7月6日はカレー記念日

カレー記念日

美容院 鏡に映る おばば誰?

7月6日はカレー記念日

かおる

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

出前チチカカ湖

第180回 自分で言ってて照れる言葉

ねこたち 佐藤知津子さん

つまみ:
初めて事務職についた40年ぐらい前、
出先から帰ってくる職場の人に「お帰りなさい」と言ってたら
先輩に、そういうときは「お疲れさまでした」だよ、と言われた。
そうなのかと、反発したわけでもなく受け入れたんだけど
なぜかしばらく「お疲れさまでした」と言うのが照れくさくて
帰ってきたことに気づかないふりまでした記憶があります。

その後、なんのてらいもなく言えるようになって
振り返ると、あの照れが微笑ましいくらいだけど
そういうの、ある?
言う前に照れちゃうパターン
言ってから妙に照れたパターン
どっちでもいいよ(ってエラそうだな)。

まゆぽ:
ビジネス的言葉遣いってあるよね。マナー研修とかで教わるタイプのヤツ。
「お疲れさまでした」もそうかも。家では言わないもんな。

照れではないけど、なかなかすらっと言えなかったのが
「恐れ入りますが」っていうヤツ。
社会人40年もやってるから、最近は意識すれば言えるようになった。
使えると便利ではあるのよね、これ。

照れちゃう言葉…そうだなあ。
本当に心から「すてき!」って思ってるときに「すてき」って言うの照れるかも。
照れる「すてき」を100とすると、85くらいまでの「すてき」は
なんの照れも抵抗もなく言えるんで、
私が「すてき!」と言ったからって、「本当は思ってないくせに」って思わないでね。
でも、もうベタベタでめろめろのときは、
初恋乙女になっちゃって口にできないかもしれません。

「すてき!」は、ファッションだったり、たたずまいだったり
人柄だったり、価値観だったり、いろいろ含めてね。

春の花たち 山口園生さん

つまみ:
「恐れ入りますが」はね、つい「恐れ入りやの鬼子母神」と言いたくなるタイプ(半分ホント)。
昔の職場で、電話の最後に「よろしくどうぞ」って言う人がけっこういて
なにがよろしくで、どこがどうぞなんだよ!と心でツッコんでた。

あ、照れる言葉だった。
本心からの「すてき!」が照れるってすごいわかる!
今、世の中もThat’s Dance!も「いいと思ったらどんどん誉めろ」的風潮(?)で
確かにそうだなとも思うんだけど
あまりにも本心だと照れるんだよね。
もちろん「すてき!」にウソはないんだけど
あんまりすてきな案件は黙っちゃう。
時間をおいたり、むしろ、若干の社交辞令が混入されてた方が堂々と言えるよね。

「すてき!」って感情語ではなく、「コミュニケーション語」なのかも。
まゆぽさんに言われて、初めてそう思ったわけですが。

小学生六年生のとき、おとなしい同級生が悪者にされそうになって
ムダに正義感が強かったので(人生でいちばん強かったかも)
大勢の前で「〇〇ちゃんはそんなことをする人じゃありません!」って言ったんだけど
言ってから、なんだよこれ、かっこいいセリフじゃん
でも自分に酔ってるみたいとすごく恥ずかしかった。
それを悟られたくなくて、しばらくツンとしてたっけ。

まゆぽ:
あはは〜。
そんなことする人じゃありません!って、
仁王立ちして、顔赤くして叫んでる、小さなつまみ像が思い浮かんで
おばちゃん、微笑ましくて笑っちゃいました。

ドラマや小説に出てきそうな台詞は恥ずかしいよね。
「私のことが信じられないのっ!?」とか、
「これまで生きてきた中で一番幸せ」とか
言ったことないけど考えただけで照れるわ。

言ってから恥ずかしくなった言葉、「お姉さん」かな。

エレベーターの中でボタンが高いところにあって背伸びしてる子どもに
「あ、お姉さんが押してあげる…」ってつい言っちゃったりして
違った、違った!って狼狽え照れる。
でも「お姉さんじゃなくて、おばちゃんね」
なんてわざわざ訂正するのも何だしね、みたいな。

言いまつがいは照れますね。

つばめの頃 佐藤知津子さん

つまみ:
自分がおばちゃんであることを重々承知してても
意識の中に若い自分も確実にいるから
うっかり顔を出すね。
それは、言いまつがいとか、自分の老いを認めないとかより
バリバリ共存してる証しってことじゃない?
でもその照れ、すごくわかる!

