9月21日はカレー記念日

カレー記念日

細かい字 スマホで写メして 拡大す

9月21日はカレー記念日

めーぷる

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『博の愛した数式』 後編

 

前編はこちら → 

 

 

数日後の夕方、加代さんが診察室からふらっと休憩に来た。

博の所在を聞き、彼が図書館に行っていると知るとうなずいて、

なんでもないことのように、自分は病気が見つかったので

近々手術をすることになる

博にもこれから話すつもりなのでよろしく、と言った。

「アメリカに行っていた知り合いの外科医が

帰国して手術をしてくれるの。

彼を信頼してぜーんぶ任せることにしたから心配はしてない。

内視鏡手術なんだから80分以内で済ませて、と言っといた。

博の気力は80分しか持たない。まだ子どもだから」

私はなにか気のきいたことを口にしようかと思ったが思いつかず、

「加代さんなら楽勝ですよ」と言った。

加代さんはニヤっと笑ってそうね」と言った。

博

博は、手術の話を聞いても表面上はこっちが拍子抜けするほど冷静で

「80分?・・・ってことは、1時間20分なんだ」と言っただけだった。

そしておもむろに、リビングのソファで図書館から借りてきた

『図解飛行機はなぜ飛ぶか?』という本を読み始めた。

どう見ても博には難しすぎる内容だったが、

それ以降毎日、憑かれたようにその本を読んでいた。

 

 手術は、予定日の予定どおりの時間に始まったが、

80分では終わらず、倍の時間がかかった。

ようやく終わると、手術を担当した医者が

家族控室にいる私達のところにやってきた。

 Balloons

「手術は無事に終わったよ、博くん」

「博、でいいよ。おかあさんとはもう話せるの?」

「あと1時間もすればね」

担当医はそう言って、ちょっと探るようなそぶりで続けた。

「博・・はおかあさんにまずなんて声をかけるつもり?」

博は生意気そうに眉間にシワを寄せた。

そしてしばらく考え込んだ顔をした後、口を開いた。

「この前、おかあさんと歩いていて、

道で男の人がスカートを履いているところを見たの。

ちょっと怖かった。でもそのときおかあさんに、

ふしぎなことやわからないことがあっても、こわがったり、

『ありえない』とか思わないでその理由を考えろって命令されたんだ。

だから今日僕、おかあさんの手術が予定より長いなと思ってから、

その理由を考えてた。だって命令だからね。

最初はあんまり楽しくなかったんだけど、

おかあさんのまねをして、サプライズとか、<思い出の手術>とか、

いろいろ想像してみたら、ちょっと笑ったりしちゃって

待ってるのが平気になった。

それをね、おかあさんに言うつもり」

担当医は博をじっと見て話を聞いていたが、

終わると大きく何度もまばたきをした。

そして言った。

「そうか。博が考えたいろんな理由、先生にも聞かせてほしいけど、

それを最初に聞くのはおかあさんだよね」

博は小首をかしげてから「うん」と言った。

担当医はもう一度「そうか」と言い、

「おかあさん、聞いたら喜ぶと思うよ」と付け加えて、部屋を出て行った。

Math Homework in Notebook

 

 「カーブしている翼の表面では気流の流れが早くなる。

すると機体が揚がる力が増す。だから飛行機は飛ぶ。

これがベルヌーイの定理。すごいと思わない?」

博はまるで憧れの女性を呼ぶように「ベルヌーイ」と発音した。

博は13才。

私の仕事は相変わらず博の家の家政婦で、加代さんは相変わらず変わってる。

博は中学生になった。

将来の夢は数学者になることらしい。

3年前、加代さんに「命令」された博は、

同じ日に展望タワーから仰ぎ見た飛行機をターゲットにした。

つまり「飛行機はどうして飛ぶのだろう」と疑問に思い、

理由を考え、以来、数学に興味を持つようになったという。

turbulence ahead

加代さんは「自分の理数系の遺伝子が目覚めた」と断言し、

「私も中学のときに近所の図書館の数学の本をかたっぱしから読んだもんよ。

内容はあまりわからなかったけどおもしろかった。

でも、図書館の数学の分類の数字がどうしても覚えられなくて

捻り出したのが

数学好きはよいお(410)んな。

だから今でも、それが410だってことを覚えてるのよね」

と自慢げに言った。

Man Reading Book and Sitting on Bookshelf in Library

私は、数学好きなのに3桁の数字を覚えられないってどういうこと?

