12月4日はカレー記念日

カレー記念日

洋服は 似合うかよりも 入るかどうか

12月4日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.40 ムズムズーム

今年もあとひと月半。「なんてこったぁ!早すぎるぞ!」…性懲りもなく、毎年毎年この時期はそう叫んで、天を仰いでいる気がしますが、年々その「!」度は強まっていること、間違いありません。

特に今年は、コロナのせいで例年とは違う時間との向き合い方を迫られましたし、今も続行中です。人々の在宅比率はおしなべて高く、私もこのサイトのおかげ(特にミカスさん)でZOOMなんぞを経験することになりました。

しっかしなあ。

スマホ同士だけのプチZOOM的なものも含め、トータルでもう10回はやっているこの文明の利器ですが、私、ただの一度としてすんなり入室できたためしがないのです。なぜ?「自分はZOOMに嫌われているのではないか」と本気で懸念するレベルです。

 

 

先日開催されたトークイベント【カリーナさん出版記念&生誕祭】を視聴なさった方はご存じかと思いますが、あのときの私も、まるでその懸念を誇示する(?)かのように、分割された画面のど真ん中に名前だけが煌々と(でもないか)表示され続けていました。

視聴者の方におかれましては、あの画面構成を見て、まずはこう思ったことでしょう。「ああ、つまみは声だけで参加するんだな」と。が、しかし!よく見るとなぜか端っこにつまみが顔を晒している。えっ?いるの?どゆこと?…とまどった人続出(!)だったと思います。

いるんならさー、せっかくのカリーナさんの晴れの舞台なんだから、画面の6分の1を占領している白抜きの「つまみさん」の文字、消しなさいよ!めっちゃ邪魔ー!と思ったはず。

はい、私がイチバンそう思いました。

あの「つまみさん」という表記こそが、自分がZOOMに嫌われている証拠です。

 

話は、あの日の開始時間、午後8時から、30分ほど遡ります。

私は、今までの各種のZOOM時にはしたことのない化粧を念入り(自分比)に施し、パソコンからZOOMウェビナーに入りました。あと30分かあ、いよいよ始まるんだなあと、ちょっと感慨を覚えつつ。

鼻炎で鼻は詰まっていましたが、それくらいなんのその。やるときはやる女だからねアタシは!ふがっ!と通らない鼻の穴を膨らませて、満を持して入室したわけです。

ところが、声は届くし、他のパネラー(カリーナ、ミカス、Comet、爽子 各氏)の顔は見え声も聞こえるのですが、いっかな自分の顔が映らない。いろいろやってみるがダメ。本番の時間が刻々と迫っている…どうするべ。

う~ん、最後の手段、やっぱ、これしかないよね、と、夫のタブレットを引ったくり、それで入りました。自分の顔が映りました。

タブレットの場合、パネラーとして入室すると、画面が分割されず、声を発している人しか映らないという不便さはあります。でもそれはもうこの際、しょうがない。で、パソコンはお役御免とウェビナーから退室させました。

ところが、またここに問題発生!

私のこの日の役割は、担当がいろいろある他のパネラーが拾い切れない、視聴者のみなさんのコメントをピックアップすることでした。ところが、タブレットからの参加だと、そのコメントが見えないのです。…いや、見えるのかもしれませんが、見方がわからない。他のパネラーに聞こうにも、私以外はタブレットで入っていないので状況が伝わりそうもない。そして、もはや本格的にタイムリミット。

そんなわけで、あわてて、またパソコンからも入りました。パソコンからの参加であれば、自分の顔は映らないものの、視聴者のみなさんのコメントが常時画面の端に出るのです。

気持ちよく「一件落着!」とまではいかないにせよ、これでなんとかなりそう。

ふうう~((+_+))

そんなわけで、タブレットから自分の顔と声を晒し、パソコンから他のパネリストのビジュアルと視聴者のみなさんのコメントを確認するという、イレギュラーな状況での参加となりました。そのせいで、私だけ常にあらぬ方向を見ている映像となり、悪目立ちしてしまったかも。でも楽しかったな。

 

ああ、こんなどうでもいい与太話に1600字も使ってしまいました。

 

 

今回の【月刊★切実本屋】はついさっきまで東野圭吾で行くつもりでしたが、この流れだとやっぱりカリーナさんの本ですよね。

私はAmazonに今回の本のレビューを書きましたが、あれはAmazonレビューのデビューということで、ちょっと気負っていて、今読み返すと恥ずかしいです。Amazonサイズにトリミングしたよそゆきの顔という感じ。

 

なので、あらためて、普段の顔で今浮かぶ感想をここに書こうかな…とも思ったのですが、最初に読んだときの感想に勝るものはない、と勝手に判断して、10/24、読み終わった直後にカリーナさんに私信として送った感想をここに貼ります。私信なので言葉遣いがアレなのはお許しください。

 

内容を若干お直ししてここに公開しようかと思いましたが、そのままです。よそゆきと私信、その間はないんかい!?と言われそうですが、ありません。

ではみなさま、よろしく(なにが?)。

 

 

素晴らしかったです。本当に良かった。凄いと思った。

事実や状況や心情を的確に表記するカリーナさんの手腕は知っていたつもりでしたが、カリーナさんの本当の凄さを知らなかったんだと思った。

言葉って、それをセレクトしても、その言葉だけに集約されるわけではない。でも、特にノンフィクションと呼ばれるモノは、書かれた言葉だけで表現されたもので判断しがち。ある意味、それを当然だと思って読んでいる。でも、今回のカリーナさんの本では、その言葉の周囲や、選ばなかった言葉の存在もものすごく感じた。