…と書いてきて、いまさら!?だけど
今回のお題で、照れるって、初々しくてかわいいなあと思った。
カマトトぶる(←この言葉も言っててちょっと照れる)わけじゃないけど
これからも、妙なところに照れたり恥じたりしながら
一筋縄ではいかない高齢者道を進んでいこうではないか、まゆぽさんよ。

ゆぽ:
うんうん、初々しくて一筋縄ではいかないばあさんになろう!

★「チチカカ湖でひと泳ぎ」を盛り上げてくださる
佐藤知津子はオバフォ屋雑貨店

(知津子さんのHPはこちらです ⇒


出前チチカカ湖 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Jane

    私「お疲れ様」より、他人に「お帰りなさい」というほうが恥ずかしいです。プライベートな感じがして。「お疲れ様」はそれほど「疲れたでしょう」と思っていなくても、その一言で気遣いを示したことになるし、多用していましたね。正直英語でその「私あなたを気遣っています」感を出すほうが演技力がいり、私が疲れます。
    「恐れ入りますが」ほか「かしこまりました」とか「承りました」とか「承知いたしました」とか「御多忙のところお手数をおかけして申し訳ございませんが」とか、若い頃にはもう舌先がぺらぺら喋ってしまう感じでした。今でも書く時には敬語ゲームを楽しむような気持で書いています。
    私が恥ずかしく感じるのは、頼むこともないのに言ったり書いたりする「よろしくお願いいたします」ですよ。それも何回も同じ相手に言い相手にも言われるときなんて、自分でも滑稽な気がしますが、これも言わないと礼儀知らずに思われそうで。
    「すてき」にもドラマに出てきそうな言葉にもなんの抵抗もありませんが、英語での褒めっぷりが全然ネイティブスピーカーに及ばないことは自覚しています。
    自分のことを「私」以外の言葉で家族以外に言ったことは、人生で一度もないかも。

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    Janeさんのコメント、いろいろな意味で深いです。

    ビジネスメールなどで連発している「よろしくお願いいたします」。
    考えてみればなんの意味もないんですよね。

    メール以前のビジネスレター時代には
    「貴社益々ご清祥のこととお慶び申し上げます」なんて始めて、
    「末筆ながら…」とか締めていたことを考えると、
    それでも楽ちんで、実用的にはなったんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

ホン・サンスという才能。

OIRAKUのアニメ

第68回 アヴリルと奇妙な世界

黒ヤギ通信

エジプトからのエアメール

今週の「どうする?Over40」

不具合を我慢して、イエとカラダを「故障と修理の山」にしちゃいけない。

カレー記念日 今週のおかわり!

あなただけ 薦められたの この10冊

絵手紙オーライ!

あ!アメンボ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

突撃!となりの昼ごはん:納豆巾着

かわいいちゃん

おやつ問題

昭和乙女研究所

〈雑貨・文具編〉チャーミー(ビーズ)

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

眉色いろいろ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第45回 ただのひとりもいない

出前チチカカ湖

第181回 今ならうまくやれるのにぃ。

山あり谷あり再婚ライフ

アートな夫婦になってきた?

なんかすごい。

英語の試験を受ける

いどばた。

暮らしてみたい街はありますか?

これ、買った!

ひと味ちがうお味噌を買った

日々是LOVE古着

ゴムベルトコレクション

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

水分補給

猫No.neko74  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

水分補給

猫No.neko74  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up