2月29日はカレー記念日

カレー記念日

寒さに気圧 花粉に加齢 ああ、しんど

2月29日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第62回 姉妹のやっかみ

今月はじめ、母の妹が亡くなった。享年九十四歳。二人の息子KちゃんとYちゃん(従兄)が別々に最期の数か月の様子をメールで報せてくれたのだが、どちらの文面にも「大往生だと思っている」と記されてあった。最晩年、会うことはかなわなかったが、本当にそうだったのだろうなと思う。

メイコ叔母さんは母とふたつ違いで、ふたりは似ていないけれど似ていた。目の印象は違うのだが、顔の下半分や背格好、雰囲気には通ずるものがあった。ふたりともめがねをかけていたせいもあって、遠目にはそっくりに見えることもあった。

わたしの結婚式は40年前に身内のみでつましく開催されたが、艶やかなブラウスと黒のロングスカートで颯爽と登場したメイコ叔母さんを見た新郎(夫)側の親族はこぞって「つまみちゃんのおかあさん、今日はずいぶんハイカラだこと」と思ったそうだ。そして、直後に式場の控室から留袖の着付けを終えて出てきた母を見てこぞって「えっ!?」となったらしい。母には幾度も会っている夫ですら「もう少しのところで初対面の叔母さんに気安く声をかけるところだったよ」と言った。それを聞いた母とメイコ叔母さんはそろってきょとんとしたが、その表情はとてもよく似ていた。

そう、メイコ叔母さんはハイカラというかオシャレだった。

私が小学生の頃まで、夏休みになると、福島県中通りの県北と県南でそれぞれ家族と暮らす母とメイコ叔母さんは、こどもたちを連れて会津の実家に帰省して数日間過ごすのがならわしになっていた。実家近辺に居をかまえた母の兄弟家族も来て、要するに一族郎党が集結して夏の数日間を過ごしたのだ。

祖父は昭和30年代末に急逝してしまったので、母の実家=ばあちゃんち だった。ばあちゃんは孫たちに容易く甘い顔を見せる人ではなかったが、10人いた孫を分け隔てなくクールに扱った。わたしは下から3番目だったが、次に生まれた従妹弟とはけっこう年が離れていたので、長らく末っ子的立ち位置だった。メイコ叔母さんの長男Kちゃんと今は亡きわたしの長兄が年長組で、そこから男ばかりが4人続いていたので、夏の数日間のばあちゃんちは本当ににぎやかだった。

ばあちゃんちに滞在中、わたしはメイコ叔母さんのすっぴんを見ていない。いくら早起きしても、叔母さんはもうきちんとお化粧をしていた。頭に古式ゆかしいカーラーを巻いたままのときはあっても、顔は出来上がっていた。よほどのお出かけ以外は化粧をしなかった母と叔母さんのいちばんの違いは、ファンデーションが塗られた肌の質感、はっきり色味のついた口元だったような気がする。

かてて加えて、母に何度か「わたしは要領が悪かったのでばあちゃんにしょっちゅう怒られていたが、メイコが怒られるのを見たことがない。利発で要領がいいから、わたしを見てどうすればいいか学んだのだろう」と聞かされていたこともあって、わたしのメイコ叔母さん観は「人をよく観察して効率よく動く人」で、叔母さんの前ではちゃんとしなくてはと少し緊張した。

そうなのだ。母はときどき、妹に対する羨望ややっかみを表明することがあった。それはほぼ以下の3つ大別される。①気質 ②文字 ③結婚 だ。

①は上述のとおりで「利発で要領がいいこと」に対して、だ。

②は疑問だった。メイコ叔母さんの年賀状を見るたび、母は「メイコは字がうまい」としみじみ言うのだったが、母の書く字がメイコ叔母さんよりそんなに下手だと思ったことはなかったからだ。母の書く文字は読みやすく堂々としていたし、なんなら最初に「字はその人を表したりしない」と思ったきっかけは母かもしれない。なのになぜか母は妹の字を羨ましがった。わたしが異を唱えると「こどもにはわからない」ぐらいの反応を示した。

