7月16日はカレー記念日

カレー記念日

気をつけよう 便座に夫の 滴(しずく)あり

7月16日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこの崖のところで待ってます

初めての友だちは、秘密のにおいがした。

みなさま、こんにちは。12月も中旬になりましたが、いかがお過ごしでございましょうか。

かくいうわたしはやり残したことが多すぎて、やり残したなー、残しすぎたよなーとつぶやきながら、テレビの中のクリスマスイルミネーションが涙で見えない、じじょうくみこです。

 

 

なお、シマ島にクリスマスはありません

 

 

さて。

シマ島で自分らしく生きる道を探ろうとしたものの、ヤギに焼きそば焼きそば言われたり、ハブとマングースに挟まれるばかりで(ってどんな島なんだ)、いっこうに突破口は見えませんでした。そばを焼くべく動いてみたりもしたのですが、それってつまり島のイベントをボランティアで手伝うということで、でも趣味や職場や何かのグループに所属していないとボランティアも受けつけていないことがわかって、わたしのような一匹狼はお呼びじゃないのでありました。焼きそば、思ったより遠い!

 

ダンナはん・ザビ男との関係は良好で、それでじゅうぶんじゃないかと自分に言い聞かせたりもしたのですが、ザビ男がわたしの人生のすべてを満たしてくれるわけではないのであって、つまりなにが言いたいかというとわたしは

 

 

 

女ともだちが切実に欲しいーーーーー( ;∀;)

 

 

 

ということなのでありました。

 

究極のムラ社会みたいなこの島では、話したことがどこで誰にどう伝わるのかわからないので、会話をするときはよくよく注意が必要です。勝手がわからない新米島民なら、なおさらのこと。それにわたしはまわりに「ハブかマングースの仲間」と思われているので、わたしに近づいてくる島民もそうそういないのでした。

 

なんでも話せる友だちは、内地にたくさんいる。だから島を出たときにたっぷり話せばいいじゃない。そう思ったりもするけれど、ザビ男にもわからない島の女の流儀を教えてもらいたいし、なにより他愛ないバカ話や愚痴を言い合える相手がそばにいるのといないのでは雲泥の差です。

 

そうはいっても島で日を重ねれば、それなりに知り合いはできるもの。ふたりほど、仲良くなれそうな人が出てまいりました。ひとりは、ザビ男の遊び仲間のひとりであるシュウコさん。はじめは大人数の宴会(ハブ&マングース含む)で一緒になるだけでしたが、あるときふいに「サシで飲もうよ」と誘ってくれ、ふたりっきりで飲むことになったのです。

 

わたしより少し年上のシュウコさんが、東京のアパレルメーカーでバイヤーとして世界中を飛び回っていたという、絵に描いたようなバリキャリさんだったことをそのとき初めて知りました。そんな彼女が40代半ばで島の漁師!のもとに嫁いだんだからサア大変。「シマ島最大のミステリーって言われてるんだからね!」とカラカラ笑う、とても気持ちのいい大酒飲みの女性でありました。

 

 

なれそめが気になりすぎる

 

 

わたしがシマ島に来たころ、あまりのストレスで「毎日花壇に熊手でひたすら円を描いていた」と打ち明けると、「そうか、もっと早く声かければよかったね。私もそうだったなあ。台所で1日1枚皿割ってたからねーあははは」と豪快に笑いとばすシュウコさん。シマ島に来て初めての、最高に楽しい夜でありました。

 

ところが。これからはちょいちょい飲もうねーなんて話していた矢先、シュウコさんが仕事に出ている間にダンナさんが自宅で倒れるという事故が発生。脳梗塞の後遺症で手足に麻痺が残り、彼女とゆっくり話すどころではなくなってしまいました。

 

もうひとり、仲良くなれたのがハルミさんです。ハブ&マングース(しつこい)と同じくザビ男の同級生の奥さんでしたが、家がすぐ近くということもあって、ちょくちょく野菜やお惣菜を持ってきてくれたり、なにかと声をかけてくれる女性。のちにカマドスーパーで一緒に働くことになり、親しみやすいキャラクターから店でも大人気の彼女のことを、好きになってしまうのは時間の問題でありました。

 

