11月30日はカレー記念日

カレー記念日

キーワード 「老後」を加えて 検索す

11月30日はカレー記念日

いまねえ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記⑰ 人生はとにかく暑い!

 

◆8月某日 暑くていろんなものがとろけそうだ

トマス・H・クック『サンドリーヌ裁判』を読む。
トマス・H・クックを知ってからもう四半世紀ぐらいになる。全部の作品を読んでいるわけではないが、ずっと気になる作家であり続けている。

私がミステリーをよく読んでいた前半世紀末頃、日本で人気のあった海外ミステリ作家には、たとえばロバート・B・パーカーロバート・R・マキャモンマイクル・Z.・リューインなどがいるが(「アルファベット挟み」つながりにしてみた)、その中でもトマス・H・クックはダントツで暗かった。そして今も暗い。

今回のテーマは夫婦愛。共に大学で職を得ていた夫婦の妻の方、サンドリーヌが重い病に冒され死を選んだ・・かのように見えるのだが、夫に殺人の疑いがかかる。夫は疑惑まみれなのだ。

真相はいかに。

 

ひとくちに夫婦愛といっても、その形や気持ちは夫婦の数だけあるわけで、ある程度長く生きていると、夫婦間に限らず、愛と憎しみは対極ではなく、むしろ近所同士だと思い知ることも多い。そんなラビリンスのような人間の心の痛点を絶妙に押す小説だ。

resting-antonio-mancini

アントニオ・マンチーニの『休息』がモチーフに。

決して読みやすくはないけれど、ページを捲る手はとまらない。中島義道氏やピン芸人ヒロシ同様、トマスの世界観もネガティブ芸ってことなのだろうか。

あ、でも今回、最後の1Pでびっくりするほど溜飲が下がるのである。トマスなのに、まるでマイクル・Z.・溜飲、みたいな。

しーん。

・・これも暑さのせいってことで。

 

 

◆8月某日 脳がとろけてる?

いくら暑いから、字面が似ているからといって、Twitterに白目がちな彼女は真実を白日の下に晒すために目白自白した」などとつぶやくのはヤバ過ぎるだろうか。

 

そんなわけで、友人と目白へ。現在、目白のブックギャラリーポポタム(⇒)で『祖父の人形』という、この友人が制作した写真集発売にあわせた人形のミニ展示が開催されている。それを見に行って来た。

前回の「化け猫10日間の失踪とその奇跡的な救出劇」(⇒)に続き、ともだち(自慢)ネタがシリーズ化の様相を呈しているこの日記だが、別にネタ切れだからではないのである・・たぶん。たまたま、単純にともだち周辺で「すげえ!」と思うことが続き、黙っていられないだけなのだ・・きっと。

まあ、見ていきねえ読んでいきねえ(笑)。

 

友人のお祖父ちゃん、原田栄夫さんは今年満100歳。ちり紙や紙粘土で人形を作っている。これがとても味わい深い。が、栄夫さんの作る人形は「100歳」「味わい深い」でイメージしがちなモノとはたぶん少し違う。

栄夫さんの作品は存外にアバンギャルドだ。破天荒な芸術作品、という感じでは全然ないが、私はそこに微かな狂気という通奏低音のようなものを感じ、それが「慎み深い前衛」と映る。

そしてその作品には、なにかを成し遂げた人の俯瞰や手慰み感はないかわりに、これからなにかを成し遂げるであろう人のどこか切羽詰まったような勢いを感じる。

DSC02501

ポポタムに集合中の人形たちの一部

考えてみると、5歳だろうが50歳だろうが100歳だろうが、生きている限り人は誰でも「これからなにかしらを成し遂げるであろう存在」なのであるが、こういうことを考える自分はいったいなにをわかった気になっているのだろうとも思ってしまう。

栄夫さんも人形たちも全く超越ヅラしていないので、どんなアプローチであれ、うがった見方や過剰な意味づけはエグくなる。

DSC02502

左の羊たちも商品です。買えばよかったな。

友人が撮りためた人形の写真に、浅生ハルミンさんのじんわりくる推薦文が加わり、このたび一冊の写真集になった。ちり紙のドレスの色と質感、女性や動物たちの表情、ポーズ、そして孫によるお祖父ちゃんについての文章も含め唯一無二の世界だ。

