5月24日はカレー記念日

カレー記念日

このまんま 5月の陽気が 続いてよ

5月24日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ 2023年2月4日

これは昨年、カリーナとゆみるがメールで交わした往復書簡です。

ゆみるさま

少し温かくなりました!本当によかった。

また少し年をとって寒さがこたえるようになったのではないか…と自分のカラダの衰えを感じています。

実は、ケガしなかったと言いましたが、転んで手をついたとき、左肘を少し捻挫したようで微かな痛みながらも不便な日々です。

ようやくあまり苦にならなくなってきました。

もう、雪が降らないことを祈るばかりです。

10周年に「未亡人対談」(←未亡人!まだ亡くなっていない人!それ、生者全員だ)はいかがなものか…というのは私も思いました。

確かにそうですよねー。普通はもっと華やかなテーマを選ぶでしょう。

でも、ぜんざいに塩昆布をつけるように、甘みを引き立てるために少量の塩気が必要なように、少しビターなものが入ったほうが

「よし、10周年。未来というものはいい(しかし悪いこともある)」的な

引き締まり感があっていいのではないでしょうか(笑)

ゆみるさんの「子供の頃に読んだ、お正月で賑わう大通りを一休さんが錫杖の頭に骸骨をつけて歩くような感じがした」というイメージ、思い描くだけでゾクゾクします。

それでこそ、この世。生もあれば死もある!

ギフトサロンの話も目に浮かぶようでした。

「老婦人とその娘、またはお嫁さん」でお返しを仲良く選ぶ様子…そこには、いくばくかの救いというかほんの少しの明るさもあったのではないでしょうか。

ある種のシスターフッドというか。そこに一人で立つゆみるさんのお気持ちもわかる気がします。

くっきりと際立つ「一人」ということ。

そして、同時に一人だから見える風景と客観的に見つめる自分の今。

ある状況を受容するためには

この「客観的に見れる場所」に立てるのは大事なのかもしれません。

それって「一人で立つ場所」かも、と思います。

わたしは、娘と手続きに行ったのは1度だけでした。夫が亡くなった後の年金手続きでした。

「その後に食事でもしたほうが楽しいやろ」という娘の提案でした。

でも、それまでずっと一人でやってきたし、娘が同伴するとなんだか「世事に疎い母」になったみたいでちょっとイヤだったな(笑)

私、手続きは徹頭徹尾自分でやりたい派なのだとわかりました。

同時に、夫が倒れてからのこの4年間の私を支えてきたのは、

「自分で全部やる(やった)んだ」という自負でもあったんだなと思いました。

ゆみるさん、私は、一人が一番怖かったのは夫が元気なころでした。

これまでも書いてきましたが、私にとって夫は最大にして唯一の親友だったので彼の存在なしで生きて行けるか本当に不安だったんです。

でも倒れた。

死んだ。

わたしは、大丈夫だった。

不思議です。

わたしも特段、話を進めることなくひとまずこれでお送りします。

またお暇なときにお返事ください。

風邪ひかないようにー!

わたしも気を付けます。


夫亡き日々を生きる 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アバター画像

    ぺるそな

    カリーナさん、こんにちは。

    10周年に「未亡人対談」をするのを躊躇う、という感覚、少しわかります。
    死別後の辛かった頃に出産(女の子)のお祝いに行くのを迷ったことがあるからです。
    当時の私は、私が行ったら、内心「招ばれてても普通来ないでしょ。縁起でもない。」と思う人がいるんじゃないか? 『いばら姫』の誕生祝いに押しかけて呪いをかけた13番目の魔法使いみたいな存在に結果的になっちゃうんじゃないか?と異常なほど気にしていました。

    最近思うのは、意外と半数以上の夫婦は80代くらいまで二人とも健在なんだなということです。あくまで私の周囲で、ですけれど。そう言っていて矛盾するようですが、配偶者に先立たれる日は、半分の確率で、いつかは必ずやって来るのですよね。日々の繰返しの中に突然、当たり前みたいな感じでそれが来る。順境にいる時ほど考えられないことですが、それを「ありえない」と思って生きるのは危ういと思います。

