12月15日はカレー記念日

カレー記念日

年相応 いったいなにそれ なんのこと?

12月15日はカレー記念日

権太

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.6 麗しき通俗小説界のニューカマーはなっちゃんだ!

15年ぐらい前、久世光彦が書いた黒木瞳に関する文章を読んで、自分は通俗小説が好きであることを確信しました。

こどもの頃から久世ドラマはよく見ていましたが、文章は読んだことがありませんでした。が、たまたま手にとった女性誌の黒木瞳特集に寄稿されていた彼の文章が妙に心にヒットしたのです。ちょっと長くなりますが、文頭を引用します。

 

通俗の恋愛劇や家庭劇、あるいは通俗のサスペンス劇に出てくる黒木瞳を、ぼんやり見ているのが好きだった。<通俗>をバカにしてはいけない。<通俗>は、たとえば<世の中>ほどの意味で、言い直せば<私たちが生きている>ということだ。私なんか四十年の間、<通俗のドラマ>しか撮ったことがない。私はよくあるシチュエーションと、よくあるストーリーのドラマを作るのが大好きだ。大上段に振りかぶった大作や、奇を衒った不思議なドラマは性に合わないらしい。――<通俗劇>は面白い。なぜなら<芝居>の宝庫だからだ。(後略) 
「Grazia」2003年2月号より

 

黒木瞳論なのに、本題に入る前のみの引用でナンですが(悪意はない)、これが腑に落ち、視界がクリアになったというか、肩の力が抜けてホッとしました。

 

 

自分はずっと通俗小説が好きだったくせに、そう表明したことはありませんでした。バカにしていたわけではないけれど、なんとなく口にしなかった。でも久世さんの文章は、そんな私の「なんとなく」にひそむ見栄というか、読書通ぶった自意識というかを払拭してくれたのでした。それからです、威風堂々と(←言葉の使い方が違うけど)「私は日常至上主義。ふつうの人が描かれたわかりやすい展開の小説が好き」と標榜するようになったのは。

 

そんな通俗小説の代表が以前、この【帰って来たゾロメ女の逆襲】で「第1回ゾロメ文学賞」に選定した『床屋さんへちょっと』(山本幸久/著)です。

 

通俗小説の定義は人それぞれだと思います。エンタメ小説、大衆小説、直木賞を獲るような小説、それら全般、を呼ぶこともあるかもしれません。でも私は少し違います。久世さんの言葉に背中を押してもらった気分で、独断と偏見を承知で書くと「設定と展開はわかりやすく、そこに不自然さはないのに先が読めない小説」。あくまでも「先が読めない」です。久世さん言うところの「私たちが生きている」ってそういうことだと思うから。

さらに、調子に乗って【麗しい通俗小説】の定義も開陳するならば、「着地点は昨日の続きの日常のままなのに、読み終わると地味な毎日がちょっとだけ愛おしくなっている小説」です。だってさ、日常やルーティンワークの気分の底上げの方がイベントより大事じゃん(なんだ、この口調)。

 

この分野は、相当な力と技を持った人にしか書けないと思います。不条理だったり雰囲気重視の偏狭な小説なんて誰でも書けます(断言したぞ!)。万人に向けられたかのごとき身近な設定で人の心を動かし、読者が、読む前と読んだ後で自分の居場所が違っているように感じるような小説を書く技術は本当に高度だと思うのです。

具体的に言うと、山本幸久、平安寿子、重松清、荒木源…などが書く作品が、私にとっての通俗小説です。もっといるかな、いる気がするけれど。

 

 

そんな極私的通俗小説ワールドに、最近あらたな作家が加わりました。宮下奈都さんです。

『よろこびの歌』や『太陽のパスタ、豆のスープ』、そして本屋大賞を受賞した『羊と鋼の森』では特にそれを感じませんでしたが、『神さまたちの遊ぶ庭』で「ん?」と思い(エッセイなのに)、最新作『つぼみ』で確信しました、通俗小説界に頼もしい書き手が登場したぞ、と。

 

『つぼみ』は6編が収められた短編集でどれもいいのですが、特に最後の「ヒロミの旦那のやさおとこ」はまさにまさに!でした。

 

美波、みよっちゃん、ヒロミは、近所に住んでいる、イケてない同い年の女子3人組。特に、身体が大きく、腕っぷしも鼻っぱしらも強いヒロミには、女子というより人としてどうかと思うようなバイオレンスなエピソードの噂にも事欠かず、3人は小学生から中学卒業までは地味にだらっとツルんでいたのでした。でも、高校から疎遠になってしまいます。

月日は流れ、もうすでに家を出てしまって久しいヒロミの家に、ヒロミの旦那とおぼしきやさおとこがやってきます。そして美波に、無自覚なのかそうでもないのかわからない秋波を送りながら「ヒロミがいなくなってしまった」と言うのです。

さて、ヒロミの失踪の理由は?あんなヒロミとこんなやさおとこが夫婦になった経緯は?そもそも、ホントに夫婦なの?もしかして、ヒロミは中学までとは別人のようになってしまったのか?…。

ああ、おもしろかった。明日もがんばろう。VIVA!通俗小説!

by月亭つまみ

第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】
第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊 切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4、5木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 ゾロメ日記】

 

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

スポンサーリンク

 

 

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.23】ほれっぽいのか、 自意識過剰になりやすくて困ってます。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.8 今年の読書で思う「病を得るということ」

50代、男のメガネは

ねこのマロン、まとわりつく。

これ、買った!

ヒートテックの“腹巻き”買った!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

ミカスの今日の料理 昨日の料理

大人の特権 : 圧力鍋でぶり大根

ただいま閉活中

(58)夜の閉活

今週の「どうする?Over40」

「ただいま、閉活中」は、今夜7時公開!メルマガは、ブラックフォーマル。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

初めての友だちは、秘密のにおいがした。

これ、入るかしら?

vol.43 over40のヘアカラー

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人に似合う赤口紅を探して~①

いどばた。

冷えを解消する知恵を出し合いませんか?

あの頃、アーカイブ

【エピソード 18】寿退社と指輪〜昭和のOL事情〜

わたしをライブに連れてって♪

行きたい けど行けない乙女心

黒ヤギ通信

にゃん子先輩の手作り猫カード

四十路犬バカ日和

バンコク犬連れ家探し奮闘記 〜前編〜

絵手紙オーライ!

出かけなければ出会わない。

KEIKOのでこぼこな日常

あなたの鼻は大丈夫ですか?

ラジオブースから愛をこめて

radikoと深夜放送

ワクワクしたら着てみよう

靴とコートと最近気になってるものにワクワク〜♪

なんかすごい。

隣家の子ども

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

昭和乙女研究所

イメージチェンジとか○○デビューとか

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up