11月27日はカレー記念日

カレー記念日

疲れかな 加齢か ストレス 全部だな

11月27日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ的つれづれ・ずれずれ・ブレブレ日記⑪ 人生はいろんな呼称だ!

 

◆6月某日 実はマイスター?
わがやの猫の譲渡を仲介してくれたMさん(60代男性)と電話で話す。
用件を済ませた後の雑談で、うちに来た猫は、Mさんが今まで面倒を見てきたたくさんの猫の中でも上位の器量よし(ぐふふっ・・)、かつ、上位の甘えん坊で、しかも一度もらわれたものの上手くいかずMさん宅に出戻った経緯もあったことで、Mさん一家にとっては特別な猫だったことを知る。

月亭家にもらわれて行くにあたっては、Mさん曰く「手のかかった娘を嫁に出すような気持ちで、家内としんみりしてしまった」とのこと。この正月に出した猫の写真付き年賀状(Mさん宛には特別ヴァージョンを作成)に対するMさんからの返事が「幸せそうな顔を見て、しみじみ嬉しく、ああよかったなあと何度も写真を見てしまいます」だったことが、今まで以上に腑に落ちた。

 

Mさんに「実は昨日、うちに来て初めて、猫が脱走しました。数時間後に自分で戻ってきましたが、家族全員パニックになりました」とカミングアウトしたところ、それまでの朴訥口調がなりをひそめ、「そうですか」というクールな反応。
こりゃ、もしかして飼い主としての責任感の欠如を責められるのか!?と思いきや、続いたのは「そういうことはよくありますよ。大丈夫です!」という、まさかの肯定発言。

聞けばMさん、もらわれて行った先の猫も含めて、今まで関わった脱走猫の回収率はほぼ100%で、そのバックボーンあっての大丈夫宣言(?)らしい。
今度また脱走したら伺いますよ、という頼もしい物言いには「脱走猫回収マイスター」とでも呼びたいような威厳さえあった。

電話が終わってふと見ると、猫はこんなところに。マイスターの電話越しの気配だけで恐れをなして自分から回収された!?

DSC_0262

 

◆6月某日 今回のゾロメ日記はエピソード11ですゾロメ回です
「天皇の料理番」episode9を見る。
どうでもいいけど、連続ドラマにおけるepisodeという言い方はいつからなのだろう。「スターウォーズ」あたりで日本の連ドラ関係者(ざっくりし過ぎ)がそのかっこよさに開眼し、採用すべ、となったのか。

兄やんの最期に泣いた。脚本と俳優陣が、命が消え逝く瞬間をリアルかつ丁寧に見せてくれたせいで、2006年に亡くした長兄のことをありありと思い出してしまった。

それにしても、トシの離れた兄弟だと思っていたのに、自分はもう、兄の生きた年齢を追い越してしまっているのだなあ。
写真は、戦後の混乱期の一家・・ではなく、昭和30年代なかばの乳飲み子(私)と母と兄。

DSC02488

◆6月某日 その名はMr.Taisho!
義父の通所リハビリ初日。視力を失ってもうすぐ2ヶ月。介護の認定も決まって、現実は次の段階の現実に駒を進めたのだ。このふた月、自分は何かと閉塞感を覚えてきたが、私がいちばん停滞してるんじゃないか?停滞は濁る。

義父は、もともと人付き合いがあまり得意ではなく、しかも目が見えないということで心配したが、リハビリからは存外に元気に帰って来た。「あの程度の運動なら続けられる。物足りないくらいだ」とのこと。大正生まれの底力!?
夜はすっごく早く寝てたけど。

 

◆6月某日 先生呼ばわり
小学校の図書室でパートを始めて1年が過ぎた。
30代のとき、看護学校の図書室で働いていて、その頃も学生の一部から「先生」と呼ばれていたが、あくまでもごくごく一部の層だった。でも、現在はほとんどの児童や教職員に先生と呼ばれる環境で、最初の頃にいちいち感じていた違和感が薄れた。