と思ったが、口にしなかった。

それと、現在高校生の私の娘が、

加代さんの前の雇い主の影響で数学に興味を持って、

今では数学教師をめざしていることもなんとなく言いそびれている。

娘は、前の雇い主に「頭の形がΩに似ている」という理由で

オメガと呼ばれ、今でも彼を慕っている。

 

私は、博と自分の娘を引き合わせる場面を想像して頬をゆるめた。

なんとなく対面場所は展望タワーが最適な気がした。

もちろん、夜景がきれいな時間に。

 

(『博の愛した数式』 終わり)

 

文・月亭つまみ

イラスト・みーる(Special Thanks)

 

 

図解 飛行機はなぜ飛ぶか?―紙ヒコーキとゴム動力機でわかる飛行の仕組み (講談社SOPHIA BOOKS)

 こんなブログをしています。正体不明な女二人のブログ。 お昼休みなぞにのぞいてみてください♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 

スポンサーリンク


ゾロメ女の図書館小説 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • わに

    全編の

    > 「博の気力は80分しか持たない。まだ子どもだから」と彼女は言った
    ここ いい。  そーきたかっ って おもっちゃいました

    >博はまるで憧れの女性を呼ぶように「ベルヌーイ」と発音した。
    ここも好き

    今 私が好きな カタカナは サットンです  (ちょっと甘えた声で発音してみて。笑)

    母の通院で覚えたカタカナです。。。。。サットン白斑(サットン母斑)

    ミーハーな話ですが 小川洋子さんは地元高校の 校歌 作詞されてます。
    Wikipediaに出ている高校名は 今現在の高校名です  
    高校の名前が変わった時に制服は変わったけど 校歌はそのまま引き継がれました。

  • sprout

    私はなにか気のきいたことを口にしようかと思ったが思いつかず、
    「加代さんなら楽勝ですよ」と言った。

    と、

    私は、数学好きなのに3桁の数字を覚えられないってどういうこと?
    と思ったが、口にしなかった。

    が好きです。
    理由を考えてみたのですが、どうも「楽勝」と「どういうこと?」の部分がことさら好きなようだということしかわからない。

    ベルヌーイ、は美人そうだ、ブルネットの美人。

    ものすごくよかった。紙で読みたいです。

  • つまみ

    つまみ Post author

    わに様
     
    うひょ。
    好きな箇所を挙げて下さって光栄です。

     
    サットン♡
    サットン♥
    ・・なんだか、サトコさんかサトシ君を、愛情を籠めて呼んでいるような気がしてきました。 
     
    思わず、小川洋子さんのWikipediaで調べてしまいました。
    小川洋子さんが母校の校歌を作詞って、カッコイイ!
    うらやましい!!

  • つまみ

    つまみ Post author

    sprout殿
     
    わーい!
    誉めてもらっちった(*゚▽゚*)
    ざまあみろ!?(意味不明)
     

    そうそう。
    ベルヌーイって私も美人のイメージ。
    こういうのってフシギっすよね。
    一種の共感覚?
     

  • カピバラ舎

    今回も楽しみに読ませていただきました!

    「博士の〜」のほうを読んでおらず、ついついあらすじを検索してしまいました。
    小川洋子さんのラジオ番組(名作を解説する)は毎週ぼんやりと聴いているのですが。

    見覚えのある展望タワーの写真が!
    しかし私も夜には登ったことがありません…。

  • つまみ

    つまみ Post author

    カピバラ舎さま
     
    ありがとうございます!!
    「博士の愛した数式」、小説も映画もどちらも私は好きです。
    なので、恐れ多いとは重々知りつつ、ついモチーフにさせてもらいました(^_^;)
     
    晴れた夜の展望タワー、ちょっと感動するくらいキレイですよ。
    人が少ないので、夜景を独り占めした気分になれます。
    毎夜、南東方向に花火も見えますしね。小さく、ですけど。
    でもなによりのおすすめポイントは無料ってことですよねー。
    ・・って、私は区の回し者かっ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

つくるひと、紹介するひと

50代、男のメガネは

台風の夜の後悔。

このマンガがなんかすごい。

第1回:うっかりマンガの話を始めてみたら…

これ、買った!

マニキュアいらずの爪磨き、買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

あなたの平凡は誰かの非凡 : 豚肉の焼いただけ

今週の「どうする?Over40」

今週水曜日、マンガを熱く語り合う座談会「このマンガがなんかすごい」がはじまります。

黒ヤギ通信

【黒ヤギ通信(1)】素敵な材料はすぐそばに~贈り物の包装紙でお礼状

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

運動を続けるコツは?④~いざとなったらこんな手が~

いどばた。

不倫、許したくないですか。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.5  左利きの自己弁護

ただいま閉活中

(55)閉経総括~エチケット編

これ、入るかしら?

vol.41 コンディショナー不要になってきてしまいました

あの頃、アーカイブ

【エピソード15】高度成長期のサラリーマンライフ

四十路犬バカ日和

シニアドッグの1ヶ月

KEIKOのでこぼこな日常

お皿にお鍋におちょこに…

昭和乙女研究所

雑誌『フェアレディ(fair Lady)』ご存知ですか?

ラジオブースから愛をこめて

世の中、ノイジーです!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.20】ちょっとした体調不良で世をはかなみます。

ワクワクしたら着てみよう

ポール君にワクワク〜♡

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

着まわせ!れこコレ

同期会はあの街で

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up