10月21日はカレー記念日

カレー記念日

肩と腰 咳と鼻炎が 気になります

10月21日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミカスの今日の料理 昨日の料理

プロ=お医者さんと話した:キムもやし

先日、「カイゴデトックス プロと話そう#2」が開催されました。
視聴して下さった皆さん、ありがとうございました。

今回プロとして私たち(カリーナ、Comet、つまみ、ミカス)とお喋りをしてくださったのは、都内某病院のリハビリ科勤務の医師Mさん。
1時間ちょっとのお喋りでしたが、とても貴重で深い時間を過ごすことができたと今でもその内容を反芻しています。

昔からずっと考えていたのですが、私はなぜお医者さんを前にすると、そこに微妙な高さの壁を感じてしまうのか。そう、微妙な高さなのです。お医者さんの顔は見えている。絶対に乗り越えられないとはなから諦めるような高さでもない。なのに、それを乗り越えて向こう側に行くにはとても勇気が要る。

たとえば、「次の診察では絶対に聞こう」とお医者さんに聞きたいことをメモしていくのですが、診察室で座ってしまうとなぜか何も切り出すことができず、お医者さんから言われたことだけを聞いてすごすごと帰ってきてしまうのです。用意したメモを鞄の中に潜ませたまま。

でも、Mさんとお話をして気づきました。
ああ私はお医者さんを極端に特別視していたんだ。

私たちがZoomの画面を通してお話をしたMさんは、穏やかな口調で、丁寧に言葉を選びながら、時には質問に対する答えを探すために考え込んで、少し沈黙をして、とても真摯に対応して下さいました。でも、決して変にプロぶることもなく(「プロと話そう」というタイトルではありますが)、そう、私たちと何ら変わりのない目線を持っていらっしゃるという事がよくわかったのです。

妙な圧をまとって診察室に入って来る患者さんに緊張し、症状の記録として差し出された長文にあたふたし、そして「どの患者さんのことも覚えていますよ」と穏やかに笑うMさん。
カリーナさんがふと言いました。「お医者さんも人間なんですね」

私は、「お医者さんはすごい人」「お医者さんは向こう側の人」と勝手に決めつけて、無駄に緊張し、ファイティングポーズを取りながら診察室に座っていたのでした。
でも、お医者さんも私たちと同じ人間。

Mさんに頂いた情報はたくさんありますが、
・質問は2~3個で。はじめに「質問が2つあるのですが」などと言ってくれると聞きやすい。
・医師の説明をボイスレコーダーで記録するのはOK。ただ録音する前に「ボイスレコーダー使っていいですか?」と
 声を掛けてもらいたい。
・家族の症状について医師からの説明を聞く際は、出席人数を絞った方がいい。
 大人数でやって来て、その場で診療方針に対する口論を始めてしまう家族もあるとか。
・お医者さんや医療スタッフが陰で患者さんやその家族の噂話をすることはない。
 頑張っている方について「すごいよね」と感心し合うことはあるそうです。
・症状が改善しないことを訴える人はたくさんいますが(もちろんそれは必要な情報です)、
 症状が改善した、治ってきたということを伝えて下さる患者さんは意外に少ないとか。
 「良くなってきました」という報告はとてもうれしいそうです。
といった点を覚えておくと、お医者さんとの円滑なコミュニケーションのために役に立つと思います。

Mさん、とても魅力的な方でした。
もちろんお医者さんにも色々なタイプ・性格の方がいらっしゃると思いますが、Mさんとお話をすることで
お医者さんというプロに対する緊張感が薄らいだような気がします。これからはファイティングポーズをとることなく診察室に入っていけそうです。
もしあなたが、お医者さんの前ではなぜか緊張してしまって上手く質問ができないというのであれば、お医者さんって意外と普通の人ですよ。少しの勇気は要るかもしれませんが、ぜひ話しかけてみてください。ぜひ質問を投げかけてみてください。きっと答えてくれるはずです。
あ、でも、Mさん言ってました。「この人は全く話が通じないな、と感じる医師はちょっと注意した方がいいかも。看護師さんや病院内の相談室に話をして解決策を探してください」

Mさん、本当にありがとうございました。
当日までにとても丁寧に打ち合わせ、情報のやり取りをしてくださったおかげで、素晴らしい「プロと話そう」になりました。
ぜひまた「横のつながり」をテーマに、ピアカウンセリングについても一緒にお話をさせてください。

