7月9日はカレー記念日

カレー記念日

ミレニアム? プレミアムじゃ?と 若い人

7月9日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…でもありませんが…◆◇ 第22回 20年経って気づいたこと

数字はくせ者だ。たとえば現在、東京都民が気にしたくなくても気にしてしまう【今日の感染者数】。

いくら行政のトップ(あまり名前を書きたくなかったりして)や専門家が「同じ○○人でも4月のときのそれとは内容が違って…」などと言い、いくばくかの説得力をそこに感じたとしても、○○人は○○人だよね、と思う自分がいるし、それ以前に、日々、数字に一喜一憂してしまう自分が鬱陶しい。

今の仕事での学校図書館の蔵書数もそうだ。

公立学校の場合、文部科学省が定めた学校図書館の基準冊数というのがあって、それを目安に、満たしていなければ多め、満たしていればそれより少なめ、の購入予算が、自治体の教育委員会から各学校に振られるわけだが、数字そのものは基準をクリアしていても、その中身が、およそ役に立たない、前世紀の「最新統計集」や「最新地図」だったり、汚れや劣化がひどくて手にとるのを躊躇するものだったり、なんか知らん地元の名士が寄贈してきた複本多数の自伝だったり…は、学校図書館蔵書あるあるだ。

使えない本だからと、それらをごっそり処分すれば、基準数を下回らせたという事実だけが悪目立ちし、「学校司書としての認識が甘い」と言われる始末(たぶん)。わかっていて、数字の管理より実際に役に立つ本を揃えたいからやっていたとしても、上の覚えめでたくないこと必至である(たぶん)。

事ほど左様に、数字はしばしば物事の本質の邪魔をしやがる。

昨日は母親の命日だった。母は、福島県喜多方市で長く暮らし、3ヶ月の闘病生活をし、2000年の6月に亡くなった。20年前。73歳だった。以前、このサイトでもそのときのことを書いた気もするが、付き添いをした3ヶ月は私にとっても、けっこう過酷だった。自分の誕生日に母が危篤になったときは、なんかの嫌がらせかよ、と思ったものだ。

73歳というのは、決して長寿ではないし、元気な80代、90代などを見ると、いまだに、おかあさんは早かったなとしみじみしたりする。そしてそれは必ずと言っていいほど、母に気配り心配りが足りなかった罪悪感を誘発する。まるで定番メニューセットだ。

でも最近、それは違うんじゃないかと思うようになってきた。

母は被害者意識の強い人で「自分は不幸」的なことをしょっちゅう口にしていたので、母のネガティブな自己評価は、死して尚、自分の母親のイメージであり続けた。「お母さんはいつも不幸そうだった」と。

でも違う。おかあさんはいつも不幸そうなんかじゃ全然なかった。

離婚して娘を連れて実家に出戻って、祖母がやっていた女子高校の隣の雑貨屋兼駄菓子屋兼タバコ屋を引き継いだ母は、慣れるまでは確かに大変そうだったけれど、持ち前のお調子者気質(娘にも受け継がれている)で、娘ほどトシが違う(まさに娘の私が高校生だった)女子高生と、娘がドン引きするくらい楽しそうに、世良公則や原田真二やベイシティローラーズなど、当時の芸能界最前線(?)の話をしていた。

クイズ脳ベルSHOWに出て欲しいような、欲しくないような

店にはイスとテーブルが置いてあって、買った商品を店内で飲食でき、夕方、部活帰りの生徒が、通学の汽車時間や、家からのお迎えの車を待つ時間(裕福な家の子が多かったわけじゃない。単に不便なところから通う生徒が多かっただけ)の調整に使っていたので、そういえば高校時代の自分は、あまり母親と一緒に夕食を食べた記憶がない。

祖母と私が茶の間で食べていると、店からよく、女子高生と母親の大きな笑い声が聞こえてきた。誰に似たのか愛想のかけらもなかった祖母は、そのたびに眉間に皺を寄せたが、私はそれに気づかないフリをしていた。今思えば、祖母に乗っかって「おかあさん、女子高生とよく一緒に盛り上がれるよねえ」と共同戦線を張ることもできたのにそうしなかったのは、母が本当に楽しそうに笑っていたからだ。

母が店から離れたのは70歳のときだ。その数年前から、近所にできたコンビニに客をとられて店は閑古鳥が鳴きまくってうるさいほどだったし、肉体的にも続けるのが厳しくなったのは事実だったが、母は本当は店を続けたかったのだと思う。

そこでハタと気づく。

続けたいのに続けられなかったのは不幸だったとしても、70歳まで、辞めたくない仕事があったって、幸せなことじゃない?

その後の母は、観光案内所で観光客に観光地喜多方の見所を説明するパートをしたが、身体がキツいと辞めた。それでヒマになったら、今度は楽器を弾いてみたいとカシオの(安い)キーボートを買い、上手くなったら娘の夫のバンドで演奏するのだと息巻いた。上手くなる前に病に倒れたが、練習途中の曲を一度聴かせてもらった。何の曲だったかは忘れたが、真剣な分だけ、楽しそうだった。

おかあさんは、果敢に見事生き切ったのだ。本人に不幸だと思う瞬間はあっても、トータルで「不幸な人」なんかじゃ決してなかった。それは、母よりもっと少ない数字の年齢でこの世を去った多くの人も同じだし、母よりもっともっと長生きした多くの人とも同じだ。

20年も経って、こんな、子どもでも気づくことをやっと書けた。長い旅だったよ。

もう、母に罪悪感を持つことはやめよう。だって、生き切った人なんだから。

by月亭つまみ


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 匿名

    「生き切った」ひとの一生でこれ以上力強く美しく気高い言葉を私は知らない。
    私も月亭さんのお母様のように生き切りたい。

  • つまみ

    つまみ Post author

    匿名さま

    ありがとうございます。
    誰もが「生き切る」のだと思いたいし、他者に対しても、自分にも、そう思わないことは不遜で失礼な気がする今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.37 いろいろ絶妙。そして4人は?

50代、男のメガネは

夏の出来事。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

No music No手術?:カラスガレイの煮付け

今週の「どうする?Over40」

「わからんなー」のなかの敬意と、ほどよい距離感。

黒ヤギ通信

水茎お見苦しくって

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ハイパー棟梁は、行方不明。

カレー記念日 今週のおかわり!

とりあえず 湿度と気圧と梅雨のせい 

絵手紙オーライ!

そそられアンティーク

これ、買った!

夏のマスク(候補)買った!

OIRAKUのアニメ

第37回 BATMAN NINJA

昭和乙女研究所

お菓子編 キャラメル

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ファッション対談のお知らせと今後の展望

日々是LOVE古着

補修しながら着続けます

出前チチカカ湖

第158回 このフレーズが好き!2020

なんかすごい。

果物のなまえ

これ、入るかしら?

vol.70 胸元のボリューム問題

いどばた。

しあわせの種を撒こう

わたしをライブに連れてって♪

〇か▽か、それが問題だ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

天声猫語

猫No.86  by じゅにお

猫大表示&投稿詳細はこちら!

天声猫語

猫No.86  by じゅにお

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up