1月22日はカレー記念日

カレー記念日

有名人 存命かしらと ググってる

1月22日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

帰って来たゾロメ女の逆襲⑥ ~あっ、極論です。の巻~

 

「ゾロメ女文学賞発表の巻」にはたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。

誰にともなく宙に向かって言葉を放つのもわりと好きなのですが、読んでくださる方がたくさんいる場所へ、えいやっ!と言葉を置くことの楽しさにあらためて

目覚めました。

パチッ。

おはよーございます。

目覚まし

 

自分をへそ曲がりだとは思いませんが(いや、ほんと)、人がこぞって同じ方を向いてる、みたいな世界がちょっと苦手です。

向いてる人たちより、向かせようとするような輩が苦手なのかもしれません。

 

唄とかでもあるでしょう。

人が死んでしまったり、「親を大切にしよう」とか「キミを守ることが僕の役目」とかなんのヒネリもなく言っちゃうやつ。

言ってることの内容に文句はありません。間違ってないよそのとおりだよあんたは偉いよ。

ただ、聴いた側の想像力を発動させる余地がない、ひとつの解釈の方法しか許されないような世界みたいで、つまらないと思ってしまうのです。

作り手の姑息さと、受け手の思考停止を助長してるだけなんじゃねーの?と。

あっ、たぶん極論です。

 

私は昔、かのRCサクセションの曲が好きでした。

好きな理由のひとつは、聴く状況によって同じ曲が違って聴こえる、つまり、「私の」解釈の方法が幾通りもあったから。

たとえば「君が僕を知っている」という曲。

浮かれているとき、落ち込んでいるとき、冷静なとき、それぞれで響いてくるフレーズが違って、どの場合にもしっくりきて、何回聴いても飽きなかった。

 

ブルーハーツの「僕の右手」もそう。

自分のそのときの心理状況によって、右手のイメージが変わるのです。

抽象的にイメージされたり、具体的なもので喚起されたり。

使っている言葉は平易なものばかりなのに、だからこそ受け取る側が自由に介入できる余白がある。

右手

 

小説にもこの論理は採用されます(ナニサマだ、私)。

たとえば、揺るぎない着地点がまずありきで、そこに作者に都合のいいピースをはめ込んだ予定調和の集大成みたいな、賞も獲って映画化もされてる某小説は好みではありません。

あっ、当然極論です。

それより、心にヒットする箇所が人によって違う、同じ人間の感想が一回目と二回目で変わるような小説の方が私には魅力的なのです。

 

職場の同僚である定年間近で孤独な男女2人ずつ、計4人の日常を綴った『秋の四重奏』(バーバラ・ピム著)という小説をご存じですか。

ロンドンを舞台にしたバリバリ地味な世界です。

ベン

 

私の初回の感想は以下でした。

【人生は充実した人生とそうでない人生に二極分化されるわけはなく、もちろん良い悪いもない。あるのは、自分の軌跡であり現実であり受容するしかない将来なのだ。心の広さや狭さ、心身の健康状態、生き甲斐と称するものの有無、家族愛や友情、金銭や物理的安心、などなどは、人生にとっては確かに大切な要素だけれども、それは人それぞれの芯の安定やその人の価値(みたいなもの)とは必ずしも連動してなくて、そこに一般論は存在せず、ついでに言えば人は誰しも孤独に決まっている。ただ、今この瞬間を生きていること、もしくは死にかけていること、にこそ、現実という名をもっての意味があるのだ、それだけでいいのだ、とあらためて思えて、私にはとても心に沁みる小説でした。】

 

でも次に読んだときはどう思うかはわかりませんよー。

もしかしたら「辛気くさくてうっとうしいっつうんだよ!」と罵倒して途中で挫折するかも(笑)。

あの、心に沁みたと言った私はどこに行った!?になるかも。

 

でも、そういうことも含めて、小説を読むことの醍醐味だと思うのですけど、いかがでしょう。

あっ、全編極論でした。

 

 

By月亭つまみ

こんなブログをしています。正体不明な女二人のブログ。 お昼休みなぞにのぞいてみてください♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • ドーリー

    この本は利用している図書館にないし、ちょっと高価~。
    でも興味があるので、手に取ることが出来て読めたら、また報告させていただきます。

    RCサクセションとブルーハーツのこの歌は知らなかったので、歌詞検索してみました。
    「君が僕を知っている」は、清志郎さんらしい感じで好きですね♪
    「僕の右手」の哲学の匂いすらします。

    私は「君は一人じゃない」とか「夢はかなう」とか、あげく「君の為に明日は来る」とか言っちゃうような歌が苦手です。
    嘘ばっかり、とか思っちゃって。

    〉使っている言葉は平易なものばかりなのに、だからこそ受け取る側が自由に介入できる余白がある

    あー、そうだ、私もこういうものが好きだなー・・・と思いました(*^^*)

  • つまみ

    つまみ Post author

    ドーリーさま

    コメント、ありがとうございます。

    そうなんですよね。
    みすず書房の本はちょっとお高いのです。
    私も図書館で借りて読みました。
    機会がありましたら、ぜひ!