「プロと話そう #2」についてはカリーナさんもこの記事に書いていらっしゃいますのでぜひお読みください。

さて、今日の一品は「キムもやし」です。
キムチで炒めると何でも美味しいよねぇ。今回はひき肉を使いましたが、豚バラ肉を使えば豚キムに。
ただし、これはあくまでもキムもやし。主役はもやしです。診察室での主役はあなた。つまりあなたがもやしでお医者さんがキムチ!  何を言っているのか自分でもわからなくなってきたので、レシピに行きましょう。


キムもやし

  1. もやしをさっと洗って水を切っておきます。私は豆もやしを使います。
  2. キムチを2センチくらいの大きさに切っておきます。キムチの漬け汁も使いますので捨てないように
  3. フライパンに油をひいて中火にかけ、豚ひき肉を炒めます。
  4. ひき肉に火が通ったら、もやしを加えてさっと炒めます。
  5. 2のキムチ、醤油、砂糖(少々)、キムチの漬け汁を加えて炒め合わせます。
  6. 5の調味料を加えたらそこからは急いで。もやしがくたくたになってしまわないように
    手早く炒めあげましょう。




ただ今、「プロと話そう #3 」を準備中です。また、#4も着々と計画が進んでいます。
近々詳細をお知らせできると思いますので、ご期待ください。
また、10月の「在宅デトックス」の参加者も募集中です。ぜひご参加ください。
詳細はこちらでどうぞ。

ミカスでした。


ミカスの今日の料理 昨日の料理 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • ミカスさんこんにちは。
    そうですね、むしろ患者であるこちらののほうで勝手にバリアをはってしまっていることはあるかもしれないですね。
    義母が入院中、「この点滴してるとおなかが空かない、これ栄養注射と思う」というんですね。義兄たち(当時で50代です)は、そんなことある?ちゃんと聞きなさいよとさんざん義母に言っておいて、看護師さんが点滴チェックに来たら全員ぴたっと黙っちゃうんですよ。こんなシンプルなことなのに。結局私がその場で聞いて、いえいえこれは抗生物質なんでご飯はちゃんと食べてくださいね~と笑って言われましたが。なんでしょうねこの医療関係になると作動するバリア。特に男性はほんとに聞けない人が多いような・・。
    ミカスさんのこのお話、とてもハートに刺さりました。
    お互い人間だから、温厚に円滑にやり取りがすすむように、こちらも妙な気後れせずにお話したらいいですね。

  • ミカス

    ミカス Post author

    凛さん
    わかります。「看護師さん(お医者さん)に聞いてみたら?」「そうだね」なのに、実際に看護師さんやお医者さんを目の前にするとスルーしてしまうって、あるあるですよね。
    私たち世代から上の人は、お医者さんは怖い(自分より立場がずっと上)人という意識がすり込まれているような気がします。
    プロと話そうに参加してくださった医師のMさん、「最近野若いお医者さんは優しいですよ」と仰ってました。時代は変わってきたのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

三つ子のたましい

50代、男のメガネは

ていねいなオンライン、雑な対面。

OIRAKUのアニメ

第56回 イブの時間

ミカスの今日の料理 昨日の料理

プロと話そう#3レポート:海老と豆腐の炒め物

今週の「どうする?Over40」

「プロと話そう!」の情報をさっそく長崎の姉に伝えてみた件。

カレー記念日 今週のおかわり!

執着が 自然となくなる 秋だから(人生の)

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.50  わたしとちいさないきもののこと(懺悔の値打ちもない)

いどばた。

驚愕!食べているときの顔!

ワクワクしたら着てみよう

困った時のロングカーデ❤️

絵手紙オーライ!

Hello Baby  アイシングクッキー

日々是LOVE古着

最近の古着事情?

昭和乙女研究所

〈雑貨・文具編〉サンリオ「ストロベリーファンタジア」シリーズ

出前チチカカ湖

第172回 この力が足りないわたし。

これ、買った!

ねじり鎌って、ご存知でした?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はるか彼方の空の下、じじょうくみこは生きてます。

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑥それも相続

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

高見見物

猫No.20  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

高見見物

猫No.20  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up