2月29日はカレー記念日

カレー記念日

寒さに気圧 花粉に加齢 ああ、しんど

2月29日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ。2023年1月17日

ゆみるさんにメールのやりとりをしませんかとお誘いしてから、早いものでもうすぐ1年。下に紹介しているメールの中にも書いていますが、わたしはゆみるさんの「黒ヤギ通信」に書かれた夫亡き日々をとても熱心に読んでいました。ご存知の方も多いかと思いますが、ゆみるさんは、2020年8月に最愛のパートナーを亡くされ(こちらの記事をどうぞ→ 「633通」)、それ以降の手続きや出費のことなどを「ボツイチ鼻水出金簿」として6回に分けて書いてくださいました。
わたしカリーナの夫は、2年後の2022年8月に亡くなったのですが、葬儀の打ち合わせのとき、ゆみるさんの記事を頭のなかで思い出していたぐらいです。

その後、ゆみるさんは、引っ越しを決意され、そこで男の子との出会いがあったり、第九の合唱に参加したりと悲しみを秘めながらも、さらっと新しいことに挑戦しておられました。

どんなことを感じているのかな。どんなふうに暮らしているのかな。夫をみとるときや葬儀のときとか、本当は、どんなふうだったのかな。もう少し深く知りたくて、いろいろぶしつけな質問もぶつけてみました。ゆみるさん、つきあってくださってありがとうございます。

これから月に1度、第二月曜日公開します。よかったら、お読みください。

ゆみるさま。

こんにちは!カリーナです。今年もどうぞ、よろしくお願いします!

突然ですが、オバフォーは今月10周年を迎えました。

だから、というわけではないのですが、

ここのところ考えた企画を実現したいと思い立ってメールをさしあげています。

それは、ゆみるさんとわたしの往復書簡です。

テーマは、「夫亡きあとを生きる」。

わたしは夫が亡くなってから、ゆみるさんが書いてくださるお葬式やお引越しの様子などをしみじみ読み返しました。

そして、ゆっくりお話したいなあとずっと思っていたのです。

寂しさもある。悲しさもある。
でも、それだけじゃない日常。。。みたいなものを

それぞれが、それぞれに寄せることも、否定することもなく、できる範囲で思いのままに語り合えればいいなあと思いました。

昨年末、高校時代の友だちのダンナさん(彼も私の同級生)がステージ4のすい臓がんを告知され、わたしも大変なショックを受けました。友人は、わたしの書籍を読んで応援してくれたり、夫の死後も温かく支えてくれていて、わたしは、彼女たち夫妻の幸せな老後を願っていたし、当然訪れるものと思い込んでいたのです。

そして時間が経ってから思いました。

「夫の闘病」「夫との別れ」は、同世代の女性たちが知りたい、分かちあいことなのではないかと思いました。

いかがでしょうか。

もし、ちょっと気のりしない、ということならスルーくださってまったくかまいません!

お返事するのも面倒だったら無視!でも全然OKです!ちょっとやってみて考えるでも構いません。

最終的に公開するしないも決めなくていいですし、

公開するとしたら、公開前には改めて確認していただきます。

わたしからメールを書いてそのあと、気分が乗った時にお返事いただく・・・とか、そういう感じを考えています。

こんなふうならいいんじゃない?というアイデアなども、もし、もしあれば聞かせてください。

ほんとーーーに突然すみません!

お暇なときにお返事くださいませ。(ほんとにスルーでもいいですからねーーーー)

来週、めちゃめちゃ寒くなりそうです。お体気を付けて!

カリーナより


夫亡き日々を生きる 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アバター画像

    ぺるそな

    カリーナさんお久しぶりです。そしてゆみるさん、初めまして。

    連載を心待ちにしていました。

    2021年の秋に夫を亡くしてから、制御できない諸々の感情を宥めるために書籍やブログを読み漁っていましたが、不思議なもので、読みたいものと読みたくないものがあるのです。同じような経験をし吐露されている苦しさや辛さも同じなのに。

    お二人の本と連載にはとても力づけられました。今できることだけを粛々とやっていく。その結果、見えてくるものや出会いがあり、一人でも大丈夫という折れない芯ができ、そしてそれらが今後の生活の大切な一部になっていく…
    悲しみが殊更には語られず淡々とした印象を与える男前のところも格好良いです。

  • アバター画像

    nemu

    カリーナさん、ゆみるさんこんにちは。

    お二人の書かれるものを、以前から、それぞれ楽しみに読ませていただいているので、往復書簡を公開してくださるなんてとても嬉しいです。

    わたしも夫もカリーナさんと同世代。

    犬の散歩のため、毎朝決められた時間にそれぞれ起きてくるのですが、何らかの理由で、夫の寝室がシーンとして、準備している気配がない時など、ドキッとしてしまう年頃になってきました。

    早くても遅くてもいつかは必ず来る、別れの時のことは常に頭の隅にあります。

    それなのでお二人のだんなさまのことを読ませていただいていた時期は、とてもショックで、そして(陰ながら)心配し、応援していました。

    その時間を乗り越えられたお二人の書簡。
    とても楽しみに読ませていただきます。

  • アバター画像

    カリーナ Post author

    ぺるそなさん

    お久しぶりです!コメントうれしいです。
    2021年にご主人を亡くされたのでしたか。
    どこかで書いてくださっているのを
    私が見落としたか、
    不覚にも(+最近の物忘れ深刻化で)忘れたかと
    あちこちコメントなどを検索しましたが、
    わかりませんでした。
    もし、すでに書いてらしたら
    改めてびっくりしてすみません!

