9月18日はカレー記念日

カレー記念日

寝返りを 百回打って 朝になる

9月18日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 NO.71 ひろい空よ僕らは今どこにいる

 

◆6月某日 僕はこの国の明日をまた想う

このサイトの【最近、映画見た?】でおなじみのイラストレーター小関祥子さんが、このたび第一子を出産されたとのこと。小関さん、おめでとうございます。

去年の秋の「オバフォー祭り」は、ある意味、小関さんが主役だった。【夫婦というレッスン】第5回でカリーナさんがタイトルにもしている名言のせいだ。後日、小関さんが明かしてくれたところによれば、出典は、ジャッキー・チェンにツッこむ人に向かっての(誰かの)言葉らしいが、とにかく金字塔的名言だった。そそり立ってた。

小関祥子さんと実際にお会いしたのはオバフォーのイベントだけだ。でも一方的に強度の(?)親近感を抱いている。それは【最近、映画見た?】やTwitterでのつぶやき、私の記事にいただいたコメント、に共感を覚えることが多いからだ。

以前、私が自分の記事で、「東日本大震災を『サンテンイチイチ』と言う人に引っかかる」と書いたとき、いち早く同意のコメントをくれたのは小関さんだった(アメちゃんさんからもいただいた)。同じ福島出身ということもあるかもしれないが、「ああ、やっぱり小関さんも。だよね」と思った。泣くツボより笑うツボが一緒の人の方が気が合う、と言ったりするけれど、引っかかるツボの一致もかなり重要だ、私には。

小関さんの出産の報で、最近、ネガティブなニュースを聞くたびに自分の脳裏をよぎる「世の中が悪い方に行っても自分はこどもがいないからまだ気楽」という思考も揺さぶられた。これから全身全霊をかけてこどもを育てようとする人が世の中にはたくさんいるのに、いろいろなことに耳を塞いで部外者ヅラをしてていいのかと。
ちょうど、そんな自分が気になっていたタイミングだったからよけい、小関さんの報を聞いてハッとしたのかもしれない。

 

 

◆6月某日 君よ愛するひとを守り給え

わが家は築30余年の木造住宅だが、もう何年も前から一階の床に亀裂が入って抜けそうだった。このたび、やっと重い腰を上げて、プチリフォームをすることにした。

事前チェックで床下に入ってもらったところ、基礎工事が丁寧なので床材の張替だけで済むと言われ、ホッとする。義母がさもありなん、という感じで語ったところによれば、わが家を建てたのは、その数年前に建てられたお向かいの家の工事の仕事ぶりに感じ入った義父が「自分の家を建てるときもぜひともあそこに」で決めた工務店だという。

重ねて義母曰く「もっと安くやれるって言ってきたところもあったんだけど、おとうさんががんとして聞かなかった。それに、うちを建てるとき、あたしたちはすぐ隣のアパートに仮住まいをしたでしょう。小うるさいおとうさんが毎日工事を見張ってたわけだから、手抜きなんかできないわよねえ」。

義父がいかに家族を守ることに心を砕いてきたかを思い知ることは同居してからこっち何度もあったが、義父が亡くなっても終わらない。そういえば、義父の古い古い道具箱から出てきたハサミもそうだ。先端が丸いハサミ。こどもたち(義姉と夫)が小さいとき、ケガをしないようにと、義父はハサミすべてにヤスリをかけたらしい。糸切りバサミも剪定用のハサミも。…過保護にも程がある。

父の日、微笑ましく義父を想う。

 

◆6月某日 何を語ろう

仕事で、毎週1年生に読み聞かせをしている。個人的には「聞きたい人だけ聞けばいい」と思っているのだが、授業の一環なのでそうも行かない。中には、「読み聞かせがキライ」という子もいるんだろうな。いてもいいけど。

でも、でも、である。以前にも書いたし、いろいろなところでも言っているが『どうぶつえんのおいしゃさん』は別格だ。先週、クラス全員がひとかたまりになってこっちに迫ってくるような見方聞き方をされる、というのを実感した。

40年も前の、情報も絵柄も古い本なのだが、そんなことは絵本の力とはまったく関係ないのである。そりゃあ、こどもが大好きなうんこは出てくるけど。次から次と動物が登場するのもいいのだろうな。

おりしも、上野動物園でパンダの赤ちゃんが誕生した。特集コーナー設置好きなので、早速、ミニ特集コーナーを作って、動物の赤ちゃんの本や動物園ガイドといっしょに、このテッパン絵本も並べようと思ったが、読んだ直後、激しい争奪戦が繰り広げられるほど借り手が殺到したので、コーナーには当分並びそうにない。