    それと身内や友達が配偶者を亡くす日が来るかもしれない、と考えてみるのも大事なことだと思います。

    例えば『死別ブログ』などでは「死別後に言われて嫌だったこと、許せないこと」のトピックが必ずと言っていいほどあります。全員一致でNGとされているのは「当たり前だ!」というようなことばかり。本当に危険なのは、遺された人の気質や状況、お互いの関係(自分は仲が良いと思っているけど、相手は普通としか思っていない)などを読み間違えて地雷を踏むことではないかな、と思います。自分認識で良かれと思ってかけた言葉や励ますつもりの行動が人間関係を修復不可能なほど壊す恐ろしさ。
    配偶者を亡くした人になんと言ったら良いか、どのように接したら良いか、は本当に難しい問いだと思います。
    もし今友達が配偶者を亡くしたら、私もなんと言って良いのか分からない。夫を亡くしていて、実際に友達一人に心の中で「さようなら」を言った私も、自分がされて嫌だったことは分かるけれど、他の人がされたら嫌なことは分からないからです。

    話は変わりますが、カリーナさんのスーちゃんの話をとても親しみを持って読んでいます。
    私も夫と2017年の年末に保護犬の譲渡希望を出し、翌年から子犬を飼い始めました。14キロのオスの雑種犬です。「70歳まで元気でいよう!」と言っていて約束を破られたのも、朝晩、1時間ずつ(毎日一万歩)の散歩をしているのも同じです。
    この犬は新しい交友関係(拡大中)をもたらしてくれました。人生、絶望もあるけど救いもちゃんとありますね。

  • アバター画像

    カリーナ Post author

    ぺるそなさん

    コメントありがとうございます。そして、記事を読んでくださって本当にありがとうございます。

    「日々の繰返しの中に突然、当たり前みたいな感じでそれが来る。順境にいる時ほど考えられないことですが、それを「ありえない」と思って生きるのは危ういと思います。」
    本当にその通りですね。
    街で私より年上のご夫婦を見かけると、二人でいることが当たり前で
    何の疑いもなく暮らしている様子が表情や歩き方からわかります。
    それを幸せというのだと思うとともに
    一度失ってからわかるみたいに、
    関係を更新できたらもっといいのかもしれないな、とも思います。
    多くの人々は、どこか倦んでいるようにも見えるので。
    (ああ、でもそれでいいのかもしれません!)

    私は、今の夫と会って二人で座って話をする場面をよく想像します。
    とてもさりげなく話しているのですが、
    私は夫が倒れてからのことをどこか夫に対して申し訳なく思っていて、
    どんな顔をしようかと考えていたりしています。

    ぺるそなさん、なんと!保護犬であることも、その時期も、
    散歩の距離まで似ていてびっくりです!
    犬を飼うとは、散歩をすることなり(笑)
    前を向いて明日も犬と歩きましょうね。
    私も歩きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

昭和乙女研究所

ハイカラな食品パッケージ

カレー記念日 今週のおかわり!

駅トイレ 和式はあいてる 譲り合い

出前チチカカ湖

第197回 プチ贅沢を味わってやる。

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第65回 丘の上には ララ 緑がもえる~♪

60代、男はゆっくりご乱心

どうなる、盆栽の会

OIRAKUのアニメ

第102回 寫眞館

ミカスの今日の料理 昨日の料理

救い、そして希望:大学じゃがいも

今週の「どうする?Over40」

Podcastで知った。「足首、大事!」の真実と佐良直美さんのYouTube。

黒ヤギ通信

片付け、始めました。

山あり谷あり再婚ライフ

古い我が家で認知症予防?

なんかすごい。

山を満喫した話

四十路犬バカ日和

遠すぎない目標を意識しすぎずに目指す

かわいいちゃん

ルームツアー

絵手紙オーライ!

清流を泳ぐめだか

いろんな言葉

That’s Dance!文字起こし 第6回(episode16) やっかみかもしれませんが‥番外編も兼ねて

母を葬る

(10)親子という仕組み

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ 2023年2月4日

いどばた。

凹むこと最近ありましたか?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はなやぐお盆、わたしは墓へとタックルした。

ただいま閉活中

お守りが無くなったら

50代、男のメガネは

『レジェンド&バタフライ』で絶望の淵に立つ。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

5月24日はカレー記念日

カレー記念日

このまんま 5月の陽気が 続いてよ

5月24日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

よもじ猫

二段照明

猫No.83  by mikity

猫大表示&投稿詳細はこちら!

二段照明

猫No.83  by mikity

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up