    では、2年少しが経ったのですね。
    悲しみからバタバタと忙殺される時期が過ぎ、
    ある程度の落ち着きゆえの寂しさがあるのではないでしょうか。
    私の本やゆみるさんの連載を読んでくださったとのこと、
    とてもうれしいです。
    私の場合は、自分のことばかりグイグイ書いたので
    ご不快になる人もいるのですが、
    そんなふうにおっしゃっていただけてホッとしました。

    連載、ゆみるさんの回はとても哀切で気丈でグッときます。
    読んでいただけるのうれしいです。

    これからもどうぞ、よろしくお願いします。
    もうすぐクリスマスですね。温かくお過ごしください!

  • アバター画像

    カリーナ Post author

    nemuさん

    コメントありがとうございます!
    Xでもお世話になっています(^^)
    これまでの読んでくださっていたとのこと、
    とてもとてもうれしいです。

    nemuさんのご主人に対する「ドキッとしてしまう」感覚、とてもよくわかります。
    私も同じでした。

    平穏な日々がずっとずっと続くのがもちろん一番の幸せですが、
    女性の心には(もしかしたら男性も)いつもどこか
    「この日々が終わる時が来るのでは」という不安が微かにある気がします。
    特に女性のほうが長生きなので…。

    今は、読んでもらえなくても
    いつかずっと先に「ああ。カリーナとゆみるさんがなんか書いてたなあ」と
    思い出して読んでもらえるのもいいなあと思って始めました。

    これまでも応援してくださって本当に本当にありがとうございます。
    読んでいただけてうれしいです。

  • アバター画像

    ゆみる

    ぺるそなさん、はじめまして。
    私の連載も読んで下さったとのこと
    とてもうれしいです。

    私もいろいろ読みましたよ!
    そしてもちろん共感しきりだったのですが、
    今考えると私の場合ダメだったものはスピリチュアル系なことが
    書かれている、そういう流れになるものでしたね。
    まぁ「出金簿」なんて書いちゃうくらい現実主義者なので^^;

    私は夫没後3年が過ぎて1年前よりも確実に精神的に楽になっています。
    でも先日クリスマスめいた日本橋を歩いていた時に、
    地下鉄の出口から上がってきた男性が驚くほど夫に似ていて
    (寒そうな頭も小太りなフォルムもw)
    思わず駆け寄りそうになりました、いるはずないのに。

    こんなふうに時々揺り戻しに落ち込みながら、
    夫没後の日々を受け入れそして慣れていくんでしょうね。

    カリーナさんとの連載をどうぞよろしくお願いいたします。
    寒くなりますが、どうぞご自分を甘やかして下さいね。
    私なんて自分に甘々です^^:

  • アバター画像

    ゆみる

    nemuさん、こんにちは。

    私の連載も読んで下さっているとのこと、
    本当にありがとうございます!

    私も夫がいた頃は二人の年齢差と平均寿命を計算して、
    いずれ訪れる別れと独りで寂しく過ごす10数年が
    頭の隅から消えることはありませんでした。
    でも残念ながら現実はそれより20年も早く来ちゃったのです。

    そして今後悔しているのはもっともっと夫を
    甘やかしてあげれば良かったなと。
    (最近の私のテーマが甘やかすなので^^;)
    私は日常の基本的なスタンスとして夫を楽しませるように
    心がけていました。
    それでも今考えるとまだまだ足りなかった。

    どうかnemuさんは私の分もご主人と(ワンちゃんも)仲良く過ごして下さいね。
    お二人一緒の時間が長く長く続くことを祈って願っています。

    カリーナさんとの連載、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

いろんな言葉

That’s Dance!文字起こし 第1回はepisode10 わかりづらっ!

60代、男はゆっくりご乱心

あの煙草屋のシベリア帰りのお爺さんの絶望

今週の「どうする?Over40」

あさイチでも紹介されたポッドキャスト「That’s Dance!」の文字起こし版、今週木曜スタート!

かわいいちゃん

友達の家のうさぎ

母を葬る

(8)思い込みだけで生きている

カレー記念日 今週のおかわり!

花粉センサー鈍って 初期療法失敗(泣)

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第64回 咳女の開き直り ふんだっ!

四十路犬バカ日和

もしものための老犬ホーム探し

OIRAKUのアニメ

第99回 メトロポリス

ミカスの今日の料理 昨日の料理

5歳と話す:揚げ湯波と小松菜の煮物

黒ヤギ通信

雪の日

山あり谷あり再婚ライフ

2泊3日入院生活

出前チチカカ湖

第195回 この言い方の復活を!

なんかすごい。

しごとをはじめた

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ。2023年1月27日

いどばた。

幼いころ読んだ本を思い出しませんか。

絵手紙オーライ!

Yokohama旅便り(馬車道)

昭和乙女研究所

昭和のバレンタインデー

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はなやぐお盆、わたしは墓へとタックルした。

ただいま閉活中

お守りが無くなったら

50代、男のメガネは

『レジェンド&バタフライ』で絶望の淵に立つ。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

野良仙人

猫No.46  by カリーナ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

野良仙人

猫No.46  by カリーナ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up