9月19日はカレー記念日

カレー記念日

忙しや 眼鏡をつけたり 外したり

9月19日はカレー記念日

masakobe

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

〈 晴れ 時々やさぐれ日記 〉 「 ああ、お買い物。うれしさとはずかしさのあいだ」

 

 

――— 46歳主婦 サヴァランがつづる 晴れ ときどき やさぐれ日記 ―――

 

「ぼくはあれ、いやなんだよね」。車の助手席の息子がいいます。彼の視線の先には、理容店から出てきたお客さんを 理容店のスタッフ数名がお店の外まで見送っている光景がありました。「たしかにあれ、大げさでいやだね」とわたしは応えます。息子はこう続けました。

 

「うちのお父さんさー。あんなことされたらゼッタイ困るやろ。髪はおかあさんが切るからいいけどさー。だいたいさー、お父さんさー、買い物めったにしないよね。そんでもって何かを買わなきゃいけないときはさー、ぴゅっと行ってぴゅっと買ってさっと帰る。あれさー、きっと恥ずかしいんだと思うんだよねー。」

 

「何が?」 「買い物が」。

 

はーたしかに、と思いました。主人の買い物の様子は10歳の息子の観察のままです。だいたい自分の衣類は結婚以来一枚も買ったことがありません。「買い物」と言えるのはせいぜい家電屋さんでの必要最小限のもの限定。それにくっついていく息子は父親の買い物を、「ぴゅっと行ってぴゅっと買ってさっと帰る」と称するわけです。寄り道なし。脇目なし。留守番しているわたしからすれば「行ってくる」から「ただいま」の早いこと、早いこと。

 

「物欲」というものがものの見事にない。みじんもない。かけらもない。おもしろくない。

 

a0006_000067

 

結婚したての頃、このひとの衣類をはじめとした身の周りの品のあまりの貧弱さに腰を抜かしました。私服通学だった高校時代の衣類が、30をとうに過ぎたとしまで彼の数少ないワードローブ(?)の主力を占め、大学入学の折にお義母さんから買ってもらったというトレンチコートとスーツが、そこから15年以上の長きにわたって、彼の「一張羅」に君臨し続けていた事実。

 

お義母さんは言いました。「あの子も、高校生のときはそこそこオシャレだったのに、今はゼンゼン構わなくなっちゃって。ごめんなさいね~。サヴァランさん。」

 

お義母さんはいつだってにこやかです。にこやかでいられないのは他でもないワタシ。白洲次郎ばりのダンディーになんて、およそ手のとどかない贅沢は現世ではもう言わない。せめて、せめて、年齢と立場に合った衣類の買い物予算を、少ない家計の中から捻出しなければ。

 

わたしはそれまで、男性の衣類というものにとても雑駁な知識しか持ち合わせがありませんでした。 そのくせ、映画やテレビ、職場や町の男性のファッションには、こころの中でかなりシビアな評価をくだし、それをひとつの「おたのしみ」にもしていたきらいがあります。主人は評価外。年齢と立場に相応の雰囲気を身にまとわせるためのわたしの奮闘は15年弱。未だなかなか成果が見えてきません。だって、本人に「その気」がないんですもの。

 

「ぼくさー、思うんだけどさー、買い物ってお父さんじゃなくてもちょっと恥ずかしい。どんな小さいものでもさー。うれしいんだけどはずかしい。なんでかなーと思うけど、あのうれしはずかしの感じはなんとなくムズムズしてくすぐったくって、ぼく、お父さんの気持ちもわかるんだよねー」

 

買い物はうれしくて恥ずかしい、か。。。わたしが普段するお買い物は「うれしい」感とは無縁な品々に完全に席巻されている気がするんですが、言われてみればたしかに、スーパーでキャベツをひとつ求めるにも、かすかなうっすらとした「うれしさ」のような感情が働いているかも知れません。右手と左手、どっちにしようかな、と重さや手ごたえを確かめている瞬間は、手の上でわずかに弾ませてみるキャベツみたいに、ほんとにかすかに気持ちがはずんでいる??

 

買い物は恥ずかしい。たしか少し前の「ほぼ日刊イトイ新聞」、スタイリストの伊藤まさこさんが、「olive」や「ku:nel」の元編集長の岡戸絹枝さんとのインタビューで、「白いシャツ」を前に同じようなことをおっしゃってましたっけ。そしてわたしも、「たしかにそうね」と白いシャツを見ながら思ったんでしたっけ。

 

a0006_000153

 

むかしむかし、自分が「オシャレ」に関心があるということを口にするのが恥ずかしい時期が長いことありました。自分のお洋服を選んでいる最中はまさに「うれしはずかし」の極み。友人とオシャレの話しをしたり、お買い物に付き合うことはしても、自分のときはどうしても一人か母というアドヴァイザーを一人だけ。本屋さんでファッション誌を眺めるのも気恥ずかしい、あの棚の前で知ってるひとに会いたくはない。 あの頃のあれ、なんだったんだろうなー、と思います。

 