それは自分が、この野田敦子さんを知っているからなのかと、読みながらすごく考えたのだけど、きっと私は、この著者のことを知らなくても、この本にそれを感じて、この人、なんかすごいなと思ったはず。

まるで、とても誠実な私小説を読んだような読後感に今浸っています。っていうか、途中から私小説だと思って読みました。

圧倒されつつも、もっと書きたいことはいっぱいあるのですが、このへんで。

本当に書いてくれてありがとうございます。

どんな表現でも人を傷つける可能性がある、というのは、私ごときでも肝に銘じていることですが、カリーナさんの覚悟に心から敬意を表します。

(ここで数十分間が空く)

いやあ~、今、お風呂に入って余韻に浸ってきました。

献身にプレイという言葉をブッキングさせたカリーナさんの言語感覚は、たぶんその組み合わせを初めて使ったであろうブログ(間違ってたらゴメン)を読んだときからインパクトがあってさすがだと思いましたが、このタイトルに惹きつけられ本を手に取り、開いて読んだ人の、各種の「ああ、思ってたのと違う」が想像されます。

本なんて、思っていた通りのことが書かれていたら、それが実用書であれ全然面白くないし、お金を出す価値はないと思っています。

自分を、想像していた場所や、見知った世界、とは違うところに連れて行ってくれることこそが読書の醍醐味。

それはどんな本でもそうです。

そして、手垢にまみれた、この表現を使っときゃ無難だろ、の文章は、一行たりとも読みたくない。

今回のカリーナさんの本ですごく感じたのは、どんなに行き着く場所(気持ち)が共感できるものであっても、そこに至る表記に一行も「こんなもんでよかんべ」イズムがないことです。

どの文章も、書き手の息遣いを感じるというか、書き手の思いが乗ってる。なのにすごく読みやすい。だから読みやすい、のかもしれない。

昨日(※10/23)の在宅デトックスで「どこからが介護なんだろう」という話になって、そんな線なんてないよね、という当然の帰結になったわけですが、僭越ながら「介護そのものより、関わる方の気持ちの濃淡が大きいんじゃないか」と発言(?)しました。

今日、カリーナさんの本を読んで、一人の人間の気持ちの濃淡の多様さ、奥深さ、せつなさと心強さ(小室か)を思いました。

あらためて書きますが、めっちゃ面白かった。カリーナさんの本だから一気読みしたのではなく、面白かったから一気読みしちゃいました。(終わり)

by月亭つまみ


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 爽子

    爽子

    つまみさん、こんにちは。寒くなってきましたね。
    わたしも、「もうあまり今年がのこってない!!」の「!」が年々強くなってきています。
    同世代ならではの共感をかみしめています。

    実は私もあの日ばかりは、直前にマスカラをつけに洗面所へ。
    何か月も使ってなかったので、固まって使い物にならず湯煎して復旧させました。
    なのに、zoom入室に、なんだか手間取りました。
    zoomって、普段見ないようにしている自分の顔がずっと見えててやばいですね。
    半分はお絵描きしてるために紙の上に視線がありましたけれど。

    紫の文字のカリーナさんの本のブックレビュー、まったくそのとおりだ。
    わたしは、ごくごく水を飲むみたいな読み方をしてしまいました。
    2回目はじっくりと。
    とてもいい本だと思います。

  • つまみ

    つまみ Post author

    爽子さん

    湯煎!なんか爆笑してしまいました。
    私も、マスカラはたぶん固まっているはず。
    固まりかけって、イチバンこってり付きませんか?
    私のは安物だからかな。

    加齢で瞼が下垂して目が腫れぼったくなったので、マスカラをつけると、すぐ瞼に付いてしまうようになりました。
    ああ、悲しいぜ。

    カリーナさんの本は、文学的にも優れていると思います。
    文学って、実は優劣なんて全然わからないんですけど、各章の最後の文章とか、場面の移り変わり、人の描写、幾度も唸りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

絵手紙オーライ!

ときにはペンスケッチで・・・

50代、男のメガネは

いや、もうボクはいいです。

これ、買った!

GUのオーバーサイズハイネックニットチュニックを買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

手紙 を書いて: かぶと干し海老のトロ煮

今週の「どうする?Over40」

どうする?コロナ。どうなる?わたしの年末年始。

昭和乙女研究所

お菓子編 復刻してほしいもの

カレー記念日 今週のおかわり!

薬局で 勧められたよ あの薬

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

SUQQUのアイシャドウとその効果

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第27回 配偶者呼称問題(女性編)

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

なんかすごい。

カリーナさんの本

出前チチカカ湖

第163回 最近なくしたものを語ろう

OIRAKUのアニメ

第43回 日本沈没2020劇場編集版 オーディオ・コメンタリー付き上映

これ、入るかしら?

vol.74 ドレスとカジュアル

いどばた。

誕生日がいっしょな有名人は誰ですか?

わたしをライブに連れてって♪

みなさん、ZOOMしてますか

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ゆるふわゲストハウスへ、ようこそ!

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

発掘現場

猫No.49  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

発掘現場

猫No.49  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up