呼ばれることに慣れたというより、呼ばれることによって、自分が長年「先生」という呼称に抱いてきた過剰な意味付けがなくなった感じ。「先生」という呼び方は、単なる記号だったりもするのだということを実感している。

自分が気をつけていることといえば、「先生」と呼ばれて返事はしても、自分で自分を「先生」とは言わない、ぐらいだ。自分で言っちゃったら、過剰な意味付けは、第二部自意識編に突入する気がする。

DSC02024

それで思い出すのは、十代の頃に読んだ『スプーン一杯の幸せ』という落合恵子さんのエッセイだ。細部はうろ覚えだが、落合さんがファッションショーの司会をした話。リハーサルでデザイナーをさん付けで呼んだところ、本番までに、台本がデザイナー本人によって「先生」と書き直されていたという。
読んでから40年近く経っているのに、なぜか忘れられない。

 

今日も4年生にブックトーク(テーマに沿った何冊かの本の紹介)をした。依頼されたテーマは「平和」。学校公開日だったので、保護者などのギャラリーもいて緊張する・・かと思ったが、さほどでもなかった。

「本を読んで何を思うかは人それぞれ」の例として「好きなおかずを最初に食べるのが幸せな人と、最後に食べる方がいいと思う人がいるように、気持ちや感想はみんな同じじゃないですよね」と言ってみたが、児童はぽか~ん、担任は苦笑、みたいな。喩えがズレてたか。

でもまあ、『ランドセルは海を越えて』という写真集にあるアフガニスタンの「学校」に、みんなが「うそー?!」「これが?」「なんで?」と驚きの声を挙げたのが聞けただけでも、おいらはやってよかったと思ったぜ(自己満足。そしてなぜか最後は意味不明口調)。

 

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アメちゃん

    こんにちわ。
    ご兄妹の古い写真、いいお写真ですね。
    長男は長男らしく、次男は次男らしく、末っ子は末っ子らしく
    それぞれの雰囲気が出ていて、なんだか好もしいです。
    3兄妹、5歳ずつぐらい離れていますか?
    私も5歳ずつ離れた兄、姉を持つ末っ子なので
    私の写真も、ちょうどこんな感じだな〜と思いました。

    それにしても
    落合さんのお話。
    デザイナー自ら「先生」って書き換えるって、面白いですね。
    えてして、クリエイターというかアーティストって
    先生と呼ばれることを嫌がりそうに思うんですけど。。。
    で、そこにアンテナがひっかかる落合恵子さんも落合さんらしい^^。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます!

    勢いでこんな写真を載せてしまって・・と思っていましたが、アメちゃんさんのコメントを読んでなんだかホッとしております。

    そうですねー。長兄はいかにも長男で、だからこそ、いろんなことを背負い過ぎて逝ってしまった気がします。
    年齢の差は、3才、4才です。

    「スプーン一杯の幸せ」が書かれた頃は、クリエイティブな業界にもベタな権威がまだ幅をきかせていたのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

昭和乙女研究所

お菓子編 復刻してほしいもの

カレー記念日 今週のおかわり!

薬局で 勧められたよ あの薬

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

SUQQUのアイシャドウとその効果

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第27回 配偶者呼称問題(女性編)

50代、男のメガネは

叱らないとしんどいよ。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ロコモな私:鶏もも肉の甘辛炒め

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

今週の「どうする?Over40」

食べ物という言葉。犬のおやつも、大阪の飴ちゃんも、さりげなく。

なんかすごい。

カリーナさんの本

出前チチカカ湖

第163回 最近なくしたものを語ろう

OIRAKUのアニメ

第43回 日本沈没2020劇場編集版 オーディオ・コメンタリー付き上映

これ、入るかしら?

vol.74 ドレスとカジュアル

いどばた。

誕生日がいっしょな有名人は誰ですか?

これ、買った!

耐久 メガネのくもり止め買った!

わたしをライブに連れてって♪

みなさん、ZOOMしてますか

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ゆるふわゲストハウスへ、ようこそ!

絵手紙オーライ!

わたしの模写修行(棟方志功)

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

趣味読書

猫No.52  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

趣味読書

猫No.52  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up