聞くところによるとハルミさんは内地で結婚、出産、離婚を経験した末に、ずっと年下のダンナのところに嫁いで島に来たという。ああ、ここにもドラマがありそう。聞いてみたい。どんな人生を過ごしてきたのか、じっくり話を聞いてみたい! ただ彼女はダンナと自分、両方の母親を自宅で介護していたのです。ひとりのお母さんは足腰が悪く、もうひとりのお母さんは痴呆で徘徊あり。ハードな毎日を過ごしている彼女に「ごはんでも行かない?」と誘うのは難しい状況でした。

 

世代的にしかたないことではありますが、深くつきあえそうな人と会えそで会えないというのは、なかなかに切ないものです。LINEで会話ができる相手が見つかっただけでも大進歩!ではあるのですが、やっぱりここで友だちを望むのは無理なのかなあ、とあきらめかけていたとき。

 

 

「あ、くみさーん! 今日からよろしくお願いします!」

 

 

隣の家から見慣れた顔がのぞきました。お手伝いしているNPOの女性グループ、通称「シマ島のチャーリーズエンジェルズ」のひとり、キリちゃんでありました。

 

 

ぐっもーにん、ちゃーりー?

 

 

キリちゃんは、ちょうどわたしと同じ時期にシマ島にやってきたアラサー女子。内地でシマ島の男と結婚して暮らしていたようですが、Uターンで帰郷したダンナの後を追って島へやってきました。しばらく実家暮らしをしていたのですが、空き物件が見つかったので晴れて独立。その引っ越し先がたまたま我が家の隣だったのでした。

 

大量の荷物をふたりっきりで運び入れていたのを見かねて、ザビ男と一緒に引っ越しを手伝うことにしました。高校で臨時職員をしているというダンナのカンちゃんとはその時初めて会ったのですが、あたりのやわらかい優しそうな男子です。聞くところによると、もともとバンドマンとして芸能活動しているんだとか。

 

「カンはさ、どうも嫌われているみたいなんだよな。祭りの練習に積極的に参加しているんだけど、踊り手には入れないらしい。踊り手は足りてないし、島の文化もよく勉強しているのに、どうしてあんなに認められないのかなあ」

 

帰宅したザビ男が、ぼそりとそうつぶやきました。へえ、そうなんだ。そのときは本当にそれくらいにしか思っていなかったのですが、後にその意味の大きさを思い知ることになったのです。

 

 

そして。キリちゃんとはNPOで同じような事務仕事を任されていたこともあり、ご近所さんになったのを機にグッと会話が増えていきました。同じ時期に島に来たので悩みや感じ方がとても似ていて、いつも話をし始めると止まらなくなりました。カンちゃんは社交的な人らしく、しょっちゅう飲みに出歩いていたので、そんな夜はキリちゃん家か我が家で一緒に飲んだりもして、ああやっと友だちらしい友だちができたと喜んでいたのですが。

 

あるとき、彼女が内地にいたころ三ツ星ホテルの広報として働いていたことを知りました。超高級ホテルの広報といったら、花形のイメージしかありません。しかも言い忘れましたがキリちゃん、目がさめるような美人です。仕事がバリバリこなせる才女であることも、一緒に働いていればわかります。

 

それなのに、なぜあんなうだつが上がらなそうな男(失礼)と結婚して、こんなクソ遠い島(失礼part2)にやってきたのか。しかも、仕事はできるし接客も完璧、働く気もマンマンな若手女子なんて島じゃ貴重な人材なのに、どこへ行っても仕事が決まらないというのです。

 

あーー。謎しかない。

 

 

知りたいような、知るのがこわいような、そんな思いを抱えていたある夜のこと。休日を返上してNPOイベントの裏方としてこき使われたキリちゃんとわたしは、キリちゃんの家で打ち上げをすることにしました。打ち上げといっても、お互いのダンナが留守の間にビール1本でささやかな乾杯をするだけの話。それでもわたしにとっては、じゅうぶんな喜びでありました。お菓子をぽりぽりつまみながら「今日もきつかったねー」なんてぼやいていると

 

 

「キリちゃん、ちょっとキリちゃん、いないの?」

 

 

ふたりの熟女がノックもせずにドカドカと入ってきたのです。

 

 

「あらあ、お楽しみのところ邪魔しちゃったわね。ごめんなさいねえ」

「どうしたんですか? おかあさん」

 