こうなると、次の読み聞かせのハードルが上がる。今週はむかしばなしで逃げるか(姑息)。

オフコースのしっくりする動画がなかったので、佐藤竹善バージョン。

by月亭つまみ

第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】
第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊 切実本屋】

第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4、5木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 ゾロメ日記】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アメちゃん

    なんか引っかかる、とか、嫌いな言葉を持ってる人に
    親近感ってわきますよね。
    理屈で説明できない、なんかわからんけどイヤ、、という感覚。

    私は「スマホ」とか「トリセツ」「オトナ女子」なぁんていう言葉は
    嫌いなのでぜったい使わないんですけど
    (「スマホ」って、音感がまぬけなんですもん・・)
    多勢の流れに流されたくないなぁという思いがあるんです。
    たかだか言葉だけど、ゆずれない。
    もうレジスタンス。
    でも、こういうのって
    それこそ、つまみさんが不安におもっておられるここ数年の日本の状況も
    「こればっかはゆずれない。」
    という多勢に流されないことが、ストッパーになるような気がします。
    流されないことで、冷静にウソを見破ることが出来ますしね。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、こんにちは。

    そういえば「オトナ女子」ってなんだか妙に恥ずかしいです、私も。
    引っかかる言葉って、「臆面もないことへの嫌悪感」かもしれないと思い至りました。

    そうですね。
    たかだか言葉だけれど、たかだか言葉だからこそ、というゆずれなさがなくなってしまうと、なし崩し的に決壊するものがあるような気がします。
    妙に自信ありげだったり、わかっているよ風な物言いが気に食わんのも、臆面のなさだったり、作為的な流れだったりがうさんくさいんですよね、きっと。

    アメちゃんさんのコメントで、もっと自分の感覚に敏感になろうと思いました。
    ありがとうございます。

  • 花蓮

    この歌を久しぶりに聴きました。リアルタイムではなんか軽い気がしてあまり好まなかったんです。こんかい佐藤竹善さんバージョンで聴けたのもよかったのかもしれない。
    東北大震災のあとに聴いたこの曲は染みました。
    またつまみさんの各段のタイトル引用が素晴らしいですね。私はつまみさんの文章のファンなのです(気持ち悪くてすみません)

    私には子供がいますが30歳になります。
    もう大人だから大丈夫。わたしにはリアルタイムではなくて助かった、という逃げ腰の薄汚さがあり、今回そこもつかれたおもいです。
    本当は何も「もう、大丈夫」なことなんてないのですよね。

    昨日、田舎で遅れて封切りされた「人生フルーツ」を片道一時間半かけて観てきました。
    そちらのつまみさんの考察も楽しみにしています。

  • つまみ

    つまみ Post author

    花蓮さん、こんばんは。

    竹善バージョンを聴いて初めて、オフコースは意外と屈託がある唄い方をするのだなあと思いました。
    透明感、とかよく言われてましたけれど、透明にもいろいろあるのかもしれませんね。

    それにつけても
    花蓮さんのコメントが嬉しすぎます。
    気持ち悪いの真逆です。
    ああ、生きてて、ひとりよがりの文章を書いてて、よかったー!と思いました。
    ありがとうございます。

    私は、何かといろんなことが直視できないヤワな人間です。
    スポーツ中継も、リアルタイムで見るのが苦手なくらいヘタレです。
    「逃げ腰の薄汚さ」という表現にびくんとしました。
    ああ、これからどうしよう。
    自分は変われるのでしょうか。

    「人生フルーツ」、かなり偏屈な感想を書いた気がします。
    カリーナさんがどう拾ってくれるか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

放っておいたら 直らないかな パソコンが

出前チチカカ湖

第161回 最近の一喜一憂

なんかすごい。

髪を切った話

50代、男のメガネは

居場所がない。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

詮無いこと:水餃子

OIRAKUのアニメ

第40回 the present/トンコハウス映画祭

わたしをライブに連れてって♪

私の下より、介護のハナシ

今週の「どうする?Over40」

季節が動く。そしてZINEの感想、再び。

これ、入るかしら?

vol.72 胸のボリューム問題3

いどばた。

コレステタ!処分したものを教えて。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.38 コンプレックスってなに?

絵手紙オーライ!

やさしい風がとどくかな?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人のためのアイメイクwithマスク

昭和乙女研究所

縁日の定番

これ、買った!

三代目スモールエブリガールトート買った!

黒ヤギ通信

ゆっくりと

じじょうくみこの崖のところで待ってます

バルーン棟梁、ふくらみ中。

日々是LOVE古着

補修しながら着続けます(2)

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

阿鼻叫喚

猫No.6  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

阿鼻叫喚

猫No.6  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up