今急に思い出しました。。。「ヴァンテーヌ」という雑誌を愛読していたことを。「ヴァンサンカン」から遅れること数年、おおむね25歳以上を読者対象にしている先行雑誌と比べ、それより少し若い層を対象に据えたあの雑誌が、わたしの「うれしはずかし」感にフィットしていた感覚がよみがえります。素敵な旬の品々の紹介も新鮮でしたが、何のために「オシャレ」するのか、どうしたら「端正な」雰囲気を醸し出せるかという、少しだけ「オシャレ哲学」的な情報も加味した感じが好きで、言ってみればまあ、「ヴァンテーヌ」以前にはあまりなかった「まじめおしゃれ」の背中をそっと押してくれる雑誌だったように思います。

 

当時、巻頭エッセイを書かれていた光野桃さんの、少し文学的で抑制的な「オシャレ」の描写が記憶に残ります。はちみつ色の肌、ゆるくリボンで束ねられた髪。かかとの低いパンプスで小さなあごをこころもち上げ、広い歩幅で石畳の街を颯爽と歩く、「自分を知りつくした」ミラノの女性たち。。。

 

「エレガンスとは、自分を知り、ひとに優しくなれること」。光野さんはたしかそうおっしゃっていて、その言葉に「オシャレ」の神髄を見た気がしました。

 

a0027_000295

 

「オシャレ」や「お買い物」が気恥ずかしいのは、「自分の欲望」と向き合う行為、あるいはまた、「自分を知る」というのっぴきならない行為へのためらいなのかも知れません。

 

明快に認識していたい「自分」の一面と、ぼんやりとした曖昧なイメージに留めておきたい「自分」の一面。その両者をゆききしながら、「現実」と「憧れ」の花ふる里を自分の身丈で歩いていきたい… 。

 

 

ちょっと!あーた!その恰好はダメってもう何度も言ってるでしょ!!

 

 

 

 

☆ 「晴れときどきやさぐれ日記」の他の記事はこちらへどうぞ → 

 

スポンサーリンク


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 永井 純 

    おはようございます。
    FBのお友達がリンクしていて
    このコラムを知り読ませていただきました。

    「ヴァンテーヌ」今では懐かしい雑誌となりましたね。
    私もお店を初めた頃、
    大好きな「ヴァンテーヌ」に
    新しくオープンしたお店として掲載していただき
    「ヴァンテーヌ」のファンの方がなんと多いことかと
    感動してのを思い出しました。

    品があって、ちょっと背伸びもできるけど
    あくまで普段仕様できる
    ちょっと大人のお洋服を中心とした
    ライフスタイルを提案していた雑誌として愛読していました。

    今も「ヴァンテーヌ」に掲載していただけそうな
    品のあるでもカジュアルな空気感も持つ
    お洋服を作るようにしています。

    ついつい衝動買いで、
    セールで安かったから、、、というのではなく
    必要なものを必要な時に買い足していくという
    お洋服のあり方が
    これから新しいライフスタイルとして
    見直されてくるのではないでしょうか?

    久しぶりに懐かしい雑誌の名前に
    同じような思いを持った方がいらしたことに
    ほっとした時間をいただきました。
    ありがとうございました。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    永井さま。コメントありがとうございます。

    「ヴァンテーヌ」、廃刊からずいぶんになりますが、たくさんの方のおしゃれのバイブルだったんですね。おしゃれがお洋服だけにとどまらない、「ライフスタイル」の一部としての位置づけだったことも、今となればとても趣深い、記憶に残る雑誌でした。

    永井さまのお店のHPとブログを拝見させていただきました。ああ、なんてオーセンティック。。。まさに「ヴァンテーヌ」の提案してくれた「端正」なお洋服たち。そしてそのお洋服が醸し出す上質で穏やかな空気感。。。京阪神の山手の雰囲気をそのままかたちにされたお店なんですね。

    じっくり時間をかけて一枚のお洋服と向き合うことは、じっくりと自分と向き合うことのような気がします。過去と現在と未来が織りなす自分自身と、お洋服を通じて向き合えば、豊かな温かな空気をまとえそうな。。。

    こちらこそ、ほっとした時間をちょうだいしました。HP、またお邪魔させていただきます。そして、できればいつか御堂筋のお店の方へも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

あなたの平凡は誰かの非凡 : 豚肉の焼いただけ

今週の「どうする?Over40」

今週水曜日、マンガを熱く語り合う座談会「このマンガがなんかすごい」がはじまります。

黒ヤギ通信

【黒ヤギ通信(1)】素敵な材料はすぐそばに~贈り物の包装紙でお礼状

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

運動を続けるコツは?④~いざとなったらこんな手が~

いどばた。

不倫、許したくないですか。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.5  左利きの自己弁護

50代、男のメガネは

パターソンに住んでいるパターソンについて。

これ、買った!

マキタの掃除機買った!

ただいま閉活中

(55)閉経総括~エチケット編

これ、入るかしら?

vol.41 コンディショナー不要になってきてしまいました

あの頃、アーカイブ

【エピソード15】高度成長期のサラリーマンライフ

四十路犬バカ日和

シニアドッグの1ヶ月

KEIKOのでこぼこな日常

お皿にお鍋におちょこに…

昭和乙女研究所

雑誌『フェアレディ(fair Lady)』ご存知ですか?

ラジオブースから愛をこめて

世の中、ノイジーです!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.20】ちょっとした体調不良で世をはかなみます。

ワクワクしたら着てみよう

ポール君にワクワク〜♡

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

着まわせ!れこコレ

同期会はあの街で

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

なんかすごい。

S.M.ソング

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up