なるほどカンちゃんの母親ですね、と察知しました。もうひとりはどうやらお友だちのようですが、ふたりともわたしのことを知っているようで特に挨拶することもなく(島あるある)、たいそう自然な流れで目の前に座り込んだのです。

 

「ちょっとさ、メールの設定がわからなくてさ。これどうやるの? 明日でもよかったんだけどね、気になったらいてもたってもいられなくて来ちゃった。やってくれる?」

 

おもむろにケータイをキリちゃんに渡し、おばさまふたりはわたしのことなどおかまいなしに、明日ライブのチケットを予約する韓流アイドルの話を始めました。キリちゃんはケータイをいじっている。おばさまはしゃべっている。ビールはぬるくなる。なんだこの夜11時。

 

1時間たってようやく設定が終わり、「ありがとうね〜またよろしくね〜」と言い残しておばさまがたが去ったころには、ビールはすっかり気が抜けておりました。

 

「お母さん、いつもあんな感じなの?」

「そうなんです。おばあちゃんもそう。毎日呼び出されるんです。電話を無視していると、今日みたいに家に上がり込んでくるんです。おかしくなりそう」

「そうなんだ。大変だね…」

「カンちゃんの同級生は同級生で、カンちゃんのこと仲間はずれにしているんですよ。ひどいと思いません? シマ島の人って、ヘンですよね。ヘンです。ホント、冷たいです」

「え、そ、そうかな?」

「冷たいです」

「………」

 

 

その後しばらくしてわたしは、ダンナのカンちゃんが周囲のひとに「自分が結婚したことは黙っていてほしい」と頼んで回った、という事実を知ることになりました。隣の家から、秘密のにおいがプンプンする。そしてこのふたりは、やがてシマ島にとんでもない事件を巻き起こすことになるのです…。

 

つづきはまた来週。それではまた崖のところでお会いしましょう。じじょうくみこでした!

 

text  by  じじょうくみこ

illustrated  by  カピバラ舎

 

*「崖のところで待ってます。」セカンドシーズンは12月末までの毎週日曜更新です。

 

バックナンバーはこちら→

 

2ndシーズンはこちら↓

2-1 ハーフセンチュリーは嵐の季節。

 

2-2 シマ島の2年目は、モヤモヤから始まった。

2-3 恋わずらいみたいになって、あのひとにメールを書いた。

2-4  あのひとは言った、「未来のためにはアレを焼け!」

2-5  島暮らしってサバイバル。だって、ハブとマングースのはざま。


じじょうくみこの崖のところで待ってます 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    ええー⁈
    シマ島だから、きっとともだちは海のにおいだと思っていたのに!

  • はしーば

    ニューカマーはカンちゃん&キリちゃん。
    謎だらけの夫婦。
    シマ島物語は、だんだんと「LOST」(ふるっ!)の世界になっていってませんか〜(^^;;

  • 西へ向かえ

    はじめてコメントします!
    いつも腹を抱えては涙したり、元気をもらったりしています。
    そしてこれは、、、今期のドラマよりも先が気になって仕方がありません!!!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>okosamaさま

    お返事遅くなりましてすみませんー(-。-;
    海のにおいだったらよかったんですが(笑)
    なかなかのかほりがただよっておりました。。。

    >>はしーばさま

    こんにちは!コメント遅くなりごめんなさい!
    えーと、LOSTよく知らないのでわからないのですが
    おばちゃんが離島でスットコドッコイな目にあう話でよろしかったですか?( ^∀^)

    >>西へ向かえさま

    初めまして、コメントありがとうございます!
    楽しんでいただけて光栄です。
    そしてオチ更新しましたが、なんかすいません(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第19回 ゲゲゲの鬼太郎/BEM

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終わらない:麻婆ズッキーニ

黒ヤギ通信

それも梅雨のしわざ

日々是LOVE古着

妙な使命感

今週の「どうする?Over40」

おやつとおじさんは、スー(犬)の友だち。私には、ちと面倒でも。

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

カレー記念日 今週のおかわり!

寝具の違いを 体感できる お年頃

いどばた。

pay使ってますか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.26 お笑いと信用

50代、男のメガネは

下を向いて歩く。

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

小さくなるのは目だけじゃない!!

絵手紙オーライ!

金魚すくい

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

なんかすごい。

猫のさよなら

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

虎視眈々

猫No.10  by Comet

猫大表示&投稿詳細はこちら!

虎視眈々

猫No.10  by Comet

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up