そして③だ。これはとてもわかりやすい、ある意味、ステレオタイプの失敗例、成功例だ。母からにじみ出る「妹の旦那は、堅実な仕事をし、夏の帰省が夫同伴でも明らかなように円満を絵に描いたようだ。それに比べて自分の夫は、帰省に同行したことはないし、銀行員として出世コースを歩んでいたはずが、いつのまにか脱サラをして、人生がギャンブルのような生活だ、飲む打つ買うの『飲む』は無縁だがあとのふたつは‥わたしはなんと不幸な女なのだろう」という思いは、こどもにも手に取るようにわかった。だから離婚することになったと知っても驚きはゼロだった。

ただ、母はこどもを比較したことはなかった。メイコ叔母さんにはふたりの息子がいたが、ひとりは国立の医学部を出て医者になり、もうひとりも有名私大を出て公務員になった。ある種の親から見ると理想のコースで、母は「ある種の親」のど真ん中のような人だったはずだ。でも、それを羨むようなことは一度も言わなかった。羨まし過ぎて回避している感じでもなかった。そこは母の美点と思われた。

そうではなかったことを知ったのは母が死んだときだ。メイコ叔母さんはわたしに「ねえちゃんが羨ましかった」と言ったのだ。思わず「へっ!?」と反応すると、「いつも娘がいることを自慢していたから」と。

母が唯一、妹に自慢できるのが、自分には娘がいることだったらしい。母に対してなにかと冷淡な「わたし」を特定してでは必ずしもなく、娘という存在の有無を誇示していたものと思われる。

なんだよ、それ。くだらねえな。やっぱり器がちっちぇ女だったな。なんかおかしいと思っていたんだよ。あの母が羨ましがらないわけがないって。そうか、逆マウントをとってやがったか。しかも、わたしという最弱武器ひとつで。徒手空拳か。無謀にも程がある。

そんなショックを内々に収め、叔母に対して間髪入れずに「でも、KちゃんとYちゃんがいいお嫁さんをもらってふたりも娘ができたじゃないですか」と返した自分を褒めてあげたい。本当にそう思っていたから言えたわけだが。実際、叔母さんはまんざらでもない顔をした。よかったーと思った。

やっかみなんて、裏を返せばかなりの確率で「やっかまれたい」なのだと、そのとき知った気がする。こだわりがある箇所だからやっかむし、それはやっかまれたい箇所でもあるのだろう。そう解釈すると②も腑に落ちる。ものすごく落ちる。

あの世で20余年ぶりに姉妹がそろった。これからは思う存分、姉妹仲良く、なんなら時にはマウントをとりあって、よろしくやったりやらなかったりしてほしいものだと、笑いたいような泣きたいような気持ちで思っている。

by月亭つまみ


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

いろんな言葉

That’s Dance!文字起こし 第1回はepisode10 わかりづらっ!

60代、男はゆっくりご乱心

あの煙草屋のシベリア帰りのお爺さんの絶望

今週の「どうする?Over40」

あさイチでも紹介されたポッドキャスト「That’s Dance!」の文字起こし版、今週木曜スタート!

かわいいちゃん

友達の家のうさぎ

母を葬る

(8)思い込みだけで生きている

カレー記念日 今週のおかわり!

花粉センサー鈍って 初期療法失敗(泣)

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第64回 咳女の開き直り ふんだっ!

四十路犬バカ日和

もしものための老犬ホーム探し

OIRAKUのアニメ

第99回 メトロポリス

ミカスの今日の料理 昨日の料理

5歳と話す:揚げ湯波と小松菜の煮物

黒ヤギ通信

雪の日

山あり谷あり再婚ライフ

2泊3日入院生活

出前チチカカ湖

第195回 この言い方の復活を!

なんかすごい。

しごとをはじめた

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ。2023年1月27日

いどばた。

幼いころ読んだ本を思い出しませんか。

絵手紙オーライ!

Yokohama旅便り(馬車道)

昭和乙女研究所

昭和のバレンタインデー

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はなやぐお盆、わたしは墓へとタックルした。

ただいま閉活中

お守りが無くなったら

50代、男のメガネは

『レジェンド&バタフライ』で絶望の淵に立つ。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

二段照明

猫No.83  by mikity

猫大表示&投稿詳細はこちら!

二段照明

猫No.83  by mikity

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up