写真集の中に登場する栄夫さんの顔もいい。学者然というか、好々爺そうでそうでもなさそうな、人に容易くジャッジさせない、するりと逃げる表情がステキだ。憎いね。

この『祖父の写真』(ちなみに900円+税)が、多くの人の目に触れればいいなあと思う。

 

友人が運営する栄夫さんの作品紹介&栄夫さん情報ツイッターはこちら⇒ 

 

by月亭つまみ


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アメちゃん

    おはようございます!
    先日Twitterに
    「オリーブオイル もちこみ」は「オリーブオイル もこみち」に空目する
    とつぶやいてたのがありました。
    それを読んだ私も、疑うことなく「もこみち」と読んでました。暑いですね。

    やはり、なにをするにも、というか、生きるという意味でも
    年齢とか、過去の時間は関係ないんでしょうね。
    やなせたかしさんのアンパンマンも、人気がでだしたのは
    たしか50代後半だったと記憶します。
    今という一瞬一瞬に集中することが大切なのかな、、。(何を言っても野暮なかんじですが)

    そうそう。
    先日の「今日から地球人」を図書館で借りて読んでいます。
    電話で図書館に予約をいれたときに
    「『今日から地球人』という本なんですが・・・」
    と言ったら、
    職員の方、パソコンに入力しながら
    「『今日から日本人』と・・・」
    って言って、笑ってしまいました。暑いですね。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、おはようございます!

    暑くならないうちにと(なってましたが)さきほどスーパーに行ってきましたが
    POPに「うるだような暑さが続いていますが・・云々」とあり、「ん?」。
    ホント、暑いですね。

    今、自分が90代、80代と暮らしていても思いますが
    余生、みたいな言葉は、若い人間の感覚かもしれませんね。
    高齢者が使ったとしても、それはあくまで洒落や自虐なのかもしれないと思ったりします。
    余りの人生(時間)なんてないし。
    ・・確かに、何を言っても野暮なかんじになっちゃいますね(^^;)

    『今日から地球人』、お読みくださってありがとうございます。
    自分が取り上げた本が読まれると本当にうれしいです。
    でも「今日から日本人」って・・。
    帰化した知人でもいるのでしょうか、その職員さん!?

  • サヴァラン

    サヴァラン

    マイクル・Z.・溜飲
    これ、好きです。

    そしてもちろん「目白の白目」も。

    そしてそして栄夫おじいちゃんの天衣無縫も。
    わたしは特に「太陽の塔」が一等好き!!!

  • つまみ

    つまみ Post author

    サヴァランさん、こんばんは!

    マイクル・Z・溜飲、発見の際は、脳内豆電球が点灯した感覚でしたので、好きと言っていただけてとてもうれしいです。

    目白関係は、完全に脳がとろけてましたね。
    白目がちってなんだよ!とツッコミもいただきました。
    ガラスの仮面、でしょうか(^^;)

    栄夫さんの人形、私はどれだろうなあ。
    ああ、迷って選べません。
    インパクトでは「カメに乗った男の子」でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

どうする?コロナ。どうなる?わたしの年末年始。

昭和乙女研究所

お菓子編 復刻してほしいもの

カレー記念日 今週のおかわり!

薬局で 勧められたよ あの薬

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

SUQQUのアイシャドウとその効果

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第27回 配偶者呼称問題(女性編)

50代、男のメガネは

叱らないとしんどいよ。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ロコモな私:鶏もも肉の甘辛炒め

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

なんかすごい。

カリーナさんの本

出前チチカカ湖

第163回 最近なくしたものを語ろう

OIRAKUのアニメ

第43回 日本沈没2020劇場編集版 オーディオ・コメンタリー付き上映

これ、入るかしら?

vol.74 ドレスとカジュアル

いどばた。

誕生日がいっしょな有名人は誰ですか?

これ、買った!

耐久 メガネのくもり止め買った!

わたしをライブに連れてって♪

みなさん、ZOOMしてますか

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ゆるふわゲストハウスへ、ようこそ!

絵手紙オーライ!

わたしの模写修行(棟方志功)

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

隠密失敗

猫No.62  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

隠密失敗

猫No.62  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up