    RCとブルーハーツは、私にとって永遠です。
    言葉にメロディが乗ると、またグッと来ます。
    この文章を書いて以来、また通勤のときi-podで聞いています。
    元気が出る、というより、うそくさくない気持ちになります。
    しくじったり弱音を吐くことも含めて、自分なんだからそれでやっていこう
    みたいな気持ちになります。

  • アメちゃん

    おはようございます!

    私も、皆がこぞって同じ方向に向いている世界は苦手です。
    (だから行列や、賑わってるお花見スポットが苦手)
    そんでもって、なんのヒネリもない最近のJ-POPの歌が嫌いです。
    「いつもそばにいるよ」とか、
    ウゲーって、首筋かきむしりたくなります。

    私は、阿久悠さんの歌詞が大好きなんですが
    とくに「また逢う日まで」なんて、ものすごく簡単な詩だけど
    「この二人に何があったんだろう〜?」とか
    「どんな人かな〜?(年齢とか仕事まで)」とか空想できて、いい唄だな〜と思います。

    以前、やしきたかじんさんが
    最近の若い人の唄の歌詞が、くどくどと長いのは
    じつは、言いたい事がない(薄い)からだ。。。と言っていました。
    メッセージの薄さを文字で埋めてるのかもしれませんね。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさま

    私もホント、行列や人混みが苦手です。
    そして
    阿久悠さんの歌詞!
    いいですよねー。
    勝手にしやがれ、とかも想像力が掻き立てられました。

    そうそう。
    言いたいことがないなら、厚くみせようとせず
    むしろそんな薄い自分を唄にすればいいのにねー
    と思います。

  • sprout

    >言いたいことがないなら、厚くみせようとせず
    むしろそんな薄い自分を唄にすればいいのにねー

    ほんと、そう思う!と膝をうった!

    疲れたときなど、予定調和…予定調和をくれ…!と欲する自分がいたりするけど、作り手が手前勝手にこちらの感情をコントロールしてクライマックスに持ってこうとするような気配を感じると、しゅるしゅると興冷めしてしまいます。
    私は白黒のコメディ映画が好きなんだけど、それは最後にお見事!というほかない大団円に終わるのが爽快だってだけじゃなく、そこにいたるまでの登場人物たちの人生や、立場や、そういうののほろ苦さなんかがメインストーリーの脇からどんどん沁み出てきて、今はたまたまこの主人公に光があたってるけど、そのうしろに何百のストーリーがかくれてるって感じさせてくれる作りになっているところが好きなんだー。

    つっても何か見たりするたびに、いとも簡単にトラップに引っかかって泣いてるけど…。

  • つまみ

    つまみ Post author

    sprout殿

    >今はたまたまこの主人公に光があたってるけど、そのうしろに何百のストーリーがかくれてる

    あ~、わかりますわかる!
    私もそういう映画が大好き!
    そして、小説でも「描かれていないところに想像力が喚起される」系が本当に好きなのですよ。

    この前、テレビで「三軒長屋」という落語をやってたのだけど、その噺家さん(名前失念)は、いろいろつっかかったり、ちょっと長い間があいたりしてた。
    けど、そこがすごく良かった。

    人の会話って、そうそうよどみなく進むものじゃないし、考えながら話したりすると、間があいてしまったりする。
    言葉ではこう言ってるけど腹の中は違うな、とか、この空白の時間に劣勢を立て直そうとしてるな、とか、わざと滑舌悪く言ってるのは、ちゃんと理解されたくないからかも、とか、こっちの想像力が膨らんだのでした。

    私も、予定調和も好きだったりします。
    寅さん、大好きですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

ページの上の一日

50代、男のメガネは

なぜ、作らないのだろう。または、どうして卒業生が弱くなっていくのか、という考察。

わたしをライブに連れてって♪

ヘナとシルバーヘアとわたし

ミカスの今日の料理 昨日の料理

本当のことは経験してみないと分からない:はんたま

OIRAKUのアニメ

第44回 モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)

今週の「どうする?Over40」

「出前チチカカ湖」に作品を提供くださっている布絵作家・佐藤知津子さんの作品販売スタート!

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿①

カレー記念日 今週のおかわり!

考えた 次の仕事は 渋かった

いどばた。

缶にしまってるもの何ですか?

ワクワクしたら着てみよう

お久しぶりです~! 明るい髪色にしたくて自染め卒業しました♡

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.42 <極私的 ちょっとその展開、強引じゃね?大賞>

これ、入るかしら?

vol.75 秋に買ったもの

絵手紙オーライ!

幸福満ちる

これ、買った!

ブーツ型湯たんぽ!?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

2020年買ってよかったものあれこれ

出前チチカカ湖

第164回 2020年の初めまして

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

昭和乙女研究所

お菓子編 復刻してほしいもの

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

不細工寝

猫No.63  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

不細工寝

猫No.63  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up