲

猫No.81  by mikity

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up