6月19日はカレー記念日

カレー記念日

仕事の日の雨は× 休日の雨は○

6月19日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『博の愛した数式』 前編

 

 

「博の気力は80分しか持たない。まだ子どもだから」と彼女は言った。

博

 

博は10才。

私の職業は家政婦で、週に6日、博の家で働いている。

博の母、つまり私の雇い主の加代さんは、シングルマザーで博を育てている。

都内の東の外れで小児科クリニックを開業している加代さんは手ごわい。

容姿と白衣のせいで仕事中は天使のようだが、家の中では別人。

どちらかというと悪魔か魔女だ。

 

 雇い主のたっての希望で、私はその子息を呼び捨てにしている。

加代さん曰く

「家庭内での地位を理解させたいの。

それに、男性保育士のいる保育園に子どもを預けてる父親は、

預ける前より子どもとコミュニケーションをとるようになるっていうじゃない?

父性が外部の刺激で活性化されるんだとしたら、

私も、自分の子が呼び捨てにされたら微妙にムッとして

独占欲みたいなのが湧くんじゃないかと期待してるんだ」

こんなことはふつう思っていても人には言わない。

やっぱり加代さんは手ごわい・・というか変わっている。

Adult and Daughter (9-10) Holding Hands

 加代さんは息子に対して、どちらかという‥までもなく放任主義だが、

気まぐれなので時折、突発的な行動をとる。

 

私の休み明けのその日も、博がうんざりした顔で報告してきた。

「昨日は大変だったんだよ。

お昼ごはんを食べたら急に『出かけるよ』って言われて、

どこに行くのって聞いたら

『決めてない。たまにはふつうの親子をやっとかないと忘れるから。

なにごとも思い出づくり』だって。

親が子どもにそういうことを言う?」

言わないと思う。

加代さんは先に立ってずんずん歩いたらしいが、

本当に目的地などないようだった。

彼女には以前から、考えごとがあるとひたすら歩く癖があるが、

心の準備もなく付き合わされる方はたまらない。

ふたりは1時間以上かけて、区営の展望タワーに到着してそこに上った。

01-25

「『高くて気持ちいい』って言ったら、

おかあさんが『ここは夜景がキレイなんだよね』って。

だから『じゃあ、夜にまた来ようよ』って答えたの。

そしたらなんて言ったと思う?

『子どもと来てもつまんない』だって!」

その後、ふたりは展望タワーの近くのカラオケに行ったらしいが、

加代さんは疲れたと言ってソファに横たわり

そのまま熟睡してしまったそうだ。

2時間も。

かわいそうな博。

 

「帰りはもう暗くなってた。

おかあさんは寝たら元気になってて、帰りも歩くって、

行くときとは違う細い道を通ったの。

誰も通らないような寂しい道。・・・でね」

博は心なしか目を輝かせた。

「オバケでも出た?」

「ちがう。道で着替えてるオジサンがいたんだよ」

私は「なんだ」という気持ちが顔に出ないように気をつけながら

「大人にはいろんな事情があるからね。公園や川原に住んでる人もいるし」

と言った。

それに対して博は、とっておきの情報を明かすように、

いくぶん声を落として上目づかいで言った。

「でもそのオジサンは女の人の洋服に着替えてるとこだったんだよ。

スカートを履こうとしてた。

お化粧もしてない、顔はふつうのオジサンなのにさ」

靴

 

オジサンは堂々、というより淡々と着替えていたらしい。

ふたりに見られても「スカートを履くところですけど、なにか?」

という感じで。

博はちょっと怖くなって思わず母親の腕をぐっと掴んだ。

加代さんは、といえば、

まるで路上でTシャツかなにかを着替えている人を見たかのように、

驚きもせず、かといって露骨に目を逸らしたりもせず、

ちょっとだけオジサンに目を留め、そのまますれ違った。

そしてオジサンからずいぶん離れたところまで来ると急に立ち止まり、

めずらしく真剣な口調で博にこう言ったという。

「これは命令なんだけど、さっきみたいに、

ちょっとふしぎな人を見たり、わからないことや怖いことに出くわしても、

すぐに気持ち悪がったり『ありえない』と決めつけないで欲しいの。

必ず一度は、この人はどうしてこんなことをしてるんだろう、

なんでこうなるんだろうと考えること。

いい?」

「命令・・なの?それ」

「そう、命令。

心を閉じたり怖がったらそこでおしまいだし、

それに関してイヤな思い出しか残らない。

もしかしたらすごくおもしろい理由があるかもしれないのに、

それってもったいないじゃん。

どうせなら、いろんな理由を想像した方が、

将来、思い出をやるとき楽しいでしょ?」

「ふ~ん。‥じゃあさ、おかあさんはさっきのオジサンは

どうしてあんなことをしてたんだと思う?」

博の問いに、加代さんは即答した。

「あのオジサンんちはウチと逆で、お母さんがいないの。

だから子どもの誕生日にお母さんをやってあげることにした。

サプライズの準備中だった」

「げっ!子どもは全然うれしくないと思う」

Birthday Cake With Lit Candles

「じゃ、こういうのはどう?

・・実はそのサプライズは今日のことじゃなくて過去の話なの。

前にもオジサンは着替えを他人に見られた。カップルに。

そのカップルも博ぐらい驚いただろうね。

ところがしばらくしてカップルは別れちゃった。

でもカップルの女の人の方は彼が忘れられなかった。

だから時々、思い出の小道にひとりでやって来るようになった。

オジサンはそれを知って、彼女のために

〈思い出の着替え〉をしてあげてるの。

あのときのことは夢じゃなかったんだよって彼女に証明するために」

「‥なんだよそれ。意味が全然わかんないよ」

10才の子どもにそんな斬新な解釈を披露するなんて、

やっぱり加代さんは変わってる。

私は博に「大変だったね」と言って同情したが、同時に、加代さんが昨日

〈思い出〉という言葉を連発していたらしいことが引っ掛かった。

(続く)

 

※後編は9/23(月)更新です。

 

 文・月亭つまみ

 イラスト・みーる(Special Thanks)

 

 こんなブログをしています。正体不明な女二人のブログ。 お昼休みなぞにのぞいてみてください♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 


ゾロメ女の図書館小説 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

猫のさよなら

50代、男のメガネは

父の七回忌、写真の配置

OIRAKUのアニメ

第17回 海獣の子供

今週の「どうする?Over40」

「日常の平穏」は、いつだってホラー映画のオープニング。

日々是LOVE古着

自分でサイズ直し

黒ヤギ通信

ムーミン谷の仲間

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

mikityさん、チークの位置が古いです。

カレー記念日 今週のおかわり!

枕買ったら 目がよく見えるよ (当人比)

いどばた。

笑いをかみ殺したハナシをしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.25 ほむほむの後継者は、いま話題のあのヒトだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

切る覚悟:ねぎ酢だれ唐揚げとおまけの一品

わたしをライブに連れてって♪

おだやかな時間

これ、入るかしら?

vol.60 またまた髪について

絵手紙オーライ!

雨の日も また楽し。

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

四十路犬バカ日和

一年経って令和になって

KEIKOのでこぼこな日常

日本語って奥深い

昭和乙女研究所

昭和のあの町はどこへ…

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

茫然自失

猫No.19  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

茫然自失

猫No.19  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up